新時代第64回本部幹部会へのメッセージ

新時代第64回本部幹部会/全国青年部幹部会/全国壮年部幹部会/新生・東北総会/農漁村ルネサンス大会へのメッセージ
           (2013.3.3 福島文化会館)

 「福光の春」を開く「新時代第64回本部幹部会」が3日、「全国青年部幹部会」「全国壮年部幹部会」「新生・東北総会」「農漁村ルネサンス大会」の意義を込め、福島県郡山市の福島文化会館で開催された。これには原田会長、正木理事長、杉本婦人部長をはじめ各部の代表が出席。東北6県の15会館と同時中継で結び、1万人が集い合った。池田名誉会長はメッセージを贈り、東北の「地涌の正義」の陣列を心から讃嘆。“題目の光は三世を照らす”と訴え、世界に希望と勇気の大光を広げながら、晴れ晴れと「勝利」の金字塔を打ち立てようと呼び掛けた。
 東北総会では、原田会長を中心に、厳粛に勤行・唱題が行われ、東日本大震災で亡くなられた全犠牲者への追善と、被害を受けた方々の安穏、一日も早い被災地の復興を深く祈念した。震災から間もなく2年。全世界の同志が、東北の復興を熱き心で祈り見つめる。総会に集った友は、「新生・東北」構築への強き歩みを誓い合った。


名誉会長のメッセージ

愛する東北の友の頭上には人間王者の宝塔が燦然と!

どんな苦悩にも揺るがぬ我らは福光の宝塔!
何があっても唱題を「元初の太陽」よ昇れ!


 一、今、私は、込み上げる感動をもって、誉れの東北の同志を見つめております。
 なんと明るく、なんと気高い、そして、なんと堂々たる、「地涌の正義」の陣列でありましょうか!
 55年前(昭和33年)の3月16日、わが師・戸田城聖先生は、波瀾万丈の大闘争の勝ち鬨として、“創価学会は精神界の王者なり”と叫ばれました。
 仏法では、まことの王者とは、「天」と「地」と「人」を貫いて、少しも揺るがない存在である。
 さらに、民を親のごとく大切に敬い尽くしていく存在であると示されております。
 誇り高き東北の同志たちは、あれほどの大災害に見舞われながら、断じて負けなかった。決して屈しなかった。
 一人一人の学会員が、友の支えとなり、地域の要となり、社会の柱となって、どれほど勇猛に、どれほど誠実に、どれほど忍耐強く、奮闘し抜いてこられたことか。
 ある時は風雪をじっとこらえ、ある時は悔し涙を流し、また、ある時は汗と泥にまみれながら、法のため、人のため、立正安国のため、戦い続けてきた同志の顔は、あまりにも神々しく輝きわたっています。
 私は、愛する皆様方の頭《こうべ》に、一人も残らず、「人間の王者」「民衆の王者」「生命尊厳の王者」の王冠をかぶせて讃嘆したい。
 いな、すでに三世十方の仏菩薩が大喝采しながら、皆様一人一人に大福運の宝冠を授与されているに違いないと、確信するのであります。
 一、御本仏・日蓮大聖人は「い(生)きてをはしき時は生の仏・今は死の仏・生死ともに仏なり」(御書1504㌻)と断言されております。
 亡くなられたご家族やご友人方も、必ずや力強い追善回向の題目の光に赫々と包まれ、守られていることは、絶対に間違いありません。
 後継の皆様が仲良く朗らかに、何ものも恐れずに勝ち進んでおられる、この晴れ姿こそ、亡き家族・亡き同志が見事に成仏なされている最大の証明なのであります。

一人の生命には宇宙大の可能性
 一、今日、わが敬愛し、信頼してやまない福島の同志、大東北の創価家族と一緒に、声高らかに宣言したいことがあります。
 それは──
 「我らは福光(福の光)の宝塔(宝の塔)なり」ということです。
 法華経には、巨大にして荘厳な「宝塔」が出現します。
 この「宝塔」は、一体、何を表しているのか。
 大聖人は、北国の門下・阿仏房の質問に明快に答えられております〈同1304㌻〉。
 「末法に入《い》って法華経を持つ男女の・すがたより外には宝塔なきなり」「南無妙法蓮華経と・となうるものは我が身宝塔」なり、と仰せであります。
 そして「阿仏房さながら宝塔・宝塔さながら阿仏房」と結論されている。
 つまり、あなたの生命が、そのまま、宝塔なのですよ、と。
 一人の生命は、か弱く無力なものではない。まさに、宇宙大の可能性を秘めております。この生命の宝塔は、どんな苦難が襲いかかろうとも、揺るがない。誰人たりとも、壊すことなどできないのであります。
 一、大聖人は、我らの生命の宝塔は「生老病死」の苦悩も、「常楽我浄」という四つの福徳に転じて、自らを荘厳できると明かされております。
 いうなれば、生まれ出ずる悩みも生き抜く喜びに変え、老いゆく佗しさも後継を育てる張り合いに変え、病の苦しみも境涯を開く転機に変え、死の悲しみさえも永遠に轟く凱歌に変えていける。
 ここに、「人間革命」「広宣流布」という最極の幸福と平和の道があります。
 いずこであれ、題目を唱え弘める闘士が、胸を張って立ち上がれば、そこに宝塔が涌現します。わが身も宝塔であり、あの友この友も宝塔です。
 生命尊厳の宝塔の林立によって、地域を、社会を、世界を、寂光土へ、仏国土へ、必ず輝かせていくことができるのであります。

人間とはかくも強く偉大なり!
 一、どうか、何があっても題目を唱え抜き、「元初の太陽」がいかなる闇も打ち払うように、今いるその場所で、わが生命から無限の福光を放っていってください。
 一番厳しい冬を耐え抜いた人こそが、一番幸せな、歓喜と栄光の春を勝ち開くことができるのです。
 さあ、共々に、「東北を見よ! 創価の師弟を見よ! 人間は、かくも強く、かくも偉大になれる」と、世界に希望と勇気の光を広げながら、晴れ晴れと「勝利」の金字塔を打ち立てていこうではありませんか!
 一、結びに、全国の意気軒高なる青年部と壮年部の大会に寄せて、「人生は強気でいけ!」との恩師の師子吼を贈ります。
 そして、「心の財」光る「農漁村ルネサンス大会」を祝し、東北はじめ日本全国のますますの豊作・豊漁を、深き感謝を込めて、お祈り申し上げ、私のメッセージといたします(大拍手)。
2013-03-06 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索