スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

新時代第7回全国男子部幹部会へのメッセージ

新時代第7回全国男子部幹部会へのメッセージ
  (2015.12.20 鳥取県米子市 米子文化会館)

 「新時代第7回全国男子部幹部会」が20日午後、鳥取・米子市の米子文化会館で晴れ晴れと開催された。これには、原田会長、橋元青年部長、竹岡男子部長らが、山光(鳥取・島根)はじめ中国方面から駆け付けた1300人と出席した。池田SGI(創価学会インタナショナル)会長はメッセージを寄せ、青年学会の連帯のエネルギーで理想社会の建設をと呼び掛けた。さらに幹部会を記念して、「心の一法より国土世間も出来する事なり」(御書563㌻)の御聖訓とともに「君よ 世界広布の模範と光れ! 君らしく 君の声で どこまでも正義を毅然と叫び抜け!」との言葉を贈った。

メッセージ

広布と人生の新たな開拓に挑め

生命尊厳の哲理 人間主義の励ましで誓願の天地を常寂光の都に

 一、大晴天のもと、懐かしい懐かしい米子での全国男子部幹部会、誠におめでとう!
 わが愛する君たちの大闘争ありて、今、山光のわが天地より、全世界に先駆けて、拡大の太陽が赫々と昇り、堂々たる勝利の歌が響いております。鳥取の諸君、島根の諸君、そして、全中国の諸君、日本一の大折伏、本当におめでとう!(大拍手)
 年の瀬に、寒風のなか、最後の最後まで、挑戦を貫き通してきた諸君、よくぞ頑張ってくれました。闘争のなかで、練習を重ねてきた出演者の諸君の努力も、胸を熱く打たれる活動体験も、全部、伺っています。ありがとう! 本当にありがとう!
 さらに、陰の労活を惜しまず、一切を支えてくれている役員の諸君に、最大に感謝します。
 後継の君たちの総決起を、祈り続け、真心を込めて大応援してくださった婦人部・壮年部の方々が、どれほどうれしく誇らしく見つめておられることか。
 この偉大な父母《ちちはは》たちと、私も一緒に涙する思いで、大喝采を送ります。
 一、55年前、32歳の私は、冬の日本海を臨む鳥取砂丘に立ち、山光広布の開拓者たちと語り合いました。「広宣流布のために、怒濤に向かって、勇敢に突き進もう!」と。いずこにもまして信義にあつき山光の同志は、その通り、いかなる苦難の怒濤にも、私と共に戦い抜き、勝ち越えてくれました。
 そして今、雄々しき諸君が、この山光魂を受け継いでくれている。今日、私は再び、君たちと鳥取砂丘に立って、未来を展望する思いで、これからの創価の50年の一切を託します。
 一、日蓮大聖人は、「我等らが居住して一乗を修行せんの処は何《いず》れの処にても常寂光の都為《た》るべし」(御書1343㌻) と仰せになられた。
 妙法流布に生き抜く師弟は、いかなる試練にあっても、自らの誓願の天地を、常寂光の都と輝かせていくことができる。
 ゆえに、山光そして大中国の創価の太陽たる君たちは、乱世の深き闇を、生命尊厳の哲理の光で打ち破っていただきたい。
 悩み凍えている人々の心を、人間主義の励ましの熱で温めていただきたい。
 そして、人類の夢に見た理想社会を、青年学会の連帯のエネルギーで築き上げていただきたいのであります。
 その希望の光彩に満ちた最先端の平和の都こそ、わが鳥取であり、わが島根であり、我らの中国であると、宣言していこうではありませんか!
 明年の中国広布60年、一人一人が、仕事でも広宣流布の戦いでも、新たな開拓に挑み、断固たる大勝利の歴史を創ってくれたまえ!
 諸君を送り出してくださった、ご家族の皆さん、地域の同志の皆さんに、どうかくれぐれもよろしくお伝えください。健康で無事故で、よいお年を迎えてください。
 陽《ひ》出《い》ずる中国、万歳! 山光の若き地涌の大英雄よ、世界に輝きわたれ!(大拍手)
2015-12-27 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。