スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

随筆 永遠なれ創価の大城 6 五月三日の誓願の旗

随筆 永遠なれ創価の大城 6           (2016・5・9付 聖教新聞)

五月三日の誓願の旗

尊き共戦の同志に勝利あれ
対話の薫風をわが街にわが地域に!


 4月28日の「立宗宣言の日」、さらに5月3日の「創価学会の日」「創価学会母の日」を迎えるごとに、私が心新たに拝読する御書がある。
 信心の志深く「妙密上人」と尊称された門下の夫妻への御消息である。
 日蓮大聖人は、本抄で「日本国の中に但一人・南無妙法蓮華経と唱えたり、これは須弥山の始の一塵 大海の始の一露なり」(御書1241㌻)と宣言された。そして、広宣流布の流れは必然であると仰せである。
 ――これまで謗じてきた人びとも、今は題目を唱えているであろう。やがて、法華経の神力品で説かれているように、万民が一同に南無妙法蓮華経と唱えることもあるに違いない――と。
 大聖人は、それを「木はしづかならんと思へども風やまず・春を留んと思へども夏となる」(同㌻)と譬えられた。
 1970年(昭和45)の5月3日、難に直面する渦中の本部総会で、私は1時間半の講演を、この御書で結んだ。
 誰人たりとも、我らの広布前進の風を止めることなど絶対にできない。何があろうとも、学会は師・戸田城聖先生が広宣流布の大闘争に出陣された「5月3日」を起点として、攻勢に転じ、断固と時を創っていくのだ。
 これが創価の拡大と勝利のリズムである。その勢いを生み出すのは、勇敢な率先の行動だ。
 今年も、誉れの友は労苦を厭わず、5月3日を「行躰即信心」の息吹の中で飾ってくれた。私は心より感謝したい。

「勇気」の大九州
 甚大な地震被害に遭われた熊本と大分で、わが同志は毅然と変毒為薬に立ち上がっておられる。
 いまだ余震が続き、復旧・復興へのご苦労はいかばかりか。自らも被災されながら、友と地域に尽くす、余りにも尊き献身に、私は涙する。青年・壮年部の「かたし隊」の奮闘も有り難い限りだ。
 「勇気は刻下の問題に対してよくこれに応ずる力を有する処にある」
 これは、熊本出身の英文学者・戸川秋骨氏が訳したアメリカの哲人エマソンの言葉である。
 今いる、その場所で、「自分の為すべき事を即座に成す」力こそが勇気だというのである。
 まさしく、愛する九州家族の勇戦の姿そのものではないか。
 九州の友は、東洋広布・世界広布の先駆の誇りも高く、アジアをはじめ海外のメンバーと深く交流を結んできた。
 忘れ得ぬ九州の父母の歓待を受けた世界の友人たちも、我がこととして強盛に題目を送ってくれている。
 私自身、アジアへの往来を九州を拠点として、共に歴史を刻んできた。
 1980年(昭和55年)4月には、第5次訪中を終えて長崎空港へ帰国した。青葉光る長崎に思い出は尽きない。
 5月3日を前に、福岡での県本部長会で、私は不退の決意を訴えた。
 「広宣流布の胸中の旗を断じて降ろすまい!」
 「折伏の修行の法旗を決して降ろすまい!」
 「一生涯の成仏の、信心の炎の光を絶対に消すまい!」と。
 この不撓不屈の闘魂を発揮し、勝利また勝利の歴史を綴ってくれているのが、福岡そして大九州の不二の同志なのだ。

「終りの勝」こそ
 九州・福岡藩の祖となった黒田官兵衛すなわち黒田孝高(如水)は軍略に優れ、かの信長・秀吉・家康という三人の天下人からも大変、重要視された傑物であった。
 彼の生まれは播磨国の姫路である。今の兵庫を地盤としながら、勲功を挙げ、やがて九州に本拠を移したのだ。
 黒田官兵衛は、後継者の子息・長政に、「終りの勝を計れ」と教えた。戦いの大きな流れを見失い、目先の勝敗に翻弄されてはならぬ。「良将」は軽率な動きを排し、あくまでも全体観に立って戦うゆえに勝利を全うできるというのだ。
 長い人生の戦いにあっても、途中には幾多の苦難がある。壁にぶつかる時もあろう。思いもよらぬ難関が立ちはだかる。
 だが、我らには「法華経の兵法」がある。ゆえに迷いなく、定めた決勝点を目指して、辛抱強く力走するのだ。そして「最後は、信心しきったものが必ず勝つ」ことを、執念で証明するのだ。
 この負けじ魂を満天下に示したのが、兵庫・西宮の阪神甲子園球場で開催した、あの「雨の関西文化祭」であった(1966年9月)。
 台風接近の影響による激しい雨がグラウンドを打ち付ける中、わが関西の青年たちは、試練の逆境をはね返し、偉大な人間讃歌の舞台に変えた。
 その常勝不敗の魂は、半世紀を経た今も脈々と流れ通っている。
 先日も、兵庫で広布の法城を厳護してくれている壮年部の王城会の友の便りに綴られてあった。
 ――21年前、阪神・淡路大震災を共に歯を食いしばって乗り越えてきた創価班や牙城会等の仲間たちが今、黄金柱の世代となりました。世界一の婦人部、従藍而青の青年部と心を一つに、「負けたらあかん!」と奮闘しています、と。

民衆の力で劇を

 「広布の一番星」と輝く愛知の講堂では、先月、全国男子部幹部会が雄々しく開催された。
 堅塁・中部の草創の父母が団結と不屈の魂で護り抜いてきた「勝利の旗」を、後継の若人が受け継いでくれている。本当に嬉しく、頼もしい。
 この講堂は1992年(平成4年)、「5・3」を祝す本部幹部会が行われた場所だ。あの日、私は、中部の友と語り合った。
 「民衆が力を合わせた時、〝奇跡〟ともいうべきドラマが生まれる」と。
 誓願の「この道」を、威風も堂々と走り抜いた師弟共戦の友は、「至誠天に通ず」の如く、あらゆる諸天を動かし、悪鬼魔民をも味方に付ける祈りで、見事な勝利劇を飾ってきたのである。
 大聖人が、ある女性門下に送られた御書には、「よき師と・よき檀那と・よき法と此の三寄り合いて祈を成就し国土の大難をも払ふべき者なり」(550㌻)と示されている。ここに、立正安国の勝利の要諦があるのだ。

後継と友情の糸
 妙法の令法久住は、未来へ連綿と信心の志が受け継がれる「後継」という縦糸と、わが街、わが郷土に大きく広げゆく「友情」という横糸によって、織り成される。
 この5月3日も、世界192カ国・地域で、言語も文化も違う多様な人びとが、「広宣流布」すなわち人類の幸福と平和という一点で心を同じくして、希望の大行進を開始した。
 「在在諸仏土 常与師俱生」――法華経には、師と弟子が、常に同じ仏国土に生まれ、共に仏法を行ずると説かれる。
 大きな視野に立てば、この地球自体が一つの仏国土といってよい。今この時に生まれ合わせた世界の同志は皆、同じ仏国土で戦う、久遠からの共戦の地涌の菩薩なのだ。
        ◇
 それは1978年(昭和54年)、私が第3代会長を辞任した直後の5月3日のことである。
 八王子から横浜に入った私は、海に臨む神奈川文化会館で、「共戦」と認めた。真実の同志と共に、世界広布へ新たに船出する誓いを込めた。
 立場や肩書など関係ない。わが学会には、麗しき異体同心の団結がある。正義の志がある。ゆえに、絶対に負けない。
 翌年(1980年)には、四国から3度にわたり、延べ3000人もの同志が、波濤を越えて、神奈川に来てくれた。
 以来36星霜――。本年3月には、かつて集ったメンバーの子や孫にあたる四国男子部の代表が神奈川を訪れ、地元男子部との交流の会合が行われた。初対面の友ばかりだったが、会場は「共戦」の熱気に包まれた。
 創価の勝利のため、どこまでも共に――この共戦の絆は、次の世代へ厳然と継承されている。

人間共和の都へ
 大歴史家トインビー博士と語り合ったのは、新緑の5月であった(1972年と73年)。
 世界を旅した博士は、述懐されていた。
 「だれかと直接 顔を合わせて会い、どこかある風景を自分の眼で見ることは、数巻の文字や、写真や、地図を見るよりも価値がある」と。
 そして、「新たな友人」をはじめ、こうした旅の中で得たものこそ、生涯にわたる「貴重な財産」になると強調された。直接、会い、語り合うことは、自他共の人生を何倍も豊かにするのだ。
 今、全国各地の共戦の同志たちが、あの友、この友のもとへと足を運び、対話の薫風を起こしてくれている。
 「妙密上人御消息」には「一を重ぬれば二となり・二を重ぬれば三・乃至十・百・千・万・億・阿僧祇の母は唯・一なるべし」(御書1237㌻)と記されている。
 一人との誠実の対話から無限の希望が広がる。
 いよいよ、創価の威光勢力を増しながら、民衆の幸福の凱歌が轟く「人間共和の都」を、わが地域に、わが街に、強く、朗らかに築きゆこう! 広布誓願の旗高く!



エマソンの言葉は『エマアソン全集4 社交及孤独』戸川秋骨訳(国民文庫刊行会)=現代表記に改め、傍点も外した。黒田孝高は岡谷繁実著『名将言行録4』(岩波書店)、トインビーは『トインビー著作集7』所収「東から西へ」長谷川松治訳(社会思想社)。
2016-05-09 : 随筆 永遠なれ 創価の大城 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。