スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「創価栄光の集い」へのメッセージ 

「創価栄光の集い」へのメッセージ   
               (2011.10.8 創大記念講堂)

創大開学50周年、短大開学30周年へ
君よ、今こそ学び抜け


 晴れ晴れと「創価栄光の集い」、誠におめでとうございます!
 私の心も、わが創大生、わが短大生と一緒です。尊き留学生をはじめ、皆さんの情熱あふれる演技も、英知光る展示や催しも、陰の労苦を惜しまぬ運営も、すべて生き生きと私の生命に映じております。
 皆さんが体現している、この開かれた心と心の啓発、そして、この信頼と尊敬に基づく切磋琢磨の連帯にこそ、新たな「対話の文明」の黄金の光があると、私は声を大にして申し上げたいのであります。
 ありがとう! 御苦労さま!(大拍手)
 青年たちの躍動を温かく見守ってくださっている、日本を代表する経済界のトップの方々をはじめ、多くの来賓の皆様に、心から最大の感謝を申し上げます。激務のなか、本当にようこそ、お越しくださいました(大拍手)。
 さらに、きょうは、中国とアメリカ、東洋と西洋を大きく結ばれる、世界的な知性であられるドゥ・ウェイミン博士を、わが創価大学の名誉博士としてお迎えすることができ、このうえない喜びであります。また、心からお祝い申し上げます(大拍手)。
 思えば、私がドゥ博士と初めてお会いしたのは、16年前の1月26日、ハワイの東西センターでの私の講演の時でありました。
 それは、あの阪神・淡路大震災の直後のことです。私自身、講演の前日ギリギリまで出発を延ばして日本に留まり、被災地への救援と激励を続けました。
 この折、「平和と人間のための安全保障」をテーマとした私の講演の講評に立ってくださったのが、ドゥ博士なのであります。
 その後、ドゥ博士と私が真剣な語らいを重ねて、対談集『対話の文明──平和の希望哲学を語る』(第三文明社刊)を発刊したことは、ご存じの通りであります。
 この対談での一つの重要な結論は何か。それは、「学ぶ文明、学ぶ人間は発展し成長する」。すなわち、「学びの心」こそが、人間と文明の勝ち栄えゆく原動力であるということであります。
 どんなに栄えていても、傲り高ぶって、学ぶことを止めてしまえば、そこから、人生も社会も衰退せざるを得ません。
 しかし、「学びの心」が太陽のように輝いていれば、決して行き詰まらない。必ず限りない成長と発展への活路を見いたしていけるのであります。
 世界は、いやまして幾多の難題に直面しています。
 だからこそ、恐れを知らず、疲れを知らぬ若き向学の君たちは「英知を磨くは何のため」との創大スピリットを胸中に響かせつつ、今こそ学んで学んで学び抜いて、人類の新たな価値の創造に挑んでいっていただきたいのであります。
 本日、お迎えした各界のトップの方々も、若き日より、言うに言われぬ風雪を勝ち越えながら、崩れざる勝利の城を築き上げてこられた人生と社会の大英雄であられます。
 ドゥ博士も、幼き日の乳母からの励ましを大切にされています。
 それは、「苦労のなかの最大の苦労を耐えぬいた者のみが、人々を導く人になる」という教えです。これが、偉大な人生の真髄の哲学であります。
 ゆえに、東北をはじめ、さまざまな試練に立ち向かう君たちも、「徹して強くあれ! 断じて負けるな!」と私は申し上げたい。
 一番、苦悩と戦った人が、一番、苦悩する民衆の真の味方となれる。大恩ある父母をはじめ、より多くの人を幸せにすることができる。何ものにも揺るがぬ大指導者となれるのです。
 さらにもう一点、崇高な師弟に生き抜いてこられたドゥ博士の叫びを、私はそのまま、わが最愛の弟子たる創大生・短大生に伝えさせていただきたい。
 「師の真実は、不屈の弟子の努力と実践によって実現される」──と。
 建設の槌音高き創大の新総合教育棟も、明後2013年には完成します。特色光る人間教育への取り組みも、一段と充実させていきます。私は創立者として、これからも一心不乱に、君たちの勝利の大道を開いていきます(大拍手)。
 終わりに、近代建築の巨匠であるル・コルビュジエの言葉を申し上げ、私のメッセージといたします。
 「今という時は建設のためにある」(吉阪隆正訳『建築をめぎして』SD選書)と。
 さあ、短大開学30周年、そして、創大開学50周年へ、新たな大建設を開始しよう! 一緒に手を携えて、前進しよう!。
 来賓の皆様に重ねて心より御礼を申し上げます。
 わが創大生、万歳!
 わが短大生、万歳!
2011-10-16 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。