FC2ブログ

創価学園入学式へのメッセージ

創価学園入学式へのメッセージ
        (2011.4.8 各校キャンパス)

創立者のメッセージ


英知の根を張れ!嵐に揺るがぬ大樹に育て
「私は勝った」と言える人生を


 若き最優秀の英才の皆さん! わが創価学園にようこそ!
 学園は、日本の未来をリードする名門校です。世界の知性も熱く注目し、新入生の皆さんに期待のエールが、多数、寄せられています。
 そのなかの一人は、『動物記』の作者として知られる、博物学者シートンの言葉を引いておられました。それは、「希望の泉は永遠にかれることがない」(藤原英司訳『シートン動物記別巻 シートン自叙伝』集英社)という言葉です。
 学園生こそ、これからの世界にとって、永遠にかれない「希望の泉」であると励ましてくださっているのです。
 勇んで学園を志願してくれた新入生の皆さんのことを、創立者の私は、よくわかっております。一人一人の成長を祈り、ずっと見守ってまいります。皆さんの教育環境も、さらに充実させていきます。
 ご家族の皆様方にも、心から感謝申し上げます。このたびの東日本大震災のさなか、また一段と厳しい経済状況のなか、宝のお子様方を学園に送り出してくださり、本当にありがとうございます。
 深く信頼する教員の先生方、職員の方々、本年度もまた、私と共に力の限り、「人間教育」の聖業に邁進していってください。
 今この時、偉大な使命を帯びて、学園に学びゆく皆さん方の洋々たる前途に思いを馳せながら、きようは3点、指針を贈りたい。

希望の泉は永遠に枯れない
語学で世界を広げよ! 良書で心を磨け


大地震に負けない東北の哲学者

 第1に、「嵐に揺るがぬ英知の大樹と育て!」と申し上げたい。
 私が若き日に愛読した一書に、『三太郎の日記』があります。著者は、東北出身の哲学者・阿部次郎であります。11歳の頃、故郷の村を襲った大地震を乗り越え、生き抜きました。
 そして、学び、力をつけ、一生涯、故郷の庶民の味方となっていったのであります。
 教育者でもあった彼は、新入生たちに「諸君の本領は勉強にあることを自覚せよ」と叫び、「不抜の根を確かに地中に張る」ことを呼びかけました(『阿部次郎選集Ⅵ 学生と語る』羽田書店)
 春に爛漫と咲き誇る桜の大樹も、目に見えない地中に、どっしりと根を張り巡らしています。今、皆さん方は、人知れず根っこを張りゆく時です。学びに学び抜いて、英知の大地に深く広く根を張るのです。それでこそ、どんな苦難の嵐にも揺るがぬ大樹と育つことができる。勝利の花を万朶と咲かせ、皆を幸福へ励ましていけるのであります。
 とくに、哲学者・阿部次郎は「語学」の力を強調しておりました。
 語学を学ぶことは、異なる考え方や文化を知り、自分自身の世界を、大きく豊かに広げることのできる心躍る旅でもあるのです。

苦しむ人のため戦う正義の道を
 第2に、「良書を読んで正義の心を磨け!」と申し上げたい。
 学園にお越しくださった平和と人権の大指導者に、アルゼンチンのエスキベル博士がおられます。博士が、苦しむ人のために戦う正義の道を進むと決めた原点は、何であったか。それは、青春時代の読書であります。エスキベル少年は、幼くして母を亡くし、苦学を重ねました。その時に出会った古本屋の方が、名作をプレゼントしてくれた。そして、読書の「こつ」を、こうアドバイスしてくれたのです。
 「まず、一章、読むんだ。もし、わからなかったら、一ページ読めばいい。それでも、理解できなければ、一段落か一つの文を読んで、それがわかるようになるまで考えるんだ。深く考えるんだよ」と。
 少しずつでもよい。皆さんも世界の良書、名著に挑んでもらいたい。そこには、風雪を勝ち越えた大いなる人格との対話があるからです。人類の最高峰の良識を友とし、わが心を高く強く磨き抜いてください。
 そして、最後に「負けじ魂で青春を勝て!」と申し上げたい。
 ニュージーランド出身の作家マンスフィールドは語りました。
 「何事かをなし遂げ、一廉《ひとかど》の人間になろうと思えば、人は全力を奮い起し、『信念を強固ならしめ』る必要がある」(橋本福夫訳『日記と感想』大観堂、現代表記に改めた)と。その通りです。
 彼女は、“苦悩は征服し得る”という自分の記録を残そうとしました。「今に見ているがいい」(橋本福夫訳『マンスフィールドの手紙』八潮出版社)と歯を食いしばって立ち上がったのです。
 皆さんも伝統光る学園の負けじ魂を燃え上がらせて、「自分は断じて勝った」と言い切れる青春の勝利の記録を打ち立ててください。
 お父さん、お母さんにも喜んでもらえる、悔いなき学園生活を、賢く明るく朗らかに、一日一日、飾っていっていただきたいのであります。
 先生方、また良き先輩、良き友人と共に、仲良く楽しき前進を!
 新入生、万歳! 新入生の勝利、万歳! 学園生よ、断固と学び、勝ちゆくことを忘れるなと申し上げ、私のメッセージといたします(大拍手)。
2011-04-09 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索