平和の朝へ 教育の大光

平和の朝へ 教育の大光  ウクライナと日本の友情
  第三文明社 2011.5.3刊 ¥1600+税

  対談者 ミハイル・ズグロフスキー

第1章 文化の大地
1 人類の未来を潤す緑の沃野
 文化と芸術の大国ウクライナ
 人類が求める「人間主義の仏法」
 ウクライナと首都キエフの特徴
 両親から学んだ「四つの教え」
 ウクライナの文化
 ウクライナの中の日本文化
 農業国こそ未来の先進国
2 今日の日本とウクライナ──「文明の十字路の国」と「太平洋通りの桜の国」
 両国の「花」をめぐって
 自然を愛する心を守る
 「ルーシ」と「ロシア」
 「コサック」とは?
 日本の印象
 開かれた「寛容」の国へ
3 活字文化こそ人間興隆の大光
 青春の読書の思い出
 ウクライナの革命作家
 活字文化の衰退は人間性の衰退
 「心の国境線が取り払われた社会」
 「黄金の心」と「三草二木」の譬え
 メディアの使命と責任
 平和への「意志の力」
4 宗教の英知──平和と共生の社会へ
 コステンコ元駐日大使との語らい
 「ウクライナのソクラテス」スコヴォロダ
 宗教は人間文化の豊かな土壌
 宗教の社会的使命
 アインシュタイン博士の宗教観
 「人間のための宗教」との視座
 「宗教間対話」の三つのポイント
  ①「創始者の原点の心に返る」
  ②「共通性」を見出す
  ③「共通の目標」を持つ
 
第2章 核なき時代へ
1 生命尊厳の哲学こそ民主主義の光源
 忘れ得ぬ「8月24日」
 「全人類的視点」に立った核兵器の放棄
 「オレンジ革命」を支えた民衆と青年の力
 民主主義には「哲学」と「教育」が必要
 民主主義と仏法の「煩悩即菩提」の法理
 「教育権」と「四権分立」
 「人道的競争」で「平和の文化」の伝播を
2 核時代における「戦争の文化」と「平和の文化」
 チェルノブイリ原発事故の悲劇
 『少年日本』の短編小説「原子野の花」
 チェルノブイリ原発の閉鎖──人類へのメッセージ
 民衆の声こそ最も強力な平和の力
 核時代が生んだ「三つのグループ」
 「構造的暴力」という温床
 人類全体に対する忠誠心
 「平和の文化」は人間を信じ抜く文化
3 「地球文明」の輝く未来を
 新時代へ米ロ首脳会談が実現
 「核兵器のない世界」への挑戦
 「人類は今、平和な時代を生きているのか」
 「地球という美しい家」を守る
 イスラム文化の多様性
 民族や人種を「抽象化」して見る危険
 「帝釈天の網」とう譬喩
 「教える文明」から「学ぶ文明」へ

第3章 教育の聖業
1 「子どもの幸福のため」の教育
 中学校の恩師の思い出
 人間の能力は「遺伝子」で決まるのか?
 「子どものための教育」という不変の原点
 ウクライナの家庭教育環境の変化
 子どもを育てることは自分を育てること
 「仏知見」の「開示悟入」と教育
 子ども社会は大人社会を映す「鏡」 
2 世界を結ぶ学術・教育の交流
 「大学」の淵源の一つ──ボローニャ大学
 「模倣」では無く「創造」のための教育
 一生涯、教え子たちを見守り続ける
 「学校の数、学生数を減らさない」
 「貪欲」から満足を知る生き方へ
 「消費の文明」から「建設の文明」へ
 アメリカ創大から人類貢献の英才よ羽ばたけ
3 教育と科学のルネサンス
 「数学」の魅力とは?
 時代は変わっても「人間」は変わらない
 「科学技術」教育はどこへ向かうのか
 自分にしかできない使命を果たす人材に
 ルネサンスの「人文主義」と対話の教育
 仏法の「三智」と「教育の人間主義化」

第4章 人類的課題への挑戦
1 幸福の建設 文明の創造
 豊かさと人間の幸不幸とは
 「自他共の幸福」という指標
 激変の時代にこそ確たる「目的観」を
 「富める国」と「貧しい国」の格差の拡大
 仏法の「四弘誓願」──現代の菩薩道
 トインビー博士の仏教への期待
 仏法における精神性の進歩──善性の開発
2 高度情報社会の科学と人間
 “てぶくろ”という民話
 急速な「情報革命」の光と影
 「情報革命」と「人間教育」の進展は一体
 女性の「生命感覚」「人権感覚」の輝き
 科学はどこへ向かうのか
 仏法の倫理観──「十界論」
3 人類意識の変革と環境教育
 日本とウクライナの「正月」
 国連の挑戦①──「植樹キャンペーン」
 国連の挑戦②──「持続可能な開発のための教育の10年」
 ベルナツキーの「人智圏」の慧眼
 傲慢の克服──仏法が説く「縁起」「非常の仏性」の知見
4 地球温暖化を防ぐための挑戦
 「持続可能な開発」のモデル国とは
 「スマート・ソサエティー」と仏法の「三災」「七難」の克服
 ウクライナ学術界の「師弟のドラマ」
 民衆の手で制定された「地球憲章」
 青年と共に! 青年のために!
 
あとがき
2011-04-27 : 教育を語る :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索