スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

わが教育者に贈る 4=完

わが教育者に贈る

第4回 世界に広がる創価教育の光
              (2012.9.21/22付 聖教新聞)

「いじめ」のない社会で「いのち」は輝く


南アフリカ マンデラ元大統領
人間は慈悲と肝要の存在だ。憎むことを後から学ぶのだ。ならば愛することも学べる。

 私は幸運にも、19歳で希有の大教育者・戸田城聖先生にお会いすることができました。
 残酷な戦争によって無数の命が奪われ、国破れて荒廃した戦後の社会にあって、わが師は、仏法という究極の「生命尊厳」の法理を、私たち青年に示してくださったのです。
 戦時中、軍国主義による2年間の投獄にも断じて屈しなかった恩師の信念の言葉は、絶対に信じられる希望の響きをもって、若き命に迫ってきました。
 青年を利用し、犠牲にしてきた権力者と敢然と対峙して、先生は青年を愛し、信じ、自らの心血を注いで薫陶してくださいました。
 先生が一人立って開始された「人間革命」という未聞の平和運動は、自身の内面から智慧と勇気を引き出して、一人一人が現実社会に貢献していくものです。
 その意味で、先生の青年への指導は、人間教育の真髄であったといっても、決して過言ではありません。
 先生の弟子となった私は、この仏法を友に伝えようと、勇気を出して対話を始めました。一生懸命に語りました。しかし、誰も信心しようとはしません。真っ向から反対した友人もいました。
 それでも諦めず、粘り強く対話を続けました。そのなかで最初に入会して、わが同志となったのが、学校の教師をしていた方でした。
 御聖訓に、「我も唱へ他をも勧んのみこそ今生人界の思出なるべき」(御書467ページ)という一節があります。
 私自身、65年間、仏法を語り抜いてきた歴史は、黄金の「今生人界の思出」と輝いております。なかでも格別に忘れ得ぬ第1号の折伏は、不思議にも教育者だったのです。
 また、その後も、多くの若き教育者を仏法に導くことができました。
 各地で活躍しておられる教育本部の皆様は、同じ心で、同じ哲学を掲げ、人間教育に邁進してきた、かけがえのない宝友たちです。
 そして今、妙法の教育者の陣列が、かくも壮大な世界への広がりとなったことを、私は万感の思いを込めて、恩師に報告させていただきたいのであります。
 わが教育本部の同志のご健闘を讃え、私の教育を巡る所感を綴ってきた本連載も、今回で最終回となります。教育関係者の皆様方はもとより、各方面から深い理解や共鳴の声をいただき、心より御礼申し上げます。
 この連載のさなか、教育現場における「いじめ問題」が、社会問題として、これまでにもまして、ニュースにも取り上げられるようになりました。
 そして、現代における「いじめ」は、かつてのいじめっ子や、遊び・ふざけの範疇を遥かに超えて、「いのち」に関わる問題であることが、あらためて認識されました。
 本来、「いのち」を育む希望の世界であるべき教育の場で「いじめ」を受け、死を選ばなければならなかったお子さん方に、私は、仏法者として、追善のお題目を送っております。
 日蓮大聖人は、「命と申す財にすぎて候財は候はず」「三千大千世界にみてて候財も・いのちには・かへぬ事に候なり」(御書1596ページ)と宣言されました。
 一人の「命」は、全宇宙の財宝にも勝ります。この命を最大に光り輝かせていく営みこそ、教育であります。軽んじられてよい「命」など、一人としてありません。この「命」を踏みにじる権利など、誰人にもありません。
 「暴力は断じて否定する」「いじめという暴力を絶対に許さない」。このことを教えることこそ、教育の出発でなけれぱならないでしょう。
 これは、創価学園の創立者として、私の厳然たる精神でもあります。この連載でも強調したように、私は「いじめ」を断固として許しません。いじめは「いじめる側が100%悪い」と訴えてきました。
 しかし、「いじめ問題」がなくならないのは、「すべての大人の責任」です。なぜなら、子どもたちは大人の鏡だからです。大人社会の歪みが、元凶だからです。
 子どもたちを「いじめ」へと突き動かす心の闇に、今こそ光を送らねばなりません。
 現在は、国を挙げて「いじめ問題」に取り組む方針も示され、専門の諸先生方による真摯な議論が重ねられています。
 わが教育本部の皆様方も、「いじめ問題」については、さまざまな場で討議され、それぞれの教育現場でも懸命に努力を続けておられます。
 そうした、すべての方々のご尽力に、私は満腔の敬意を捧げるとともに、私自身、教育事業の総仕上げをする決心です。
 創価教育学の父・牧口常三郎先生は、言われました。「行き詰まったら、原点に返れ」と。
 では、教育の返るべき原点は、どこにあるのか。
 それは、「対話」にあるといえないでしょうか。
 教育は、「対話」より出発し、「対話」に帰着するといってもよいでありましょう。
 牧口先生は『創価教育学体系』で、デンマークの“近代教育の父”グルントヴィと弟子であるコルについて言及されています。このグルントヴィとコルの師弟が目指したのが、“生きた言葉”による「対話の教育」の実践でありました。
 また、牧口先生が、教師の理想とされていたスイスの大教育者ペスタロッチも、「対話」を重視しました。その名を世に知らしめた教育小説『リーンハルトとゲルトルート』は、まさに対話形式で書かれており、家庭での母と子の生き生きとしたやりとりが描かれています。
 教育の活力も、教育の喜びも、教育の触発も、教育改革の知恵も、この「対話」からこそ、滾々と湧き出ずるものでありましょう。
 “人類の教師”と仰がれる釈尊は、「喜びをもって接し、しかめ面をしないで、顔色はればれとし、自分のほうから先に話しかける人」であった、と伝えられます。仏とは、悟り澄まし、権威ぶった存在などではない。むしろ、“快活に気さくに自ら声をかける”──ここに仏の振る舞いがあります。
 それは、人間教育者の真骨頂とも通じているはずであります。
 牧口先生も、小学校の校長として、時間を見つけては、授業の様子をそっと見守り、校内を歩いては、一人一人の児童の表情や体調を気づかい、「どうしたの?」「大丈夫かい?」「話してごらん」等々、優しく声をかけていかれたといいます。
 牧口先生は、勉強のこと、友だちとの関係のこと、家庭のことなど、児童が心につかえていた思いを語り出すのを、じっと聞かれていきました。そして、アドバイスや励ましを送られるとともに、打つべき手を迅速に打っていかれたのであります。
 こうした牧口先生との語らいを、一生涯の宝とし、感謝を捧げた教え子たちは、大勢いました。
 「問題が起こったら、その場、その場で解決しなくてはいけない。問題を放置して残しておけば、必ず事は大きくなる。大きくならないうちに解決するのだ」──これが、牧口先生の信条でした。
 常日頃から、声をかけ、子どもたちが発するサインや変化、言葉にならないSOSを鋭敏にキャッチしていく。こうした心の交流が、ますます大事になってきているのではないでしょうか。
 牧口先生は、教育と医学は「兄弟姉妹のような応用科学」と呼びました。それは、ともに一番大切な「人間の生命」を対象としているからです。アプローチは異なっても、生命力が萎縮するのを防ぎ、生命力が伸び、拡大するのを助ける応用科学ともいえます。
 数え切れない貴重な臨床例の積み重ねが、医学の目覚ましい進歩をもたらし、多くの人命を救えるようになりました。そうした医学の緻密な取り組みから、教育界も大いに学ぶべきだと、牧口先生は促されたのであります。
 その意味において、直系の創価学会教育本部の皆様方が実践事例を積み重ねて、分析し、普遍的な教育技術に高める努力をされていることは、教育の進歩に大きく貢献するものであり、牧口先生もきっと喜んでくださることでありましょう。
 わがドクター部の皆様方のお話を伺うと、医学の最前線においても「対話」が重視されています。
 医療の現場でも、現在は「インフォームド・コンセント」(説明と同意=患者が、医療者から治療の内容や目的などについてよく説明を受け、同意した上で治療が施されること)が行われています。すなわち、同意が得られるまで説明が続けられ、「対話」が重ねられるといいます。
 病院においても、「患者さんの声に耳を傾ける」「相手のことを思いやる」などの「対話の文化」が尊重されて、誠実で心豊かなコミュニケーションの努力と創意工夫が重ねられています。
 御書には、「人がものを教えるというのは、車が重かったとしても油を塗ることによって回り、船を水に浮かべて進みやすいように教えるのである」(1574ページ、通解)と説かれております。
 一人一人の「生命」が持つ本然の可能性を、伸びやかに解き放ち、そして、滞りなく自在に前進していけるように、励まし、導いていく──ここに、教育の本義があり、その潤滑の智慧、推進の力を送りゆくものこそ、対話ではないでしょうか。
 ゆえに、私は、どんなに困難で複雑な現場にあっても、子どもたちを取り巻くすべての皆様に、「それでも対話を!」と申し上げたいのであります。そして、「子ども第一」で、何より「一番苦しんでいる子どもの側」に立って、対話を進めていただきたいのであります。
 親や周囲には心配をかけたくないと、悩みを誰にも言えずに、一人で小さな胸を痛めている子どもたちも決して少なくありません。身近な大人からの真心こもる「声かけ」が、どれほど心を照らす希望の光となることでしょうか。
 「いじめ」のない社会を築いていくことは、「人間の尊厳」を打ち立てる人権闘争であります。
 アフリカの人権の大英雄ネルソン・マンデラ元大統領は、27年半に及ぶ投獄にも耐え抜き、20世紀中には不可能ともいわれた「アパルトヘイト」の人種差別の撤廃を実現しました。
 元大統領は語っています。
 「あらゆる人間の心の奥底には、慈悲と寛容がある。肌の色や育ちや信仰のちがう他人を、僧むように生まれついた人間などいない。
 人は憎むことを学ぶのだ。そして、憎むことが学べるのなら、愛することだって学べるだろう」
 至言であります。
 人間は、誰人も尊厳な存在であり、いじめてはならないし、いじめさせてもならないこと。一人一人を大切にして、皆で共に仲良く明るく生きていくべきであること。また、必ず、そうできること──。このことを、私たちは、あらためて、子どもたちと一緒に学んでいきたいと思うのであります。

子どもの幸福へ 心一つに団結!
 学校はもとより、家庭にも、地域にも、社会にも、子どもたちを見守る、大人たちの温かくして深い眼差しが、これまでにもまして必要になっています。
 不当な差別や激しい弾圧、理不尽ないじめに、勇気をもって「ノー!」と叫び、大きく歴史を変えた、アメリカの人権の母ローザ・パークスさんは、青少年にこう語られました。
 「私は、大人も子供もみな、人生の模範として尊敬できる人をもつべきだと思っています」
 「母のレオナ・マッコーレーは、私が自尊心と黒人への誇りをいだきながら成長するよう導いてくれました」
 「ローズおばあちゃんは、子や孫へ愛情をそそぎつつ、自身の意志の強さを通し、私に良いお手本を示してくれました。そのおかげで、私自身も強い女性になることができました。   マーティン・ルーサー・キング牧師は、決意と自尊心をもって毎日生きることの大切さを、自ら良い手本となって私に教えてくれました」と。
 このパークスさんの母親も、学校の教師でした。
 心を開いて、相談できる人たちが身近にいる。尊敬を込めて、「その人だったら、どうするだろうか」と思いを巡らせる存在がある。そうした人間のネットワークが、陰に陽に、子どもたちの命を守り、支える力となるのではないでしょうか。
 ともあれ、「異体同心なれば万事を成し」(御書1463ページ)であります。児童・生徒、保護者、教師、そして学校、さらには地域が「子どもの幸福」のために心を一つにして「異体同心の団結」を築いていけば、必ずや新たな時代の幕を開くことができます。
 その団結を生み出すのは「対話」です。そして、この対話の文化が脈打つ社会の姿こそ「教育のための社会」と呼べるものでありましょう。

 釈尊の人柄を伝える経文は『中村元選集〔決定版〕第12巻ゴータマ・ブッダⅡ』(春秋社)。マンデラの言葉は『自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝(下)』東江一紀訳(日本放送出版協会)。パークスは『ローザ・パークスの青春対話』高橋朋子訳(潮出版社)。

「人間をつくる」ことが未来を開く

東北出身の世界市民・新渡戸稲造博士
難局打開の道は何か── 私は ただ教育の一途あるのみと断言してはばからない

 頼もしいことに、今、若き創価の教育者の奮闘が、日本全国、世界の各国各地で光っています。
 ♪世紀の太陽 燦然と
  希望の瞳 輝いて
  一人も残らず 幸福に
  未来を育む 誇りあり
 この青年教育者の愛唱歌「世紀の太陽」の響きが、教育部歌「太陽のマーチ」とともに、私の胸に力強く迫ってきます。
 わが敬愛する教育者の皆様方は、いかなる闇も打ち破って、毎日たゆまず昇りゆく「太陽」です。自らが燃えて、光も熱も惜しまず、皆を照らしゆく「太陽」です。
 太陽が明るく輝いているのは、人知れずに戦い続けて、勝ち抜いているからです。
 青年教育者の愛唱歌は、こう結ばれています。
 ♪創価の精神《こころ》は 平和へと
  世界を結ばむ 使命あり
 この一節の通り、世界を結ぶ「教育の光」が、いやまして重要な時代に入っています。
 昨年の年末には、わが教育本部の代表が「日中友好教育者交流団」として、中国の北京、天津を訪問し、熱烈な歓迎をいただきました。
 男女の青年教育者も多く参加し、有意義な教育交流を大成功で飾り、立派に使命を果たしてくれました。
 日本も、中国も、教育への取り組みは真剣です。そうした中、互いに学び合い、語り合う意義は、計り知れません。
 政治や経済の次元では、多少の波風が立とうとも、教育の交流には、普遍性があり、未来性があります。
 国を超え、民族を超えて、教育者の魂と魂が触れ合う中で、人類の明日へと架ける、希望と信頼の黄金の橋が築かれゆくことを、私は確信してやみません。
 教育本部の交流団が、「私学の雄」と讃えられる人材輩出の最高学府・北京城市学院を訪問した折には、学院の発展をリードする劉林学長が、ご自身の“師弟のドラマ”を語ってくださったことを、感銘深く、お聞きしました。
 劉学長の師匠は、私が「東洋学術研究」誌上で対談を重ねてきた顧明遠先生(中国教育学会会長)です。若き劉学長が書き上げた15万字に及ぶ博士論文を、顧先生は時間をかけて、実に丁寧に読まれ、句読点に至るまで添削してくださったというのです。
 「愛情なくして教育なし」
 これが、顧先生の教育哲学です。それをご自身が実践されてきた姿が目に浮かんできます。まさに教育者の鑑と感動しました。
 「教育とは、氷を溶かす温水です。どんなに固い氷でも、教育の力で必ずや溶かすことができます」とは、劉学長が紹介してくださった顧先生の言葉です。
 その顧先生も、自らが教壇に立たれる北京師範大学に教育本部のメンバーを快く迎えてくださったのです。特に大震災のあった東北の教育者を、心から励ましてくださいました。
 こうした麗しい教育交流に、かつて、日本に留学していた若き日の魯迅先生と、その恩師である藤野《ふじの》厳九郎先生との出会いを思い起こすのは、私一人ではないでありましょう。
 じつは、顧先生のご夫人・周藻《しゅうそう》さんは、大文豪・魯迅先生の姪に当たられる方です。
 魯迅先生の行った教育について、顧先生は次のように語られています。
 「まず第一に学ぶべきことは、彼(魯迅)が教育事業に献身的にどろんこになって取り組んだ精神である」
 「献身的にどろんこになって」、若き生命に関わり、尽くし、育む。この人間教育の不撓不屈の魂が脈打つところ、いかなる壁が立ちはだかろうと、必ず突破できることを、私は信じてやみません。
 顧先生は、私が提案し、教育本部が進めている「教育実践記録運動」の活動にも、大きな期待と関心を寄せてくださっています。
 「一人一人の事例から学び、そこから法則性を見つけ出していくことが大切です。皆さんの活動に、今後も心より期待しています」と、温かなお言葉を寄せていただきました。
 この連載でも、すでに紹介したように、実践記録については、アメリカのジョン・デューイ協会のヒックマン博士も、ガリソン博士も、最大に評価されております。
 世界が認める教育実践記録の運動です。教育本部の皆さんは、今後も自信をもって取り組み、教育技術の向上に努めていただきたいと念願します。
 今、日本も世界も、混迷の時代です。閉塞感を打ち破る希望の光は、どこにあるのか、皆が真剣に求めています。
 「難局打開の道は何か。余は只教育の一途《いっと》あるのみと断言して憚らない」
 ふるさとの東北から世界に雄飛した新渡戸稲造博士は、世界が経済恐慌に陥っている昭和初期に、その光明を「教育」に見出しました。
 本年は、新渡戸博士の生誕150周年です。農学者であり、教育家でもあった博士は、この言葉を、1930年に発刊された創価教育の原典『創価教育学体系』への「序」に認《したた》められました。
 そして博士は、牧口先生が渾身の力を込めて著した同書に対し、「行詰れる現代社会の革新に甚大なる寄与をなすものである事を信じて疑わないものである」と、「尊敬と感動」をもって賞讃したのです。
 この『創価教育学体系』は全4巻から成りますが、戸田先生は、戦後、その内の第2巻を『価値論』として再刊しました。そればかりでなく、世界約50カ国の420を超える大学や研究所に贈られたのです。師の偉大さを世界に宣揚せんとされた恩師の真心に、私は感涙を抑えつつ、この発送の実務に当たらせていただきました。
 それが一つの因となり、現在、創価教育は事実の上で世界に広がり、希望の教育思想として注目されているのです。
 南米ブラジルでは、牧口先生の創価教育学に基づいた教育プログラムに、100万人を超える児童が参加しました。2001年には、ブラジル創価幼稚園が開園し、現在、小・中学校にあたる「ブラジル創価学園」に進展しています。
 さらにブラジルでは、「牧口先生公衆衛生技術学校」が開校しました。アルゼンチンの高校には、創価教育に共鳴し、もったいなくも私の氏名を冠していただきました。すばらしい人材育成をされていると伺っています。
 インドでは「創価池田女子大学」も発展を続けるなど、世界中で創価教育と連帯する教育機関が広がっています。
 創価幼稚園は、ブラジルをはじめ、香港、シンガポール、マレーシア、韓国の海外5カ国・地域に開園。「随一」「モデル校」などと、極めて高い社会的評価を得ています。
 1992年に開園した香港創価幼稚園は、教員の優れた教育実績が評価され、特別行政区政府の「行政長官卓越教学賞」を受賞するなど、充実した教育環境を誇っています。
 「創価教育」の眼目の一つとして、「世界市民」の育成が挙げられます。
 わが教育本部の友も、毎年のように、海外日本人学校へ赴任され、これまで多くのメンバーが貴重な貢献を果たしてこられました。
 SGI(創価学会インタナショナル)の教育者とも連帯し、世界的視野に立った平和・文化・教育の大道を、たゆみなく開いていってくれております。

子どもの歓声が名曲のように!
 牧口先生の思想も、郷土から世界を展望し、学び、また郷土に立ち返って、わが地域の発展に貢献し、潤していくことを志向されていました。
 80年前の1932年2月、牧口先生は、郷土・新潟の母校である荒浜の小学校に、自身の『創価教育学体系』第2巻を寄贈しています。いかに郷土の教育を大切にされていたか、この一点を見ても明白です。
 牧口研究の海外における第一人者であられるデイル・ベセル博士(米インタナショナル大学元教授)は、創価教育の先見性として、「『新しい人間』の確立と、より人道的な社会機構の創造」という点を強調されていました。
 そして、「人類が将来、この地球上に生存しようとするなら、より理解ある新しい人間と、より人道的な社会機構がどうしても必要となる。こうした現状を考える時、牧口の教育思想は現代にこそ、その意義と重要性を持つものであると思う」と断言されていたのです。
 この博士の発言から、はや40年近く経ちました。いよいよ、創価教育の真価を発揮していくべき時代に入っているといってよいでしょう。
 ──それは牧口先生、戸田先生の悲願であった創価小学校が誕生して、日々新たな喜びが生まれる中でのことでした。
 1年生の教室の脇を通った時、中から、明るいにぎやかな歓声が、はじけるように聞こえてきました。
 私は一緒にいた先生に申し上げました。
 「あの声が、ベートーベンの名曲のように聞こえたら、一流の教育者ですね」と。
 子どもたちの元気な声こそ、伸びゆく「生命」の象徴です。世界の「平和」の希望の音律です。人類の「前進」と「創造」の源泉です。
 この子どもたちの歓喜の声が轟きわたる「教育の世紀」へ、私は教育本部の皆様方と手を携えて、さらに全力を尽くしていきたいと、決意を新たにしています。
 さあ、子どもたちの幸福のために! 人類の輝く未来のために! 希望に燃えて、新しい教育の勝利の扉を開きましょう!
2012-09-29 : わが教育者に贈る :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。