スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

新時代第67回本部幹部会へのメッセージ

「新時代第67回本部幹部会」「全国青年部幹部会」「SGI青年研修会」「全国学生部大会」へのメッセージ
         (2013.9.7 東京戸田記念講堂)

 さあ、11・18「創価学会創立記念日」へ! 「新時代第67回本部幹部会」が7日午後、「全国青年部幹部会」「SGI(創価学会インタナショナル)青年研修会」「全国学生部大会」の意義を込め、巣鴨の東京戸田記念講堂で晴れやかに開催された。
 これには、原田会長、正木理事長、杉本婦人部長をはじめ各部の代表が、海外60カ国・地域250人の青年リーダーらと出席した。
 池田大作名誉会長は記念のメッセージを贈り、広布へ戦えば戦うほど、新たな力を発揮し、新たな勝利の道を開くことができると強調。妙法に生き抜く若き友に、平和と幸福の創造者たれと呼び掛けた。席上、青年部の新任幹部の代表が紹介された。
 「新しい発想」「新しい決意」で、青年が広布の未来を創り開く新時代が到来した。
 「イタイドウシン(異体同心)!」「ウィズ・センセイ(先生と共に)!」──五大州から集った若き友の熱気が最高潮に達する。
 幹部会では、アメリカのエリック・リーカー学生部長、イギリスのコウイチ・サミュエルズ学生部長、インドのギタンジャリ・シン女子学生部長があいさつ。巴学生部長、清水女子学生部長が新任抱負を述べた後、参加者の視線は前方のモニターに向けられた。
 「私は、諸君にバトンタッチをするため、全力をあげて戦い、道を切り開き、舞台を整えておきます」
 そこに映し出されたのは、第11回学生部総会でスピーチする池田名誉会長。9月8日で45周年となる「日中国交正常化提言」の映像であった。
 上映が終わるや、会場が一つになって発表35周年の学生部歌「広布に走れ」を大合唱。誓願の歌声が轟いた。
 あふれる感動に、瞳を光らせる世界の友。フィリピンのクリシア・マリス・タン女子学生部長は力を込める。「平和の連帯の拡大は私たち学生部に託された使命です!」
 フィリピン学生部は今月、同国で開幕した「核兵器なき世界への連帯──勇気と希望の選択」展の運営の一切を担っている。
 大学で会計を学ぶタンさん。経済苦の中、母が信心で前向きになった姿に、“私も変わりたい”と13歳で発心した。「SGIの活動を通して、自分で希望を創り、自身の可能性を開く生き方を学びました」
 現在は女子部副本部長、白蓮グループ、SGI機関誌の編集スタッフとしても奮闘。勇気の対話に先駆する。
 キリスト教国家で仏法への理解を広げることは容易ではない。
 「でも、現証に勝る力はありません! 愛するわが国で、将来に大きな夢を抱く青年世代に信仰の確信を訴え続けていきたい」
 9月8日は、恩師・戸田第2代会長が「遺訓の第一」として「原水爆禁止宣言」を発表した日でもある。
 1987年に「非核法」を定めた“平和の先進国”ニュージーランドからは、ベンソン・リエン男子部長が来日した。
 反核展示や草の根の対話で人々の意識啓発に努める同国SGI。昨年は首都ウェリントン、オークランドの両市の非核行事に共催団体として参加した。
 SGIの青年たちの真剣さに心を打たれたオークランド市のレン・ブラウン市長は本年6月、同市の平和都市宣言1周年の記念行事をニュージーランド文化会館で開催。厚い信頼が寄せられている。
 当初は平和への意識が特別に高くはなかったリエンさん。転機は2007年、同国の国会議事堂で催されたSGIの「核兵器廃絶への挑戦」展だった。
 役員として迎えた開幕式典。チョウドリ元国連事務次長はじめ、各界の識者が口々に池田名誉会長とSGIの思想と行動を称賛する場面を目の当たりにし、胸が熱くなった。
 翌年5月には本部幹部会で名誉会長との出会いが。徹して一人を大切にする姿から真の人間主義を学んだ。
 本年1月、男子部長に。先日も2人の友人と対話し、深い理解を得ることができた。
 明年はオセアニア広布50周年。「池田先生を模範とし、仏法の生命尊厳の哲学を語り抜いていきます!」
 創価の師弟の「平和の魂」は今、世界の青年たちに脈々と受け継がれている。



池田名誉会長のメッセージ


全世界 創価の若人 綺羅星と 輝き光れや 勝ちまくれ


信心とは勇気!
広宣流布の大願に生き抜け そこに「歓喜の中の大歓喜」が


 一、今皆さんが夕刻に仕事を終えて、学会活動へ打って出るころ、西の茜空には「宵の明星」つまり金星が、鮮烈に一番星の光を放っております。
 イギリスの詩人コールリッジは、「宵の明星」が晴れやかに明るく輝く姿を、まさしく「英知」の象徴なりと謳いました(上島建吉編『対訳コウルリッジ詩集』岩波書店)
 きょうは、本部幹部会とともに、広布の大明星たる青年部の幹部会、さらに創価の一番星たる学生部の大会、誠に誠におめでとう! (大拍手)
 そして、総本部が完成しゆく、この時に、世界60カ国・地域から、一堂に会した、青年リーダーの皆さん、本当にようこそ!
 経済的にも大変ななか、若い皆さんがどれほど努力しながら駆けつけてくれたことか。広宣流布のために、万難を排して尊き求道の歴史を刻んだこと自体が、青春の不滅の勝利の晴れ姿であります。
 そしてまた、必ずや、これからの人生の旅を、痛快な勝利で飾りゆく、永遠の原点となります。
 SGI(創価学会インタナショナル)の皆さん、本当にご苦労さまです!(大拍手)

大難を越えて
 一、9月12日(1271年〈文永8年〉)は、日蓮大聖人が竜の口の法難に遭われた日であります。
 凶悪なる権力によって、斬首の刑に処せられんとした、この極限の大難を勝ち越えられて、大聖人は、発迹顕本なされたのであります。
 この大法難を偲びつつ、「種種御振舞御書」の一節を、皆さんと一緒に、心肝に染めたい。
 それは、まさに頸を斬られんとするその時に、涙ながらに殉教のお供をしようとした愛弟子の四条金吾に対し、仰せになられたお言葉です。
 すなわち大聖人は「これほどの悦びをば・わらへかし」(御書914㌻)──これほどの喜びを笑いなさい──と言われたのであります。
 妙法という究極の正義の法に生き抜き、広宣流布という最極の大願に戦い抜く。この赫々たる大境涯は、何ものにも侵されない。何ものにも阻まれない。何ものにも負けない。
 そこには、「歓喜の中の大歓喜」が、尽きることなく湧き起こってくる。
 そして、妙法と一体にして、広宣流布の誓願に徹する、この一念に呼応して、大宇宙の諸天善神も、厳然と動き、働き、護ることを、かくも悠然と、かくも堂々と、かくも闊達に示してくださったのであります。
 この御本仏に直結する師子王の心で、軍国主義の弾圧に立ち向かわれたのが、初代・牧口先生と2代・戸田先生です。
 私も、戸田先生の弟子として、66年間、広宣流布の壮大な前進のために、ありとあらゆる難を受け切ってきました。
 正しいからこそ、難に遭う。
 難と戦わなければ、仏には、なれない。
 戦えば戦うほど、新たな力を発揮し、新たな人材を育て、新たな勝利の道を、晴れ晴れと開くことができる。
 このことを、私は、わが真実の同志と共に証明し抜いてきたつもりです。

あの友この友と人間革命の道を

 「混迷を深める現代を生きゆく青年たちには、これまでの世代にもまして、複雑にして困難な課題が待ち受けているでしょう。
 けれども、若くして妙法を持《たも》ち、創価の連帯と共に生きゆく君たちには、打ち破れない壁など絶対にない。
 変毒為薬できない試練など絶対にないことを、私は断言しておきます。
 信心とは──
 断じてあきらめない勇気です。
 自分と友の生命の可能性をあきらめない。
 幸福の拡大をあきらめない。
 正義の勝利をあきらめない。
 平和の創造をあきらめない。
 大法弘通を、断じてあきらめない勇気なのです。
 皆さんは、これから、私の後を継いで、長い長い、一歩も引くことのできぬ大使命の人生を歩んでくれる従藍而青の直弟子です。
 どうか、「これほどの悦びをば・わらへかし」との信仰の真髄の大確信を、わが生命に轟かせながら、いかなる障魔も、恐れず、惑わず、深き信心で見破って、強く、賢く、朗らかに、勝ち切っていってください。
 そして、最高の希望と充実と歓喜の「人間革命」の道を、あの友にも、この友にも、あの地にも、この地にも、語り広げていただきたいのであります。
 一、私が対談した歴史学者トインビー博士も、ローマ・クラブの創立者ペッチェイ博士も、戦争や貧困、環境破壊など、地球の危機を克服する力を人間生命から引き出して、「平和」と「共生」の人類文明を創造していく新たな世界宗教を展望し、待望されておりました。
 こうした要請に、いよいよ応えていくのが、21世紀を担い立つ創価の青年です。皆さんです。
 どうか君たちの熱と力で、新たな地涌の菩薩を、満天の星の如く呼び出しながら、異体同心のスクラムで、遠大な一閻浮提広布の未来を創り開いていってください。
 終わりに、わが愛する同志に──

 全世界
  創価の若人
   綺羅星と
  輝き光れや
    勝ちまくれ

 恐るるな
  大宇宙が
   味方なり
  無限の力で
   希望に生き抜け

 と贈り、メッセージといたします(大拍手)。
2013-09-10 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。