スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

若き君へ 新時代の主役に語る 第1回

若き君へ 新時代の主役に語る
                (聞き手=「若き君へ」編集委員会)
第1回 「大人になる」とは(2012.1.9/10/11付 聖教新聞)


未来はすべて青年のものです

大きな願いを立てればそれだけ大きな人生が開けていく


 ──今、全国で続々と青年が入会しています。
 池田先生のお誕生日である1月2日も、各地で入会記念勤行会が行われ、多くの若き地涌の友が、創価家族の温かな祝福に包まれました。

池田名誉会長 うれしいね! 本当にうれしい! 青年部の奮闘の様子も、新入会の皆さん方の決意も、よく伺っています。
 日本中、世界中で、青年がぐんぐん伸び、スクラムを広げゆく素晴らしい時代が到来しました。
 今年は、ロンドンでオリンピックが開催されます。英国そして欧州の青年の前進も目覚ましい。
 近代オリンピックの創設者クーベルタンは、「人間の春は、若々しく成長した人の中に表現される」と語りました。
 学会は今、希望が躍動する「青年の時代」「人材の春」を迎えています。
 人材を見つけ、育てる。その労作業こそが、広宣流布という社会を変革しゆく偉大な民衆運動、世界的な平和運動の原動力です。
 だから、先輩は全力を挙げて、新しい友を一人ももれなく大人材に育ててください。心と心が通じ合い、何でも話し合える本当の同志として、共々に希望に燃えて進んでいただきたい。
 私も、皆さんのためなら何でもします。青年たちのために、語り残しておきたいことが、まだまだ、たくさんあります。

 ──ありがとうございます。新入会の友が、信心できた歓喜を胸に、さっそく弘教や教学に挑戦している頼もしい様子も、報告されています。
 また、昨年の創価青年大会などを通じて、これまで活動に参加できなかったメンバーも、次々と立ち上がっています。

名誉会長 新入会の友は、さまざまな悩みを乗り越えよう、大いに成長しようと、新たな決意で、この信心を始めました。
 法華経には、「若し法を聞くこと有らば 一《ひと》りとして成仏せざること無けん」と説かれています。
 すべての新入会の友が、初信の功徳を実感し、信心を始めてよかったと思えるように、そして成仏という絶対の幸福境涯ヘ一歩一歩、着実に前進できるよう、先輩の皆さんは真心からの励まし、アドバイスをお願いします。
 すぐには思うようにいかないこともあるでしょう。「焦らないで、いいんだよ」と、温かく声をかけていただきたい。あの大文豪ゲーテも、「いいものができるには時間がかかるよ」と記しています。
 とりわけ、家族が未入会の友には、こまやかに心を砕いて差し上げたい。私も入信したばかりの時、父が信心に反対でした。父と私の間に立って、母が苦心してくれたことを思い出します。
 家族と信心のことでケンカになったり、つらい思いをしたりしないよう、親身になって相談に乗っていただきたい。
          ☆
 ──以前、池田先生が一人の新入会の学生からの報告に対して、「素晴らしい仏法だから、安心してやっていきなさい。親孝行して、お父さん、お母さんに喜んでもらえるようになってね」と伝言してくださったことがありました。その学生は今、社会で立派に活躍し、ご両親も喜ばれています。

名誉会長 御書に「教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ」(1174㌻)とあるように、仏法は「人の振る舞い」を教えています。親孝行こそ、最も基本の「人の振る舞い」です。
 大切なのは、まず自ら人間革命することです。自身が成長することです。そして、ご家族を安心させてあげることです。必ず分かってくれる日が来ます。
 日蓮大聖人は、「法華経を持《たも》つ人は父と母との恩を報ずるなり」(御書1528㌻)とも仰せです。家族の絆は、この信心を通し、未来永遠に強めていけるのです。
          ☆
 ──きょうは「成人の日」です。今年は、全国で122万人が大人の仲間入りをします。学会でも各地の会館で、新成人の集いが行われます。
 また、今回は先生のご提案で、カナダ・トロン卜近郊のカレドン教育文化センターに「新成人の木」として、大地に根を張って伸びる「白樺の木」を植樹していただいたことに、大きな喜びが広がっています。

名誉会長 苦労した人が、最後は勝利します。青年には、どんな苦難にも負けないでほしいと願って植樹したものです。
 成人の日は、新成人だけでなく、青年にとって「大人になる」とは、どういうことかをあらためて考える、いい機会です。
 20歳《はたち》になれば、自動的に「大人になる」というわけではありません(笑い)。他人や社会との関わりにも、責任が伴います。
 悪逆なナチスから、子どもたちを守るために、命をかけて戦ったポーランドの大教育者コルチャック先生も「成熟した大人とは、何のために生き、人々とどのように関わり、また、人類の歴史にどのように関わるのかということを知っており、そして、そのことに依拠して行動する人である」と明言している。
 要は一人の人間として、いかなる信念と哲学を持ち、いかなる行動をしていくかでしょう。
 激動の時代であり、変化が求められる時代です。大人たちの社会も、青年の正義感を信じ、青年の行動力を引き出していく社会に変わらねばなりません。
 青年を子ども扱いし、「近頃の若者は」などと見下す大人はずるい。私は断固、青年を信じます。
 未来は青年のものです。青年で決まります。だから私は青年に期待し、一個の人格として最大の敬意を払って接してきました。そして「早く生い立て」と願い、毎日、妻と共に祈り抜いています。青年部の皆さんのお父さん、お母さん方も、同じ気持ちだと思う。
          ☆
 ──最近は「大人」が一つのキーワードです。『大人の流儀』というベストセラーもあります。
 「大人になる」ということは、仏法の視点から見ると、どのように捉えられるでしょうか。

名誉会長 大聖人は、満20歳の南条時光に、こう呼びかけられました。
 「願くは我が弟子等・大願ををこせ」(同1561㌻)と。
 熱原の法難という、入信間もない農民信徒たちが迫害された大難の渦中、大聖人が信頼し、奮闘に期待を寄せられたのは勇敢な青年でした。
 私の恩師・戸田城聖先生も、よく「南条時光を見習っていけ」と言われました。
 時光は今で言えば“学会2世”です。亡くなった父の信仰を受け継ぎ、16歳で、自ら駿河国(現在の静岡県中央部)から身延の大聖人のもとへ馳せ参じています。
 自発求道の青年でした。心に誓いが燃えていました。可愛い弟の不慮の死去に際しても、悲しみの母を支えました。自身の大病も厳然と乗り越え、仏法への確信を深めています。そして、日興上人と共に地域の中心的存在として、一生涯、戦い抜きました。
 私が時光を偉いと思うのは、彼は少年時代の誓いを、大人になっても忘れなかった。そして、迫害に立ち向かい、矢面に立って、同志を守り、師匠をお守りし抜いたことです。
 逆説的な言い方になるかもしれないが、若き日の誓いを、生涯、忘れなかったからこそ、信念の「大人」になったとも言える。ここに、大聖人が示された「大願」に生き抜く人生の強さがあり、深さがあります。
 大きな願いを立てるということは、それだけ大きな人生が開けるということです。広宣流布は、人類を幸福にし、世界を永遠に平和にしていこうとする、究極の大願なのです。

※クーベルタンの言葉はカール・ディーム編・大島鎌吉訳『オリンピックの回想』(ベースボール・マガジン社)。ゲーテは山下肇訳『ゲーテ全集』第6巻(人文書院)。コルチャックは塚本智宏著『子どもの権利の尊重』(子どもの未来社)、引用にあたり傍点を省略した。

さあ、戦いを開始しよう!

皆さんに絶望はない。なぜなら、青年自身が希望そのものだから


 ──池田先生から、素晴らしい詩「希望は人生の宝なり」を頂き、大感動の声が寄せられています。
 「希望」こそ、最も身近で、最も大切な宝であることに、あらためて気づかせていただきました。

名誉会長 「青春」の異名は「希望」です。希望と共に生きる限り、人間は永遠に若い。
 関西出身の歌人・与謝野晶子は綴りました。
 「『若さ』は尊い、怖ろしい。新しい奇蹟を沢山に生む力だ。孔子が『後生畏るべし』と云ったのは『若さ』に対する畏敬驚歎《いけいきょうたん》に外ならない」
 「大人になっても此の『若さ』を保有している人達にのみ、いつまでも新しい生活がある」と。
 この「若さ」とは、そのまま「希望」と言い換えてもいいでしょう。
 正しい信仰とは、何歳になろうとも、また、いかなる状況にあろうとも、わが心に赫々と「希望の太陽」を昇らせていける無窮の力です。
 ゆえに、若くして信仰を持った皆さんには、絶対に絶望などない。皆さん自身が、永遠に希望の当体だからです。
          ☆
 ──今、社会全体が不景気で、雇用の問題も深刻です。若者には、希望の持ちにくい時代です。

名誉会長 青年を大切にし、青年が希望を持てるように、社会をあげて応援していかなければ、未来はありません。
 そのうえで、申し上げたいことは、社会が暗いからこそ、青年はいよいよ希望を光らせてほしいということです。
 たしかに就職をとってみても、希望通りのコースへ進める人は少ないでしょう。
 ただ見方を変えれば、いつの時代でも、最初から自分の「やりたい仕事」ができるなどということは、ほとんどあり得ない。皆、「やらねばならない仕事」から始めるのです。そこで、うんと苦労し、歯を食いしばって努力する以外にない。すべてが勉強です。
 その悪戦苦闘の中で、自分を鍛え、大地を破って伸びる若竹のように、希望に向かい、たくましく突き進んでいく。そして、人のため、社会のため、「自分でなければできない使命」を忍耐強く果たしていくのです。
 ともあれ、若き日の希望を実現しよう、誓いを貫こうと決めたならば、幾多の困難と戦わねばなりません。だから「大人になる」とは、「戦いを開始すること」です。
 失敗したら、また次の希望を持てばよい。それも戦いです。へこたれずに戦い抜く人が偉大な人です。戦い続ける人こそが勝利の人なのです。
 日蓮大聖人が、20歳の南条時光へ「大願ををこせ」(同1561㌻)と仰せになられたのも、「戦いを起こせ」ということと拝されます。
 時光は、地頭という鎌倉幕府に仕える立場にありました。大聖人の門下として行動を貫けば、迫害を受けることは間違いありません。そうしたことをすべて御存じのうえで、大聖人は、あえて強く励まされているのです。
 大変な状況にもかかわらず、若き愛弟子は必ず立ち上がると信じてくださっている。これが御本仏の御心です。厳愛です。法華経の兵法をもって戦えば、必ず一切を変毒為薬して勝てるからです。
 時光も、大聖人の仰せの通りに戦い、立派に自分の使命を果たしました。
          ☆
 ──広宣流布という「大願」と、自身の希望との関係は、どう捉えられるでしょうか。

名誉会長 青年が、今、どんな希望を抱いて戦っていくのかで、未来は決まります。
 「未来の果を知らんと欲せば其の現在の因を見よ」(同231㌻)です。
 戸田先生は「青年は望みが大きすぎるくらいで、ちょうどよいのだ。この人生で実現できるのは自分の考えの何分の一かだ。初めから望みが小さいようでは何もできないで終わる」と言われました。ですから、自分らしく伸び伸びと希望を広げてください。
 そもそも、恩師ご自身が、大いなる希望に生き切られたからこそ、あの偉大な戸田先生になったのだと私は思います。
 恩師は20歳の時の日記に、「国家の人材」「世界の指導者」としての大任を授かるように、心身を鍛錬し、その大任を果たせるように自己を磨かずにはおかないとの決意を記されています。そして「今日の人のそしり、笑い、眼中になし。最後の目的を達せんのみ」と。牧口先生と師弟の出会いを刻んで間もなくのことです。
 どんな時にも、希望を満々と漲らせた先生でした。そして、誰よりも努力された先生でした。
 大いなる希望があれば、どんな苦労も耐えられる。どんな努力も惜しくありません。自分の胸中にあって、自分を励まし続けてくれる宝、それが希望です。
 戸田先生は、牧口先生の弟子として広宣流布の大願に生き抜くことを決められました。その時、それまでの苦労も全部、生きてきたと言われています。そして、民衆に限りない希望と勇気を送っていかれたのです。
 私たちには「絶対勝利の信心」があります。この信心を根本に、広宣流布という平和と全人類の幸福を目指す「大願」に向かって進む時、自分の希望も必ず叶う。
 たとえ、願った通りにならなかった場合でも、その人にとって一番いい方向に進むことができるのです。長い目で見れば、それを必ず確信できます。

 ※与謝野晶子の言葉は『与謝野晶子全集』第13巻(文泉堂出版)、現代表記に改めた。

正義の批判力を手放すな!


私は今も、戸田先生と毎日、心で対話しています

 ──最近、若いメンバーと語り合った時に、「世の中を見ていると、尊敬できる大人、かっこいいと思える大人がいません」、反対に「あんな大人にはなりたくないと思えてしまう人が多い」と言っていました。

名誉会長  「大人」とは「大人《たいじん》」とも読みます。「大人《たいじん》」といった場合、徳の高い立派な大人物を指します。
 お隣の中国では古来、「大人《たいじん》は己《おのれ》なし」と言って、私利私欲のためではなく、人のため、世のために、自分自身をなげうって戦うリーダーこそが人々に尊敬されてきました。
 口先ではうまいことを言っても、結局、自分の保身しか考えていない、エゴの大人は鋭く見破られてしまう。
 青年は、正義の批判力を手放してはならない。
 青年は「悪い大人」に絶対、だまされてはいけません。
 そして、自分自身を、大海の如く、天空の如く、心広々とした「大人《たいじん》」へと創り上げていくのです。
 かつての戦争では、過った為政者たちによって、青年たちが犠牲にされました。わが家も、4人の兄が次々と戦争にとられ、長兄は戦死です。
 子どもは、お国のために死ぬことが誉れであり幸福であると教え込まれた。そんな狂った時代に、二度としてはならない。
 戦争が終わった時、私は17歳でした。私もまた、大人への失望がありました。きのうまで戦争遂行を叫んでいた人たちが、次の日から平和主義者に変わっていた。誰も何も信用できなかった。良書だけは、嘘をつかないと思い、むさぼるように読みました。
 いかに生きるか──私は、正しい人生とその手本を真剣に求めました。その中で友人に誘われた学会の座談会で出会ったのが、戸田先生でした。
 偉ぶったところは全くありませんでした。しかし、まさしく人間王者の風格がありました。
 軍部政府と戦って2年間、投獄されてもなお、信念を貫き通されたことも知りました。
 何とすごい方なのだろう! この人についていこう──あの時、私は19歳。成人を目前にして私の人生は決まりました。私はあの日から「大願」を起こし、「戦い」を起こしたのです。今年で、65年になります。
          ☆
 ──「哲学なき時代」「手本なき時代」と言われる中で、人生を開く力ある哲学、手本となるべき師と人生を求めて新たに入会してきたメンバーが、たくさんいます。

 名誉会長 尊い心です。人生も、仏法も、「求める心」で決まる。
 私たちが勤行で毎日読誦している如来寿量品に、「一心欲見仏 不自惜身命」(一心に仏を見たてまつらんと欲して 自ら身命を惜しまず)という経文があります。
 日蓮大聖人は、この「一心欲見仏」を「一心に仏を見る」、さらに「心を一《いつ》にして仏を見る」、そして「一心を見れば仏なり」と、三重に読み直されています(御書892㌻)。
 一心に仏を求め抜いていく。心を定めて、広宣流布の大願のために戦い抜いていく。その「不自惜身命」の心こそ、実は仏そのものなのであると、示してくださっているのです。
 私は今も、戸田先生を求め続けています。毎日、心で対話をしています。そして常に一緒に、世界広宣流布の指揮を厳然と、また悠然と執っています。ゆえに、何も恐れるものはありません。
 創価学会は、大聖人の仰せ通り、恩師の大願のままに築き上げてきた人間の大連帯です。
 無名の庶民の中に、どれほど偉大な人物が光っていることか。皆、悪口を言われながら、わが身を惜しまず、友のため、地域のために尽くしてこられた。何の見返りも求めず、「広宣流布」「立正安国」の理想に向かって行動し抜いておられる。
 東北の被災地では、厳寒のなか、きょうも、復興のために献身される同志たちがいます。
 皆さん方の父母、祖父母たちこそ、法華経に説かれる地涌の大菩薩であり、最敬礼して仰ぐべき尊極の仏なのです。
 フランスの哲学者ルソーは綴りました。
 「わたしたちは、いわば、二回この世に生まれる。一回目は存在するために、二回目は生きるために」
 悔いなき最高の人生を生き切るために、青年は創価の人間群を誇りとしながら、どこまでも自分らしく、強く朗らかに前進していっていただきたい。
 インド独立の父マハトマ・ガンジーは「決して希望を失わない者のみが指導者になることができる」と言った。
 愛する君たちが21世紀の人類へ希望の光を贈りゆく、偉大な人間指導者に育つことこそが、私の最大の希望なのです。

 ※ルソーの言葉は今野一雄訳『エミール』(岩波文庫)。
2012-01-11 : 若き君へ :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。