21世紀への母と子を語る 3

21世紀への母と子を語る 3    
  単行本 第三文明社 2000.6.6刊 ¥1050(税込)
  池田大作全集 62巻 聖教新聞社 ¥2800(税込)
  (役職は出版当時)

第1章 幼児教育──信頼の世界
対談者 政森道子(中国方面婦人部長)
    岡野美代子(札幌創価幼稚園副園長)

教育の原点は幼児教育に
 札幌創価幼稚園設立の意義
 第1回入園式(S51.4)
実際の触れ合いをとおして子どもの心を触発
信頼の世界でこそ子どもの可能性は伸びる
 ペスタロッチの教育思想のキーワードは
焦らず、長い目で見ながら子どもといっしょに歩む
 子育てと忍耐
偉大な母の労苦に感謝
 母の祈り、母の思い
 ハービー・ハンコック氏と母
親子4人で参加した日大講堂の会長就任式
 子どもに学会の心を
一人でも多くの人を励ますのが指導者の役割
 S53の鳥取指導
 『地涌の讃歌』の誕生
 自由勤行会
母の一念は“奇跡”をも起こす            

第2章 母は、何ものにも負けない!
負けないことは 永遠に勝ったこと
 母から学んだこと(政森)
親の真剣な姿から 子どもは学んでいく
 日妙聖人の勝利の人生
 親子3人で御書を学んだ日々(岡野)
 生き方の骨格を
子ども時代に“身をもって知る”体験が大切
 直接体験と間接体験
親が子供の“善縁”となり可能性を伸ばしていく
 NY市立大学セソムズ学長と母親の心の時間
食卓は子どもの心身を育む大切な家庭団らんの場
 「ホテル家族」現象
 孤食と家族のコミュニケーション
同じ目的に向かって進む飛行機のような家庭に
 子育てと「自由な時間」の減少
 「苦」と「楽」は表裏一体
母の力は世界を一つに結ぶ
 『ゆりかごを動かす手が世界を動かす』
女性の行動で21世紀を「平和の世紀」に
 カレルギー伯・ガンジーが評価した女性の役割          

第3章 助け合い 支え合う絆
対談者  藤野和子(中国婦人部長)
     平川良子(総埼玉婦人部総合長)

家庭は人間を磨く第一の学校
 鼓笛隊初の海外公演(1969.7 アメリカ)
 海外公演参加のエピソード(平川)
父親が泰然としていれば家族は動揺しない
 2度の倒産の経験(藤野)
 戸田先生の事業の失敗
ぼろぼろになるまで読んだ「大白蓮華」
 わが家の再起は母の信心から(藤野)
崩れない幸福を築け!──偉大な母の思い
 ロマン・ロランと母のエピソード
 義母の痴呆・看病(藤野)
病気になっても心が負けなければ勝利者
 命名 ミセス・ベッド 
 「おばあちゃん。今まで本当にありがとう」
 義母の介護・死(藤野)
体の障害に負けて心の障害をつくらせない
 障害児を持った母の祈りと行動
 「衆生所遊楽」と「誓願」の人生      

第4章 父と母 妻と夫
使命を自覚すれば力がわいてくる
 名誉会長のアメリカ初訪問(1960)と婦人部への激励
人に尽くした分だけ自分も守られていく
 「孤独な育児」
 児童虐待の実態
 リーダーと「愛情」
“この子が笑う顔をみて生きていく勇気がわいた”
 『生命みつめて』(創価学会白樺会・白樺グループの看護体験談集)のエピソードより
夫婦のあり方が子どもの成長にも影響
 第3代会長就任と「池田家のお葬式」
 藤野家の「らくがき帳」
ちょっとした優しい言葉で相手が変わる
 夏目漱石の小説『道』
 “模範夫婦”周総理夫妻の八つの取り決め
欠点を責めず、長所を認め、讃え合う
 富木常忍と妻尼御前への激励の御消息
子どもたちが未来の事業を引き継いでくれる
 若い母親への周総理夫人の激励
親の懸命な姿そのものが最高の“遺産”
 「学会と共に。先生と共に」の人生             

第5章 学ぶ心 学ぶ意味
対談者  蓬田のり子(東北婦人部長)
     三井 麻生(山梨総県婦人部長

「勉強しようという心」を持ち続けるのが偉い人
 子どもの成績の悩み
 「人間の偉さ」と「成績」の関係
 なぜ勉強するのか
「今は勉学第一」と教えてくれた先輩婦人(三井)
 勉強は誰のため
 「数学の学び方」(蘇 復旦大学名誉学長)
「前に進もうとする子ども心」を励ます
 「持続は力」
 「負けじ魂」 
「何かで一番になりなさい。『優しさ』でもいいんだよ」
 “学会っ子”としての決意
 「東京未来会第2期」結成時の思い出
一生、忘れられない雪の街頭座談会
 S57.1 秋田指導
 「善知識」との「出会い」
子どももお母さんも読書に挑戦を!
 読書好きになったきっかけ(三井)
勉強に取り組むには家庭の「安心感」が必要
 入会時の苦労(蓬田)
高等部員の“希望の星”になりたい、と決意
 大学受験の体験(三井)
学び続ける人は深い人生を生きられる
 「戸田大学」卒業生       

第6章 親と心が向き合う時
子どもたちの笑顔は世界を照らす
 韓国「日の出合唱団」
 子どもは社会の宝
親は子どもに対して“受け身”ではいけない
 インド・パトナで出会った子どもの目の輝き
まず母親を励まし勇気づけること
 子どもの悩み
 「妙音菩薩」人間革命のドラマ
子どもを救う親や教師の燃える一念
 故ノーマン・カズンズ博士と「希望」
 「小さな一本のマッチ」
 不可能を可能にする祈り
親の真剣の一言が子どもを変える
 非行少年と母親の叫び
 シュリーマンの父親とのエピソード
 ともに悩み、ともに励まし、ともに成長
3人の子どもが次々の「不登校」に
 「煩悩即菩提」の原理
 大変なときこそ「師子王」の心で
自分で決めていくのが本当の「使命」
 S57.11.18の日記      

第7章 苦労は必ず喜びに
対談者  大塚富士子(北陸婦人部長)
     小野 洋子(四国婦人部長)

投獄の前年、生家を訪れた戸田先生
 戸田先生生誕100周年(2000.2.11)
学会大発展の理由──それは「一生懸命」だったから
 入会の動機(小野)
笑顔の人は強い「ガンジーはよく笑う人だった」
 戦う心を失うな
お母さんの知恵には大学者も及ばない
 母親の姿(大塚)
「才能の芽」を伸ばすには「信じてあげること」
 詩「鳳雛よ未来に羽ばたけ」
 S44.10四国指導と少年少女合唱団への激励
“100円のブラウス”は昔も今も母の“宝”
 S42.8.14 記念撮影(高岡市市民体育館)
不登校だった子に「よう来たね。はよう上がんさい」
 「俺の小遣いをみんなやるから高校を続けろ」と恩師
 「恩返し」の心で、子育てに、人材育成に挑戦を      

第8章 子どもは、「希望」
世界一偉い人──それは「お母さん」
 エッセイ集『母の舞』に収められた「お母さん」の姿
母は「永遠の故郷」母は、人間の「根っこ」
 お母さんに感謝する心を
叱るよりも、ほめることが、勇気を生む
 韓国 李元首相とご両親
喜びは「潤滑油」愚痴は「心のさび」
 忙しさに負けない心
「あんたたちを思う気持ちは地球よりも重たいけんね」
 詩「ひっこし」(少女部の作品)
「太陽となって、皆さまに光のシャワーを注ぎます」
 H3.8 アメリカメンバーへの激励(長野研修道場)
母の勲章──「育ててくれて、ありがとう」(大塚)
病気と貧乏に負けなかった母「いつか笑って話せる時がくる」
 富山の婦人部の半生
「今日からぼくがお父さんだ。ビシビシやるよ!」
 1999.未来部総会のスピーチを聞いてのエピソード
「私の選んだこの道をどこまでも私は進んでいく!」
2006-05-07 : 母と子を語る :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索