内なる世界──インドと日本

内なる世界──インドと日本
  単行本 東洋学術研究所 1988.6.30刊 ¥1575(税込)
  池田大作全集 109巻 聖教新聞社 ¥3000(税込)           

対談者 カラン・シン

1931年生まれ
1949年から18年間ジャンム・カシミール州の首長
1967年36歳で下院議員に当選
インド史上最年少の閣僚として入閣。カシミール大学卒業
デリー大学で博士号を取得。
ジャンム・カシミール大学・ベナレス・ヒンドュー大学総長を歴任。

序文  カラン・シン 池田大作

第1章 インド思想の源流
 インダス文明のアーリア人への影響
 初期アーリア人の社会
 アーリア人の宗教的発展
 ヴェーダの神々
 「デーヴァ」と「アスラ」
 インド宗教の両極性
 古代インドの宗教と近代ヨーロッパ

第2章 ウパニシャッド哲学の発展
 ウパニシャッドへの発展の起因
 ウパニシャッドの修行法
 ブラフマンとアートマンの概念
 人生の四段階観
 ウパニシャッドと仏教の相違
 遁世による解脱観
 輪廻観の起源
 輪廻観──インドとエジプト
 神話から哲学への推移

第3章 仏教とインド社会
 釈尊の生没年
 釈尊の革新性
 仏教の興隆期と栄光
 大乗仏教の特質
 カシミールと仏法東漸の道
 アショーカ王と西方世界
 アショーカ王の平和思想
 ミリンダ王と対話の精神
 ガンダーラ文化と西方世界

第4章 仏教の伝播
 インド仏教衰滅の原因
 都市型宗教の脆さ
 民衆からの遊離
 富の蓄積と僧侶の堕落
 人間平等観の系譜
 仏教のアジア各地への流伝
 仏教のインド文化への影響
 現代における仏教の復興

第5章 東洋の英知と人類の未来
 現代の文明的課題
 東洋を向く西洋
 法華経と釈尊の真意
 宝塔と生命の尊厳観
 仏寿の久遠の意味するもの
 三世十方の仏と宇宙観
 煩悩のとらえ方の転換
 生死の流転思想
 東洋の復興と英知の回復
2006-04-22 : 仏教対話 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索