「栄光の日」記念の集いへのメッセージ

「栄光の日」記念の集いへのメッセージ
            (2011.7.16 創価学園)

不屈の勇気で青春を飾れ
学園生は一人ももれなく「宝の人」


 一、伝統輝く「栄光の日」、おめでとう!
 暑いなか、ご苦労さまです。
 この1学期も、皆、本当によく頑張った。わが学園生が、一日一日、勉学に、読書に、語学に、またクラブ活動にと挑戦し、奮闘し、努力し、成長してくれている。その様子を一つ一つ聞くたびに、私の心は喜びに躍り、ますます元気になります。
 学園生の君たちこそが、私の命そのものであるからです(大拍手)。
 一、アメリカのルイス・カーンという大建築家は強調しておりました。
 「われわれはみなかけがえのない人であり、他の人と同じ人はいない」(前田忠直編訳『ルイス・カーン建築論集』鹿島出版会)と。
 その通りです。一人一人が、この世界で、自分にしか築けないものがあります。誰人も、自分でなければ創造できない価値を秘めています。その偉大なる価値を、伸び伸びと思う存分に、創造していくための推進力が、わが創価教育です。
 ゆえに、今、少しくらい思うようにいかないことがあっても、自信を無くしたり、自分を卑下したりしては、絶対になりません。わが学園生は、一人ももれなく、何ものにも代え難い、「宝の中の宝の人」だからであります(大拍手)。

人生の原点の日
 一、先日も、7月17日の「栄光の日」を人生の原点とする、学園第1期生の先輩方が、各国各地から勇んで母校に帰ってきてくれました。
 卒業から40年経った今も、私が贈った5項目の「校訓」を忘れず、私と共に歌った「校歌」を胸に響かせて、世界のあらゆる分野で堂々と活躍してくれています。
 学園時代、あまり目立たなかった人も、時とともに学園生らしい「進取の気性」を発揮し、使命の大道を粘り強く開いている晴れ姿は、目を瞠るばかりです。そして、その立派な先輩方が口をそろえて、「自分たちよりも、はるかに優秀である。将来が楽しみでならない」と誉め讃えているのが、今の東西の学園生の君だちなのです。
 一、現在、私は、名門ラビンドラ・バラティ大学の副総長を務められた「インドの教育の母」ムカジー博士と、大詩人タゴールをめぐる対談を進めています。
 博士は、少女の頃から、タゴールの作品をはじめ、世界の名著を読破してこられました。尊敬してやまないお母様から、常々、「書物は最良の友ですよ。時間を見つけては、いろいろなタイプの本を読みなさい」と、読書の大切さを教えられてきたからであります。
 良き書物は、どんな時にも、わが魂に寄り添って、励ましを贈り続けてくれます。
 今、東日本大震災の被災地でも、多くの方々が良書を求めています。東北の書店の売り上げも、震災前より伸びていると伺いました。本は心の糧であり、命の滋養です。
 どうか、この夏、皆さん方は、一冊また一冊と、古今東西の名作に親しみ、わが心の宇宙を大いに広げていっていただきたいのであります。

逆境に負けるな
 一、信念の女性であるムカジー博士が、タゴールから学んだ精神は、何であったか。
 その一つは、断じて逆境に打ち勝つ強さであります。
 また、どんな悲しみも乗り越えて、自分に負けず、より崇高な目的のために邁進していく行動です。
 そして、苦しむ人々を守るため、悪には敢然と立ち向かっていく正義の闘争です。
 まさに、わが学園の「負けじ魂」と一体であります。
 なお、ムカジー博士との対談では、悠久の数学大国インドの小学生は、算数のかけ算を、「19×19」まで、日本の「九九」のようにスラスラと暗算できることも話題になりました。
 世界は広い。そして人間の頭脳の可能性は、計り知れません。
 ムカジー博士ご自身も、一生涯、学生として、学んで学んで学び続けていきたいと謙虚に語っておられます。
 わが学園生は、「学び勝ち抜け 世界まで」と、一段と向学の心を燃え上がらせて、「これだけは誰にも負けない」という実力を自分らしく磨き抜いていってください。
 一、終わりに、大詩人タゴールの言葉を、愛する皆さんに贈ります。
 「新しい障碍がつねに来て ますますきびしく雨と降りそそいでも わたしは臆せずに立っているだろう」(片山敏彦訳「渡り飛ぶ白鳥」、『タゴール著作集第1巻』所収、第三文明社)と。
 君よ、貴女《あなた》よ、いついかなる時も、勇気で立ち上がれ! 青春の栄光──それは不屈の勇気なり! と申し上げ、私のメッセージといたします。
 どうか、お父さん、お母さんを大切に! 生き生きと学び鍛え、はつらつと成長していく皆さん方の姿を、ご家族や地域の方々に見せてあげてください。それが、一番の親孝行であり、恩返しだからです。
 暑い日が続くので、くれぐれも、熱中症には気をつけて!。
 健康第一、絶対無事故で、最高に有意義な「一歩前進」の夏休みを! お元気で!(大拍手)
2011-07-23 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索