南米ベネズエラ 国立タチラ実践大学 名誉博士号授与式でのSGI会長の謝辞

南米ベネズエラ 国立タチラ実践大学 名誉博士号授与式でのSGI会長の謝辞
  (2012.11.28 国立タチラ実践大学中央講堂)

 南米ベネズエラの最高学府「国立タチラ実践大学」から、池田大作SGI(創価学会インタナショナル)会長に「名誉博士号」が贈られた。教育・文化交流の推進と世界平和への献身を讃えたもの。授与式は11月28日(現地時間)、タチラ州サンクリストバル市の同大学中央講堂で開催された大学院卒業式の席上で挙行され、ホセ・サンチェス・フランク総長、オスカル・メディナ事務局長らが出席した。

SGI会長の謝辞(代読)

新時代を創りゆくエネルギーは我らの熱と力!

サンチェス総長の信念
「団結こそ力」「団結こそ勝利」

ベネズエラの歴史家
断固たる決意で臨めば 笑顔の明日へ道は開く

 一、はじめに、本日、大学院の晴れの卒業を迎えられる若き英才の皆様方に、最大のお祝いを申し上げます(大拍手)。
 一、南米の「友情交流の故郷《ふるさと》」タチラ州より光を放ち、ベネズエラの「真心の都《みやこ》」サンクリストバル市にそびえ立つ貴大学より、本日、私は栄えある「名誉博士」の学位を賜りました。
 この何ものにも替えがたい栄誉を、私は、貴国の良き市民、良き国民として、誠実に社会貢献を貫くベネズエラSGI(創価学会インタナショナル)の大切な友人たちとともに、謹んで拝受させていただきます。誠に誠に、ありがとうございました(大拍手)。

人間教育の模範
 一、世界の大学に、それぞれ素晴らしい校歌があります。私も、縁《えにし》の大学の校歌を一曲また一曲、胸に刻んでまいりました。その中にあっても、貴大学の校歌は、ひときわ荘厳であり、民衆への慈愛と高邁なる哲学性に漲っております。
 「英知が育まれるこの祖国の殿堂を守らんと/松明の明かりを投影し我らは毅然と戦う/タチラの農業、労働と平和への敬愛を深化し/努力の人に耕された畝間《うねま》から実りを収穫しよう」
 「高潔、愛情、楽観主義は善の人の象徴である/我らは先人の勇壮な行動に照らされ、未来への信念の歩みを進める」
 雄大なるアンデスの大自然と、悠久なる文明の歴史とを気宇壮大に呼吸しながら、なんと気高き教育の理想が詠い上げられていることでありましょうか。この人間教育の模範と光る学舎《まなびや》こそ、貴・国立タチラ実践大学なのであります(大拍手)。
 一、1974年、タチラ州の象徴と輝く豊かな実りの農園跡に、民衆の願いが結晶した学府として、貴大学は創立されました。
 貴大学が高らかに掲げておられる価値観は、誠に明確であります。すなわち、「責任」「誠実」「尊敬」「自由」「公平性」「連帯」、そして「倫理」。
 この七つの指標を体現されゆく、英明なサンチェス総長の指揮のもと、貴大学は尊き庶民の期待に応えて、民衆の幸福と社会の発展に尽力しゆく最優秀の逸材を、七彩の虹の如く、次代の大空へ送り出されているのであります。
 さらにまた、最先端の農業工学、工業産業学の先駆のキャンパスとの誇りも高く、近年では酪農・肉用牛の増殖を成功させて、気候に左右されることなく搾乳と食肉の増産を可能にするなど、貴国の食料自給にも多大な貢献を果たしておられることも、よく存じ上げております。
 「食は命」であります。貴大学の探究は、まさしく「命」を守り育む最重要の挑戦といってよいでありましょう。
 一貫して「世界の持続可能な開発に積極的に携わる市民」を育成されゆく貴大学の実践は、新たな地球文明の建設への勇壮なる槌音となって、いやまして響きわたっていくであろうことを、私は確信してやまないのであります(大拍手)。

スポーツの都
 一、わが憧れのサンクリストバル市は、若き生命が躍動しゆく、明るい「スポーツの都」としても、よく知られております。
 サンチェス総長自身、青年の息吹で、自転車競技をはじめ、貴国のスポーツ振興のリーダーシップを担い立ってこられました。
 思えば、日本の軍国主義による投獄にも屈しなかった信念の教育者であり、私の人生の師である戸田城聖先生(創価学会第2代会長)も、機会あるごとにスポーツを通して青年の心身を薫陶してくださいました。
 「新しき世紀を創るものは、青年の熱と力である」とは、この恩師の叫びであります。
 私は、貴大学をはじめ、貴国の青年に湧き起こる「熱」と「力」に、新時代を創りゆく希望のエネルギーを見出す一人であります。

忍耐強く!
 一、サンチェス総長は常々、述べておられます。「特質や能力、立場の異なる人も、目的が同じであれば、その目的の実現に向かって、団結して働くことができる」と。
 まことに、スポーツはもとより、人生の万般において「団結こそ力」であり、「団結こそ勝利」であります。
 東洋の聖賢も、「異体同心であれば万事を成就する」と説いております。
 なかんずく、教育という人類の未来を開く究極の目的のために、一致団結して働くことほど、崇高な事業はありません。
 サンチェス総長を中心とした、教職員と御関係の皆様方の見事なる団結で、学生の多様な学びの場を数多く創り上げてこられた業績に、私は、あらためて賞讃の大拍手を送らせていただきたいのであります(大拍手)。
 一、貴国の大歴史家であるペドロ・グラセス先生は、力強く語られました。「精神力、忍耐力、能力を注ぎ、断固たる態度で臨めば、それぞれが目指すものを達成することができるのだ。そこには、笑顔の明日へと続く、希望あふれる道が開かれているのだ」
 本日よりは、私も名誉ある貴大学の一員として、貴大学の諸先生方、そして卒業生の皆様方と手を携えながら、世界の青年たちの「笑顔の明日」へと続く「希望の道」を広々と勝ち開いてまいる決心です(大拍手)。
 その決意を今再び、我が誉れの母校たる貴大学の校歌の一節に託させていただきます。
 「同じ理想に燃える友情の呼びかけの音調に合わせ/我らは宇宙大の成長をもって、より良い祖国を構築する/地元とその山々に対する情熱に燃え、我らは忍耐強く耐え/心には世界の旗をなびかせる」
 一、終わりに、貴大学の永遠の御発展、そしてサンチェス総長はじめ、貴大学の諸先生方、さらに卒業生の皆様方の益々の御健勝を心からお祈り申し上げ、私の謝辞とさせていただきます。
 ムーチャス・グラシアス!(スペイン語で「大変にありがとうございました!」)(大拍手)
2012-12-04 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索