スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

未来対話  君と歩む勝利の道 第9回/第10回

第9回 世界が君の本舞台  (2013.1.1付 未来ジャーナル)

私が開いた友情の大道を皆さんに託したい

未来学者ヘンダーソン博士
世界市民とは自分が今いる場所から可能な限りの行動を起こす人。


名誉会長
 未来部の皆さん、新年、おめでとう!
 グングンと大樹に伸びていく皆さん方と新しい年を出発できることが、私は本当にうれしい。
      □■□
 ──中等部、高等部の皆さんからも、「海外で活躍できる人になります」「池田先生に続いて、世界中の人と友情を結んでいきます」等、新年の決意が寄せられています。

名誉会長 そう言ってくれる皆さんのために、私はこれからも世界に道を開いていきます。
 世界広宣流布の土台は、完璧にできあがりました。あとは「人材」です。みんなが力をつけ、偉大なリーダーに育ってくれることです。
 未来部の君の成長が、あなたの前進が、人類の希望です。
 どうか、“心の世界地図”を大きく広げ、自らの無限の可能性を開きながら、勝利、勝利の1年にしていってください。
      □■□
 ──最近は、どの国に行っても、SGI(創価学会インタナショナル)のメンバーと会うことができる。そういう時代になりました。

名誉会長 すごいことだね。
 恩師・戸田城聖先生は、「君の本当の舞台は世界だよ」と、私に平和のバトンを託してくださった。私は、世界に行けなかった先生の“分身”として駆けめぐりました。師の心を心として、世界を友情で結んできました。
 SGIが発足したのは、38年前の1月のことです(1975年1月26日、グアム)。
 あの日、私は発足式の会場の署名簿に「池田大作」と書き、国籍の欄には「世界」と記しました。戸田先生が叫ばれた「地球民族主義」が、私の信条だからです。
 今やSGIの連帯は、192カ国・地域に広がっている。国家や民族、人種など、あらゆる違いを超え、人類を結ぶ平和の連帯になっています。
 一人一人が、それぞれの国、それぞれの地域に根を張り、「良き市民」として、信頼を集め、社会に大きく貢献しています。
      □■□
 ──世界へ雄飛しようと決意する未来部員から、「世界市民になるためには何をすればいいですか」という質問がありました。

名誉会長 偉い。いい質問だね。
 「シンク・グローバリー、アクト・ローカリー」という言葉を聞いたことがあるかな。「地球規模で考え、地域から行動する」という意味で、世界市民の条件です。
 この言葉は、私と共に対談集を発刊した未来学者のヘイゼル・ヘンダーソン博士が、地球環境の問題を解決するために掲げていたスローガンです。
 博士は、私との対談で、世界市民になることは「決して難しいことではない」と言われていた。大事なのは、さまざまな世界の問題に対して、「同じ地球に住む一人の人間として、今、自分が住んでいる場所で、可能な限りの行動を起こしていくこと」と語られています。
 この言葉を、皆さんに贈りたい。「世界市民」とは「心」で決まる。日ごろの「行動」で決まります。

 ──ヘンダーソン博士は、もともと無名の一主婦でありながら、大気汚染などの環境の改善に立ち上がった女性リーダーですね。

名誉会長 そうです。今から50年ほど前のアメリカ・ニューヨークは、人の肌がススで汚れてしまうほど、大気汚染がひどかった。博士は、子どもたちの未来を守るために、立ち上がりました。
 まず、広場に集まる母親たちに声をかけ、少しずつ仲間を増やし、小さなグループをつくりました。そして、市長やテレビ局に手紙を書き、庶民の苦しみを訴えました。環境を破壊する企業にも強く抗議します。しかし、“主婦に何が分かる”とあざ笑われました。
 しかし、博士は負けなかった。自らが猛勉強していくとともに、市民の声を高めながら、ねばり強く、公害を規制する法律を成立させる流れをつくっていきました。

 ──一人の勇気ある行動が、社会を変え、世界を変革していったのですね。

名誉会長 その通りです。
 ヘンダーソン博士の勇気の原点は、偉大なお母さんの姿でした。
 博士が6歳の時、第2次世界大戦が起こり、当時住んでいたイギリスも空爆を受けました。博士のお母さんは、焼け出された人たちのために自宅の部屋を開放し、多くの人々を助けたのです。
 自分も苦しい、それでも、苦しんでいる人を救わずにいられない──この崇高な母の魂こそ、「世界市民」の原点です。
 実は「世界市民」の最も良い模範が、皆さんのすぐ側にいる。それは、みんなのお父さん、お母さんであり、近所の学会員さんです。
 毎日毎日、地域のため、あの人この人のために、一生懸命、行動を積み重ねながら、しかも「世界広宣流布」という、大きな大きな理想に燃えています。
 時には「トインビー博士は……」とか、「ゴルバチョフ元大統領も……」などと、まるで自分の友だちのようにしゃべる(笑い)。
 悩む人がいれば、生命の希望の哲学を語り、宇宙の大法則を語り、人間蘇生の体験を語る。共に涙を流し、共に祈り、励ましを送る。
 これほど地道に、着実に、人類の幸福のため、世界の平和のために貢献している人が、どこにいるだろうか。この素晴らしき創価の父母《ちちはは》の連帯を、ヘンダーソン博士も心から称賛されています。
      □■□
 ──あるメンバーから、「池田先生のように、文化や言葉、宗教も違う人と語り合い、世界に友情を結ぶには、何が大切ですか」という質問がありました。

名誉会長 「世界」と言っても、根本は「人間」対「人間」です。
 同じ「人間」という視点に立てば、共通点はたくさん見つかります。
 特に「生老病死」という万人の課題を、心ある知性は真剣に思索しています。ですから、仏法を学び、実践しているということは「生命」という最も奥深い次元で心が通う対話を進めることができるのです。
 ともあれ、外国の方々と友情を結ぶと言っても、何も特別なことではありません。
 人間として尊敬するのです。
 人間として率直に語るのです。
 人間として理解し合うのです。
 ゆえに、人間としての振る舞いが重要です。
 例えば、自分からあいさつができる人、自分から声を掛けられる人は、世界市民です。朗らかなあいさつ一つ、明るい声一つで、“ああ、この人は、いい人だな”と、相手が安心し、打ち解け合うことができるからです。
 また、「約束は必ず守る」ことも世界の指導者に共通しています。
 戸田先生は、「青年の最高の修行は、約束を守ることだ」と、いつも教えてくださった。
 偉大な人は、信義を貫きます。友との約束、そして、自分自身との約束を、絶対に破りません。誓ったことを必ずやり通す──この人間としての「信念」が、君を、あなたを、世界市民へと育ててくれるんだよ。
      □■□
 ──池田先生の「人間外交」は、日本と中国、日本とロシアな
ども大きく結んでこられました。

名誉会長 平和を愛する一人の人間として、私は私の次元で「可能な限りの行動」を誠実に貫いてきただけです。
 1974年、私が初めて中国を訪問した時、かわいらしい一人の少女が私にたずねてきました。
 「おじさんは、何をしに中国に来たのですか?」
 私は答えました。
 「あなたに会いに来たのです」
 それは、まぎれもない私の率直な思いでした。「人間と人間、民衆と民衆、青年と青年を結ぶ懸け橋に」──これが私の決心でした。
 中国に続いて、ソビエト連邦(現在のロシアなど)も訪れました。当時、ソ連は“こわい国”という印象を持っている人が少なくなかった。行く前には、“宗教者なのに、なぜ宗教を否定する共産主義の国に行くのか”と、批判もされました。私は答えました。
 「そこに、人間がいるからです」
 そうやって世界に開いてきた「友情のシルクロード」を、私は皆さん方に託していきます。
      □■□
 ──池田先生は、アメリカの名門コロンビア大学での講演で、世界市民の模範として──
 ①生命の平等を知る「智慧の人」
 ②違いを尊重できる「勇気の人」
 ③人々と同苦できる「慈悲の人」の3点をあげられました。
 この視点は、世界の争いごとを解決するための重要な条件としても注目されています。

名誉会長 皆さんは、これから世界中の人と友だちになり、平和を創造していく若き指導者です。
 学びに学んで、人間としての実力を、じっくり磨いていってください。
 世界の文学にも挑戦してもらいたいね。読書は、ただ「情報」を得るだけではなく、その国の文化や歴史も深く学ぶことができる。豊かな「心」の共感を広げてくれます。
 とともに、語学をしっかりと学んでほしい。語学は“世界へのパスポート”です。一つの言語と言わず、これからは二つも、三つも必要になります。
 東北・岩手生まれの新渡戸稲造博士は、若き日に「太平洋の懸け橋」となることを志し、国際連盟事務次長も務めた世界市民です。初代会長の牧口先生とも、交友がありました。その博士が、こう言われています。
 「自分の現在の義務を完全に尽くす者がいちばん偉いと思う。そして、自分の現在の義務は何であるかをはっきり認め得る人は、人生の義務と目的とを理解する道に進むであろう」(新渡戸稲造著『自分をもっと深く掘れ!』三笠書房刊)
 博士は、今の自分自身を掘り下げていけば、世界に道は開かれていくと考えていました。
 今、この時に、学んで学んで、自分を深めていく──その努力の先に、世界はいくらでも広がっている。
 世界がみんなを待っています。
      □■□
 ──未来部員の中には、語学が苦手という人がいます。

名誉会長 これまでは、そうだったかもしれない。しかし、人は変わることができます。学ほうと決意した時がチャンスです。
 勉強するのに「遅すぎる」なんてことは、絶対にありません。
 「習うより慣れろ」です。最近のあれだけ難しい日本語が話せるんだもの(笑い)、外国の言葉も必ず話せるようになります。
 私が、みんなと同じ年代のころは戦争中だったので、英語は敵性語として勉強できませんでした。
 もう一度、学生時代に戻れるならば、語学をしっかり身につけたいと、つくづく思います。
 だから、若い皆さんは思い切り語学を習得して、世界に友情を広げていただきたいのです。
 できれば、お父さんやお母さんも、外国に案内して差し上げてほしい。
 「世界広宣流布」は、日蓮大聖人が御生涯をかけられた大願です。御書を拝すると、「世界」をあらわす「一閻浮提」「閻浮提」「閻浮」という言葉が、実に200カ所以上も、記されています。
 この大仏法を持《たも》つ皆さんが、立派な世界市民と躍り出て、社会と広布のリーダーとして大活躍していくことは決まっています。
 その日を楽しみに、この1年も、皆さんと一緒に前進したい。
 さあ、新しい年の始まりに、新しい目標を掲げて出発しよう! 共に未来へ! 共々に世界へ!

第10回 祈りは青春勝利の力  (2013.2.1付 未来ジャーナル)

唱題と努力が不可能を可能に

非暴力の闘士 マハトマ・ガンジー
祈って成し遂げられないものはこの世界にない。
祈る人間には退却というものはない


名誉会長 寒い日が続いているね。皆さんが風邪をひかないように、「健康第一」で元気に勉学に励めるように、いつもいつも、題目を送っています。

 ──ありがとうございます!
 受験生も、いよいよ勝負の時を迎えています。私たち担当者も、全力で応援していきます。
 受験や、日ごろの勉強、クラブ活動での目標を立て、また、さまざまな悩みなどを機に、勤行・唱題に挑戦し始めたメンバーも数多くいます。

名誉会長 目標を掲げて、祈る。祈って、悩みに立ち向かう──素晴らしいことじゃないか。ここに、生命の真の輝きがあります。
 そもそも、祈ることは、人間にしかできない「特権」です。また、人間として最も崇高な行動です。
 ましてや、宇宙の大法則である妙法を、若くして持《たも》った皆さんです。この題目を唱えられることが、どれだけ偉大なことか──。
 今はまだ分からないかもしれない。でも、必ず深く実感できる時が来ます。
      □■□
 ──読者からも、多くの質問が寄せられています。「『祈りは必ずかなう』と親に言われましたが、なかなか信じられません」「なぜ、祈りはかなうのでしょうか?」という声がありました。

名誉会長
 日蓮大聖人は、率直に質問を寄せてきた門下を、最大に讃嘆されました。
 「仏法について疑問を持ち、その意味をお尋ねになったことは、尊い大善の行いです」(御書1402ページ、趣意)と。
 ですから、みんなが、信心について考え、質問すること自体に、実は大きな功徳があるんです。
 では、なぜ祈りはかなうのだろうか。それは、君自身に、もともと祈りをかなえる力があるからです。あなた自身が、本来、無限の可能性を秘めた存在だからです。
 仏法では、すべての人々に、一人ももれなく、「仏界」すなわち仏の生命が厳然と具わっていると説かれています。

 ──はい。「仏界」については、教学部の任用試験で「十界論」を学んだメンバーもいます。
 私たちには、10種類の境涯(地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人界・天界・声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界)があり、それぞれの「縁」に触れることで、その生命が現れてくる、という教えですね。

名誉会長
 その通りです。
 みんな、一日の生活を見ただけでも、いろんな境涯が現れていることが分かるよね。
 「一人一日の中に八億四千念あり」(同471ページ)とされるくらい、人の心は縁によって目まぐるしく変化します。では、一番、力強い「仏界」を引き出していくためには、どうすればいいのだろうか。
 結論からいえば、「南無妙法蓮華経」と御本尊に題目を唱えること。この祈りから始まるのです。
      □■□
 ──唱題すると、なぜ、仏の生命が湧き出してくるのでしょうか。

名誉会長 「南無妙法蓮華経」が、仏の生命の“名前”だからです。みんなもそれぞれ、名前を持っています。「○○君」「○○さん」と呼ばれれば、「はい」と言って、振り向くよね?
 同じように、「南無妙法蓮華経」の題目を唱えることで、自分の中から、仏界の生命が呼ばれて、「はい!」と元気良く出てくるんだ。
 大聖人は御書で、「我が生命の中の仏性が南無妙法蓮華経と呼ばれてあらわれるところを仏というのである」(557ページ、趣意)と仰せです。
 そして、南無妙法蓮華経は、宇宙を貫く根源の法です。太陽や星が運行していく究極の力でもあります。
 宇宙のあらゆる存在の奥底に、みんなと同じく南無妙法蓮華経が厳然と具わっている。ですから、ひとたび、題目を唱えれば、そのすべてが呼び起こされ、味方となっていくんです。
 御本尊は、いわば大宇宙に開かれた生命の窓です。題目は、宇宙のあらゆる仏界を呼び起こす合言葉といえる。
 唱題をすることで、自身に宇宙大の可能性を開いていくことができる。自分でも気づいていない、本当の自分の力を湧き立たせていくことができるのです。
 そして、宇宙の善の力をすべて味方にしていくのだから、これほど強いことはないんだよ。
 これは、戸田城聖先生の弟子として、世界に仏法を弘めてきた、私の人生の確信です。
 今、題目を唱える創価の連帯が世界192カ国・地域に広がっていることは、妙法の偉大さの何よりの証明です。
 仏教発祥の国・インドの地にも今、皆さんと同じ世代の友が唱題に挑戦しています。実は、インド独立運動の大指導者、マハトマ・ガンジーも、「南無妙法蓮華経」の題目を、祈りに取り入れていました。この非暴力の闘士は、あらゆる行事や集会を、「祈り」から始めていたのです。
      □■□
 ──池田先生は、インドの国立ガンジー記念館から招請され、ガンジーの人と思想をめぐって、講演をされました。その日は、東洋広布を願われた戸田先生の誕生日である2月11日でした(1992年、「不戦世界を目指して──ガンジー主義と現代」と題し講演)。

名誉会長
 そうだったね。わが恩師に捧げる思いで講演させていただきました。
 マハトマーガンジーは、人間に秘められた力を信じ抜きました。権力の迫害にも屈せず、正義の信念を貫き通しました。その根幹には、「祈り」の力があったのです。
 ガンジーは、題目が、人間に内在する力の究極の表現であり、宇宙の生命そのものであることも学び取っていました。
 今回は、皆さんに、ガンジーの信念の言葉を贈りたい。
 「心からの祈りによって、成し遂げられないものは、この世界にない」「祈る人間には退却というものはない」
 彼にとって、「祈り」は強い人間の証しでした。その揺るがない信念があったからこそ、どんなにつらい状況でも、“未来は必ず明るくなる”“人間には限りない可能性がある”と、楽観主義を貫くことができたんです。
 いわんや、私たちの題目は、智慧の宝の蔵を自在に開く鍵です。わが心を悠々と宇宙大に広げて、勇気の太陽を昇らせる響きです。
 だから、落ち込んだり、悩んだりしても、勤行・唱題を実践する人は、必ず生命力を蘇らせていくことができる。何があっても快活に、自分らしく輝いていけるのです。
      □■□
 ──「南無妙法蓮華経」とは、どういう意味でしょうか。

名誉会長 一字一字に、深い意味があります。それは、御書に全部、記されています。じっくりと学んでいってください。
 たとえば、「日本」という文字の中に、北は北海道から南は沖縄まで、全国が含まれるね。
 同じように、「南無妙法蓮華経」の中には、すべての経典の核心が含まれている。宇宙の法則、世界の哲学、人間の生命の不思議さ、あらゆるものを凝縮したエッセンスが「南無妙法蓮華経」なんです。
 いわば、南無妙法蓮華経は──
 永遠不滅の希望の泉です。
 巌窟王の負けじ魂の炎です。
 絶対勝利の勇気の師子吼です。
 大宇宙の前進のリズムです。
 そして、歓喜の中の大歓喜です。
 それを形に顕されたのが、御本尊なのです。御本尊は、最高無上の生命の明鏡です。
 大聖人は、「すべての人々にとって、南無妙法蓮華経と唱える以上の遊楽はありません」(御書1143㌻、通解)と仰せです。

 ──たしかに、どんな苦しい時も、唱題すると絶対に生命力が湧いてきます。これは不思議です。

名誉会長 仏法の法理からすれば、当然です。「自分は最高に尊い存在だ! 何ものにも負けないんだ!」と、何度も何度も、仏の生命に呼びかけているんだから。
 「自分はダメな人間だ」「私なんて小さな存在だ」とさげすむ現代の社会の風潮には、断じて流されてはなりません。

 ──「唱題は、どのくらいやればいいのでしょうか」という問いがありました。

名誉会長 祈ることは、あくまで、あなたの「権利」です。祈りたいと思う分だけ、無理なく実践すればいいんです。「これだけ唱題しないと、だめ」なんて狭い考えは、仏法にはありません。
 特に、皆さんは、今は学業が本分だから、伸び伸びと考えてください。「一遍の題目」にも計り知れない力があります。
 朝、時間のない時などは、心を込めて題目三唱をすれば、必ず通じます。
 そのうえで、時間を見つけて、勇んで題目を唱えた福運は、“宇宙銀行”に積まれています。いざという時、限りない力となります。
      □■□
 ──「雑念が湧いて真剣に唱題できない」「テレビが気になって、長続きしない」という正直な声もあります(笑い)。

名誉会長 だから、「仏道修行」なんだよ。唱題に挑戦し続けようという姿勢があれば、また、心の底からかなえたいことがあれば、自然と真剣に唱題できるようになります。ありのままでいいんだよ。
 目標を明確に定めれば、祈りに真剣さが増すでしょう。若いのだから、自分自身を高めていく具体的な内容を一つ一つ掲げることが大切です。
 私も青春時代、病気との悪戦苦闘が続きました。戸田先生の事業の絶体絶命の窮地もありました。
 その中で、ともかく、題目の力を試してみるのだと決めて、唱題を重ね、全身全霊で戦い切りました。そして、一切を勝ち越えて、「祈りとしてかなわざるなし」「題目に勝る力なし」との絶対の大確信をつかんだのです。

 ──「真剣に唱題しているのですが、なかなか祈りがかないません」というメンバーもいます。

名誉会長 真剣に唱題すれば、必ず、すべてが良い方向に向かっていきます。
 仏法の祈りは「誓い」です。「必ず実現してみせる」と決める祈りです。そう決意を固めるから、本気で努力できる。努力するから、祈りを実現できる自分になるのです。仏法とは、あくまでも
 「道理」です。何か神秘的な力ではない。
 また、信心は「人間革命」するためにある。仮に、すぐ祈りがかなってしまえば、“努力しなくても、何とかなるんだ”と思ってしまうかもしれない。それでは、人間性の真の向上はありません。
 祈って、努力していけば、心の奥底にある願いは必ずかなっていきます。題目の人は、最後は自分の思い描いた以上の大勝利の青春、そして人生を歩めるのです。
 だから、思うようにいかない、一時の苦しみや悲しみに、負けてはならない。焦ってもならない。
 人生には、病気、経済苦、人間関係の悩みなど、さまざまな試練が襲いかかってくる。しかし、祈り続ける人は、それを断固として素晴らしい勝利の劇に転ずることができます。
 あとで振り返って、あの時にあの出来事があったから、今の自分があると、必ずいえるようになる。そのための信心です。
 君もどうか、未来に大きな目標を掲げ、祈り続けていってほしい。
 そして、その祈りのままに挑戦を貫いていってほしい。私も毎日、君たちと共に祈ります。
 そして、「君よ、あなたよ! 今日も、明るく強く! 青春勝利の道を!」と、強盛な祈りを重ねていきます。



ガンジーの言葉は、The Collected Works of Mahatma Gandhi, Vol.84。 The Publications Division of The Ministry of Information and Broadcasting, Goverment of India。 (c)Navajivan Trust, Ahrmerabad.と、「私の宗教的実践の補助」ガンジー著『私にとっての宗教』所収、保坂俊司訳、新評論刊
2013-01-30 : 未来対話 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。