スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

池田名誉会長が贈る 勝利の人間学 51〜60

第51回 わが地域を「幸福の楽土」に  (2014.5.7付 創価新報)

近隣こそ広布の最前線
 日蓮大聖人は、信頼する門下に、「其の国の仏法は貴辺にまか(任)せたてまつり候ぞ」(御書1467㌻)と励まされている。
 「其の国」とは、どこか──それは、まず自分たちの住む地域から始まる。わが近隣こそ、御本仏から任された広布の最前線である。私も若き日から、自らのアパートをはじめ、地元の方々を大切にしてきた。顔を合わせるたびに声を掛け、心を通わせた。
 元気な挨拶一つでも、「いい青年がいるな」「感じのいいお嬢さんだな」と、安心してもらえるものだ。皆さんは、誠実な振る舞いで心を開き、使命の地域に「信頼と希望の絆」を織り成していただきたい。

誠実に聡明に善友の連帯を
 大聖人は南条時光に「友達の一日に十度・二十度来《きた》れる人なりとも千里・二千里・来れる人の如く思ふて礼儀いささ(聊)か・をろ(疎)かに思うべからず」(同1527㌻)と仰せになられた。親しい間柄であっても、遠来の友を迎えるような礼儀と真心で、誠実に接していくことを教えられている。
 とともに、「悪知識を捨てて善友に親近せよ」(同1244㌻)とも戒めておられる。仏法は最高の人間学である。真実の友情を結び、崩れざる連帯を聡明に広げる道である。

地区が広宣勝利の起点
 広宣流布の前進の鍵は「地区」にある。
 一歩また一歩、活力あふれ、人材光る「地区」を築いていく──最も尊い闘争である。
 わが後継の青年部も、自身の「地区」から勝利のドラマを創っていくのだ。
 仕事が忙しくて、地区の活動に間に合わない時も、参加できない時もあるだろう。
 しかし、その場に行けなくても、報告・連絡はできる。智慧を使い、連携を取り合っていく。その呼吸の一致から、波動は生まれる。
 力ある人材とは、責任をもつ人のことだ。
 君が、貴女《あなた》が、「わが地区の広布の主役なり。太陽なり」との自覚と誇りをもって、颯爽と、広布の新風を起こしてくれ給え!

第52回 平和と正義の若き連帯を  (2014.5.21付 創価新報)

周囲に希望を送る存在に
 互いに尊敬し、成長を競い合って、健闘を讃えていくのが、我ら創価のスクラムである。
 妬んだり、責め立て合ったりするような陰湿な世界は、まったく無縁なのである。
 大変であればあるほど、温かな励ましの言葉、勇気の出る言葉をかけていくのだ。
 日蓮大聖人は、「人のために火をともせば・我がまへあき《明》らかなるがごとし」(御書1598㌻)と仰せである。
 友を元気にすれば、自分も元気になる。皆に希望を送れば、共々に希望の明るい未来が開かれる。どこまでも仲良く朗らかに、平和と正義の青年の連帯を広げていただきたい。

新たな広布の開拓闘争を
 青年の心の力は無限である。それを解き放っていくカギが、「一念三千」の法理である。
 わが師・戸田城聖先生は言われた。
 「信心を、一言でいうならば、『心』を決めることである。同じ決めるのであれば、『勝つ!』と決めなさい」と。
 断じて勝ってみせると決める。真剣に祈る。そして勇敢に行動する。やり切ったことが、すべて永遠の財産となる。
 「決めて」「祈って」「行動する」──この勝利のリズムで、新たな広布の開拓闘争を勝ちまくれ!

若き熱と力が新時代を創る
 「新しき世紀をつくるものは、青年の熱と力である」と恩師は叫ばれた。
 この師子吼を、私は自分への呼びかけと受け止めた。「君の熱と力で時代を変えよ」と。
 今また、新時代を創るのは青年しかない。それは青年に託された特権なのだ。
 ゆえに、君たちよ! 何の遠慮もいらない。決然と挑むのだ。大胆に進むのだ。理想も高く、情熱を燃やし、不屈の魂で挑戦するのだ。
 いよいよ「創価青年大会」が始まった。
 やるからには、「これだけ成功させた」という自身の最高の勝利の歴史を創ろう! 君たちの勇戦で、万年に輝く「青年学会」を築いてくれ給え! 歌声も高らかに!

第53回 世界に広がる 華陽のスクラム  (2014.6.4付 創価新報)

賢く聡明に使命の道を
 女子部は「学会の宝」である。「広布の門」である。女子部員が一人いれば、周囲の皆がパッと明るくなる。希望が大きく開かれる。
 女子部の皆さん方が一人も残らず、絶対に幸福になること。これが私の祈りである。
 皆、自分を大事にしていただきたい。価値的に行動し、夜は帰宅が遅くならないよう、無事故で健康第一の前進をお願いします。
 ともあれ、「聡明」であることが「幸福」の条件である。悪縁に振り回されることなく、賢く毅然と、尊き使命の道を歩み抜くのだ。

自分らしく あなたらしく
 「御義口伝」には、「自身の内なる妙法を悟って、自身の宮殿に入るのである。南無妙法蓮華経と唱えていくことは、自身の宮殿に入っていくのである」(御書787㌻、通解)と仰せである。
 広宣流布に生きゆく皆さん自身の心に、幸福の大宮殿が晴れ晴れと広がっている。
 人と比べて落ち込む必要など全くない。心ない悪口を言われようと、一喜一憂せず、自分らしく凜として生きることだ。  「桜梅桃李」ゆえに、人は人、自分は自分である。どこまでも信心で、わが生命を磨き、あなたらしく輝きを敦っていくことだ。

仲良きところに幸福がある
 戸田先生は、女子部の友に語られた。
 「鎖の輪は、一つ一つガッチリと組み合って、切れることがない。人間も同じだ。心強き一人ひとりが、固く手を結べば、広宣流布は必ず進む。人と人との輪を作りなさい」と。
 一人は気ままなようで、わびしい。境涯も深まらないし、可能性も閉ざされてしまう。
 人を幸福にする人が、幸福である。
 人を喜ばせゆく人が、喜びに包まれる。
 だからこそ、伸び伸びと心を開いて、善き友人、善き同志、善き先輩に触れ、深き友情のスクラムを築いていこう!
  華陽姉妹の皆さんは、お父さん、お母さんを大切に! 友と友との仲良き人華《にんげ》の花園を、地域へ職場へ、社会へ世界へと、朗らかに咲き薫らせていっていただきたい。

第54回 先駆の使命の学生部  (2014.6.18付 創価新報)

力ある人間指導者に
 夕張事件、大阪事件――「三類の強敵」が競い起こる中、わが学生部は誕生した。
 恩師・戸田城聖先生は、「ただ嬉しいという言葉以外にない」と喜ばれた。
 正義の力ある人間指導者よ、踊り出でよ!
 権力の魔性と戦う矢面にあって、私は北海天地から祈りを込めてメッセージを送った。
 日蓮大聖人は、「智者とは世間の法より外《ほか》に仏法を行《おこなわ》ず、世間の治世の法を能《よ》く能く心へて候を智者とは申すなり」(御書1466㌻)と仰せである。
 男女学生部の皆さんは、どこまでも民衆を守り抜き、社会に勝利の旗を打ち立てる英知と勇気のリーダーに成長していただきたい。

苦労と挑戦の日々を
 苦労即鍛錬である。悩みを恐れず、労苦をいとわず、黄金の青春の劇を創造するのだ。その中でこそ、心も頭も体も鍛え上げられる。全てが自分のかけがえのない財産となる。
 挑戦即勝利である。あえて高い目標に挑むのだ。自らの無限の可能性を開拓するのだ。
 祈って、動いて、戦い抜いて、失敗してもなお挑戦し続けた人が、最後は必ず勝つ。
 私も働きながら夜学で学んだ。師匠の事業を支える悪戦苦闘の渦中も、研鑚を止《や》めなかった。大変だったからこそ、今の私がある。
 「鉄《くろがね》は炎《きたい》打てば剣《つるぎ》となる」(同958㌻)との御聖訓を、若き宝剣の皆さんに贈りたい。

大目的を胸に学び抜け
 牧口常三郎先生は、軍部政府の弾圧によって投獄された独房で「青年時代からあこがれて居た本が読めるので、却《かえ》つて幸《さいわ》ひである」(獄中書簡)と悠然と学ばれていた。
 学ぶことは、人間の最高の権利である。
 人は学び続ける限り、行き詰まらない。幸福勝利の軌道を向上していける。
 ゆえに君よ、貴女《あなた》よ、今日も学びゆけ!
 我ら創価の人間革命の運動は、100年先、200年先の人類が進む平和の大道を開いているのである。その偉大な大目的に向かって、「先駆」の誇りに燃え、学び勝ちゆけ!

第55回 師子の誉れ 男子部よ勝て  (2014.7.2付 創価新報)

冥の照覧の大確信を
 信心は格好ではない。「戦う心」で決まる。
 男子がひとたび立つならば、「戦う心」を燃やして、「これだけ道を開いた」「これだけ拡大した」という歴史を創るのだ。
 誰が見ていなくとも、誰が褒めなくとも、誇り高く、わが使命の劇を演じていくのだ。
 私たちの一念と行動は、御本仏が全て御覧になってくださっている。全宇宙の諸天・諸仏が見守っている。この「冥の照覧」を大確信して戦うのだ。見栄や気取りなど、いらない。勇敢に大胆に、眼前の壁を突破せよ!

苦難こそ成長の好機《チャンス》
 日蓮大聖人は、父親から信心を猛反対されていた池上兄弟に、「いよいよ・をづる心ねすがた・をはすべからず」(御書1084㌻)と、仰せになられた。
 広宣流布のために進めば、必ず三障四魔が競い起こる。その時こそ、成長できる。「人間革命」「宿命転換」のチャンスである。
 臆病の心に負けてはならない。怯んでしまえば、そこに魔は増長して付け込んでくる。
 「師子王の心」を取り出《いだ》して、恐れなく迎え打てば、魔は退散するのだ。全ての苦難は、偉大な指導者になるための試練である。

青年城を築く時は今
 御書には「未来の果を知らんと欲せば其の現在の因を見よ」(同231㌻)と記されている。
 「未来」を決するのは、「今」である。
 ゆえに今こそ、新たな人材を、一人また一人と、励まし、育てるのだ。その地道にして忍耐強い労作業以外に、学会の永遠の発展も、広宣流布の万代の伸展もない。
 一人の「本物の人材」がいれば、全体が栄える。
 要領では、人は育たない。わが身をなげうつ真剣勝負の「魂」と「魂」の触発で、「本物の人材」は育つのだ。そのなかで、自分もまた、本物に成長していけるのだ。
 さあ、わが信ずる男子部の諸君! 君たちの満々たるエネルギーで、日本そして世界の未来を開く金剛の青年城を築いてくれ給え!

第56回 未来部を励ます夏
  (2014.7.16付 創価新報)

よき友だちとして
 さあ、この夏、宝の未来部を育てよう!
 わが未来部の一人一人が「学会の未来」であり、「世界の希望」であり、「人類の明日」である。未来部を育てる以上の聖業はない。
 とりわけ、青年部の皆さんが、よき兄、よき姉、よき友として、元気で誠実に、温かく接してくれることが、いかに重要か。
 「仏になるみちは善知識にはすぎず」(御書1468㌻)である。「善知識」すなわち「よき友」の存在が、若き生命を強く正しく育む。
 何でも話を聞いてくれる、親身に相談にのってくれる、一緒に真剣に祈ってくれる ─ その真心の励ましこそ、未来部の成長の力だ。

まず一人を育てよう
 まず「一人」を育てることから始まる。
 少子化の時代だからこそ、ますます一人が大事になる。また、丁寧に心を配って、長い目で見守リ、伸ばしていくことができる。
 御聖訓には、「一人を手本として一切衆生平等」(同564㌻)と仰せである。
 一人の信心が、家族や眷属など、周囲の皆の成仏の道を広々と開いていくのだ。
 一つの太陽が昇れば、一切が明るくなる。
 未来部の太陽が昇れば、一家も、地域も、世界まで、希望の光で照らしていける。

人材育成の勝負の時
 恩師・戸田城聖先生は「後生畏るべし」という『論語』の言葉がお好きだった。そして、私たちに「君たちは『後生』だから、先生である私より偉くなれ! 弟子が偉くなることこそが、師匠の勝利なのである」と励ましてくださった。
 「青年畏るべし」「未来部畏るべし」である。
 あとに続く人を自分以上の人材にしていく。自分が先輩から激励してもらった以上に、後輩を大切に激励していく— この最も尊い魂の触発が、学会の人材育成の伝統である。
 今、どれだけ新しい人材を見つけ、新しい人材を育てるかで、広布の未来は決まる。今が勝負の時である。青年部の皆さんは、私に代わって、未来部を励ましていただきたい。

第57回 一人から平和の大潮流を    (2014.8.6付 創価新報)

民衆の声を力に
 絶対に平和であらねばならない。
 戦争だけはしない、させないということを、人類の共通の理念にしていくべきである。
 ラテン語の格言には「平和を願うならば、戦争の準備をせよ」とあった。
 しかし、断じてそうではない。「平和を願うならば、平和の準備をせよ」である。
 「平和の準備」とは何か。それは、平和を願う民衆の声を結集していくことだ。なかんずく、青年の大情熱の声こそが力だ。
 日蓮大聖人は、「輪宝とは我等が吐く所の言語音声なり」(御書733㌻)と仰せである。
 「声」こそ「輪宝(車輪をかたどった宝器)」である。この「非暴力の武器」「文化の武器」を使って、我らは21世紀を「平和の世紀」「生命尊厳の世紀」としていくのだ。

鍵は全て人間にあり

 平和を壊すのも人間、平和を創るのも人間である。解決の鍵は、全て人間にある。
 ゆえに、我らは人間の「内なる悪」と戦い、仏という極善の生命を開発する道を選ぶ。この人間革命の道が即、平和の道であるからだ。
 平和は違い彼方にあるものではない。
 自分が今いる場所で、友と会い、誠実に対話を重ねる。どこまでも、一人を大切にする。そこから、平和の大潮流は生まれるのだ。
 特に、聡明な女性たちの“草の根の語らい”こそ、その最も確かな原動力である。

自他共の喜びの青春
 御本仏は、「すべての衆生が受ける、それぞれ異なる苦しみは、ことごとく日蓮一人の苦しみである」(同758㌻、通解)と仰せになられた。
 なんという大慈大悲であろうか。仏法とは、究極の「慈悲」の法である。御本尊に祈り、勇気をもって広宣流布に励むなかで、人を深く思いやる境涯を開くことができる。
 人の不幸の上に、自分の幸福を築かない。自他共に喜びあふれる青春を進みゆくのだ。
 生命尊厳の哲理を持《たも》つ青年よ、悩める友へ、苦しむ友へ、励ましと希望の光を送ろう! 君たちの友情で、平和の地球を輝かせるのだ。

第58回 新入会の友よ 朗らかに!   (2014.8.20付 創価新報)

焦らずに粘り強く
 新入会の皆さんは、不思議にも、今この時に躍り出てきた地涌の菩薩である。どれほど深遠な宿縁と、偉大な使命を帯びた方々か。
 67年前、私も新入会の一青年であった。戸惑うこともあった。家族の反対もあった。
 しかし、戸田城聖先生の「青年らしく勉強し、実践してごらん」との言葉を信じて、勤行も、教学も、折伏も、一つ一つ先輩に教えてもらいながら挑戦していった。
 その体験から、皆さんに申し上げたいことは、ともかく「焦らないで」「粘り強く」ということである。
 すぐに祈りが叶う場合もあれば、すぐには叶わない場合もある。しかし「冥益」といって、時が経てば経つほど、すべて良い方向に進んできたことが、必ず実感できるものだ。
 ゆえに、御書の通り、何があっても題目を忘れず、学会と共に前進していただきたい。
 希望に燃えて、人生に勝つための信心である。自分自身が勝利者となり、一家眷属も幸福に栄えさせていくための仏法である。
 新入会の皆さんが、自分に勝ち、社会で勝ち、人生を勝ち切って、「信心してよかった」と思えるよう、私も毎日、祈っている。

善き友、善き同志と共に
 御書に「たすくる者強ければたうれず」(1468㌻)と仰せの通り、信心を続けていく上で大切なのは、同志とのつながりである。
 分からないことがあれば、何でも率直に、周囲の同志や先輩に聞いていただきたい。
 また、忙しくて、なかなか会合に出られない時や、思うように題目があげられない時こそ、気後れしたり、遠慮したりしないで、同志と連絡を取り合っていくことである。
 少しでもつながっていこう! その心をもって、同志という善縁にふれていくなかで、生命力が増す。ここに、何ものにも負けずに、成長と向上の青春を謳歌しゆく道がある。
 新入会の友のニューパワーで、広宣流布、すなわち世界の平和と人類の幸福へ、朗らかにニューウェーブを起こしてくれ給え!

第59回 教学は最高の勝利の武器!   (2014.9.3付 創価新報)

御書を繙き自分を磨け
 御書の一文字、一文字には、日蓮大聖人の民衆救済への大情熱が漲り、正義の師子吼が刻まれている。御書を繙けば、わが胸中に、仏の大生命が脈打ち、仏の声が轟き渡る。
 毎日、一行でもよいから、拝読していこう。
 「日興遺誠置文」には「当門流に於ては御書を心肝に染め」(御書1918㌻)と仰せである。
 人間の心は、縁に触れて揺れ動くものだ。だからこそ、御書を「心の師」(同1088㌻)と定めて、最高無上の正道を進むのだ。
 日蓮仏法は、世界一の生命哲学である。
 この仏法を根本に生きれば、世界一の生命の哲人、幸福の博士に必ずなっていける。

共に成長の教学試験に
 教学は、最高の勝利の武器である。
 戸田先生は『御書全集』の「発刊の辞」で、その研鑽の姿勢を剣豪の修行に譬えて、「厳格なる鍛錬は、学会の伝統・名誉ある特徴」と断言された。
 いよいよ教学試験の秋の到来である。
 御聖訓に「法門を身につけていく人を頼りに法門を聴聞するようにしなさい」(同1224㌻、通解)と仰せの通り、求道の心で学び合う若人の姿ほど、美しく気高いものはない。
 どうか、試験を受ける側も、教える側も、“共に主役なり”との自覚で切磋琢磨し、大いに学び、成長してもらいたい。
 そして、皆が「信心の勝利者」即「青春の勝利者」となっていただきたい。

哲学なき時代に光を
 わが恩師は、「信は理を求め、求めたる理は信を深からしむ」と言われた。教学によって信心が深まる。実践の力が強まる。「行学の二道」は人間革命の直道なのである。
 「わかる」ことは「かわる」ことだ。
 今は「哲学なき時代」である。人類の宿命を転換する「新しい思想」「力ある哲学」が渇仰される。心ある人は、真剣に求めている。
 「平和と幸福の大哲理」を持《たも》った、君たち、貴女《あなた》たちこそ、世界の希望の光だ。その自覚と誇りに燃えて、きょうも御書を開こう!

第60回 「誓い」は貫いてこそ   (2014.9.17付 創価新報)

新たな決意で生き生きと
 青年は、常に新たな出発だ! 共に生き生きと躍進だ! この勢いが青年の生命だ。
 日蓮仏法は「本因妙」の仏法である。
 今この時に、妙法を唱え、現在そして未来の勝利の「因」を直ちに刻むことができる。
 ゆえに過去に囚われる必要はない。現状に安住してもならない。常に「これから」だ。新たな決意で「これから」を創り開くのだ。
 師弟の誓いに生き抜く青春に、停滞はない。みずみずしい求道の息吹が、惰性や慢心を打ち破るからだ。
 誓いは貫いてこそ、誓いである。そこから、尽きることのない「躍進」の力が生まれる。

広布の大願に「仏力」が

 日蓮大聖人は、青年門下に「我が弟子等・大願ををこせ」(御書1561㌻)と叫ばれた。
 広宣流布こそ、御本仏の誓願である。
 この仏と同じ誓願に立って、祈り、行動する時、わが生命に「仏の勇気」「仏の智慧」「仏の力」が無限に湧いてくる。
 これこそが、不可能を可能にする源泉だ。
 これほど価値ある誇り高い生き方はない。
 自分で決めて、勇んで勝利の道を開くのだ。すべてを御本仏が御照覧である。胸を張って、友の幸福のために動くのだ。
 「自発能動」こそ、青年の特権である。

師子の人材城を築こう
 勝利、勝利、また勝利の前進――これが、学会青年部の誓いである。永遠に勝ち進むためには、何よりも人材の流れを築くのだ。
 今、日本中、世界中で新たな希望に燃えた若人が躍り出ている。この若き地涌の友が、一人ももれなく、正義の師子に、平和の天使に、強く明るく伸び伸びと育ってほしい。
 恩師は、「人間をつくることだ。指導者をつくることだ」と、常々、語っておられた。
 創価家族の温かい励ましの中で、人は育つ。
 一段と、題目を大地に響かせて、地涌の菩薩を呼び出そう! そして、わが地域から、人材拡大のうねりを起こそうではないか!
2014-09-23 : 勝利の人間学 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。