スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

世界広布新時代第11回本部幹部会へのメッセージ

「創価学会の日」「創価学会母の日」慶祝 世界広布新時代第11回本部幹部会へのメッセージ
        (2015.5.9 東京戸田記念講堂)

 池田大作名誉会長の第3代会長就任55周年の佳節を刻む5月3日「創価学会の日」「創価学会母の日」慶祝の「世界広布新時代第11回本部幹部会」が9日午後、「SGI(創価学会インタナショナル)春季研修会」「聖教新聞配達員大会」の意義を込め、巣鴨の東京戸田記念講堂で晴れやかに開催された。これには、原田会長、正木理事長、杉本婦人部長をはじめ各部の代表が、海外65カ国・地域270人の友と出席した。名誉会長はメセージと和歌を贈り、人間主義の新しき勝利へ出発をと強調。励ましの光で人類と地球の明日を照らしていこうと呼び掛けた。

メッセージ

黄金の 創価の太陽 明々《あかあか》と 楽しき体験 共に創《つく》れや

「平和の大道」を元初の誓いのままに
仲良く、たくましく「人間革命」へ進め!
我らの確信の声を世界は待つ


一、今年の5月3日は、55年前と同じように、晴天のもと、すべてに大勝利して、皆さん方と迎えることができました。
 昭和35年5月3日の前夜は、夕刻からの雨が降り続き、同志たちは翌日の第3代会長就任式の天気を案じてくれていました。
 私は、いかなる天候であれ、一層の決意で指揮を執ろうと、心を定めておりました。しかし、願わくは、わが同志に淋しい思いをさせたくなかった。
 準備を終えて、夜、帰宅した私は、恩師・戸田城聖先生から「学会厳護」の意義を留めて賜った宝剣を持って、雨の中、小さな家の小さな底に出ました。
 広宣流布は、永遠に仏と魔との戦いです。
 ゆえに、これからの前途に立ちはだかる一切の障魔を、矢面に立って打ち破っていくのだ。嵐に揺るがぬ屋根となって、愛する同志を守り抜いていくのだ。そして先駆を切って、「世界広宣流布」という未曾有の平和の大道を創り開いていくのだ。この誓願の一念を込めて、32歳の私は、師弟不二の宝剣を振るったのです。
 初代と二代から受け継いだ「不惜身命」「死身弘法」の覚悟の出陣でした。
 そして、日が変わる頃、雨は上がりました。翌朝には虹がかかり、同志の祝賀の真心を映すように、5月晴れの大晴天となった歴史は、皆さん、ご存じの通りです。
 それから55年──。
 我ら正義の創価家族は、ありとあらゆる三障四魔、三類の強敵との大闘争を晴ればれと勝ち切ってきました。日本全国、そして、全世界の偉大なる共戦の同志に、私は満腔の感謝を申し上げます。

“闇”を照らせ
 一、日蓮大聖人は、けなげな女性門下へのお手紙に、「百千万年くらき所にも燈《ともしび》を入れぬればあかくなる」(御書1403㌻)と仰せられました。
 百千万年もの間、暗闇に閉ざされていた洞窟のように、無明の闇に覆われ、不幸の流転をさすらってきた人類を、妙法という太陽で、照らし晴らしてくださったのが、大聖人であられます。
 第2次世界大戦下、最も深い時代の闇の中、戸田先生は、弾圧で投獄された独房で、この生命尊厳の平和の太陽を昇らせました。
 ここ戸田講堂のすぐ近くにあった東京拘置所で、先生は法華経の真髄を身読され、出獄後、人類の宿命を転換するために、「人間革命」の民衆運動を起こしていかれたのです。
 今や、その平和・文化・教育の人間主義の光は、世界192カ国・地域に広がり、地球を包んでいます。
 どんな不安や混迷の闇にあっても、創価の哲理がある限り、価値創造の希望は輝きます。
 どんな対立や不信の闇にあっても、創価の対話がある限り、立正安国の連帯は光ります。
 どんな災難や試練の闇にあっても、創価の挑戦がある限り、変毒為薬の勇気は燃えます。
 大震災にあったネパールでも、今、尊き同志が救援と復興の先頭に立って奮闘してくれています。ネパール、頑張れ! ネパール、負けるな! とエールの大拍手を送りましょう!(大拍手)

友情のスクラム
 一、先行きの見えない現代社会のカオスにあって、ますます妙法の太陽が渇仰されております。地域も世界も、我らの確信の声を待っています。我らの友情と信頼のスクラムを待っています。
 55年前、私は、会長就任の折、「楽しく、そして仲良く、たくましく」大折伏を遂行しようと、呼びかけました。
 今再び、皆で、元初の誓いに立ち返って、祈り、戦い、体験を勝ち開き、体験を語り広げよう!
 そして、あの友にも、この友にも、励ましの光を贈り、新たな地涌の菩薩を大地から呼び出《いだ》しながら、いよいよ晴れやかに、人類と地球の明日を照らしていこうではありませんか!
 一、終わりに、大切な大切な異体同心の全同志の健康と長寿、ご多幸を祈りつつ、

 黄金の
  創価の太陽
   明々《あかあか》と
   楽しき体験
    共に創《つく》れや

と贈り、私のメッセージといたします(大拍手)。
2015-05-14 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。