東日本大震災への励まし-2

3月11日、国内観測史上最大のマグニチュード9.0を記録した三陸沖を震源とする東日本大震災が発生しました。
この震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。一刻も早い、一日も早い救出・救済・復旧・復興をお祈り申し上げます。

当サイトにおきましては、被災された方々、ならびに関係の方々への励ましになればとの思いから池田名誉会長の励ましの言葉・聖教新聞からの励ましをUPしてまいります。

池田名誉会長のメッセージ
        (2011.3.16付 聖教新聞)

いかなる苦難も「心の財」は壊せない
断じて負けるな
勇気を持て 希望を持て


 このたびの東日本大震災に際し、被災なされた皆様方に、重ねて心よりお見舞いを申し上げます。
 大地震・大津波より6日目。安否を確認できない方々も多数おられます。
 皆様方の疲労も、さぞかし深いことでしょう。体調を崩されぬよう、そして十方の仏菩薩から守りに護られますように、私も妻も、全国の同志も、世界の同志も、一心不乱に題目を送っております。
 わが身をなげうって救援・支援に尽力くださっている役員の方々、さらに地域の依恬依託の皆様、誠に誠にありがとうございます。
 「一国の王とならむよりも、一人の人を救済するは大なる事業なり」(『啄木全集 第7巻』筑摩書房)とは、東北が生んだ青年詩人・石川啄木の叫びでありました。
 私は最大の敬意と感謝を表します。
 御書には、災害に遭っても「心を壊る能わず(=心は壊せない)」(65㌻)と厳然と示されています。
 「心の財」だけは絶対に壊されません。
 いかなる苦難も、永遠に幸福になるための試練であります。すべてを断固と「変毒為薬」できるのが、この仏法であり、信心であります。
 また、逝去なされたご親族やご友人の追善回向を懇ろに行わせていただいております。本当に残念でなりませんが、生命は永遠であり、生死を超えて題目で結ばれています。
 妙法に連なる故人は必ず諸天に擁護されて成仏され、すぐに近くに還ってこられます。これが仏法の方程式であります。
 日蓮大聖人の御在世にも「前代未聞」と言われる正嘉の大地震がありました。人々の悲嘆に胸を痛められ、大難の連続の中、「立正安国」という正義と平和の旗を厳として打ち立ててくださったのであります。
 大聖人は、「大悪をこ(起)れば大善きたる」(御書1300㌻)と御断言になられました。
 きょう「3・16」は、恩師・戸田城聖先生が、この世から一切の不幸と悲惨を無くすために、「広宣流布」を後継の青年に託された日であります。一段と強く広宣流布を誓願し、共々に励まし合い、支え合いながら。この大災難を乗り越え、勝ち越えてまいりたい。
 断じて負けるな! 勇気を持て! 希望を持て! と祈り叫んで、私のメッセージとさせていただきます。


わが友に贈る

(2011. 3.16付 聖教新聞)
偉大なる 創価の青年たちよ! 嵐の中にあって 希望の光源たれ! 後継のバトンを君に。

名字の言
(2011.3.16付 聖教新聞)
 東日本大震災の被災地へ全国・全世界から見舞電が相次ぐ▼2004年にインド洋の大津波に襲われたスリランカ。かつて大地震に見舞われたチリや台湾の友。先月の被害の記憶が生々しいニュージーランドからも。被災地の皆さんは一人ではない。全世界が真剣に祈っている▼想像を絶する被害に直面し、改めてすべてが無数の手に支えられていることを思った。自分自身がそうだ。家族が元気でいる。どれほどありがたいか。新聞制作も、電気なしでは不可能。配送のトラックはガソリンなしでは動かない。緊急事態に対応する配達員の皆さまにも感謝は尽きない▼こうした尊い絆を、ずたずたに砕き、のみ込んでしまうのが大震災である。しかし、それならば再びつくるしかない。今こそ励まし合おう。皆で支え合おう。そこから新しい絆が生まれる▼御書に「大悪をこれば大善きたる」(1300㌻)とある。いかなる大悪に見舞われようとも、それを凌駕する大善を起こしてみせる。その不屈の生命力が私たちにあることを仏法は教える▼大震災の影響による一時的な措置として、本日付から本紙が8ページ建てに。内容の一層の充実に努め、いやまして希望と勇気の光源となり、心と心を結ぶ新聞を作ってまいりたい。
2011-03-16 : 震災への励まし :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索