FC2ブログ

平和への選択

平和への選択 ヨハン・ガルトゥング共著
  単行本 毎日新聞社 1995.5.3刊 ¥1650+税
  池田大作全集 104巻 聖教新聞社 ¥3000(税込)

ヨハン・ガルトゥング(Johan Galtung)

1930年 ノルウェー・オスロ生まれ
1956年 オスロ大学で数学博士号
1957年 同大学で社会学博士号取得
1959年 オスロ国際平和学研究所創設
「平和学」という学問分野を開拓、確立
主な著書
『平和研究論集』(全6巻)『平和への新思考』
『仏教──調和と平和を求めて』など多数

序文  ヨハン・ガルトゥング・池田大作

第1章 学びかつ行動する
1 ノルウェーという風土
  風土と人格形成
2 挑戦を受けて立つ
  ガルトゥング博士が人道と平和への貢献を決意した動機
3 市井の哲人
  ガルトゥング博士の印象に残る人
  池田会長が人的交流の際心がけていることは
4 偉大な師に学ぶ
  ガルトゥング博士が師と仰ぐ人は
  池田会長と戸田会長の出会い
  戸田会長からの薫陶
5 青年時代と読書、芸術
  ガルトゥング博士の読書体験
  イプセンをめぐって
  芸術の持つ「結合の力」
6 さまざまな学習のあり方
  青少年教育のポイント
  「自己教育」「共同教育」「他者教育」
  「内なる対話」の重要性
7 頭では現実を、心には理想を
  若人へ贈る言葉
8 “論ずるよりも行動を”
  ガルトゥング博士のモットーは
  「平和的手段による平和」
9 楽観主義という財宝
  楽観主義の政治家 ゴルバチョフ、デクラーク、マーチン・ルーサー・キング2世
  「楽観主義」は「開かれた対話」として表れる
10 家庭──愛の織物
  親から子に伝えるべき最高のメッセージは
  子供と同じ目線
11 女性──天性の平和主義者
  イプセン『人形の家』ノーラのその後を考える
  「閉じた箱」「開かれた箱」

第2章 歴史としての現在
1 「世界市民」の心
  ガルトゥング博士が一番印象に残った国は
  「世界市民」としての意識を生み出す思想の大地
2 日本国憲法第9条
  「日本国憲法」の歴史的意義
  第9条をめぐる解釈
  「自己規律の哲学」の必要性
3 太平洋文明の時代
  カレルギー博士・トインビー博士の予見
  「共生のエートス」
4 対話の達人達──・
  ゴルバチョフ元大統領・ハベル大統領
  対話と討論
5 対話の達人達──・
  ゴルバチョフ氏の業績
  アイトマートフ氏の寓話
6 社会主義の功罪
  「社会民主主義」と「人間性民主主義」の共通点
7 ペレストロイカについて
8 市場経済と計画経済
9 ヨーロッパの統合
10 20世紀の位置づけ
  20世紀最後の10年をどのような時代にするか

第3章 実行可能な非暴力
1 ガンジー──・ 楽観主義
  ガンジーにおける楽観主義  
2 ガンジー──・ 非暴力と構造的暴力
  「周辺部の強化」と「中心部の弱体化」
  ヨーロッパのもつ「ハードで暴力的な側面」
3 ガンジー──・ 人間革命か、社会革命か
  暴力から生まれるものは暴力である
  「外なる対話」と「内なる対話」
4 ガンジー──・ 広い宗教観
  ヒンズー教徒ガンジーの仏教徒的傾向
5 死刑廃止について
6 平和のための教育
  平和教育の二つの側面
   ・暴力の根本的原因を洞察できる力を育む 
   ・直接的暴力を防止する方策を講じる

第4章 変革の為の宗教
1 宇宙生命との共鳴
  霊魂と輪廻転生
  プラスエネルギーとマイナスエネルギー
2 万物の連関
  「縁起」について仏教・キリスト教・イスラム教との比較
3 聖なるものの本質
4 「寛容」について
5 仏教の長所と短所
  仏教の20の長所と6つの短所  
  仏教と政治権力との関係
  自立的な小型組織の重要性
  仏教教団の社会からの孤立
  政治権力者からの資金提供
  宿命論的傾向
  儀式偏重
6 新たな世界的大乗教
  あらゆる生命体の全宇宙的連帯
  縁起説と「共生のエートス」

第5章 民衆の手に支配権を
1 民衆パワーの今後
  「解放のエネルギー」から「建設のエネルギー」へ
  民衆の力が平和への王道
2 合理主義の傲り
3 人権──普遍的な規範
  第三世代の人権
  人権の押しつけ
4 日本人の人権感覚
  政府開発援助(ODA)と環境破壊
5 人権を支える哲学
  発展の権利
  仏教の人権思想

第6章 新たな世界秩序へ
1 社会主義、その後
  「最終段階」論
  経済主義体制から統合主義体制へ
2 「全人類的価値」の優位
  「階級的価値」から「全人類的価値」へ
3 民族主義の炎
  教育による反省的自我の確立
4 「原理主義」について
  世俗主義と人間主義
5 文化相対主義について
6 国連の改革
7 「環境・開発国連」構想
8 国連への市民参加システム
9 国連と日本の国際貢献策
10 「持てる国」と「持たざる国」
  国連環境開発会議と南北問題
  仏教経済学 
11 地球的諸問題へのアプローチ
  人口・貧困・環境問題
12 核兵器の黙示録的性格
  戸田城聖「原水爆禁止宣言」
13 核拡散と核管理をめぐって
14 核撤廃への道
15 世界政府への展望
2006-04-21 : 文明間対話 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索