FC2ブログ

「世界広布新時代第12回本部幹部会」「関西総会」へのメッセージ

「世界広布新時代第12回本部幹部会」「関西総会」へのメッセージ
        (2015.6.28 関西戸田記念講堂)

  「世界広布新時代第12回本部幹部会」が28日午後、「関西総会」の意義を込め、大阪・豊中市の関西戸田記念講堂で晴れやかに開催された。これには原田会長、正木理事長、杉本婦人部長、山内関西長、山下同婦人部長をはじめ各部の代表が、海外9カ国91人のSGI(創価学会インタナショナル)の友と出席。関西2府5県40会場を中継で結び、3万人の友が参加した。池田名誉会長は記念の和歌とメッセージを贈り、心から祝福。平和の未来を開くため、自他共に幸福の種を蒔きながら、いやまして常勝不敗の行進を広げてゆこうと呼び掛けた。

メッセージ

励ましの「太陽のスクラム」輝け

正義の人生を恐れなく
生命の底力を引き出せ
創価家族は幸福の安全地帯


一、きょうは、懐かしい豊中の戸田講堂での関西総会、そして、海外各国のリーダーの皆さん方をお迎えしての本部幹部会、誠におめでとう!
 私も妻と「常勝の空」を口ずさみながら、関西家族、SGI家族と一つの心で、すべてを見守っております。
 わが創価学会の再建は、昭和20年(1945年)の7月3日、戸田先生の出獄から始まりました。
 戦時中、軍部政府の大弾圧は、牧口先生を獄死させ、学会の組織を壊滅させました。戸田先生は空襲の焼け野原に一人立って、広宣流布の第一歩を踏み出されたのです。
 この原点から70年──。私たち創価の師弟は、時代を創り、社会を変えてきました。さらに力強く平和の未来を開きゆくために、歴史を転換してきた我らの誉れ高き「常勝の魂」を、ここで三点にわたって宣言したいのであります。
 一、戸田先生が、その最晩年、牧口先生にお見せしたかったと言われた二つの金字塔があります。
 一つは、昭和3年(56年)、関西が成し遂げた未曽有の大折伏であり、「“まさか”が実現」の大勝利です。
 そして、もう一つは翌年の大阪事件の折、全関西の同志が私と一緒に、恐れなく難に立ち向かってくれた団結であります。
 私と関西の友には、いつも熱く燃え上がる共戦の闘魂があった。
 それは──大地に根を張った、ありのままの庶民が一番強く、その一人一人の生命の底力を引き出すのが、日蓮仏法である。絶対に信じ合える庶民と庶民が力を合わせ、社会の変革に挑戦するのが、創価学会である。どんな迫害にも、どんな試練にも、関西は決して負けず、断じて勝ち越えてみせるのだ──と。         
 ゆえに私は、「常勝の魂」の第一として、「民衆の大地の力に恐れるものなし」と申し上げたい。
 創価学会は、この関西魂と共に、永遠に民衆の大地に立って、民衆の力を解き放ちながら、世界の民衆と平和・文化・教育の大連帯を築き上げていくのです。
 一、この6月、全国各地で、白ゆりの香りも高き「婦人部総会」の大成功、誠にご苦労さまでした。
 そして、華陽姉妹の輝きを増しゆく女子部の新出発、本当におめでとう!
 日蓮大聖人は、妙法の声の力を譬えられて、女性門下へ仰せになられました。
 「太陽が東の空に昇れば、数多くの星の光は跡形もなく消え去ってしまう」(御書1393㌻、趣意)と。
 まさしく題目の音声《おんじょう》を朗々と響かせて、幻の虚栄などに惑わされず、いかなる不幸の闇も打ち破っていくのが、創価の女性の「太陽のスクラム」です。
 なかんずく、世界一、明るく温かな関西婦人部の励ましには、孤独と不安に凍える友をも蘇生させずにはおかない、希望の光があり、慈愛の熱があります。
 私は「常勝の魂」の第二として、「太陽の女性のスクラムほど温かなものはなし」と申し上げたい。皆が常楽我浄の人生を歩みゆける幸福の安全地帯たる、この創価家族の絆に、ますます多くの友を招き迎えていこうではありませんか!
 一、幾たびとなく関西同志と拝してきた「諸法実相抄」には、「日蓮一人はじめは南無妙法蓮華経と唱へしが、二人・三人・百人と次第に唱へつたふるなり、未来も又しかるべし、是あに地涌の義に非ずや」(同1360㌻) とあります。
 一人の友に妙法を唱え伝えようと、真剣に祈り、語りゆく創価の同志の心にこそ、御本仏の大生命は脈々と流れ通うのです。
 ゆえに、広布の大願に生きゆく我らの折伏行は、永久に行き詰まることはありません。
 現に今、関西はじめ日本全国、全世界の男女青年部が、壮年部・婦人部の真心あふれる応援を受けながら、「地涌の義」を威風堂々と証明してくれているではないか。
 「地涌の人材の大河は尽きることなし」──これこそ、「常勝の魂」の第三なのであります。
 一、この7月3日、おかげさまで、私の全集も完結の運びとなりました。
 「出獄と入獄の日」に、師弟不二の勝利の証しとして、恩師に捧げるとともに、これからも、『新・人間革命』をはじめとする執筆を、日々、重ねていく決心であります。
 あの大阪事件の時、獄中の私を、わが事のように案じてくださつたご家族に、出獄後、感謝を込めて揮豪を贈りました。「正義の戦いは一生続く。助けて勝ち、助けられて進むなり」と。
 私たちは、いよいよ久遠よりの誓いの友と仲良く助け合い、勝ち進もう!
 そして自他共に幸福の種を思う存分、蒔きながら、世界へ、未来へ、いやまして常勝不敗の行進を広げてゆこうではありませんか!
 終わりに、全同志の無事安穏の日々と福徳爛漫の人生を祈りに祈って、

 最極《さいごく》の
  正義の勝ちを
   万代《ばんだい》ヘ
  飾り示さん
    君と我とで

と贈り、私のメッセージといたします。
 皆、朗らかに! お元気で!(大拍手)
2015-06-29 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索