開目抄講義 上

開目抄講義 上 
  単行本 聖教新聞社 2006.6.6刊 ¥1000(税込)
  デジタル版 ¥300(税込)

第1回 「開目」──大聖人に目を開け 民衆に目を開け
講義にあたって
 耳朶に残る戸田先生の講義
[講義]
「開目」とは
佐渡の過酷な環境の中で御執筆
 「開目抄」執筆の由来
発迹顕本と「開目抄」
 留められるべき「日蓮の不思議」とは
 大聖人の発迹顕本と「我が発迹顕本」
不惜身命の精神に目を開け
 「大聖人に目を開け」との呼びかけ
 菩薩の根本要件とは
障魔と戦い切る人が末法の師
 「五重の相対」と「誓願」の本義
忍難と慈悲に目を開け
根底は民衆への慈悲と信頼
万人の仏性を開く「開目の連帯」
 戸田先生の「謹んで開目抄の一節を拝したてまつる」

第2回 主師親の三徳──忍難と慈悲で民衆仏法を開く
[御文] 御書186p  1行目                    [通解]
[御文] 御書186p10行目~187p3行目 [通解]
[御文] 御書187p12行目~188p2行目 [通解]
[御文] 御書188p  6行目~188p9行目 [通解]
[講義]
真の主師親と真の成仏の因果
 「開目抄」のテーマは「主師親」の三徳
 「儒外内」の三徳との相違
法華経の行者の実践に主師親が具わる
末法下種の主師親
凡夫成仏の「先駆」「手本」
 「聖賢」と「凡夫」の区別
宗教観の転換
 「権威主義の宗教」から「人間主義の宗教」へ

第3回 文底──全人類救う凡夫成仏の大法
[御文] 御書189p  1行目~189p3行目 [通解]
[講義]
文底の一念三千=凡夫成仏の要法
 「但」と三重秘伝
 十界互具を実現する道
文底は文・義・意の「意」にあたる」
 「我本行菩薩道」
宗教的精神を忘れるな
末法流布の大法
 内鑒冷然の原理

第4回 本因本果──信心で開く永遠の仏界・無限の菩薩
[御文] 御書197p10行目~197p17行目 [通解]
[講義]
爾前二種の失
発迹顕本と本因本果
無始の仏界と無始の九界

第5回 五重の相対──生命の因果と人生の根本指標
[講義]
因果は思想・宗教の肝要
 天台の「五重玄」 
意志と行動で運命を切り開く仏教
 1.内外相対
幸福の因と発現を目指す大乗
 2.大小相対
万人に仏界が具わると明かす実教
 3.権実相対
厭離断九の欠点を超えきる本門
 4.本迹相対
御本尊を明鏡として大聖人を手本として
 5.種脱相対
因果一念の宗
 「本因妙抄」に明かされる4つの因果観
人生の根本目的を体現する人格

第6回 誓願──大難を越える生命奥底の力
[御文] 御書200p 9行目~200p16行目 [通解]
[講義]
「開目抄」は「最深の哲学」と「最強の信念」を説く
謗法=人間の成仏を信じられない無明
悪鬼入其身の高僧が謗法の元凶
誓願によって一人立つ
 「言うか言わざるか」の選択
 魂の闘争と「六難九易」
仏教における誓願の本義
 法華経薬草喩品に説かれる「仏の誓願」
妙法・仏性への信
 不軽菩薩の礼拝行
 乞眼の婆羅門に負けた舎利弗

第7回 法華経の行者──忍難と慈悲に勝れる正法の実践者
[御文] 御書202p 1行目~202p 7行目 [通解]
[御文] 御書202p 8行目~202p 9行目 [通解]
[講義]
激しく執拗な迫害は怨嫉から起こる
 「大事の難・4度」
元品の無明が強く発動する時代
小失なくとも度々難に遭う人
 「讒言」を見破り真実を見極めよ
忍難と慈悲の力で法を体現
願兼於業の悦びの信心
 宿命転換論の結論としての願兼於業
 「戦い続ける正法の実践者」こそが究極の人間像

第8回 法華の深恩──成仏の大法弘める法華経の行者を守れ!
[御文] 御書203p11行目~203p14行目 [通解]
[御文] 御書216p18行目~217p  9行目 [通解]
[講義]
法華経の行者の要件
 「誓願」「忍難」「慈悲」「悦び」
「世間の疑」と「自心の疑」
 「疑い」と本抄御執筆の関係
「此の書の肝心・一期の大事」
 「諸天善神の守護」の本質
 「謗法の醜面」
二乗に対する法華経の深恩
菩薩・天・人に対する深い恩
 「具足の道」とは
「才能ある畜生」と喝破
本尊とは法華経の行者の一身の当体

第9回 六難九易──浅きを去って深きに就くは丈夫の心なり
[御文] 御書222p14行目~223p  4行目 [通解]
[講義]
仏意・仏勅を受けて起こす法戦
 「三箇の勅宣」「二箇の諫暁」「三類の強敵」
宝塔品の三箇の勅宣
仏自身が立てた教判
所対を知らない諸宗の教判
「当世・日本国に第一に富める者」
深きに就く「勇者の心」

第10回 堤婆品の二箇の諫暁──変毒為薬・即身成仏の法で万人を救え!
[御文] 御書223p  5行目~223p10行目 [通解]
[御文] 御書223p10行目~223p14行目 [通解]
[講義]
宝塔品・堤婆品・勧持品の身読
宗教の本義を明かす悪人成仏と女人成仏
悪世の成仏の道を開く
一闡提をも救う「変毒為薬」の妙
 「妙」の三義
末代女性の成仏の道を踏み開ける
 竜女の成仏
三道即三徳の「妙」を信ずる
 「当位即妙・不改本位」
法華経は「内典の孝経」
2006-05-26 : 教学著作 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索