スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「世界広布新時代第20回本部幹部会」「四国総会」へのメッセージ

「世界広布新時代第20回本部幹部会」「四国総会」へのメッセージ
    (2016年10月9日 四国池田文化会館)

 2018年の「11・18」へ、世界の友と勝利の暁鐘を打て、鳴らせ!――「世界広布新時代第20回本部幹部会」が9日午後、「四国総会」の意義を込め、香川県高松市の四国池田文化会館で開催された。これには原田会長、長谷川理事長、永石婦人部長をはじめ各部の代表が、研修会で来日した4カ国・地域の友らと出席。四国4県15会場と中継で結ばれ、約1万人が参加した。池田SGI(創価学会インタナショナル)会長はメッセージと和歌を贈り、常楽我浄の平和の楽土を永遠に勝ち栄えさせていこうと呼び掛けた。席上、明2017年のテーマ「世界広布新時代 青年拡大の年」が発表。さらに、四国で誕生して35周年となる学会歌「紅の歌」が新たな歌詞となった。

メッセージ

正義の師子吼を恐れなく

絶望をを希望に 宿命を使命に
「人間革命」の劇を舞いゆけ
戸田先生〝私たちは幸福になるために生まれた〟


 一、法華経が説かれる会座は、「地涌の菩薩」をはじめ、三世十方の仏菩薩が勇んで集い、日天・月天など無量無辺の諸天善神も喜び連なり、全宇宙をも包む、壮大な広がりをもっております。
 この法華経の会座さながらに、今、本部幹部会は、日本全国はもとより、全世界の創価家族の心を結んで、和気あいあいと、また意気軒高に、一閻浮提広宣流布へ前進しゆく「地球座談会」といってよいでしょう。
 愛する「我等の天地」四国から、世界広布新時代の「紅の朝」を告げる大勝利の幹部会、誠におめでとう!(大拍手)
 遠く28時間のフライトを経て駆けつけてくれたブラジルの未来部リーダーの皆さん、また台湾の皆さん、インドネシアの皆さん、そして、韓国の皆さん、尊い尊い研修、ご苦労さまです。皆で熱烈に歓迎しましょう!(大拍手)
 わが四国の友は、あまりにも健気です。創価の師弟の波瀾万丈なる広布の航路にあって、常に荒れ狂う波浪を受け切りながら、私と一緒に怒濤を勝ち越えてくれました。四国家族は、いつも私の生命に躍動しています。
 きょうの四国総会を目指し、全地区が総立ちをしての見事な弘教、さらに任用試験の推進、そして日本一の堂々たる聖教拡大、本当にありがとう!(大拍手)

一人の母の闘い
 一、60年前、戸田先生は、ここ四国で一人の婦人を温かく励まされました。夫を戦争で失い、病苦や生活苦と懸命に闘って、わが子を育てる母でした。
 先生は力強く言われました。「私たちは、なんのために生まれてきたのか。それは、幸せになるためだ。あなたも、きっと幸せになるんだよ。いや、必ずなれる! 御本尊から、学会から、生涯、離れてはいけないよ」と。
 この激励に立ち上がった母は、病を克服し、経済苦を打開し、私が指揮を執る関西にも馳せ参じてくれました。やがて、支部婦人部長となって、ふるさと四国を駆け巡り、広布の城を築いていってくれたのです。
 絶望を希望に変え、宿命を使命に変え、現実世界を理想郷に変える。
 恩師が勇気の火をともした「人間革命」の幸福劇は、一人から一人へ、無数に連鎖し、「歓喜の中の大歓喜」の舞が世界中に広がっています。
 一、先日も、広布の拡大が勢いを増すブラジルの婦人部の方から報告が届きました。ご主人は、私も期待してやまない立派な青年リーダーでしたが、残念ながら、18年前、アマゾン川での不慮の事故で亡くなられました。
 まだ7歳の息子と5歳の娘が残されました。ご夫人は悲しみの淵にあって、後継のわが子を学会の庭で育て上げると誓いました。
 母の祈りの通り、ご子息は音楽隊、お嬢さんは鼓笛隊で薫陶を受け、見事に成長して、きょうだいで8世帯の弘教も実らせています。兄も妹も正義の弁護士となって、社会に貢献する青春です。ご夫人も子育てと同時に努力を重ね、弁護士になりました。一家和楽の福徳と勝利の晴れ姿を、すがすがしく示されているのです。
 きょうの幹部会には、ご一家を代表して、お嬢さんが参加してくれました(大拍手)。

全て変毒為薬を
 一、私がハーバード大学の講演でも紹介した「御義口伝」に、「我らが生老病死に当たって、南無妙法蓮華経と唱え奉ることは、そのまま常楽我浄という四つの徳の香りを吹き薫らせていくのである」(御書740㌻、通解)とあります。
 創立の父・牧口先生は、この「常楽我浄」について、わかりやすく「常に楽しく我浄し」という境涯であると教えてくださっています。
 誰人たりとも、生老病死という四苦を避けることはできない。しかし、自行化他の題目を唱えゆく私たちは、何があっても「変毒為薬」しながら、「常に楽しく我浄し」と、自他共に生命の宝塔を荘厳していけるのです。
 なかんずく、「香川」「高知」「愛媛」「徳島」と、いずれも、おとぎの国のようなロマンあふれる名前を冠した四国は、「常楽我浄」の生命の宝塔が林立する幸福と平和の楽土を、永遠に勝ち栄えさせていってください。
 御本仏・日蓮大聖人は「妙法蓮華経の五字・末法の始に一閻浮提にひろまらせ給うべき瑞相に日蓮さきがけしたり、わたうども二陣三陣つづきて迦葉・阿難にも勝ぐれ天台・伝教にもこへよかし」(同910㌻)と仰せになられました。
 大聖人に直結するわれらは、いよいよ「二陣三陣」と、人類が渇仰してやまない希望と人道の大哲理を、語り弘めていこうではありませんか!
 終わりに、さきがけ光る四国をはじめ、全世界の宝の友に――

 万葉の
  生命の賛歌を
    勝ち綴る
  誉れの父母
   永久に讃えむ
  
 そして――

 いざや征け
  正義の師子吼を
    恐れなく
  地涌の拡大
   勝利 勝利で
  
 と贈り、私のメッセージといたします(大拍手)。
2016-12-30 : 文学と人物を語る :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。