スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

創価学園卒業式へのメッセージ

創価学園卒業式へのメッセージ
      (2015.3.16 東京・関西創価学園)

 創価学園の卒業式が16日、東京・関西の各キャンパスを音声と映像でつなぎ、晴れやかに開催された。創立者の池田名誉会長はメッセージと和歌を贈り、栄光の門出を祝福。鍛えの青春を進む友に「いよいよ向学の太陽を昇らせよ!」「友を照らす希望の太陽たれ!」「大変な時こそ、負けじ魂の不屈の太陽を!」と呼び掛けた。同日、札幌創価幼稚園の卒園式も開かれた。またこの日、東京校の新「栄光寮」のオープニング式典が盛大に行われた。
               ◇
 式典が閉会に近づいていた時だった。
 「みんな、おめでとう! 卒業おめでとう! うれしいよ」──会場に創立者の優しい、力強い声が響き渡った。
 この日、創立者は卒業式の様子を中継で見守っていたのだ。
 音声をつないだ突然の“参加”に、生徒・児童、保護者から歓声が上がる。拍手が高鳴る。
 続いて、創立者の呼び掛けで、学園愛唱歌「負けじ魂ここにあり」の大合唱が始まった。

 ♪桜の舞いゆく 春の陽に 友とかけゆく この天地……

 創立者と歩んだ3年間、6年間、そして12年間の思い出が胸に浮かぶ。目頭が熱くなる。
 やがて曲は創立者が作詞した5番へ。東西の学園生の歌声に一段と熱と力がこもった。

 ♪学べ勝ち抜け 世界まで 負けじ魂 朗らかに

 皆で一つになって歌い上げると、創立者は再び音声をつなぎ、包み込むような声で語り掛けた。
 「一緒に歌ったよ。上手だったよ。おめでとう! おめでとう! よかったよ」
 あの目にも涙。この目にも涙。創立者の期待に応えようと走り抜いた日々がよみがえり、言葉にできない感謝の思いが込み上げてくる。“先生が見てくださっている。ありがとうございます!”
 重ねて創立者は「最高に素晴らしい卒業式だったよ。本当におめでとう!」との万感の伝言を寄せた。
 最愛の学園生の旅立ちを、最大の激励で送り出した創立者。使命の大空へ羽ばたく鳳雛たちにとって、最高の出発の儀式となった。


太陽の君よ 学べ! 負けるな! 君の努力が世界を明るくする

「人間革命」こそ平和の王道
智慧の光で暴力の闇を破れ


親孝行の人に 感謝と幸福は一体
不屈の人に 一心不乱は最強の力


 一、私の命の真ん中に輝き光る、わが学園生の皆さん! 希望に燃え立つ卒業、誠におめでとう!
 皆、よく学び、よく鍛え、よくぞ立派に成長してくれました。あの東日本大震災で被災された東北から学園に集ってくれた英才もいます。卒業生全員が団結し、励まし合いながら頑張り通してくれたことも、全部わかっております。
 私は一人ひとりを讃え、「大勝利の卒業生、万歳!」と声高らかに叫びたいのです。
 本年は、『創価教育学体系』が発刊されて85周年になります。
 この大著に序文を寄せられたのは、牧口常三郎先生の友人であり、東北が生んだ偉人である新渡戸稲造博士です。世界から信頼された新渡戸博士の言葉に、「感謝する心は、幸《さち》ある心なり」(『新渡戸稲造全集』 第5巻、教文館)とあります。
 「感謝の心」は「英知の心」と一体です。その心から、幸福が広がるのです。
 ここで、何よりもまず、皆さんを学園に送り出してくださったお父さん、お母さん方に、最大の感謝と親孝行の決意を込めて、大拍手をお送りしたいと思うが、みんな、どうだろうか!
 お父さん、お母さん方、本当にありがとうございます!
 また、見事に薫育してくださった教員の先生方、職員の方々、さらに、陰に陽に、学園生を見守り、応援してくださっている、ご来賓の方々に、心から御礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

亡き友の分まで
 一、今日は、「希望の未来《あす》へ」出発する「不二の命」の君たちに、「英知」「栄光」「情熱」の学園の三色旗を力の限り振りつつ、私は三つのエールを贈ります。
 第1に、「いよいよ向学の太陽を昇らせよ!」ということです。
 20世紀を代表する歴史学者のトインビー博士と、私が対談集を発刊したのは、1975年の3月のことでありました。
 40年の歳月を経て、この対談集は、世界の28言語で読まれております。
 博士と対話を行ったロンドンのご自宅には、暖炉の飾り棚に大切に置かれている写真がありました。そこに写るのは、第1次世界大戦で戦死した学友たちでした。
 戦争で命を奪われた亡き友の分まで「生きて生き抜く」。そして、平和な時代を創るため「学びに学び抜く」。これが、トインビー博士の青春の誓いであったのです。
 戦争をはじめ、生命を蹂躙し、不幸をもたらす暴力の深い闇を打ち破っていくためには、どうすればよいか。「智慧の光」「人間教育の光」「対話の光」を断固として強め、広げていく以外にない。博士と私の一致した信念であります。
 軍国主義と戦い抜いた牧口先生、そして私の師匠である戸田城聖先生と同じく、トインビー博士も「学ぶ」という精神の闘争を、最後の最後まで、貫かれました。
 皆さんも、これからが学びの本番です。皆さんが学びの努力を重ねた分だけ、世界はもっともっと明るく、温かくなる。
 今年は第2次世界大戦の終結から70年。「暴力否定」「生命尊厳」の誇り高き学園から巣立つ皆さんは、向学の太陽をいよいよ赫々と昇らせていってください。

あなた自身から
 一、第2に申し上げたいのは、「友を照らす希望の太陽たれ!」ということです。
 先日、私の敬愛する元国連事務次長のチョウドリ博士が、アメリカ創価大学と関西創価学園をインターネットでつなぎ、特別授業をしてくださいました。
 「創価教育」は「平和教育」の先頭に立つと期待される博士が、常々、人々に語ってこられたことは、「『あなた自身から』始めてください」という呼びかけです。
 社会を変え、世界を変える。それは、自分が変わることから始まる。「人間革命」です。最も地道でありながら、最も確実な平和の王道が、ここにあります。
 皆さんは、それぞれの青春の使命の舞台で、自らが太陽と輝いて、目の前の友を、励ましの陽光で賢く朗らかに照らしていってください。
 私に続く創価の世界市民として、コミュニケーションの力も、語学力も一段と磨きながら、この地球上に、友情と平和の連帯を、開き築いていただきたいのです。

ロバと歩く少女
 一、第3は、「大変な時こそ、負けじ魂の不屈の太陽を!」と申し上げたい。
 嬉しいことに、今、「21世紀の大陸」アフリカでも、皆さん方の先輩が、たくましく活躍してくれています。
 このアフリカで、苦難を乗り越え4000万本もの植樹を推進した笑顔光る「緑の大地の母」が、私と妻の友人であるワンガリ・マータイ博士です。
 博士には、少女時代の忘れ得ぬ思い出があります。農場から家までの遠い道のりを、大量の豆を収穫して、ロバと共に背負い運んだ旅のことです。
 途中、ロバが足を滑らせ、斜面を転がり落ちてしまった。さあ、どうするか。
 マータイ少女は気持ちを落ち着かせ、ロバを助け元気づけながら、再び、一歩一歩、歩き始めました。そして力を振り絞って、ようやくたどりついたのです。
 博士は、この旅から、「一心不乱にがんばると、信じられないようなことをやり遂げられる」ことを学んだといいます。〈『UNBOWED へこたれない ワンガリ・マータイ自伝』小池百合子訳、小学館〉
 若き日に負けじ魂で挑戦したことは、すべて、わが生命に不屈のエネルギーとなって蓄積されます。ゆえに、いかなる試練にも臆さず、いかなる失敗にも怯まず、前へ前へ進んでいくことです。
 たとえ嵐の夜があろうとも、その翌朝には、晴れわたる笑顔で、勝ち昇りゆく太陽のような青春であっていただきたいのです。
 私は、愛する皆さんの健康と勝利を祈り抜いていきます。
 皆さんがどんな逆境にあろうとも、お父さん、お母さんとご一緒に絶対の味方として見守り続けます。
 学園生には一人も残らず師子王の心があります。師子王に断じて不幸はありません。
 終わりに、わが宝の卒業生へ、万感の期待を込めて──

 さあ昇れ
  太陽の君
   朗らかに
 勇気に燃えて
  未来を照らせや

と贈ります。
 大好きな「負けじ魂ここにあり」を共々に歌いながら!
2015-03-22 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。