若き君へ 新時代の主役に語る 第2回

若き君へ 新時代の主役に語る

第2回 悩みと向き合う   (2012.2.15/16/17付 聖教新聞)

苦悩は歓喜に変えられる

恩師の大闘争を思えばそんな苦難にも耐えられる。断じて勝ち越えてみせる

 ──先月、掲載された第1回の「若き君へ」には、全国の多くの読者から反響が寄せられました。青年の世代はもちろん、壮年・婦人の方々にも、大きな喜びと感動が広がっています。
 ある男子部員は「池田先生が私自身に語りかけてくれているように思い、感動しました」と綴っていました。
 一人の女子部員からは「家族のことで悩んでいますが、まずは自分自身が成長することの大切さを教えてくださったのだと感じました。きょうから、ここから、私らしく前進していこうと決意ができました」と声が寄せられています。

名誉会長 皆さんが喜んでくれ、私もうれしい。
 青年の喜びこそ、私の最大の喜びです。
 私は幸福にも、青春時代、毎日毎朝のように、恩師・戸田城聖先生から直々に薫陶を頂くことができました。「戸田大学」での一対一の真剣勝負の訓練です。
 できることならば、私も一人一人の青年と直接会って、皆の声に耳を傾け、語り合いたい。一緒に学び合っていきたい。そうした思いを込めて、私は日々、小説『新・人間革命』等を執筆しておりますし、この連載にも臨んでいます。

 ──読者から寄せられたメールには、仕事や職場の人間関係、自身の病気や家族の問題など、さまざまな悩みに直面しながらも、池田先生の励ましを胸に、信心根本に前進する決意が数多く綴られています。そこで、今回は「悩みと向き合う」とのテーマでお話を伺えればと思います。

名誉会長 青春は、誰もが悩みとの戦いです。悩みのない青年など、いない。なかんずく、大いなる希望と使命に生きる魂には、苦悩も大きい。
 悩むことは、強い向上心と責任感の表れです。人間の能力の一つともいえる。人のため、未来のために悩むのは、人間にしかできません。
 私が対談した大歴史学者のトインビー博士も「悩みを通して智は来《きた》る」という古代ギリシャの箴言を、大切にされていました。悩んでこそ、偉大な智慧が光る。
 そもそも仏も、衆生のために「悩む人」です。
 私たちの勤行の「自我偈」の結びには、「毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 速成就仏身』とあります。簡潔に言えば、仏は常に、いかにして衆生を無上の道に入らせ、速やかに成仏させるかを、念じ続けているという意義になる。
 どうすれば人々を救えるか。幸福にできるか。悩んで智慧を尽くし、行動を貫くのが「仏」です。

 ──今は、悩みを避けたい、また、真剣に悩む姿を見せるのは、カッコ悪いと考えるような風潮もあります。

名誉会長 それは誰だって、よけいな苦労はしたくない。好きこのんで悩む人はいません。
 ただ、苦労もなく、悩みもなければ、それで幸せか。そうではないでしょう。幸福の実体は、生命の充実です。その本当の充実感とは、悩みに立ち向かい、苦労して勝ち越えていくなかでこそ、得られる。この喜びは、皆が大なり小なり実感しているはずです。
 飛行機だって、翼に強い「向かい風」を受けることで、揚力という力を得て飛翔できる。若き日の苦難の烈風は、わが人生を大きく飛翔させてくれる力です。
 人生には、想像も絶する試練の嵐が襲いかかることがあります。しかし、真っすぐに向き合う勇気があれば、断じて乗り越えられる。その究極の勇気が、信仰です。
 戸田先生は、『巌窟王』の物語(『モンテークリスト伯』)を青年たちに読ませながら、勇気の真髄を教えてくださった。
 嫉妬の悪人たちに陥れられ、無実の罪で牢獄に囚われた青年エドモン・ダンテスの心の動きを通して、先生は言われました。
 「最初は、いつ牢獄から出られるかを問題にして、あくせくしていたが、やがて、一生出られないと分かってきた。
 難を受け、牢獄に入った場合、たとえ出られなくともかまわない。一生涯、戦い通してみせると、死ぬまで覚悟することだ。そうすれば強い。必ず勝っていくのだ」
 これは、戦争中、軍部政府による投獄を、牧口先生にお供して耐え抜いた、戸田先生ご自身の信念でした。この恩師の大闘争を思えば、どんな苦難にも耐えられるし、勝ち越えられないわけがないと、私は一念を定めてきました。
 悩みがあることは、カッコ悪いことではない。むしろ悩みと向き合うことは、人間として誇り高いことです。ゆえに悩みを隠したり、取り繕ったりする必要はありません。青年に見栄などいらない。ありのままでいいんです。

 ──悩んでいるとネクラ(根が暗い)などと言われたりします。

名誉会長 だったら、明るく朗らかに悩めばいいんだよ(笑い)。
 私も青年時代、体が弱かった。貧しかった。時代は荒れ、悩みは尽きなかった。ただ私は、悲観や感傷には決して流されたくありませんでした。
 何があっても、希望に燃えて朗らかに! 悩みがあればあるほど、歯を食いしばりながらも、笑顔で前進する──これが変毒為薬の妙法を持《たも》つ青年の特権です。
 戸田先生は、事業が最悪の苦境に陥った時も、悠然と言われた。
 「私は、かりに地獄に堕ちても平気だよ。なぜならば、地獄の衆生を折伏して、寂光土に変えてみせるからだ。信心とは、この確信だよ」
 私は、この師子王に鍛えられました。だから何も恐れません。
          ☆
 ──若き池田先生が、戸田先生から「人生は悩まねばならぬ。悩んではじめて信心もわかる、偉大な人になるのだ」と励まされたことは、小説『人間革命』第10巻で学びました。昭和31年の「大阪の戦い」の直前のことでした。

名誉会長 その通りです。
 あの戦いは、誰もが勝利は不可能と見ていました。しかし、絶対に負けるわけにはいかない。私は一人、深い苦悩に身をさらしていました。その私の悩みを、師匠は全部、ご存じでした。
 私は、悩んで悩んで、悩み抜きました。戸田先生の構想を実現するために、広宣流布の前進のために、愛する関西の友の幸福のために──何ができるのか。先生だったら今、どうされるのか。
 祈りに祈り、一歩も退かず戦い抜いた。そして関西の同志と共に勝った。
 「“まさか”が実現」です。それはそれは、壮絶な戦いだった。しかし、あれだけ悩んで戦い抜いたからこそ、病弱な私の生命から生き抜く力、勝ち抜く力を湧き立たせることができたともいえる。
 御義口伝には、「一念に億劫の辛労を尽せば本来無作の三身念念に起るなり」(御書790ページ)とあります。
 広布のために真剣に悩むことによって、わが身から仏の大生命力を出すことができるのです。
          ☆
 ──仏法では「煩悩即菩提」と説かれますね。

名誉会長 日蓮大聖人は「煩悩の薪を焼いて菩提の慧火《えか》現前するなり」(同710ページ)と仰せです。
 「煩悩」とは悩みの根源であり、「菩提」とは悟りのことです。悩みを消し去るのではなくて、逆にそれを「燃料」として燃やすことで悟りの智慧の炎が現れる。
 大きな悩みが、自分を大きく成長させるのです。また、悩みがあるから、同じように苦しむ人の気持ちが分かる。その人たちのために、尽くしていくこともできる。
 煩悩「即」菩提の「即」は、単純な「イコール」ではない。
 「即の一字は南無妙法蓮華経なり」(同732ページ)と示されている通り、「即」の一字は変革の原理です。
 御本尊に強盛に題目を唱え、広布のために粘り強く行動していく時、一切の苦悩は自身を荘厳する財宝に変わる。悩みが深ければ深いほど、苦悩に沈む友の心を照らす希望の光源となるのです。
 女子部国際部の優秀なリーダーたちが、自ら翻訳して届けてくれた手作りの箴言集に、アメリカの詩人フランシス・ハーパーの一節が記されていました。
 「暗闇の先には光がある。現在の苦悩を越えたところに歓喜がある」
 私たちの信心は、あらゆる「苦悩」を「歓喜」へ、「マイナス」を「プラス」へと転じゆく無限の力を持っている。どんな悩みであっても、唱えた題目は、すべて、自身の福運となる。そして自分が成長し、光った分だけ、広宣流布は進むのです。

学べ! 学べ! 苦闘の中からも

心を変えるのは心です。自分が変われば、相手も必ず変わります

 ──東日本大震災より、まもなく1年になります。被災地では、青年たちがさまざまな困難や悩みを抱えながら一歩一歩、復興の先頭に立って奮闘しています。

名誉会長 よく、伺っています。本当に尊いことです。
 私は毎日、亡くなられた方々の追善回向を懇ろに行わせていただいております。とともに、被災された皆様、復興支援に汗する方々の健康幸福、無事安穏、そして、前進勝利を祈っています。
 日本は、国全体の行き詰まりが指摘されて久しい。では、それを転じゆく力は、どこにあるか?
 その底力は、我らの東北にある! 「負げでたまっか」と立ち上がる一人一人の「人間革命」が、絶望から希望へ、苦悩から歓喜へ、一家を、地域を、一国を、未来を変えていく。それこそ、東北健児のスクラムです。
 「恐れや悲観にわれわれの希望を挫かせてはならぬ、われわれの勇気をそがせてはならぬ」
 これは、牧口先生の友人であった、東北出身の世界市民・新渡戸稲造博士の心意気でした。
 今、東北青年部の不屈の貢献に、日本の識者からも、世界の知性からも、深い賞讃の声が寄せられ始めています。
 やがて日本全国、いな全世界が、東北の友に感謝の大喝采を捧げる日がやってくるでしょう。
 「広宣流布の総仕上げは東北健児の手で!」とは、私の願いであり、決意であり、確信です。
 しかし激闘が続けば、疲れ果てることもある。体調が良くない時や気持ちが沈む時だってあるでしょう。今日できなかったことは、明日の元気な自分に託して、休める時は上手に休むことです。
 戦いは長い。焦ることはありません。価値的に行動することです。時には、ゆったりと大空を仰ぎ、大きく深呼吸をしてもらいたい。また良き友と互いの健闘を労《ねぎら》い、讃え合い、守り合うことです。
 苦楽を共にするのが同志です。
 東北の皆様方と、共に苦しみ、共に楽しみ、共々に勝ち栄える。これが、私の決心です。

 ──若い世代の話を聞くと、人間関係で悩んでいる人が多いです。職場や学校などで、周りの人と気が合わないとか、ぶつかってしまうとか……。

名誉会長 どんな悩みでも、本人にとっては、切実な悩みです。
 信頼されて相談を受けた人は、誠実に親身になって応じていただきたい。またプライバシーは、絶対に厳守することです。問題によっては、より経験豊かな、信頼できる先輩に一緒に指導を受けるべきです。
 まあ、どんな世界にも「あの人だけは……」と思うような苦手な人がいるものです。
 私にも、ずいぶん意地悪な先輩がいました。
 友人同士だって、いつもうまくいくわけではない。家庭の中でも悩む。学会の同志の間でも、気が合わない場合もある。
 「四苦八苦」とは、もともと仏法の言葉です。「生老病死」という四つの根本の苦しみに、さらに四つの苦しみが挙げられています。その一つが「怨憎会苦《おんぞうえく》」です。嫌な人に出会い、憎たらしいと思う人とも一緒にやっていかねばならない苦しみです。
 要するに「人間関係の悩み」は、誰でも生きる限り、必ず直面する。一生の課題です。ですから若い皆さんが、多少、人とうまくいかなくても、むしろ勉強だと思って、大きな心で悠々と乗り越えていけばいい。それが自身の成長の土台となるのです。
 「怨憎会苦」が「四苦八苦」の一つであるということは、見方を変えれば、8分の1の苦しみに過ぎない。だから、人間関係の悩みに振り回されて、若い時代に成すべき勉学や研鑽を怠ってしまえば、損をします。
 「人がどうあれ、周りがどうあれ、自分は学び鍛えて前進する」という毅然とした信念だけは、青年として手放してはなりません。
          ☆
 ──今、インターネットやメールなどが悪用されて、青少年が事件に巻き込まれる場合があります。時代は濁り、悪い人間もたくさんいます。

名誉会長 その通りです。
 御書には、「悪知識と申すは甘くかたらひ媚び言《ことば》を巧《たくみ》にして愚癡の人の心を取って善心を破る」(7ページ)と喝破されています。
 悪い人間に誑かされて、自分の善なる心を破られてしまえば、こんな不幸なことはありません。
 賢くならねばいけない。強くならねばいけない。正しき哲学と善き連帯が大事なのです。
 「悪」は「悪」と鋭く見破って、近づけてはならない。愚かなお人好しでは、正義は貫けないし、善の世界を守ることもできません。これが大前提です。

 ──よく、わかりました。そのうえで、家族や友人など、身近な人間関係でも、難しい現実がさまざまにあります。

名誉会長 お互いに凡夫だからね。自分が人間ドラマの名優になるんです。
 戸田先生のもと、女子部の「華陽会」で、『小公子』という小説を学んだことがあります。
 主人公は、アメリカ生まれの快活な少年セドリック。父を亡くし、英国にいる貴族の祖父と一緒に暮らすことになった。高慢で偏屈だった祖父が、純粋で心優しい孫に感化され、温かな気持ちを持つように変わっていくという物語です。
 祖父は皆から敬遠されていましたが、セドリックはその立派な人間性を疑いませんでした。そして、強い尊敬と愛情をもって、粘り強く、しかも明るく祖父と接していきました。その振る舞いが、氷のようだった祖父の心を、徐々に溶かしていったのです。
 戸田先生は、「小公子(セドリック)が祖父を絶対に信頼したことが、意地悪な心を良くし、あらゆる状態を変えていったんだよ」と洞察されました。
 心を変えるのは、心です。自分が変われば、必ず相手も変わります。御義口伝には「鏡に向って礼拝を成す時浮べる影又我を礼拝するなり」(御書769ページ)と仰せです。
 相手の生命の「仏性」を信じて、心から尊敬していく。大切にしていく。その時は、かりに反発したとしても、実は相手の仏性も、こちらを礼拝し返しているのです。
 人を軽んじる傲慢な人間は、結局、自分も軽んじられる。
 人を尊敬し、その人から何かを学ぼうとする。そうすれば、人生は楽しく豊かになります。そして鏡に映すように、人からも尊敬され、最後は必ず勝つのです。

 ──なかなか思うようにいかない人間関係の中で、つい自信を無くしてしまうこともあります。

名誉会長 だから、祈るのです。祈りは、自分の強き深き一念の力用で、周囲を調和させ、価値創造の働きへ変えゆく究極の力です。
 また、相手のことを祈ることは、仏の振る舞いです。これほど尊く高い生命の位はありません。
 戸田先生も、よく言われました。
 「法華経には『魔及び魔民有りと雖も皆仏法を護る』と説かれる。どんな相手でも、自分の信心を強くしていけば、広宣流布という幸福と正義のために働く存在に変わっていきます。これは不思議なのです。ゆえに、祈れば勝ちだよ」と。
 祈りには、どんな人間関係も、幸福の「仏縁」へ、勝利の「善知識」へと変える力があるのです。

 ──陰で悪口を言う人間などもいますが……。

名誉会長 悪口なんか怖がってはいけない。平然と見下ろしていくのです。どんな偉人だって、さんざん悪口を言われています。
 日蓮大聖人は、御自身を迫害し抜いた権力者・平左衛門尉らのことを悠然と「日蓮が仏にならん第一のかたうど(=味方)」(同917ページ)とまで仰せです。
 戸田先生は、この大境涯を偲ばれながら、「敵など、断じて恐れるな! 全部、自分自身を完成させ、仏にしてくれる、闇の烈風に過ぎない」と叫ばれました。
 誰が何と言おうと、悩んでいる人のために、苦しんでいる人のために、断固として仏の使命を果たしていくのです。

※新渡戸稲造の言葉は佐藤全弘訳「編集余録」、『新渡戸稲造全集』第20巻所収(教文館)

何があっても生き生きと!

「苦楽ともに思い合わせて」題目を唱え、恐れずに前進していくことです


 ──若い女性の悩みで多いのは「人と比べて落ちこんでしまう」ことです。自分の容姿や性格など、「あの人はすごいけど、私はダメだ……」と自信が持てなくなってしまうのです。

名誉会長 それは男性も同じでしょう。男は見栄っ張りだから言わないだけです(笑い)。
 今、女子部の皆さんが学んでいる「一生成仏抄」には、「日夜に隣の財《たから》を計《かぞ》へたれども半銭の得分もなきが如し」(御書383ページ)という譬喩があります。
 自分自身の生命を離れて一生成仏の道を求めても、徒労に終わってしまうことを示されています。
 大事なことは、人と比べて落ち込むのではなく、「よし自分も!」
と発奮し、自らの心を明るく高めていくことです。
 あの豪放聶落な戸田先生も、“若い頃は自分の卑屈さを直すために努力したものだ”と、率直に教えてくださいました。
 そもそも「あの人はすごい」と、友人の長所を評価できること自体、偉い心根です。今度は、自分の良いところを自覚して大いに伸ばすんです。
 「桜梅桃李の己己《ここ》の当体を改めずして」(同784ページ)と仰せのように、桜は桜、梅は梅、桃は桃、李《すもも》は李の良さがある。背伸びなどしなくていい。ありのままの姿で、自分らしく思い切り、花を咲かせればいいんです。
 ヒルティというスイスの哲人は語りました。
 「すべての真の財宝は、われわれの力の中にあるものにあるのだから、嫉妬や羨望はおよそ意味をなさない」と。
 大切な自分を卑下して心を暗くしては、絶対になりません。
          ☆
 ──悪い出来事が重なると、「ついてない。運が悪い」などと、嘆いてしまうものですが……。

名誉会長 そういう時こそ、強気でいくんです。魔という働きは、こちらの命が「困ったな。まいったな」と弱気になると、どんどん付け込んでくる。
 題目を朗々と唱え、「さあ、かかってこい」と迎え撃てば、必ず退散していくんです。
 私は今、ドイツの世界的な学術機関ワイマール・ゲーテ協会顧問のオステン博士と対談を進めています(「人間ゲーテを語る」、月刊誌「潮」4月号から掲載)
 大文豪ゲーテも、若き日は恋に悩み、就職に悩み、仕事に悩みました。就職難や不安定な雇用などに悩み苦しむ今の青年世代と同じく、青春の課題に挑戦し、苦労したことは全く変わりません。
 そして、病気に悩み、5人の子ども全員を自分より早く亡くすなど、家庭のことでも苦悩しました。
 しかしゲーテは、何があっても「生き生きと」生きた。
 生きて生きて、生き抜いて、大文豪は、悩みさえも創造の源泉として、あれほどの壮大な偉業を成し遂げました。
 人間は、うんと悩みながらも、「生き生きと」生きられるのです。苦労の連続であっても、張り切って、今なすべきことに全力で取り組み、自分でなければできない、価値を創造していけるのです。
 ゲーテは言います。
 「快活さとまっすぐな心があれ 最終的にはうまくゆく」
 いわんや、皆さんは妙法という最高の「絶対勝利の信仰」を持《たも》つことができた。
 快活に生きることだ。真っすぐに生きることだ。青年ならば!

 ──池田先生は、「苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに思い合せて南無妙法蓮華経とうちとな(唱)へゐ(居)させ給へ」(同1143ページ)との御文を引かれ、題目に勝るものはないことを何度も教えてくださいました。

名誉会長 「苦をば苦とさとり」──なんと深い仰せでしょうか。生きている以上、苦しみは避けられないのだから、そう覚悟して、悩みを見下ろしていきなさいと励ましてくださっています。
 いかなる現象も、信心の眼《まなこ》から見れば、自身の成長の因にしていける。そして、一つ一つ眼前の壁を打ち破りながら、境涯を開き、福運を積んでいけるのです。
 「楽をば楽とひらき」とは、ありがたいな、うれしいなと喜びを見つけ、感謝していく心でもありましょう。
 どんな状況でも、そこに喜びを見出せる人、感謝できる人は、幸福です。人生の「楽」を自他共に広げていけるからです。
 青年は「苦楽ともに思い合せて」題目を唱えながら、何ものも恐れず、前進していくことです。
 敬愛してやまない不屈の人権の獅子である、南アフリカのマンデラ元大統領も語っておられた。
 「厳しい闘いが、私たちをはがね(鋼)のように強くしたのです」と。《()内は編集部注》
 わが創価の青年たちも、試練の闘争の中で、金剛不壊の生命を鍛え上げていただきたい。

 ──折伏していると、友人に「悩みがないから、信心する必要を感じない」と言われることがあります。「とりあえず今、生きていけるから悩む必要がない」と。
 青年の意識調査を見てみると、2割近くが「悩みや心配事はない」と答えています。

名誉会長 しかし、ひとたび目を転ずれば、社会には、悩みや心配事が渦巻いています。その苦悩を見つめながら、青年らしく真摯に胸襟を開いて、対話を深めていってもらいたいのです。これが「立正安国論」で示された対話の実践だからです。
 御書には、「今の乱れた世にあっては、これということがなくても仏道を求める心が起こることは当然である」(1083ページ、通解)と述べられ、社会の混乱を嘆く人々の姿が記されています。現代の様相にも通じます。
 最も鋭敏であるべき青年が「今さえよければ」と安住しているようでは、未来は暗い。
 だから折伏なんです。法華経では「動執生疑」という化導法が用いられています。それまでの執着を揺り動かして、より高い次元へとリードしていくことです。
 青年に希望と勇気を贈るのは、青年です。
 青年が青年に、哲学を、理想を、確信を語る。人間が持つ偉大な力を語り合う。これが折伏です。これこそ、人のためになり、自分のためになり、そして、共々に成長して、世の中に活力を漲らせていく、最も偉大な対話なのです。
          ☆
 ──昨年末、先生が私たちに贈ってくださった一首があります。
  「いやまして
    広布の山を
      登りゆけ
    自身の力は
     無限の仏力《ちから》と」
 いよいよ、無限の仏力を発揮しながら、各地での座談会や青年セミナー等を元気に進め、人材の連帯を大きく広げていきます。

名誉会長 うれしいね。皆、本当によく頑張ってくれている。
 御義口伝には、「始めて我心本来の仏なりと知るを即ち大歓喜と名く所謂南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり」(同788ページ)と説かれています。
 妙法を受持した青年の連帯こそ、この「歓喜の中の大歓喜」を躍動させながら、人類全体の悩みをも赫々と照らしゆく、希望と勇気の太陽なのです。
 愛する君たちに、命をかけて広布大願に生き抜かれた恩師の師子吼を贈ります。
 「私は天空に届くほど、広宣流布をしたいという大煩悩の炎を燃え上がらせている。
 青年もかくあれ!」

※ヒルティの言葉は氷上英廣訳「幸福論I」、『ヒルティ著作集1』所収(白水社)。ゲ一テの言葉は内藤道雄訳「格言風に」、『ゲーテ全集1』所収(潮出版社)。マンデラの言葉は浜谷喜美子訳『ネルソン・マンデラ 闘いはわが人生』(三一書房)。
2012-02-17 : 若き君へ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索