スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

創価学園「情熱の日」記念集会へのメッセージ

創価学園「情熱の日」記念集会へのメッセージ
          (2012.10.3 東西創価学園)

 創価学園の10・10「情熱の日」記念集会が3日、映像と音声で結ばれた東京・関西の各キャンパスで晴れやかに行われた。
 創立者・池田大作名誉会長は祝福のメッセージを寄せ、「一歩前へ踏み出す勇気を」と呼び掛けるとともに、真心こもる和歌を詠み贈った。
 「情熱の日」である10月10日は、東京校の第1回体育祭(1969年)、関西校の第1回健康祭(75年)が開かれた日。
 かつて創立者は「情熱の日」にあたり、「一時の勝ち負けよりも大事なことは、何か。それは、『頑張ろう! 戦いきろう!』という熱き“情熱”が、我が胸に赤々と燃えているかどうかです」と励ましを。学園生は創立者の挑戦の信念を学び合い、文武両道の努力を貫いてきた。
 記念集会の数日前には、創価中学・高校が学園祭を、関西創価中学・高校、ならびに東西の小学校は競技会・運動会を開催。
 集会の冒頭、その模様を収めた写真・映像が上映され、互いの健闘をたたえ合う拍手と歓声がわいた。
 続いて各校が、これまでの読書や勉学の取り組みをアピール。“私は負けない! 父母のために、恩師のために!”──学園生の決意の声が各会場に響き渡った。
 長谷川学園理事長は、「何かを成し遂げる努力と忍耐の原動力が情熱です。創立者の慈愛と期待を胸に、大情熱の人生を進んでください」とエールを送った。
 最後に、全員で学園愛唱歌「負けじ魂ここにあり」を大合唱した。


一歩前へ踏み出す勇気を


我は見つめむ勝利を信じて

勉強 語学 読書 クラブ活動 新たな価値創造の挑戦を

 はつらつたる「情熱の日」、誠におめでとう!
 皆で学び合い、皆で力を合わせて創り上げた学園祭も、立派です。また、ベストを尽くして熱戦を繰り広げた競技大会や運動会の頼もしい様子も、うかがっております。
 わが学園生は、皆、本当によく頑張ってくれています。
 先日、お会いした、関西創価小学校の6年生の皆さんも、凛々しく元気いっぱいに成長している姿が、何よりうれしかった。
 私の心からは、いつも、どんな時も、学園生の皆さんが離れることはありません。会えても、会えなくても、私と皆さんの命は強く深く一つに結ばれているのです。
 今回の「情熱の日」に寄せて、私が愛する皆さん方に申し上げたいことは、「一歩前へ踏み出す勇気を持とう!」ということです。
 皆さんは、自分で写真を撮ったことがありますか? 写真を撮る時に、しり込みしたり、恐る恐るであったりしたら、人の胸を打つ写真は撮れません。「一歩前へ踏み出す勇気」が大切です。
 これは、すべてに通ずる道理です。
 私が対話し、友情を結んできた世界のリーダーたちに共通しているのも、それまでの分厚い壁を破って「一歩前へ踏み出す勇気」を持っていることです。
 きょう10月3日は、世界の歴史上、何の日でしょうか?
 東と西に分断されていたドイツが、悲願を達成して、1990年に統一された日です。
 その統一ドイツの初代の大統領として、まさに「一歩前へ踏み出す勇気」を持って、世界を平和と繁栄へリードしたのが、ヴァイツゼッカー博士です。私も固い握手を交わし、人類の未来を共に展望しました。
 このヴァイツゼッカー博士が、青年に望んでおられたことも、「自分から何かをやる、行動に出る」(『「平和への対話」 ワイツゼッカー氏来日全発言』毎日新聞社招致大阪実行委員会)ということです。
 ともあれ、青年は勇敢に行動した方が得です。引っ込み思案では損をする。
 私も、人生の師匠と仰ぐ戸田城聖先生の弟子として、いかなる苦難も恐れずに、前へ前へ突き進んできました。何が起ころうとも、民衆の幸福のため、正義の勝利のため、世界の平和のため、断固として新たな価値を創造していくことが、「創価」の魂だからであります。
 この魂を受け継ぐ、わが学園生は、臆してはならない。退いてはならない。へこたれてもなりません。
 勉強であれ、語学であれ、読書であれ、クラブ活動であれ、勇気に燃えて、今日も一歩前へ踏み出していただきたいのであります。
 先日、わが東京校を訪問された、創価教育の姉妹校であるインド・創価池田女子大学のダス学長一行も、学園生との出会いを心から喜んでおられました。学長は、皆さんの真摯で前向きなスクラムに感動され、語りかけてくださいました。
 「何かを成し遂げようとする時、必ず困難に直面するものです。しかし、『勇気』とともに『忍耐』があれば、どんなことがあっても乗り越えていけます」と。
 「勇気」そして「忍耐」──この二つこそ、偉大なる青春の勝利の翼なり。このことを確認し合いたいと思いますが、学園生の皆さん、どうだろうか(大拍手)。
 とともに、わが創価学園は、これからも、世界一、仲の良い、友情と希望と平和の学舎《まなびや》であることを、私は皆さんと一緒に、声高らかに宣言したいのであります。
 「読書の秋」が到来しました。大いに良書に親しみ、天高く心の宇宙を広げていってください。皆、風邪などひかず、健康第一で、親孝行をお願いします。
 終わりに、わが宝の学園生に一首を贈り、メッセージといたします。

 英才の
  学園生の
   未来をば
  我は見つめむ
    勝利を信じて
2012-10-05 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。