随筆 永遠なれ創価の大城 4 正義の王者の誇り

随筆 永遠なれ創価の大城 4            (2016・3・30付 聖教新聞)

正義の王者の誇り

広布の使命に青年よ立て
「魂の炎のバトン」握り拡大の春へ!


「創価学会は宗教界の王者である!」
 昭和33年(1958年)の3月16日――わが師・戸田城聖先生は、不滅の「広宣流布記念の大儀式」において、宣言された。
 それは、戦時中の大弾圧を勝ち越え、75万世帯の弘教を成就された先生の凱旋であられた。
 そして、門下の私たち青年に、厳然と託してくださった宝冠である。
 日蓮大聖人は、毅然と同志の先頭に立つ千日尼へ、「此の経文は一切経に勝れたり地走る者の王たり師子王のごとし・空飛ぶ者の王たり鷲のごとし」(御書1310㌻)と仰せになられた。
 「宗教界の王者」とは万人成仏の法を明かした「一切経の王」たる法華経の精神を身に体して、広宣流布という最も至難な大聖業を遂行する王者のことである。
 「地走る者の王」の如く走り叫び、民衆を不幸に陥れる邪悪を打ち破る正義の師子王のことだ。
 我ら創価の師弟は、未来永遠にこの「王者」の心で、威風も堂々と戦い続けていくのである。

恩師の夢を抱き
 「3・16」の儀式に続く日々は、対話の一瞬一瞬が、師から弟子への相伝の宝の時間であった。
 ある日の朝、先生は、私を傍らに呼ばれた。
 「大作、メキシコへ行った夢を見たよ」
 「待っていた、みんな待っていたよ。日蓮大聖人の仏法を求めてな」
 体は衰弱されていても、恩師の胸には、壮大なる世界広宣流布の夢が広がっていたのである。
 御書に「広宣流布の時一閻浮提の一切衆生・法華経の行者となるべきを涌出とは云うなり」(834㌻)と仰せである。
 誰もが、地涌の菩薩の使命をもっている。必ず、その尊き使命に目覚める時が来るのだ。
 「みんな待っていたよ」との言葉から、先生の悠然たる大確信が伝わってきた。
 先生は私に言われた。――生きろ。うんと生きるんだぞ。そして、世界に征くんだ!
 不二の弟子は、「空飛ぶ者の王」鷲の如く勇気と智慧の若き翼を広げ、嵐も恐れず、一閻浮提広布の天空へ舞いゆけ――この師の熱望に応えて、私は先陣を切った。
        ◇
 私がメキシコに第一歩を印したのは、先生との語らいから7年後(1965年)である。
 先生が夢にまで思い描かれた天地で、メキシコの革命記念塔などを同志と共に視察した。
 以来、広布50周年の佳節を迎えた昨年、その革命記念塔の目の前に、創価の宝城「メキシコ平和文化センター」が誕生した。半世紀前、約10人だった宝友は、今や7000人の地涌の連帯と輝いている。
 17世紀のメキシコで活躍した女性詩人ソル・フアナは詠った。「ひとつ苦しむごとに、あなたは栄光に近づく」と。
 わがメキシコの同志の前進にあっても、あまりにも尊き太陽の母たち、女性たちの無数の労苦があったことを、私は忘れない。
 メキシコ発展の礎は、「求道」の一念である。
 私がメキシコに足跡を留めたのは5回。飛行機の乗り継ぎで立ち寄り、空港に着いたのが明け方の時もあった。それでも、友は駆け付けてくれた。その一期一会が、永遠の黄金の思い出である。
 20年前、キューバ、コスタリカを初訪問してアメリカへ向かう際、カリブ海に臨む港湾都市ベラクルスでも、空港が出会いの舞台となった。
 空港ロビーで「ヨウコソ!」と歓迎してくれた少女も、その後、白蓮グループのリーダーとして活躍し、地域で社会で、立派に貢献している近況を伝えてくれた。
 わが同志が、世界のいずこでも、福徳と勝利の実証を示してくれていることが何より嬉しい。
 広宣流布は、人間に会い、仏縁を結ぶことだ。妙法の種を蒔き、一人ひとりの生命に具わる無限の可能性を解き放っていくことだ。そして「人間革命」という王者の勝利劇を、共々に綴っていくことである。

世界照らす太陽
 「観心本尊抄」には、「天晴れぬれば地明かなり法華を識る者は世法を得可きか」(御書254㌻)と明言なされている。
 この太陽の仏法を受持した若人が、己の誓願の国土で、時代の闇を晴らす希望の光を放つのだ。
 アフリカ各国の青年部も、世界広布新時代の「3・16」を勝ち飾っている。
 カメルーンの青年部は、これまでで最大の 1200人の総会を行い、席上、100人の友へ新たに御本尊が授与された。
 「アフリカの世紀」を担い立ち、勇気の波動を広げるリーダーが凜然と決意を寄せてくれた。
 「自身が勝ち、皆が勝利できるように一人ひとりを支え、そして偉大な世界宗教の道をいよいよ邁進していきます」と。
 創価の若き世界市民の連帯は、生命尊厳の宝塔を揺るぎなく林立させながら、平和の地球社会を照らし始めているのだ。

未来を恐れない
 真の「王者」は、次代の発展のため、確固たる後継の流れを創り上げる。
 恩師が「一度会ってみたいものだ」と言われたインドの初代首相ネルーも、独立が実現した後、社会改革の〝継承〟のため、真摯に手を打っている。
 世代間に生ずる意識の差など困難な課題を直視しつつ、次の世代を薫陶し、根本の精神性を伝え、若き生命の最善の力を引き出すことに焦点を定めていた。
 この〝継承〟を信じるゆえに、ネルーは「わたくしは未来を恐れない」と言い切ったのである。
 今、仏教発祥の天地たる、このインドでも、法華経の人間主義の源流を受け継いで前進する創価の青年たちに、絶大なる信頼が寄せられている。
 大聖人は、地涌の菩薩の強さを、「能く能く心をきた(鍛)はせ給うにや」(御書1186㌻)と洞察なされた。
 仏道修行という、最も地道にして、最も偉大な生命の錬磨によって、心を鍛えている地涌の若人ほど、頼もしき正義の後継者はいないのだ。
 この誇りと自信をもって、青年部の君たちは胸を張ってもらいたい。
        ◇
 それは、大聖人の御精神を踏みにじる、民衆蔑視の邪宗門との熾烈な攻防が続いていた25年前(1991年)の3月のことであった。
 「3・16」を記念する全国青年部幹部会が愛知・名古屋を舞台に、意気高く開催された。勇んで出席した私は、創価の「この道」を走りゆく、わが中部青年部に、後継を頼むと熱願した。
 さらに、「『魂の炎のバトン』を君たちに」と題するメッセージを若き弟子たちに贈ったのだ。
 本門の師弟の力走を続けて、私が神戸の大通りにそびえ立つ兵庫の文化会館を初訪問したのは、この年の10月である。
 記念の総会では、大阪事件の無罪判決の歴史を通し、苦楽を共にしてきた常勝関西の同志と、あらためて「仏法は勝負」と、生命に刻んだ。
 ――いかなる悪戦苦闘をも突き抜けて、断じて勝ち切るのだ! 弟子の勝利こそ、師への最高の報恩となるからだ、と。
 わが兵庫、わが関西の共戦の友は、その4年後の阪神・淡路大震災の悲劇も決然として乗り越えてきてくれた。
 この兵庫の文化会館で先月、全国男子部幹部会が行われた。師弟の大道を歩み抜く青年たちの姿が、私は頼もしかった。
 「不幸な人の味方となり、真実に全民衆が、安心して暮らしていける世の中を築き上げよう」
 私が、大阪事件の勝訴の前夜に尼崎で叫んだ、この「立正安国」の闘魂を、常勝の負けじ魂の若人たちは朗らかに発揮してくれているのだ。

追撃また前進だ
 「追撃の手を緩めるな!」――これは私たち青年が、恩師・戸田先生から直々に頂戴した最後の指針である。
 追撃だ! 前進だ! 立つ時は今だ。前進なくして勝利も幸福もない。
 先日、久方ぶりに訪れた文京区の同志との合言葉も「前進」である。
 広宣流布は、永遠に仏と魔との戦いだ。あえて三障四魔をも駆り出し、勇猛に打ち破り、生命の凱歌を上げていくのだ。
 栄光の「5・3」へ、いよいよ、わが男女青年部の「正義拡大月間」がスタートした。
 さあ、青春乱舞の4月。
 青年よ進め。広布後継の「魂の炎のバトン」を握り、快活に進め!
 激流が巌を越えて進むように勢いよく、4月も断固と勝ち切ろう!
  
 烈々と
  広布を継ぎゆけ
   弟子なれば
  王者の闘魂
   日々に光らせ


ソル・フアナの言葉はオクタビオ・パス著『ソル・フアナ=イネス・デ・ラ・クルスの生涯――信仰の罠』林美智代訳(土曜美術社出版販売)、ネルーはメンデ著『ネールは主張する』大山聰訳(紀伊國屋書店)。
2016-05-07 : 随筆 永遠なれ 創価の大城 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索