スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

随筆 民衆凱歌の大行進 No.20 桜花に誓う

随筆 民衆凱歌の大行進 No.20 (2015.4.2付)

桜花に誓う

生命躍動の創価の春が到来
わが地域に 勝利の青年桜よ咲き薫れ


 「春の到来は『混沌《カオス》』からの『宇宙』の創造であり、『黄金時代』の到来であるかのように感じられる」と、アメリカの思想家ソローは語った。
 我らも春の到来とともに、生まれ変わった息吹で新たな価値を創造し、人材の花が咲き誇る黄金時代を実現しゆくのだ。
 桜前線も、南から北へ──九州、中国、四国、関西、中部、東海道、そして関東へと進んできた。
 桜の木の「花芽《はなめ》」ができるのは、いつか。それは前の年の夏。早々に花芽をつくり、開花の準備を始める。そして厳しい冬を越え、春を迎えると同時に、命いっぱいに咲き開くのである。
 信濃町の総本部にある「青年桜」も「華陽桜」も爛漫と咲いた。
 私には、今春の桜は、ひときわ目覚ましく成長しゆく、創価の丈夫《ますらお》、華陽の乙女の英姿と二重写しに見えてならない。
 昨年の夏を中心に行われた創価青年大会を契機に、あの地この地で立ち上がった、新しき熱と力に満ちた若人たちだ。
 先日は、沖縄で不戦のスクラム固く、世界青年平和大会が開催された。
 胸中に植わった「誓いの芽」を育み、試練の冬に挑み、「使命の花」「平和の花」「幸福の花」「勝利の花」を咲かせゆく、地涌の青春の乱舞が、私は何にも増して嬉しい。

恩師の願いとは
 4月2日は、わが恩師・戸田城聖先生が、今世の広宣流布の願業を成就され、霊山へ旅立たれた祥月命日である。
 師から創立を託された創価大学を、この日に開学したのも、ただ報恩の思いからであった。
 先生は「社会に信念の人を」と念願された。
 今、ありとあらゆる分野で咲き出でている “信念の人材桜” を、恩師は会心の笑みで見つめ、讃えてくださっていると確信してやまない。
        ◇
 日本全国に植えられている桜の8割ないし9割を占めているといわれるのが、ソメイヨシノだ。
 その淵源は、江戸末期、今の東京・豊島区内にあった染井村の植木職人が「吉野桜」として生み出したことが、有力な説とされる。東京戸田記念講堂が立つ付近である。
 地元・豊島で行われるソメイヨシノゆかりの “桜まつり” には、鼓笛隊や音楽隊のメンバーも出演し、喜ばれている。
 思えば牧口先生と戸田先生は、この地にあった東京拘置所で、軍国主義の横暴と対峙し、獄中闘争を貫かれた。
 私も文京支部長代理として、日本一の折伏を目指し、信頼する友と駆け巡った天地である。
 いうなれば、ソメイヨシノが全国へと広がっていったように、私たちは幸福と平和の「創価桜」を日本中に広げゆくことを、誓願したのである。
 私は、各地に点在する文京支部の友を訪ねて、東海道など近県にも足繁く通った。今や大発展した相模原や横浜、川崎をはじめ神奈川家族の異体同心の前進が頼もしい。

平和の世紀へ!
 かつて、パッと咲いてパッと散る様を、戦場に潔く命を散らす軍人になぞらえ、桜が軍国主義の象徴として利用された時代もあった。
 だが、桜に言葉あらば、愛する我が子を戦地に送り出し、嗚咽をこらえる母の背中を見て、何と語り掛けただろうか。
 私は、人間の生命を軽視した「戦争の世紀」から、生命の尊厳を高らかに謳う「平和の世紀」へと転換する象徴として、日本のあの地この街に桜の木を植樹してきた。
 本年1月、アルゼンチン・タンゴの若きリーダーであるラサリ氏が民音公演で来日された折、そうした私の真情を汲んで、「永遠の桜」と題する名曲を贈ってくださった。感謝に堪えない。
 日蓮大聖人は桜を譬えに仰せになられた。
 「仏は、私たちの心の中におられます。たとえば、趣のある桜の花が、木の中から咲き出でるようなものです」(御書1491~2㌻、趣意)と。
 桜木の中には、花を咲かせゆく、はちきれんばかりの生命のエネルギーが満ちていて、春になれば一斉に開花する。
 同じように、悩み多き凡夫であっても、自行化他の題目を唱え、広布に走るならば、自身の胸中から、仏界という最も尊厳な生命の花を、必ず満開に咲かせていける。
 「冬は必ず春となる」(同1253㌻)のだ。
 そして、粘り強く対話を重ねることは、人びとの心田に仏種を蒔き、生命の無限の可能性への「信」を開くことに通ずると、私は思ってきた。
        ◇
 関西出身の大実業家である松下幸之助翁と、初めてゆったりと語らったのも、春4月、静岡で行われた桜の植樹祭でのことだった。もう40年以上も前になろうか。
 小学校を中退し9歳で奉公に出て以来、幾多の苦難を、不屈の精神力と努力で乗り切ってこられた方である。どんな苦境に陥っても「もう駄目だと思ったことがない」とおっしゃっていた。
 この春、新たなスタートを切ったフレッシュマンにも伝えたい、経営王の大成の歩みは、「人間、若いころから苦労しなければモノになりませんよ。苦労が肝心です」の一言《いちごん》に凝縮される。
 それはそのまま、わが誉れの常勝関西の同志の心意気と一致する。
 使命が大きいゆえに、労苦も大きいことを誇りとし、私と不二の心で一切を勝ち越えてくれる。
 常勝とは、不撓不屈の異名だ。「断じて勝つ! 最後は勝つ!」という大確信であり、大闘争心だ。
 この「負けじ魂」があるところ、いかなる逆境も、すべて自身の人間革命と、三世永遠にわたる成仏の大境涯を開く糧となることを忘れまい。

「戦う精神」の絆
 文芸評論家の小林秀雄氏と、桜並木を共に散策し、語り合ったことも思い起こされる。
 「人間」への透徹した眼《まなこ》を持つ方であった。
 師ソクラテスを主人公とする膨大な著書で、弟子プラトンが示したことは、何であったか。
 小林氏は、それを「どうあつても戦ふといふ精神」であり、これこそが「真の人間の刻印である」と論じておられた。
 師弟とは、究極の人間の絆である。魂と魂の真の触発であり、交流だ。
 なかんずく、広宣流布の誓願を分かち合い、どんな困難があろうとも戦い抜く師弟の絆ほど、尊く、強いものはないと、私は自負するのだ。
        ◇
 関西の創価学園では、「桜保存会」を中心とした学園生の「桜まつり」が地域でも親しまれている。日頃から学園を支え、お世話になっている近隣の方々などへの感謝を込めた花の宴《えん》である。
 東京校の友情の池を飾る「学園桜」も、札幌創価幼稚園の園児たちと共に植えた「わが子桜」「王子桜・王女桜」も、希望の瞳に光り映えるに違いない。
 そして今日、4月2日、「桜の城」と輝く創価大学キャンパスで、45回目の入学式が行われる。全員が英知の花、栄光の花を朗らかに咲かせゆけと、願ってやまない。

最前列に立て!
 創価大学で私は、ロシアのゴルバチョフ氏(元ソ連大統領)夫妻とも、一緒に桜を植樹した。
 ロシアの文豪チェーホフの戯曲 『桜の園』 を巡っての語らいも蘇る。
 この作品では、人間らしい魂をなくした富豪らに翻弄される人びとと、どんな状況に陥ろうとも確固として信念を貫く青年トロフィーモフの生き方が描かれている。
 青年は叫ぶ。
 「人類は、この地上で望みうる限りの最高の真理、最高の幸福を目指して進んでいるが、僕はその最前列にいるんだ!」
 だが──それを聞いた男が言う。
 「行きつけるかな?」
 それでも青年の心は揺るがない。
 「行きついてみせる」
 この誇り。この覚悟。この闘志。これこそ創価の青年の魂である。
 我らが目指すもの──それは世界の平和であり、全民衆の幸福だ。そのために、人類の先頭に立って「立正安国」の旗を高く掲げ、地域広布の大道を開き進むのだ!
 桜前線は、いよいよ新潟など信越・北陸を進み、福光の春を開く東北の地を包む。
 勇気に燃えて、友情を広げる、私たちの躍進と呼応するかのように!
 そして、北海道に達するのは今月下旬。札幌で見頃となるのは5月3日前後という。桜をこよなく愛された戸田先生の故郷である厚田の地も、それに続いて満開を迎えると予想されている。
 さあ、我らもまた、わが愛する地域を幸と希望の桜花で包みゆこう!
 対話の花を、あの友この友と咲かせゆこう!
 「水魚の思」で結ばれた創価家族と共に、わが心の大地に福徳と歓喜の桜花を咲かせながら、勝利満開の「5月3日」を、晴れやかに迎えようではないか!

 民衆の
  凱歌の春を
    断固して
  万朶の桜と
   功徳の花 咲け

ソローの言葉は 『森の生活』 飯田実訳(岩波書店)、小林秀雄は 『考へるヒント』 (文藝春秋新社)、チェーホフは 『桜の園』 小野理子訳(岩波書店)。
2015-05-03 : 随筆 民衆凱歌の大行進 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。