スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

世界詩歌協会主催 桂冠詩人受章30周年を祝う詩人の集いへのメッセージ

世界詩歌協会主催 桂冠詩人受章30周年を祝う詩人の集いへのメッセージ
   (2011.12.17 インド 創価池田女子大学)

 50カ国・地域に広がる国際詩人団体「世界詩歌協会」が17日、池田大作SGI(創価学会インタナショナル)会長の「桂冠詩人」称号受章30周年を祝賀する集いを開催した。これは、同協会が本部を置くインド・チェンナイの創価池田女子大学で行われ、同国の詩人・学術者ら600人が出席した。集いには、SGI会長がメッセージを贈り、同協会のパドマナーバン会長、チェンナイのバーラスンドラム元市長はじめ71人が登壇。7時間にわたって、SGI会長の詩業を讃える詩を詠んだ。

名誉会長のメッセージ

詩人の魂の声は──民衆を励ます希望の音律

 一、2011年の棹尾を飾りゆかれる世界詩歌協会の詩人の集い、誠におめでとうございます。
 とりわけパドマナーバン会長におかれましては、私たちの平和・文化・教育運動に、いつもいつも温かなご理解と多大なる支援をいただき、心より感謝を申し上げます。誠に誠に、ありがとうございます。
 一、詩人の心の共鳴は、物理的な距離を超え、民族や文明の差異を超え、世代や時代の隔たりをも超えて、何ものにも引き裂かれることのない金剛不壊の人間の連帯を築き、そして広げてくれるものであります。この気高き魂の結合を、パドマナーバン会長をはじめ先生方との間に持ち得たことは、私の無上の光栄であり、最大の喜びであります。
 さらに、このたびの詩人の会が、創価池田女子大学で開催されることを、私は妻と共に、ことのほかうれしく思っております。美しく豊かな詩心に富んだ学生の皆様方にとって、深さ精神性の感化となり、大いなる創造性の啓発となりゆくことを確信するものであります。
 敬愛してやまぬクマナン議長をはじめ、大学関係者の皆様方のご尽力にも、心から御礼を申し上げます。
 一、私が、人生の師匠である戸田城聖先生と初めてお会いしたのは、1947年の8月14日。まさしく貴国インドの歴史的な独立の宣言の前夜でありまた。
 敗戦後の荒廃した日本で、正しき人生の道を求めていた19歳の私は、軍国主義と対峙して2年間の投獄を勝ち越えてきた戸田先生の人格に触れ、「この方ならば」と、人生を賭して師事することを決意したのであります。
 恩師は「雲の井に 月こそ見んと 願いてし アジアの民に 日《ひかり》をぞ送らん」との和歌を詠まれ、植民地支配や戦禍に苦しみ抜いてきたアジアの同胞の幸福を願い続けてこられました。
 そして、確かなる生命尊厳の哲学を掲げたアジアの民衆の連帯が、世界に平和をもたらすことができると展望するとともに、「地球民族主義」という理念を鋭く提唱されたのであります。

師の心を胸に
 一、私は、この師匠のお心をわが心として、アジア、そして世界との対話の道を開きゆかんと、1961年1月31日、仏教発祥の大恩ある天地・インドのチェンナイを初めて訪問させていただきました。
 以来、半世紀──。多くのインドの偉大な知性の先生方との素晴らしき知遇を得て、手を取り合って行動を重ね、幾重にも友情と信頼の花を咲かせることができました。
 なかんずく、南インドを代表する詩人の皆様と、平和の最も強き武器である詩を通じ、長年にわたり交流させていただき、共々に人間の讃歌、生命の讃歌を歌い上げていけることは、何という誉れでありましょうか。
 わが心の永遠の宝であります。
 一、皆様の詩には、魂があります。人間を心から愛し、生命をいとおしむ慈悲の光があります。青年の命を善なる方向へと動かさずにはおかない力があります。
 皆様の魂の声は、民衆の心を励ます希望の音律であります。詩人の勇気ある主張には、不条理に踏みにじられた社会を、正義を根本とした幸福と人道の社会に転じ、平和な世界へ前進させていく響きがあると、私は信じております。
 タミル文学の精華である『ティルックラル』には、「〈言葉に〉嘘がないということほど優れた称讃はない。〈それは〉労せずして全ての徳をもたらす」とあります。
 詩人は、民衆に対して常に大誠実であり続けます。
 けなげな庶民の小さな訴えも聞き逃さずに、誇らかな詩歌へと高めずにおきません。
 詩は、やむにやまれぬ人間の本源的な叫びであります。詩は、民衆の生きる大地を潤す甘露であり、永遠に滅びることがありません。いな、詩心を民衆の心から滅びさせてはなりません。
 さまざまな面で行き詰まりを見せている現代社会にあって、生き生きと詩心を脈動させゆく民衆のスクラムこそが、新たな平和と人道と創造の旋風を起こしゆく希望であるといえないでしょうか。

平和の叙事詩を
 一、南インドの大詩人バーラティは断言しました。
 「詩を詠む人が詩人ではない。詩がその人の人生になり、その人が自分の詠んだ詩の通りに生きてこそ詩人である」
 今日ここに集われた皆様方こそ、その真正の詩人であられます。
 敬愛する皆様方とご一緒に、私もさらにさらに、詩人の魂を燃え上がらせながら、壮大な民衆勝利の平和の大叙事詩を創り残しゆくことを、固くお約束申し上げて、メッセージとさせていただきます。
 偉大なる世界詩歌協会に栄光あれ!
 偉大なる創価池田女子大学に幸福あれ!
 偉大なるインドの未来に無窮の平和と繁栄あれ!
 ご出席の皆様方の益々のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。
2011-12-28 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。