スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

創価大学・女子短期大学「新入生・保護者の集い」へのメッセージ

創価大学・女子短期大学「新入生・保護者の集い」へのメッセージ
    (2011年11月6日 創価大学記念講堂)

 今春入学した創価大学・女子短期大学の「新入生・保護者の集い」が6日、東京・八王子市の創大記念講堂で開催された。
 これには、創立者の池田名誉会長が記念のメッセージを寄せた。


創立者のメッセージ

使命が大きいゆえに苦労も大きい
英国の首相
逆境こそ最良の教師

力をつけよ それが親孝行の道
一人ももれなく民衆の希望と輝け


 誇りも高き新入生の皆さん方に、私は、あらためて万感の思いを込め、「おめでとうございます!」と申し上げたい。とともに、最大の感謝の心で、「私の創立した大学へ、本当によくぞ入学してくれました」と感謝したいのであります。
 保護者の皆様方も、誠に誠にありがとうございます。また、きょうは、遠方から、ようこそ、お越しくださいました。さらに、いつも陰に陽に、大学を見守り、支えてくださっている皆様方にも、心より御礼を申し上げます。
 先日、来学された、英国の名門・バッキンガム大学の先生方も、わが創大生・短大生・留学生の素晴らしさに感嘆されておりました。
 このバッキンガムにゆかりの深い詩人シェリーの言葉に〝偉大な人間になるためには、他の人々を思いやり、そして多くの人々の立場に立って物事を考え、人類の苦しみや喜びを、自分自身のものとしなければならない〟とあります。
 まさしく、偉大な人間指導者を育成しゆく創大の精神と一致しております。
 その意味からも、東日本大震災の直後に入学して、試練と復興の只中に、学び鍛えゆかれる皆さん方の使命は、あまりにも深く大きい。それだけに苦労もまた多いに違いありません。
 しかし、同じくバッキンガムに縁のディズレーリ首相がいうように、「逆境こそ最良の教師」となることを、毅然と自負していってください。
 とともに、一番大変な時代に、皆さん方を送り出してくださっているご家族の方々に喜んでいただけるよう、一日また一日、最高に有意義に充実した向学と錬磨の前進を、たゆまず粘り強く続けて、力をつけてください。これが価値ある親孝行の道だからであります。
 大切な大切な皆さんに、『若草物語』の作者オルコットの一節を贈ります。すなわち「進み方がどんなにゆっくりでもいい、徹底的に勉強して行こうよ」(村岡花子訳『八人のいとこ』角川文庫)と。
 私は、いつも皆さん方と一緒です。私の命そのものである皆さんの健康と無事故、そして成長と栄光勝利を祈り抜いてまいります。
 一人ももれなく、賢く朗らかな青春の勝利者たれ!
 一人ももれなく、民衆の希望と輝く指導者と育ちゆけ!
 皆、お元気で!
2011-11-07 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。