スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

中国 井岡山大学「名誉教授」称号授与式への謝辞

中国 井岡山大学「名誉教授」称号授与式への謝辞
        (2011.10.20 創価大学本部棟)

 中国・江西省の井岡山大学から、創価大学創立者の池田大作名誉会長に「名誉教授」称号が贈られた。長年にわたる日中友好への貢献と、世界平和への傑出した功績を讃えるもの。
 授与式は20日、来日した井岡山大学の張泰城学長、曽建平副学長ら一行が出席し、東京・八王子市の創価大学本部棟で挙行された。また、名誉会長が詠んだ友誼の漢詩が、張学長に贈られた。
 さわやかな秋風がそよぐ創大キャンパス。井岡山大学の一行を乗せたバスが到着すると、雲間から陽光が差し込んだ。  
 真っ先に「周桜」へ向かった張学長。学生の代表が熱烈歓迎する。学長は、力を込めて語った。 
 「池田先生は、中国人民の旧友です。特に、周恩来総理との友誼は、私の心に焼き付いております。池田先生は、私たちが最も敬愛する思想家の一人なのです」
 学生一人一人と親しく言葉を交わした後、張学長は、「青年の育成こそが、輝く未来を開くことです。素晴らしい青年たちを育てておられる池田先生のご行動に深く感銘しております」と話した。
 井岡山大学は、中国・江西省の吉安市に立つ。古くから廬陵文化が花開き、唐宋八大家の一人である欧陽脩らを輩出した、文学と学問の気風あふれる天地である。
 1958年に創立。 地域社会の教育・学術の水準を引き上げることを目指すとともに、国内外の教育研究機関と教育・学術交流を重ねてきた。現在は、教育、人文、医学、工学をはじめ、20学部63学科の総合大学に発展。全国から集った1万7000人の学生が学ぶ。

張学長の授与の辞

友誼と幸福の世紀を開くため
「池田思想」を世界に広めたい


 「西風酒旗市 細雨菊花天」(街は秋の西風に酒屋の旗がはためき、小雨が降るなかにあっても菊花が鮮やかに咲き広がる)と、中国の唐宋八大家の筆頭である欧陽脩《おうようしゅう》が謳った廬陵《ろりょう》は、著名な文人を多く輩出してきた地であり、民族の英雄・文天祥《ぶんてんしょう》の故郷です。
 私たち井岡山《せいこうざん》大学一行は、その廬陵から金秋の実りの季節に、池田大作先生に本学の名誉教授の称号を授与するため、創価大学を訪問いたしました。
 私はここで、井岡山大学一同の思いとして、池田先生に対し崇高なる敬意を表すとともに、皆さま方に心からの祝福を申し上げます。誠におめでとうございます(大拍手)。
 本年は、中日国交正常化39周年にあたります。池田先生は、中日国交正常化を早くから提唱されたお一人です。中国人民の古き友人であり、10回にもおよぶ訪中のなかで、周恩来総理をはじめ、中国の歴代の指導者と深き友情を築いてこられました。
 池田先生は、中日国交正常化に卓越した貢献をされ、中国の政府と人民から高い評価を受けておられます。その衆望があって、中国各機関から「人民友好の使者」称号、中国芸術貢献賞、文化交流貢献賞、教育貢献賞などを受賞されています。
 言うまでもなく、池田先生は世界的に著名な思想家、哲学者であり、また、教育者、作家、詩人、国際人道主義者であられます。
 師匠である戸田城聖先生の精神を受け継ぎ、仏法の慈悲の精神を広げられ、宗教思想家、改革者としての智慧と風格を備えておられます。
 そして、人類と地球を愛し、文化交流、環境保護、人権擁護などの崇高な事業を展開しておられます。
 池田先生は、平和、文化、教育に寄与することを自身の使命とされ、創価学会をリードして、幸福な社会の構築と価値創造に尽力し、世界平和を提唱してこられました。
 さらに、教育や多角的な文化交流を積極的に推進し、創価大学、創価学園、東洋哲学研究所などの機関を設立され、人間主義の教育によって、社会に有為な博学の人材を育成してこられたのです。
 池田先生の教育理念は、世界の教育機関が高く評価し、その卓越した成果を世界の人々がたたえております(大拍手)。
 井岡山大学は、一貫して池田先生のご高名を仰ぎ、創価大学の理念を評価してまいりました。
 本学は1958年に創立され、中国教育部が重点的に支援する大学です。
 建国の功労者たちの、「信念を打ち立て、艱難辛苦を乗り越え、事実を求め、新たな道を切り開き、民衆を依拠として、勇躍勝利する」との精神を受け継いでおります。
 この井岡山精神をもとに、「授業、研究、学生、教師」を中心に据え、地域の教育水準を牽引すべく、国内外の教育研究機関との幅広い協力を展開しております。
 本学の曽建平副学長は以前、貴大学を訪問しました。池田先生の環境思想の研究に従事し、一定の成果を収めております。
 井岡山大学は国内外の方々に支えられ、順調に発展しております。
 20の学部と63の学科、そして経済学、法学、教育学、文学、歴史学、理学、工学、農学、医学、管理学、芸術学の11の研究分野があります。現在985人の専任教員、学生1万7000人、成人教育学生1万人、国防生46人、留学生230人が在籍しております。
 池田先生の思想や論述、および世界平和、中日友好への卓越したご貢献に対し、井岡山大学の教員・学生一同は大変、敬服しております。
 池田思想を宣揚し、中国での影響を広げたい。また、創価大学と井岡山大学との交流を深め、中日友好をさらに発展させたい。この思いから、池田先生に対し、謹んで「名誉教授」称号を授与させていただきます。
 池田先生を名誉教授にお迎えできることは、本学の歴史における一つの慶事であり、最大の栄誉でもあります(大拍手)。
 本学は、池田大作思想研究所を設立し、関係学者と共同研究をするとともに、池田思想を宣揚し、広く浸透させてまいりたい。
 私たちは、ともに手を携えて、両国の世々代々の友好を実現し、中日友好、世界平和の新たな世紀を開きゆこうではありませんか(大拍手)。
 池田大作先生の詠まれた漢詩に「抜樹尋根踏旧路 歩歩満溢中日情」(中日友好の大樹を見るに、その根に思いを馳せ、先人たちの道を踏めば、一歩一歩に中日の情が溢れ満つ)とあります。
 井岡山大学の全教員および学生は、美しい景観と純朴な気風、そして豊かな文化を誇る江西省吉安の地で、皆さまのご来訪をお待ちしております。
 結びに、池田先生、香峯子夫人のご健勝を心よりお祈り申し上げます。創価学会、そして池田先生が創立された創価大学に素晴らしき明日があることをお祈りし、中日両国の友好が世々代々にわたり続きますことを願っております。
 誠にありがとうございました(大拍手)。

池田名誉会長の謝辞(代読)

青年に向学と正義の炎を
地球革命は教育革命から


心に不動の大山を抱け
中国の詩人
「天下の才は動乱の時にこそ生まれる」
知力と胆力の大人材よ出でよ


 一、「天下第一山」と謳われてきた井岡山を、その名に冠する「人間教育の殿堂」より、本日、私は「名誉教授」の称号を賜りました。心より御礼を申し上げます。
 誠に誠に、ありがとうございました(大拍手)。
 貴大学がそびえ立つ吉安市は、唐代・宋代より、数多の文化や芸術の巨星が躍り出た、中国最高峰と仰がれる「廬陵文化」の要衝であります。
 私の胸には、この「廬陵文化」を代表する大碩学・欧陽脩先生の一節が響いてまいります。
 「学すでに心に積めるは、なお木の敷栄《ふえい》するが如し」──すなわち、心に多くの学識を積み上げていることは、木が盛んに茂り、花開くようなものである、と。そして、根っこがしっかりしていれば、その枝葉はよく繁栄する、と言われるのです。
 まさに、大学こそ、「学問」と「教育」の勝利者を鍛え、「知性」と「人格」の勝利者を育てる城なり、と言ってよいでありましょう。
 ここにお迎え申し上げた信念の大教育者であられる張泰城《ちょうたいじょう》学長は、常々、貴大学の英才たちに呼びかけておられます。
 「学習こそが人類を変える」「社会への責任感と時代への使命感を持て!」
 そして「理想の帆を掲げ、勝利の岸へと到達し、社会に貢献する真の人材たれ!」と。
 私は、この学長のエールを、そのまま、わが創大生、短大生へ贈らせていただきたいのであります(大拍手)。

民衆のために
 一、かつて、大文豪・郭沫若先生は、「井岡山を登った後は、他のどの山にも登りたいと思わない」と述懐されました。
 天然の四季の大屏風たる井岡山は、春はツツジが咲き誇り、夏は「緑色の宝庫」と賞され、秋は名画の如き紅葉に彩られ、冬は白銀の世界に包まれます。
 この井岡山を「革命の揺籃」として、貴国が、今日の大発展の歴史を開かれたことは、あまりにも有名であります。
 胡錦濤国家主席も、幾たびとなく井岡山を訪問されております。
 胡主席は、「堅定信念(信念を打ち立てる)」「艱苦奮闘(艱難辛苦を乗り越える)」「実事求是(事実を求める)」「敢闖新路(新たな道を切り開く)」「依靠群衆(民衆を依拠とする)」、そして「勇于勝利(勇躍勝利する)」という「井岡山精神」を、新時代においても、いよいよ発揮していくことを凛然と訴えられたのであります。
 民衆と共に、民衆のために、いかなる艱難も断固と勝ち越え、新しき道を切り開く──。
 この「井岡山精神」の旗を高らかに掲げて、1958年に貴大学は開学されました。
 草創期には、経済的な試練に直面し、二度の移転を余儀なくされたと、うかがっております。
 創立に尽力なされた初代・朱継先《しゅけいせん》学長のもと、教員、職員、学生が一体となり、険しい山道も自分たちで機材を運び、皆で力を合わせて施設を作り上げていかれたのであります。
 大学の建設は、死闘であります。
 その苦労を知る一人として、私は感涙を禁じ得ません。
 今、貴大学の崇高な建学の歴史は、「吉安の人民の精神の宝」と讃嘆されているのであります。

胡錦濤主席が訴えた「井岡山精神」
民衆とともに 勇躍勝利する


感謝こそ原動力
 一、貴大学の1期生は、誇り高く回想しています。
 「大変でしたが、大学で学べる機会に感謝し、その感謝こそが原動力となりました。
 私には信念がありました。卒業後、どこの大学の出身者よりも立派な人材となって勝つ、と」
 何と気高い母校愛であり、何と力強い負けじ魂でありましょうか。
 わが創価大学においても、1期生をはじめ、草創の卒業生たちは、この心意気で、烈風吹きすさぶ社会へ勇敢に打って出て、愛する後輩たちのために、道なき道を踏み開いてくれました。
 今、各界の枢要なリーダーとなって、大活躍を果たしてくれております。そのうれしい健闘の様子が、私のもとには、世界中から、毎日のように届きます。創立者として、これほどの喜びはありません。
 私には、貴大学の尊き先人だちと、創価同窓の誉れの友の戦いが、重なり合って胸に迫ってならないのであります(大拍手)。

青年に希望を!
 一、「困《こん》に亨《こう》の理《り》有り」──つまり、困難には、発奮させて、偉業を成し遂げさせようという意義があるとは、私が青年時代から心に刻んできた、欧陽脩先生の透徹した教えであります。
 さらに、「天下の才は動なれば則ち生じ」──天下に轟く学才は動乱の時にこそ生まれる。これまた、「廬陵文化」の大詩人・楊万里《ようばんり》先生の達観でありました。
 今、時代は激しく揺れ動いております。だからこそ、心に不動の大山を抱いた、壮大な知力と不屈の胆力を併せ持った大人材が陸続と躍り出る時であると、私は期待してやみません。
 そのために、わが青年たちは、思わぬ障害や悪意の圧迫、また悔しい失敗などがあっても、断じてへこたれてはならない。
 負けたら次は勝つ。何があろうと、徹して朗らかに強く、前へ前へ進み抜いた人こそが、青春の勝利者なり、と申し上げたいのであります。
 貴大学の卓抜なる「校章」には、「心に希望を点す炎」が象《かたど》られているとされます。
 青年の心に、希望の炎を点す──。まさに、人間教育の真髄であります。
 文化大恩の貴国から学んだ仏法では──
 人間の生命には、どんな苦悩をも燃料として、偉大な前進と創造のエネルギーを生み出す智慧の炎がある。それはまた、どんな深い混迷の闇をも、照らし晴らして、人々を幸福へ、平和へ、繁栄へ導いていく英知の大光になると、明かされております。
 ともあれ、大学は、青年たちの向学と正義の魂に、大いなる智慧と大いなる勇気の炎をば、いやまして赫々と点火していくべき時を迎えております。

行き止まりでも絶対に退かない
 一、「源遠ければ流長し」であります。井岡山からは、この山系を源とする河川が、東西南北へ滔々と流れ広がっていると、うかがいました。
 20世紀、貴国の大詩人である魏巍先生は謳われました。
 「井岡山の水流は、たとえ行き止まりの絶路にあっても、絶対に退かない」
 「前途が険難であればあるほど、水飛沫《しぶき》はさらに美しく見える。
 道程が険難であればあるほど、流れる水音はさらに美しく聞こえる」
 本日、栄えある貴大学の一員とさせていただいた私も、先生方とご一緒に、この井岡山の清流の如く、「教育革命」「人材革命」から新たな「地球革命」へと進みゆく希望の奔流を、世界へ、未来へ一段と流れ通わせていく決心であります。
 終わりに、貴・井岡山大学の無窮のご興隆、そして張学長はじめ、ご臨席の皆様方の限りなきご健勝を心よりお祈り申し上げ、私の謝辞とさせていただきます。
 謝謝!(中国語で「ありがとうございました」)(大拍手)

名誉会長が漢詩を贈る

 気風伝続井岡山
 学城巍峨贛水辺
 白鷺泰然雲際舞
 巨船破浪向明天

〈大意〉
革命の息吹は
 一貫して井岡山の地に延々と伝え継がれ
高く聳え立つ学府は
 絶えず流れる贛水《かんすい》の辺《ほとり》に立っている。
列を成した白鷺は
 悠然と翼を広げて雲の間を飛翔し
巨大な船は
 風に乗り、浪を蹴って
 燦たる明日《あす》へと向かって航行している。

※文中に、張泰城学長の名前「泰城」が織り込まれている。
2011-10-22 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。