スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

中等部結成記念大会へのメッセージ

中等部結成記念大会へのメッセージ
(2014.1.13 首都圏大会 創価国際友好会館/関西大会 関西文化会館)

具体的に目標を決め自分らしく挑戦せよ

 一、寒い中、また遠くから、よく集まってくれました。本当にご苦労さま!
 大切な大切な、わが中等部の皆さんが元気はつらつと成長してくれている姿ほど、嬉しい希望はありません。私も、全てを見守っています。
 いつもお世話になっている担当者の皆さん方にも、心から感謝します。
 今、「世界広宣流布の新時代」が開幕しました。それは皆さんが、青き地球の晴れ舞台にさっそうと躍り出ていく、まさに未来部の新時代です。
 きょうは、皆さん一人一人に、「自分自身の『新時代』を開幕しよう!」 「君自身、あなた自身の『新しい偉大な歴史』をつくろう!」と呼び掛けたい。
 一、私が大きな願いと期待を込めて中等部を結成したのは、1965年(昭和40年)のことです。当時、アメリカでは、人種による差別がはびこる中、人間が共に平等に生きる社会を目指す運動が、粘り強く進められていました。
 その信念のリーダーであったキング博士は、青年たちの勇気を信じ、「あなたがたが今 歴史を作っており、また歴史を経験しているということだけは、確かである。そしてあなたがたは将来の歴史家たちがすばらしい歴史の一章を書くことを可能にしているのだ」(クレイボーン・カーソン編、梶原寿訳『マーティン・ルーサー・キング自伝』日本基督教団出版局)と語り掛けています。
 私自身も、中等部の皆さんと同じ年代の頃の忘れ得ぬ思い出があります。
 戦争中、雨にも負けず、風にも負けず、新聞配達をしていた時のことです。配達先のアパートの親切なご夫妻が、私に「今、君は人間としての歴史をつくっているんだよ」と温かく励ましてくれたのです。
 日蓮大聖人は、「極楽百年の修行は穢土の一日の功徳に及ばず」(御書329ページ)と仰せになられました。
 大変な時や苦しい時にも、題目を唱えて、負けじ魂で、きょう一日を全力で頑張ることが、一つ一つ自分自身の黄金の歴史と光ります。“極楽百年の修行”にも勝る大功徳を積むことができるのです。
 一、若くして世界一の生命哲学を持った皆さんです。誇りと自信に燃えて、「早起きをする」「元気にあいさつする」「読書に励む」「苦手な科目にも挑む」など具体的に目標を決め、自分らしく挑戦してください。
 題目が原動力です。そして、創価の仲間と共に「私は断じて負けない」「我らは断固と勝ち進む」と胸を張って、大勝利の青春の歴史を飾っていただきたいのです。
 愛する皆さんの栄光の新時代のため、私は題目を送り、道を開きます。
 風邪など、ひかないように! ご家族にもよろしくお伝えください。

 2014年1月13日
       「正義の走者」を歌いながら
2014-01-17 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。