スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

インド創価池田女子大学第13回入学式へのSGI会長夫妻のメッセージ

インド創価池田女子大学第13回入学式へのSGI会長夫妻のメッセージ
     (2012.8.18 インド創価池田女子大学)

 南インド・チェンナイの「創価池田女子大学」で18日、第13回入学式が盛大に挙行され、438人の新入生が誕生した。式典には来賓のマドラス大学ニルマラ・プラサッド評議員、創価池田女子大学のセトゥ・クマナン議長、ラニ・クリストゥ・ダス学長をはじめ教職員、在学生、父母ら約800人が出席し、心から祝福。名誉創立者・池田大作SGI(創価学会インタナショナル)会長と名誉学長の香峯子夫人が晴れの出発に記念のメッセージを贈った。

きょうも前へ! 一歩でも前へ
青春の誓いの柱を打ち立てよ


 一人一人が希望の光と輝きわたる、わが敬愛するインド・創価池田女子大学の第13期生の皆さん!
 晴れの入学式、まことにおめでとうございます。
 新入生のご家族、ご友人の皆様方にも、心からお祝いを申し上げます。
 創価池田女子大学は、2000年の開学以来、尊敬するクマナン議長、ダス学長はじめ教職員の皆様、さらに麗しき連帯の同窓生の皆様方の美事な奮闘により、大発展を成し遂げてこられました。
 夜間のコースもスタートし、大学院で学ぶ俊英の皆さんを含め、学生数は1100人を超えたとうかがいました。
 卒業生の大活躍も、社会の各分野で鮮烈に光っております。私も妻も、これほどうれしい、これほど心弾む喜びはありません。
 13期生の皆さん方は、「向学」と「成長」と「友情」の香気に満ちた、この理想のキャンパスで、胸を張って伸び伸びと、学び鍛え、最高に充実した黄金の青春を飾っていってください。
 今年は、マハトマ・ガンジーが、インド独立への大潮流となる非暴力の民衆運動「サティヤーグラハ」(真理を堅持すること)を開始して105周年の佳節です。
 人類史に燦然と輝く不滅の闘争を支え、インドの未来に希望の夜明けをもたらした大いなる勝利の原動力──それは、“独立の父”ガンジーと心を一つにして戦った、多くの女性たちです。
 ガンジーは、女性たちを高く評価して語っておりました。
 「世界のいろいろな問題で、婦人たちがますます重要な役割を果たしているのを、わたしは知っています。婦人たちは、どんな運動にとっても貴重な存在になるでしょう」(クリシュナ・クリパラーニ著、森本達雄訳『ガンディーの生涯(上)』レグルス文庫)と。
 女性の勤勉と誠実、生命を慈しみ育む心、そして平和を愛してやまない熱願等々──女性の優れた力が存分に発揮され、社会の中で輝いてこそ、人類の未来は洋々と開けるのであります。
 ガンジーの期待と信頼に呼応して、インド人女性として初めて国民会議の議長に就いた詩人サロジニ・ナイドゥをはじめ多くのリーダーが育っていったことは、忘れ得ぬ歴史であります。
 ガンジーは“自らの誓いに忠実であれ”と訴えました。
 皆さんも、今こそ、若き心に大きな誓いの柱を打ち立ててください。夢を持ち、誓いを貫き通していく。その青春は、悪縁に紛動されることなく、自分自身を大きく豊かにできるからです。
 私が対談した歴史家のトインビー博士が、マハトマ・ガンジーの非暴力の精神を「私たちのすべてが見ならうべき」(『未来を生きる』毎日新聞社)と強調しつつ、若い世代にアドバイスをされたことがあります。
 それは、自らの努力が大きく実らなかったとしても、がっかりしたり、憤慨したりしてはならないということです。博士は言われました。
 「もし、あなたが、人生をほんのわずかでもよりよいものにすれば、それはたいへんな成功であり、あなたの人生は価値があったということになるのです」(同)と。
 青春、そして人生にあって、華やかな脚光を浴びることが幸福なのではありません。
 たとえ、カタツムリの歩みのように、ゆっくりであっても、地道であっても、粘り強く、辛抱強く、前進し抜いた人が勝利です。
 なかなか思うようにいかない時も、壁にぶつかった時も、あきらめないチャレンジ精神が燃えている限り、その人は勝っているのです。
 「真の幸福は、労苦によってもたらされる」とは、世界の多くの女性たちに愛読された小説『若草物語』で有名な、アメリカの作家ルイザ・メイ・オルコットの言葉です。
 自分が悩み、苦労した分だけ、苦しむ人の心がわかり、励ませる自分になることができる。その深く強い“同苦の心”こそ、幸福と平和の泉なのであります。
 ゆえに、皆さんは、いかなることがあろうとも、「きょうも前へ! 一歩でも前へ!」とのたくましき楽観主義で、明るく朗らかに、友と励まし合いながら進んでいってください。
 きょう、この場に集い合った皆さんは、不思議なる縁《えにし》で結ばれた姉妹であり、家族です。
 私と妻にとっても、世界の未来を照らしゆく、最高に尊く輝く無上の宝であります。
 どうか、クマナン議長やダス学長をはじめ、素晴らしい先生方のもと、学びに学び抜いて、社会へ、世界へ、大きく羽ばたいていっていただきたいのであります。
 私も妻も、愛する皆様の健康と成長と幸福を祈り続けてまいります。
 大切な大切な皆様に、「さいわいは心よりいでて我をかざる」との大賢哲の言葉をお贈りし、お祝いのメッセージといたします。
 どうか、お元気で!
2012-08-29 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。