広宣流布 誓願の碑

広宣流布 誓願の碑 
  (2013.11 広宣流布大誓堂 広宣ホール)

 「創立の日」を記念し、池田名誉会長が先師・牧口初代会長、恩師・戸田第2代会長への報恩を込めて認めた「広宣流布 誓願の碑」の碑文。この碑は、東京・信濃町の広宣流布大誓堂の「広宣ホール」に設置されている。

碑文

 一閻浮提広宣流布は日蓮大聖人の御遺命なり。
 創価学会は広宣流布を実現しゆく唯一の正統たる教団なり。

 一九三〇年十一月十八日──
 宿縁深厚なる師弟によりて創価学会は誕生せり。
 先師 牧口常三郎初代会長は戦時中、生命尊厳の仏法を弘め、軍部政府に投獄せられ殉教なされたり。
 生きて牢獄を出た恩師 戸田城聖第二代会長は、地上から悲惨の二字をなくさんと生涯を捧げらる。
 師の不惜身命の精神を継ぎ、第三代会長として我は立ちたり。共戦の同志と共に妙法という幸福の種を蒔きし勇猛精進の歴史よ。世界一九二箇国・地域に平和と文化と教育の花は爛漫と咲き薫る。

 二〇一三年十一月十八日──
 先師の魂魄を留め、恩師が広宣流布の指揮を執りたるここ原点の地・信濃町に、第三代の発願し命名せる「広宣流布大誓堂」は建立されたり。
 須弥壇には「大法弘通慈折広宣流布大願成就」と認めらる創価学会常住の御本尊を御安置奉る。
 我ら民衆が世界の立正安国を深く祈念し、いかなる三障四魔も恐るることなく、自他共の人間革命の勝利へ出発せる師弟誓願の大殿堂なり。

 報恩抄に宣わく「日蓮が慈悲曠大ならば南無妙法蓮華経は万年の外・未来までもながるべし」。
 広宣流布は、世界の平和と社会の繁栄を開きゆく大道なり。全人類を救わんとする、我らの久遠の大誓願なり。今、地涌の菩薩は陸続と躍り出て、法華経の人間主義の大光は五大州を照らす。
 日蓮大聖人に直結し創価三代に連なる宝友が異体同心の団結で、末法万年にわたる「広宣流布」即「世界平和」の潮流をいよいよ高めゆかんことを、ここに強く念願するものなり。


   先師・恩師への報恩を込めて
     創価学会第三代会長
            池田大作
2013-11-19 : 碑文 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索