スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

未来対話 第18回 感動とともに心は豊かに

未来対話  君と歩む勝利の道

第18回 感動とともに心は豊かに
     (2013.10.1付 未来ジャーナル)

みんなは「幸福を創る大芸術家」

 ──2020年、東京でのオリンピックとパラリンピックの開催が決定しました。7年後ですので、まさしく今の未来部員の世代が主役となる祭典です。

名誉会長 夢が広がるね。
 先月、60カ国・地域から来日した、海外の広宣流布の青年リーダーたちも、未来部の皆さんとの出会いを心から喜んでいました。
 わが未来部の凜々しき成長こそ、世界の大いなる希望なのです。

 ──未来部員も、それぞれの「秋」に挑戦しています。「勉学の秋」「読書の秋」、そして「スポーツの秋」「親孝行の秋」「芸術の秋」……。

名誉会長 秋は、稲穂も黄金に輝く、一年の実りの季節です。
 近代オリンピックを提唱した、クーベルタン男爵は言いました。
 「努力は最上の喜びである」と。
 皆さんも、自分らしく努力を積み重ね、すがすがしい「実りの秋」としていってください。
 高き天空を仰いで、のびのびと大きく深呼吸しながら!
      □■□
 ──未来部員と語り合って思うのは、「忙しい」と感じているメンバーが多いということです。
 「やることがありすぎて、目が回りそうです」という声も寄せられています。

名誉会長 そうか、今はみんな大変なんだね。たしかに、学校に行って、部活をして、勉強をして……。塾や習い事に通う人もいる。そして、未来部の活動への挑戦──。
 みんな、よく頑張っているね。本当に偉い。誰がほめなくても、私は最大にほめ讃えたい。
 忙しくて忙しくて、大変だろうけれども、青年がたくましく成長するのは、そういう時です。
 何にもすることがなくて、ただ、のんきにだらだらと過ごす。たまにはいいかもしれないけど、そういう日ばっかりだと、退屈で、あきてしまうし、充実もない。
 人間だけじゃない、すべての生命は常に成長する。命あるものは一瞬たりとも立ち止まらない。
 だから「忙しい」ということは「生きている」ということなんだ。その「忙しい」中で、どうやって、自分自身を励まし、元気づけながら、日々、新たに前進していくか。
 ここに人生の勝負がある。
 忙しいからこそ、賢く、ムダな時間をなくして、特に睡眠は十分にとるように心がけよう!
 睡眠不足では長続きしません。
 無理をしないで、あくまでも
 「健康第一」で!
      □■□
フランスの大文豪 ビクトル・ユゴー
海洋よりも壮大なる光景、それは天空である。
天空よりも壮大なる光景、それは実に人の魂の内奥である。


 ──「時間を使え、時間に使われるな」と言われますが、心に余裕がないと、どんどん時間に追い込まれた感じになります。

名誉会長 そうだね。だからこそ、生命力が大事なんだ。
 その源泉が、勤行・唱題です。
 御書には、「日月天の四天下をめぐり給うは仏法の力なり」(1146㌻)とあります。
 大宇宙がたゆまずに運行する究極の力も妙法です。題目を唱える人は、その限りない力を、わが生命に漲らせていけるのです。
 忙しい朝は、三唱だけでもいい。心をこめて朗々と題目を唱えれば必ず通じます。
 みんなは、題目という最強無敵の武器を持っている。忙しい時こそ、題目を忘れず、太陽が昇るような満々たる生命力で、一日を出発してください。

 ──メンバーから、「忙しい中で、豊かな心を持つには、どうすればいいですか」という質問がありました。

名誉会長 向上しようと頑張っている生命には、あらゆるものを吸収していく力がある。縁するものから、より深い価値をつかむことができます。
 ゆえに、忙しいからこそ、良いものにふれる機会、美しいものを見るチャンスを大切にしてほしいんです。そこから、感動が生まれます。その感動が“心の栄養”になる。そうすれば、心がどんどん大きく豊かになります。
 私が、30年前、創価大学の隣に東京富士美術館をつくったのも、創大生をはじめ多くの若い人たちに、一流の芸術品を鑑賞してもらいたいという願いをこめてです。
 戸田先生は、よく「文学も、音楽も、絵画も、求めて一流にふれよ!」と言われました。
 先生は、私たち青年を、あらゆる角度から、「第一級の社会人」へ、「心豊かな民衆指導者」へと薫陶してくださったのです。
 時には、レストランで食事のマナーを教えてくださることもありました。
 「水滸会」や「華陽会」という人材グループでは、戸田先生のもとで、世界の名著を掘り下げて学び、指導者論や哲学論、歴史観などを教わりました。
 フランスの大文豪ビクトル・ユゴーの作品も、その教材の一つです。先生は常々、「ユゴーを読め」とおっしゃっていたんです。
      □■□
 ──ユゴーと言えば、歴史的名作『レ・ミゼラブル』が有名ですミュージカルや映画にもなり、その歌は未来部の合唱団のメンバーも力強く歌っています。

名誉会長 私が初めて『レ・ミゼラブル』を読んだのは、たしか14歳か15歳の時、未来部の皆さんの年代でした。何度も読み返してきた一書です。
 創価大学には、ユゴーが闊歩しゆく姿のブロンズ像があります。その台座には、『レ・ミゼラブル』の有名な一節が刻まれている。
 すなわち、「海洋よりも壮大なる光景、それは天空である。天空よりも壮大なる光景、それは実に人の魂の内奥である」と。
 今回は、この言葉を皆さんに贈ります。
 自分自身の心こそ、大海よりも、大空よりも壮大な可能性を発揮していく原動力なのです。

 ──ユゴーは、激動の19世紀に、民衆へ魂の光を送り続けた偉大な闘士です。権力の迫害に屈せず、勇敢な闘争を貫きました。

名誉会長 そのユゴーも、幼少のころは体が弱かった。また何度も引っ越しせねばならない、なかなか落ち着かない暮らしでした。
 その中で、母はユゴー兄弟ににたくさんの本を読ませました。この読書が大きな力になったのです。
 私塾を開いていた老人からも、、多くのことを学びました。ラテン語やギリシャ語も教えてくれました。ユゴーは、後に、「幼年時代の三人の教師」として、母とこの老人と、そして美しい庭(自然)をあげています。
 また9歳の時、スペインを旅行して、そこで見た建築物や彫刻に感勤し、芸術の心が目覚めました。
 さまざまな良き人との出会いや書物との格闘、美しい自然や芸術との語らいが、ユゴーの心を深く、大きく、豊かに育んでいった。その心が、ペンからほとばしり、民衆への愛情あふれる世界文学へと結晶していったのです。
 ユゴーのように、青春時代に、素晴らしいものや、優れた人物にふれておくことが、どれほど大事か。自分自身の感動の体験が、やがて、多くの人を感動させ、喜ばせていく力をつけることにも、つながるのです。
      □■□
 ──池田先生の『若き日の日記』を拝読すると、多忙を極める激闘の中で、心豊かに芸術にふれておられたことが記されています。

名誉会長 「一流にふれよ!」との戸田先生の教えの通り、努力しました。先生の事業を必死に支える一日一日だったから、それも真剣勝負の戦いでした。
 小さなアパートの一室では、よくレコードを聴いたものです。ベートーベンの交響曲第五番「運命」や第九番が流れると、その時だけは、狭い部屋が、荘厳な大殿堂に変わった(笑い)。後輩たちが来た時には、スッペの「軽騎兵」序曲などを一緒に聴いて、共に胸を高鳴らせた。
 時間のない中だからこそ、一曲の名曲も、一冊の名著も、一枚の名画も、若き生命に鮮烈に刻みこまれたのです。
 しかし、何と言ってもいって最高の「一流」とのふれあいは、戸田先生との対話でした。
 戸田先生は、天才的な大学者であり、青年をこよなく愛する大教育者でした。何ものも恐れない信念の師子王であり、庶民の母たちをこよなく大切にされる慈愛の人間指導者でした。その恩師に徹底して薫陶していただいたことが、私の最大の誉れです。
      □■□
 ──「大きな心を持ちたいのですが、結局、自分のことばかり考えてしまって、親や友達に優しくすることができません。そんな自分が嫌になります」という悩みを語ってくれたメンバーがいます。

名誉会長 心配ないよ。誰だって、そうです。だからこそ、祈って、人間革命するんです。
 題目をあげて、祈れるということは、本当にすごいことなんだ。みんなは、自分の幸福を祈れる。と同時に、ご両親や兄弟、友達をはじめ、周囲の人々の幸せも、みな祈っていけるんだよ。
 心の大きさとは、何だろうか。
 それは、「一人の人のことを、どれだけ思いやれるか」、そのように思いやれる相手が「どれだけいるか」と言っでも良いでしょう。
 友のこと、みんなのことを深く広く祈っていけばいくほど、心は、どんどん広がっていくのです。
 私が出会った世界の一流の識者からは、必ずと言っていいほど、こうした心の大きさを感じました。世界平和を願い、人類のために行動する人は、その心もまた、世界を包み、人類を友とする広がりを持つのです。
 仏法では、「心は工《たくみ》なる画師《えし》の如し」と説かれます。心は素晴らしい画家のように、自在にあらゆるものを描き出すことができる、という意味です。
 若くして妙法を持《たも》った皆さんは、「希望の天才画家」であり、「幸福を創る大芸術家」です。思い描いた通りの自分になれないわけがありません。この心の力を自覚すれば、同じ一日であっても、計り知れない価値を創造し、偉大な未来を創造していけるんです。
      □■□
 ──世界の識者が異口同音に感動されているのは、池田先生のもと、使命に目覚めた創価の友が、自身の力を最大限に発揮して、それぞれの地で“良き市民”として活躍していることです。

名誉会長 みんなのご家族の人間革命の姿は、世界の模範です。
 皆さんも、自身の大いなる夢に向かって思い切り挑戦してほしい。挑戦してみて初めて、自分の心の大きさも、偉大さも分かる。
 日蓮大聖人は、「心」の不思議さを“ケシ粒のような小さな中に入っても縮まることもなければ、虚空(大宇宙)の中に満たしても心が狭すぎるということもない”と御書に仰せです(563㌻)
 どんなに窮屈な環境にいても、わが心は広々として縮こまることはない。反対に、見知らぬ広大な世界に飛び込んでも、心は自由に駆け巡ることができる。
 「心」は自由自在であいり、無限の力がある。その偉大な力を引き出すのが「信心」です。最高の自分自身を引き出す挑戦が「祈り」です。海洋よりも、天空よりも壮大な、無限の力と可能性を開きゆくために、仏法があるんです。
 君よ、大きな心を持つ、世界の指導者たれ!
 あなたよ、豊かな心で友を包む、幸福博土たれ!

 クーベルタンの言葉は鈴木良徳著『続・オリンピック外史』(ベースボール・マガジン社刊)。ユゴーの言葉は『レ・ミゼラブル(1)』 (豊島与志雄訳、岩波文庫刊)。辻昶著『ヴィクトル・ユゴーの生涯』(潮出版社刊)を参考にした。
2013-10-05 : 未来対話 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。