スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

わが教育者に贈る 3

わが教育者に贈る

第3回 地域社会に教育の陽光を
            (2012.4.28/29/30付 聖教新聞)

相談できる先生は「希望の灯台」

御聖訓に説かれた東洋の英知

陰徳あれば陽報あり


 日蓮大聖人が教えてくださった金言に、「陰徳あれば陽報あり」(御書1178ページ等)とあります。
 陰で人知れず善の行動を積み重ねた人こそが、必ず最後は真実の栄光に包まれるという、生命の厳たる因果の理法であります。
 私は、この「陰徳あれば陽報あり」の仰せを、「立宗の日」を記念して、妙法の人間教育者の皆様方にあらためて捧げたいと思うのであります。
 人を育てること、人を励ますこと──それは、まさしく、たゆみない「陰徳」の労作業だからです。
 教育は、人間それ自身、なかんずく若き多感な生命に関わっていく聖業であるがゆえに、言い知れぬ労苦の連続でありましょう。
 時として、こちらの誠意がなかなか通じないこともある。思うように目に見える結果が出ないこともある。真心の努力が報われず、割に合わないように思えることもある。
 それでも悪戦苦闘を突き抜けて、ただただ子どもたちの生命の可能性を信じて、祈り抜き、尽くし抜いていく。見返りなど欲せず、賞讃など求めようともしない。しかしこ必ず必ず「陽報」は現れます。
 時が来れば、たとえば、目をみ作るような子どもたちの成長となり、奇跡のような勝利の晴れ姿となって光るでしょう。また、教え子たちや、その家族からの消えることのない感謝と敬愛となって還ってくることもあるでしょう。
 そして、自らの蒔いた「陰徳」の種が大樹となって育ちゆく未来を見つめながら、尽きることのない喜びと充実と満足に包まれていくのではないでしょうか。
 この生命の宝冠こそ、人間教育者の偉大なる「陽報」なりと、私には思えてなりません。
 その尊き模範が、教職を立派に勤め上げ、豊かな経験を生かしながら、地域社会の依怙依託となって活躍してくださっている、わが創価の「教育名誉会」の方々であると、私は声を大にして申し上げたいのであります。
 「教育名誉会」の先生方の大きなサポートをいただきながら、わが教育本部は、社会的な活動として、「教育相談室」と「人間教育実践報告大会」(人間教育フォーラム)を、力強い両輪として推進してきました。それぞれに多忙を極めるなか、この活動にボランティアとして時間を割いてくださっている皆様方に、本当に頭が下がります。
 「教育相談室」は、今年で開設44年になります。
 設置された1968年(昭和43年)の当時は、ベトナム戦争が続き、人権運動の闘士キング博士が暗殺され、東欧の「プラハの春」は踏みにじられ、アフリカのビアフラでは子どもたちが飢餓に苦しんでいました。日本は高度経済成長で、こぞって富の豊かさを追求する一方、公害が深刻化し、大学での学園紛争も激しさを増して、青少年の心が揺れ動く真っただ中でした。
 このとき私は、長年、教育現場での難問に全力で奮闘されてきた熟練の先生とじっくり懇談しました。その苦労を伺い、功労を讃えながら、私は「あなたの貴重な経験・知識を、地域で生かしてみてはいかがですか」と提案しました。やがて、第1号の「教育相談室」が、東京に誕生したのです。
 教育はあくまでも普遍性の次元ですから、信仰の有無を問わず、地域社会に広々と開かれた相談室としてスタートしました。
 本年3月には、大分県にも開設され、現在は全国35カ所にまで発展しています。来談者の総数も、36万7000人を超えました。
 御書には、「植えた木であっても、強い支柱で支えれば、大風が吹いても倒れない」(1468ページ、通解)と説かれています。
 良き教育者が身近で見守ってくれていて、いざという時に相談できるということは、何より心強い支えではないでしょうか。
 相談内容は、当然、一律ではなく、さまざまなケースがあります。一人一人の話に真摯に耳を傾け、時には、お子さん方と一緒に遊んだり、運動したりしながらと、工夫を凝らし、誠心誠意、取り組んでくださっています。
 何度も面談を重ねて、一歩ずつ、よりよく変化していくことを粘り強く見守り続けていくなかで、お子さん自身が大きな成長のきっかけをつかむことができたという、嬉しい報告も届きます。
 また、すれ違っていた母と子の心の距離を縮める機会ともなる。さらには、父親とも関わることで、家族全体が大きく変わることができ、好転していったケースも少なくないようです。

「教壇の教師」と「地域の先生」と
 愛するお子さんのことで悩む保護者にとって、どうしていいのか分からない状況に追い込まれてしまったとき、教育本部の皆様方からの的確なアドバイスが、どれほど“希望の光”となっていくことか。
 「地域の希望の灯台」とは、教育相談室を担当してくださっている先生方にお贈りした言葉です。相談室は、文字通り、暗夜の荒海を照らす「希望の灯台」のような光を放っています。
 現在、相談事例の7割を占めるのは、「不登校」に関することだと伺いました。原因はそれぞれ、さまざまだと思いますが、子どもを取り巻く社会自体が閉塞している昨今の時代状況のなかで、お子さん方も親御さん方も、どんなに苦しんでおられることか。そうしたご家族に応援の手を差し伸べる意義は、あまりにも深く、尊い。
 「教壇の教師」として、また「地域の先生」として、誇りも高く献身してくださる皆様方に、最大の敬意と感謝を表します。
 教育相談室は、幅広い年齢層が対象となっています。
 異なる一つ一つの状況に合わせ、丁寧に対応していくことで、現実に子どもが学校に戻ることができた事例も、数多くあります。親も子も、真心のサポートを得て、苦境を乗り越える力を湧きたたせ、強く朗らかに成長することができたのです。
 このたびの東日本大震災の被災地では、子どもたちの心のケアが叫ばれています。仙台教育相談室のメンバーが、避難生活を送る子どもたちのもとを訪れ、一緒に遊ぶなど楽しい交流のひとときに、明るい歓声が響いたと伺いました。
 悩む心に寄り添い、誠実に傾聴する皆様方の振る舞いは、菩薩そのものです。
 日蓮大聖人は、菩薩について、「自身を軽んじ他人を重んじ悪を以て己に向け善を以て他に与えんと念《おも》う者」(御書433ページ)と仰せになられました。
 人々の苦しみや悲しみに同苦し、自らが労苦を引き受けて、皆に希望と勇気を贈っていく戦いこそ、菩薩の真髄です。
 それは、教育相談室に脈打つ精神そのものなのです。
 ある中学生は、いじめから不登校になりました。母と一緒に、すがるような思いで教育相談室に行きました。
 迎えてくれた担当の先生は何も問い質そうとはせず、常に優しい笑顔で、一緒に楽しく卓球をしてくれたといいます。
 「この先生は味方だ。全てを受け入れてくれる人なんだ」──その安心感を支えに、高校へ進学し、歯を食いしばって通い抜きました。その後も専門学校で学び抜いて、立派に介護士の資格を勝ち取りました。
 「あの苦しんだ日々があるから、今の自分がある。今、自分が生きているのは、あの先生のおかげです。恩返しをしたい。自分も人のために役立つ仕事をしたい」との誓いからです。今は、同じ悩みを抱えた後輩たちのためにも、教育本部の方々と手を携えて献身してくれています。
 「一つ一つ勉強し、研修しながら、悩める子どもや親たちの相談を受け止めてこられた教育相談室の皆さんのご努力に心から敬意を表したいと思います」等と、識者の方からも多くの声が寄せられています。
 この教育相談室の活動が、時代に即応しつつ、地域の教育力の向上に、ますます重要な貢献を果たしていかれるよう期待しています。

「よき実践」こそ最高の教育理論

米デューイ協会・ヒックマン元会長
教育実践記録は貴重な事例研究 世界の教師たちも読んでほしい

 「教育相談室」とともに、新生の波動を広げている社会的活動が、「人間教育実践報告大会」や「教育セミナー」です。
 全国レベルの人間教育実践報告大会は、1976年(昭和51年)に開かれた東京・立川での第1回大会から、これまでに34回の歴史を重ね、各地で方面・県単位の大会も行われてきました。
 発表される教育本部の先生方の奮闘の模様が、毎回、大きな感動と共感を呼んでいます。当代一流の識者の方々からも、その意義を深く汲みとった講評をいただいています。
 「外から与えられた教育理論ではなく、子どもと直接触れ合い、だれよりも子どものことを知る教師の実践に裏打ちされた教育理論こそ今、必要なのです」と言われ、教育本部が蓄積してきた「慈愛」と「知恵」と「勇気」の3つの“実践知”を高く評価してくださる先生もおられます。
 また、ある先生は、「素晴らしい実践は、即、素晴らしい理論です」と賞讃してくださっています。
 “実践即理論”──個々の教育者の「実践」が「理論」として共有されれば、また新たな「実践」を生み出していく力となります。一人一人の教育現場での経験から、必ず良き知恵が触発され、さらに現場で生かされていきます。
 「教育社会にも一顧されない様な旧来の教育学を棄て、新しい教育学を実証的、科学的に蘇生せしめて、実際の教育生活に密接なる関係を保たせようとしたのが、この創価教育学である」
 こう宣言された牧口常三郎先生も、人間教育実践報告大会の展開を、いかばかり喜んでくださることでしょうか。皆様方の、地味に見える日々の努力こそ、創価教育の父・牧口先生に直接つながる価値創造の行動であります。
 ジョン・デューイ協会の会長を務められた南イリノイ大学のラリー・ヒックマン教授は、創価の「教育実践記録」について、「教室での問題解決のための非常に貴重な事例研究(ケーススタディ)」になると評価してくださいました。そして、「適切に編集し、世界各地の教師たちにも読めるよう出版していただきたい」とも望まれていました。
 現場に徹し抜いた人間教育の具体的な事例にこそ、全世界に通ずる普遍性の広がりがあるのです。
 さらに、この春に発刊された対談集『地球を結ぶ文化力』の中で、共著者である中華文化促進会の高占祥主席は、私が「教育実践記録」や「教育相談室」について紹介すると、次のような信念の言葉を贈ってくださいました。
 「青年は祖国の未来です。民族の希望です。人類の春です。家庭の朝日です。
 青年は、一つの“いまだ磨かれざる玉の原石”です。真誠をもって彫刻し、磨かなければなりません。
 青年は、一株の苗のようなものです。愛の心をもって、水を注がなければなりません。
 ……学校での教育だけではなく、あらゆる社会のすべての人々が言葉で教え、身をもって教えることが大切ではないでしょうか」
 どんなに遠大な社会変革の構想があっても、ただ演説するだけでは、世界は変わりません。
 眼前の一人の若き命に関わり、真心を込めて励ましを贈っていくことこそ、希望の未来を創り開きゆく最も確実な布石であります。
 その意味から、これからも、日々、胸を張って、黄金の実践記録を積み重ねながら、使命の大道を歩み抜いていただきたいと念願するものです。
 さて、「教育相談室」の相談内容でも、また実践報告大会の発表でも、「いじめ」やそれを背景としたものが少なくありません。
 いじめが原因で、未来のある青少年が自殺したというニュースほど、胸の掻きむしられる悲しみがあるでしょうか。
 「人格の尊重」「生命の尊厳」を、すべての根底にしなければならない。私の創立した創価学園では、「いじめ」も「暴力」も、断固として許しません。この問題については、私自身、これまでも幾たびとなく言及してまいりました。
 教育現場の先生方のお話では、年々、いじめの様相も変化し、捉え所がないほど複雑になってきているようです。しかし、現象面の変貌にかかわらず、いじめで苦しむ子どもがいるという事実は変わらない。
 「いじめられてもいい子」など、断じておりません。「いじめられる側にも原因がある」などと、いじめを正当化させても決してならない。
 「いじめは、いじめる側が100%悪い」──この本質を絶対に見失ってはなりません。
 最も重要なことは、「早期発見」です。クラスのちょっとした変化を見逃さない鋭敏な感性を磨くことです。そのためには、常に子どもたちと対話し、心の交流を重ねていくことが肝要ではないでしょうか。
 その上で、いじめが分かった時に何より大事なことは、いじめそのものを二度と起こさないようにすることです。“犯人捜し”は二の次です。かえって事態を悪化させてしまう場合さえあるからです。
 まず、いじめがあったという事実を、クラスならクラス全員が、きちんと見つめることです。加害者はもちろん、はやし立てた子も、傍観した子も含めて、誰一人として「自分は関係ない」という人はいないことを明確に伝え、「いじめは絶対にいけない」という意識を子どもたちと共有して、皆で乗り越えるために力を合わせることです。
 いじめは被害者を傷つけることはもちろんのこと、実は加担した子ども自身の生命をも傷つける罪悪であるからです。
 どの子も等しく、「幸福」になるために生まれてきています。
 御聖訓に断言されている通り、「いのちと申す物は一切の財の中に第一の財なり」(御書1596ページ)なのです。
 「いじめ」という“暴走”を生む、一つの原因に「差異」の排除があります。だからこそ、子どもたちと共に、一人一人の個性を大事にすること、また個性に違いがあるゆえに、相互の対話が大事であることを学んでいきたいと思います。
 私が共に対談集を発刊したデンマークの教育者ヘニングセン博士(国民高等学校アスコー校・元校長)は、「私たちは『差異のある世界』に生きています。ゆえに、『差異を認め合う』ことが、最も大切な点です。そして、『差異を認め合う』ことは、本当の対話のための必須条件なのです」と語られていました。
 差異を認め合う勇気を持って、対話に踏み出すことから、新しい道が必ず開けます。私自身、この信念で、今も世界との対話を続けております。

「子どもの声が届く社会」を!

 人は互いの多様性から学び合い、「差異」をむしろ価値創造の源泉とすべきです。「自由」と「放縦」、「幸福」と「快楽」、「差異」と「差別」をはき違えていると言われる現代社会にあって、子どもたちが「差異」を通して何を学ぶべきか、見つめ直す必要があるのではないでしょうか。
 また最近は、子どもたちが家庭においても、決して守られているとはいえない状況があります。その弱い存在の子どもたちが、自分より弱い立場にある子どもを見つけて、いじめているケースもあると聞きます。背景には、社会で抑圧されている大人の歪みが、子どもたちに投影されてしまっているという、いじめの連鎖があります。
 子どもたちを取り巻く環境を、「子どもの幸福」を根本思想とする「教育のための社会」へと転換していくことが、切実な課題です。そのための学校、家庭、地域、行政を含めた、子どもを守るネットワークの構築が求められます。
 「教育のための社会」とは、何にもまして「子どもの声が届く社会」といえましょう。
 子どもたちの小さな叫びに耳を傾け、それに応えていく社会であってこそ、大人も子どもも幸福で平和に生きることができる。子どもの幸福を追求することは、大人の喜びと生きがいにつながっていきます。
 子どもの声を代弁し、子どもの命を守り抜く、一人の教育者の声にこそ、その子を救うのみならず、家庭を救い、社会のありようをも変える力が秘められていると、私は祈りを込めて強く申し上げたいのです。

我らの使命は「生命の安全地帯」

インドネシア・ワヒド元大統領
家庭や学校、隣人からも誠実と寛容を教えられた

 2010年10月、創価教育の80周年を記念するシンポジウムが神奈川文化会館で開催されました。その折、教育実践記録の3000事例を対象にした分析結果の報告を受けたことを、私は鮮明に覚えております。
 そこでは、教師に望まれる子どもへの「5つの関わり」が抽出されていました。
 その5つとは──
 1.「信じぬく」
 2.「ありのまま受け容れる」
 3.「励まし続ける」
 4.「どこまでも支える」
 5.「心をつなぐ」
 教師のみならず、人材を育成する上で、心すべき「関わり」「結びつき」の指標といってよいでしょう。
 私は教育提言「『教育のための社会』目指して」で、「人間が人間らしくあること、本当の意味での充足感、幸福感は、“結びつき”を通してしか得られない」と指摘しました。
 “結びつき”は相互作用です。子どもは一方的に大人から庇護される存在ではありません。やがて独り立ちし、自ら他者と結びつくことを学びゆく、一個の尊い人格です。
 ゆえに、子ども自身が「自分の人生を切り開く力」を養うとともに、「人とのつながり」「心の結びつき」を大事にできる感性を育んでいくことが、不可欠であります。
 子どもが悩みや苦しみに負けず、一緒に力を合わせて困難を乗り越えていけるように、懐深く支えていく大人の存在が何より大切です。
 信頼できる大人が見守り、励ましてくれることは、子どもたちに安心と向上をもたらしていきます。
 私が対談した、忘れ得ぬインドネシアの哲人指導者・ワヒド元大統領がしみじみと語っておられました。
 「祖父や父だけでなく、学校の先生や地域の人たちからも、誰に対しても誠実に接し、寛容の精神を持つことの大切さを教えてもらいました。
 私が尊敬するのは、どんな困難があっても、決して退かない精神がある人です。たとえ逃げ出したくなるような状況にあっても、自らを鼓舞するだけでなく、多くの人にも同じ実践ができるようにする存在であります」
 いかなる苦難にも、若き生命が伸び伸びと成長するための盤石なる安全地帯が、わが教育本部です。ここに我らの重要な使命があります。
 教育現場が、いかに厳しい状況にあろうと、「子どもが主役である」との視点を堅持し抜いていきたい。「自らが価値創造していく力」と「他者と結合していく力」を、子どもたちが身につけることが、幸福へ前進していく最善の道だからです。
 自ら価値創造し、他者とつながっていく──これは、仏法を実践する基本である「自行化他」にも通じています。
 この両翼こそが、子どもたちが人生の大空へ羽ばたき、幸福を勝ち取っていく原動力といってよいでありましょう。
 「教育は、人間生命の目的である」──これは、世界的な名門学府であるアメリカ・コロンビア大学の仏教学者、ロバート・サーマン博士の信条です。私は「社会のための教育」から「教育のための社会」へというパラダイム(思考的枠組み)の転換を、このサーマン博士との交流から着想しました。
 博士は、そのことを大変に喜んでくださいました。ご自身も「教育のための社会」というビジョンを、「釈尊の教えに学んだものです。仏の立場から見れば、人間はすべて、かけがえのない宝物です。そして、その宝物である人間は、生涯にわたり(地獄や奴隷のような状況から解放される)自由と機会を与えられた存在なのです」と述懐されています。
 仏法の中から、最高の人間教育の真髄を美事にくみ上げられたのです。慧眼です。
 博士は、こう結論されました。
 「人間は何のために生きるのか──それは学ぶためである」と。
 私も全面的に賛同いたします。
 学ぶことは、生きることです。
 生きることは、学ぶことです。
 そこに、生命の成長があり、人生の幸福があります。
 あえていえば、「人は、自らを教育するために生まれてきた」のです。
 迫害の中でも学ぶことを手放さなかった大詩人ダンテは、自著に次の箴言を記しました。
 「われ若し片足を墓に入れるとも、知識を得ることを欲するであろう」
 すべての子どもたちが「教育」という人生の究極の目的が果たせるよう、日夜、教育現場で奮闘し、「教育相談室」や「人間教育実践報告大会」(人間教育フォーラム)などを通じて地域・社会の教育力の向上に取り組んでおられる教育本部の皆様は、私にとって、喜びも苦しみも分かち合う無上の同志です。
 法華経には、生命尊厳の極理を弘めて人々を救おうとするならば、「如来の室」に入り、「如来の衣」を着し、「如来の座」に座って説くべきであると示されています(法師品の「衣座室の三軌」)。
 もともと仏法の弘教の方軌ですが、私は人間教育の要諦にも通ずると拝してきました。
 「如来の室」とは「仏の大慈悲心」のことです。敷衍して申し上げれば、大きな慈愛の中に、子どもを包み込んで、「抜苦与楽」の対話をしていくことです。「教育相談室」という「室」それ自体が、そうした慈悲に満ちているといっても、過言ではないでしょう。
 「如来の衣」とは「柔和忍辱の心」です。何があっても揺るぎなく、柔和な笑顔で子どもたちを受け止めて、忍耐強く励まし続ける力です。
 さらに「如来の座」とは、少々難しい表現で「一切法空」と説かれ、あらゆるものに不変の実体はないと知る智慧を意味します。ややもすれば、先入観念など、教育現場で陥りがちな思い込みを排し、現実の課題に柔軟に即応して、どこまでも「子どもの幸福」のために自在の智慧を発揮していくことでしょう。また、「御義口伝」に、如来の座について「不惜身命の修行」(御書737ページ)と仰せの如く、わが身を惜しまず戦い抜くことが、その極意です。
 私たちは、この仏と一体の慈愛と忍耐と智慧を、いやまして光らせながら、「教育のための社会」へ、また「いじめのない社会」へ、そして「すべての子どもたちが幸福に輝く社会」へ、勇気凛々と邁進していこうではありませんか!

 ヘニングセン博士の言葉は『明日をつくる“教育の聖業”』(潮出版社)。ワヒド元大統領の言葉は『平和の哲学 寛容の智慧』(潮出版社)、ダンテが記した箴言は『饗宴』に引かれたセネカの言葉(中山昌樹訳、日本図書センター)=現代表記に改めた。
2012-04-30 : わが教育者に贈る :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。