スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

創価学園東京校第49期生、関西校第44期生入学式/創価小学校入学式へのメッセージ

創価学園東京校第49期生、関西校第44期生入学式へのメッセージ
                        (2016・4・8 東京・関西の各キャンパス)

創価学園の入学式が8日、東京・関西の各キャンパスで晴れやかに開催された。創立者の池田名誉会長は記念のメッセージと和歌を贈り、21世紀が開幕したのと同じ時期に生まれ合わせ、学園に集い来った新入生を、心から祝福。学園生たちの努力とともに、友情とともに、時代は栄え、21世紀は平和になると強調し、「世界を結ぶ『英知の翼』を鍛えゆけ!」「桜梅桃李の『友情の園』を広げよ!」「朗らかに『挑戦』そして『勝利』の歌を響かせよ!」と呼び掛けた。また同日、東西の創価小学校の入学式、札幌創価幼稚園の入園式も元気に行われた。

創価学園入学式への創立者のメッセージ

新しき希望の学園生よ学べ!
君の力は無窮なり


 一、私にとって、新しい希望が無限に生まれ出ずる最上の喜びの日――それが、わが創価学園の入学式であります。
 今年の新入生の皆さんは、いかなる縁でしょうか、21世紀の開幕の時に誕生しました。
 実は、私の師匠で、創価教育学の道を開かれた戸田城聖先生は西暦1900年に生まれ、20世紀に輝く不滅の歴史を残されました。
 それから、ちょうど1世紀を隔てて躍り出たのが、皆さん方なのです。
 ですから、皆さんの学びとともに、21世紀は明るくなる。皆さんの努力とともに、21世紀は栄える。皆さんの友情とともに、21世紀は平和になる。その大いなる心意気をもって、きょうから、偉大な学園生活を開始していただきたいと思うが、みんな、どうだろうか!(大拍手)
 ご家族の方々、いまだ厳しい経済情勢のなか、学園に送り出してくださり、誠にありがとうございます。
 教員の先生方、職員をはじめ、陰に陽にお世話になる方々、どうか、人類の宝たる、この英才たちの薫陶を、よろしくお願い申し上げます。

人類の幸福と 平和に貢献せよ
 一、きょうは、学園桜の舞いゆくキャンパスを、皆さんと歌声も高らかに、共に行進する思いで、3点、指針を贈らせていただきます。
 第1に、「世界を結ぶ『英知の翼』を鍛えゆけ!」ということです。
 わが創価学園は、東西ともに、文部科学省の「スーパーグローバルハイスクール」に指定されております。これまでにもまして、学園生が、いよいよ力強く世界へ羽ばたいていく時代に入っているのです。
 昨年の秋、世界的な文化人類学者である、ハーバード大学のヌール・ヤーマン博士を、学園にお迎えしました。トルコ出身の博士は、若き日から、英語、フランス語、ドイツ語など、語学力を磨きに磨き、イギリスの名門ケンブリッジ大学へと進学しております。
 博士は、私との対談の中で、語られました。
 「人間にとって大事なことは、できるかぎり心を開いて、他の言語や他の思想、他の体験や他の人びとに接しながら、それらの優れた点に学んで、自らの社会を豊かにしていくことにあります」と。
 皆さんも、この学園で、語学をはじめ、思う存分に「英知の翼」を鍛えていってください。翼が強ければ強いほど、自由自在に世界を飛び回り、人類の幸福のため、地球の平和のために貢献できるからです。

暴力やいじめは 断じて許さない
 一、第2に、「桜梅桃李の『友情の園』を広げよ!」ということです。
 学園には、桜は桜、梅は梅、桃は桃、李は李と、互いの人格を最大に尊重し合い、一人一人が自分らしく伸び伸びと、個性を開花させていく麗しい伝統があります。暴力やいじめは、断じて許しません。
 学園生に深い期待を寄せられる「詩心の母」であり、アメリカ・エマソン協会の会長を務められたワイダー博士は語られていました。
 「他の人と活発に考えを分かち合うことで、自分一人では辿り着けなかった場所に行き着くのです」と。
 皆さんは、人類73億人の中から、不思議にも集い合った仲間です。
 寮や下宿生活、また長距離の通学、クラブ活動などで、明るく楽しく励まし合いながら、世界一の「友情の園」を広げていってください。

負けじ魂を胸に 勝利の歌声高く

 一、第3に、「朗らかに『挑戦』そして『勝利』の歌を響かせよ!」と申し上げたい。 学園生は、私の命です。学園生のご一家は、私の家族です。
 関西校の1期生で、お父さんが闘病中の学園生がいました。私も、寮から実家に一緒に電話して、ご両親を激励させていただきました。
 彼女は、学園で学ばせてくれている父母の真心に何としても応えるのだ、後輩の道を開くのだと努力を重ねて、立派な医師になりました。後に弟さんも東京校を卒業し、医師となって、姉弟で活躍してくれています。
 どんなに苦しいことがあっても、学園生には「負けじ魂」がある。自分のため、父母のため、未来のため、朗らかに不屈の挑戦を貫いてください。
 そして、勝利の歌を断固と響かせていただきたいのです。
 私も、皆さんと、ご家族のことを、懸命に祈り抜いていきます。
 結びに、わが愛する皆さんの新出発を祝して、
 
 学園生
  君の力は
   無窮なり
  学び出せよ
   世紀のために
 
 との一首を贈り、私のメッセージといたします(大拍手)。



創価小学校入学式への創立者のメッセージ


早寝早起き 読書 勇気の太陽に

 新1年生の皆さん、入学、おめでとう! 
 ご父母の皆さま、ご家族の皆さま、心からお祝いを申し上げます。
 笑顔いっぱいの新入生の皆さんの姿を思い浮かべると、私の胸は高鳴ります。皆さんが太陽の光をいっぱいに浴びながら、堂々と天高く、大樹と育ちゆく日を、何よりも楽しみにしています。
 創価小学校の皆さんは、かがやく未来の宝です。皆さんが立派に、のびのびと成長するのを、世界中の人々が待っています。
 きょうからみんなで、3つの太陽を目指しましょう。
 1つ目は「早寝、早起きの太陽になろう」です。
 一日の始まりは、のぼりゆく太陽とともに、元気に起きて出発です。
 朝ご飯をしっかり食べて、はつらつと「おはよう!」と、あいさつをしましょう。それが、じょうぶな体、強い気持ちをつくる基本となります。
 早く起きるには、夜はできるだけ早く寝ることです。皆さんは、ぜひ、この毎日のリズムを、かしこくつくってください。
 2つ目は「読書の太陽になろう」です。
 よい本は、心の光です。読書をすると、太陽がかがやくように、自分の心が強く、あたたかく、ゆたかになります。よい本を開けば、多くの人たちと出あい、新しい世界を学ぶことができます。おどろくような発見や、胸がわくわくするようなぼうけんも、たくさんあるでしょう。
 皆さんは、一さつ、また一さつ、読書に挑戦し、みんなを明るくてらしていく人になってください。
 3つ目は「勇気の太陽になろう」です。
 困っている友だちに、親切にできる人。間違ったら、すなおに「ごめんなさい」、助けてもらったら、「ありがとう」と言える人。その人が、勇気の人です。
 苦手なことに挑戦するのも勇気。もう少し頑張ろうと、勉強にとり組むのも勇気です。勇気という“負けない心”があれば、皆さんは無敵の太陽です。
 さあ、これから楽しい学校生活が始まります。どこまでもほがらかに、そして元気いっぱいに、毎日をすごしてください。
 お父さんやお母さんに、親孝行のできる、力ある人になってください。私はいつもいつも、皆さんの健康と成長と勝利を祈り、見守っています。
 大好きな創価小学校の皆さん、万歳!
 新入生の王子・王女の皆さん、万歳!
2016-05-07 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。