魂の人間讃歌 第8回 桜梅桃李の個性

魂の人間讃歌  ジャズと人生と仏法を語る

第8回 桜梅桃李の個性  (2011.1.14/15付 聖教新聞)

ハンコック氏
音楽は“独自の音”をもつ戦い

池田 「春のはじめ御喜び花のごとくひら(開)け」(御書1575㌻)
 これは、日蓮大聖人が弘安4年(1281年)の正月、青年門下・南条時光のお母さん(上野尼御前)に送られた御手紙の一節です。
 この時、南条家は試練と戦っていました。「熱原の法難」に際し、わが身を顧みず同志を守り、経済的な圧迫も受けていた。
 さらに、時光の凛々しき弟が16歳の若さで急逝するという深い悲しみがありました。
 その中を、大聖人の御指導を支えに、母を中心として、厳寒の冬を耐え抜き、毅然と決意の新春を迎えていたのです。一家が「冬は必ず春となる」(同1253㌻)との実証を示していったことは、歴史にも明らかな通りです。
 ショーターさんもハンコックさんも、苦難を勝ち越えて、勝利の花を咲かせてこられました。その魂の凱歌を、今年も力強く奏でてください。
 吹雪に胸張る友に、希望と勇気を贈りながら!
ハンコック ありがとうございます。池田先生のご期待に応えられるよう、全力を尽くしていきます。
 音楽も、何が起ころうと、それを活かして、春のように花を咲かせていくことができます。どんなことも、音楽の創造を織りなす一端としていけます。こうした創造の力を、私たちが持っていることを自覚していきたいですね。
ショーター そうです。人々は、自らが創造者であることを自覚しなければなりません。また、壮大な無限の創造性と責任は、規律と相俟って真価が発揮されることを知らなければなりません。
 自由や、構成、創造性、規律のための作業において、私たち一人一人が、一個の人間としてリーダーシップをとっていく使命があります。
 偉大なジャズドラマーであった、アート・ブレイキーは、「自分自身のことが分かり、自分自身に目覚めなければならない」という言葉を好んで口にしました。
 よく、「君は自分がわかってきたかい?」と問いかけていました。
 彼は、「演奏の技術が熟達したら、今度は、独自の色を出していくんだ」とも言っていました。
        ♫
池田 まさしく、お二人の演奏は、錬磨し抜いた音色が鮮烈ですね。
 仏法には、「桜梅桃李の己己の当体を改めずして」(同784㌻)という御文があります。
 すなわち、桜も梅も桃も李も、寒さに負けず、時とともに自らの花を爛漫と咲かせます。他の花を羨んだり、嫉んだりなどしない。それぞれが、ありのままに、個性豊かな花を色とりどりに開花させていきます。
 人間も皆、尊極なる生命を持っています。その生命を、最大に輝かせ、自分らしく尊き使命の花を咲かせ切っていく。これが「自体顕照」です。そして、互いに尊敬し合い、学び合い、励まし合って、幸福と歓喜の花園を広げていくのです。ここに妙法の世界があります。日本の詩人が歌った通り、「みんなちがって、みんないい」のです。(金子みすゞ著「私と小鳥と鈴と」、『さみしい王女』所収、JULA出版局)
ハンコック 「桜梅桃李」を音楽的な観点から言えば、それは、音楽家の個性であり、まさに、音楽家一人一人の音色のことになると思います。つまり、一人一人が「独自の音」を持っているということです。
 仏法に照らせば、すべての人の個性が独特の音を持っていることを深く理解できます。仏法を実践することによって、私たちは、自分ではない誰か別の存在になるわけではありません。私たちは、あくまでも同じ自分自身です。

きょうも生命に元朝の太陽を
ショーター氏
座談会には差異を結び合う力

池田 戸田先生は、個性について、よく言われました。
 「どんな立派な人間でも、短所がある。また、どんな癖のある人間でも、長所がある。そこを活かしてあげれば、皆、人材として活躍できるのだ」と。
 ですから、音楽に例えれば、それぞれの持ち味の最高の音を鍛え上げながら、互いに活かし合って、人々の心を打つ名演奏を成し遂げていくことに通ずるでしょう。
        ♫
ショーター はい。「桜梅桃李」の譬えには、実に豊かな智慧があります。
 自分と外見が違ったり、行動が異なる人間に対して先入観を持つ「偏狭な人々」がいますが、私は最近、このような人々に、間違った差別観を捨てさせるさまざまな方法を示すために、この信仰や公演旅行を、活用できないだろうかと考えるようになりました。
 どうすれば、差異を受け入れることの素晴らしさを示せるのか。
 私は、一つの方法を見つけました。バンドで公演旅行に出る時、私は、よく「ほかに誰か一緒に旅をする人はいないか」と呼びかけます。なぜなら、多様であればあるほど、私たちの平和と愛を求めての運動は成功することを、私は知っているからです。
 人々は、多種多様な私たちを見て、「小型版の国連のようだ」と言います。
ハンコック 本当にそうだね。
 それぞれの音楽家にとって、独自の音を持つためには、開発を要します。単に楽器を手にすれば、自分の音が持てるというものではありません。それは、葛藤して、自分で見出して、創り上げるべきものです。
 私たちが自分自身の真の生命を顕現するためには、それを妨げている障害を打ち払っていく作業が大事なのではないでしょうか。
 仏法には、「発迹顕本」(迹を発いて本を顕す)という法理もありますね。
池田 その通りです。常に、自らの本源的な生命に立ち返って、生まれ変わったように新出発していくのです。
 戸田先生は教えてくださいました。
 「行き詰まりを感じたならば、大信力を奮い起こして、自分の弱い心に挑み、それを乗り越え、境涯を開いていくことだ。それが、我々の月々日々の『発迹顕本』である」と。
 ですから、妙法に生きる私たちは、毎日が久遠元初であり、毎日が元旦です。今日も、わが生命に赫々たる元朝の太陽を昇らせ、無明の闇を打ち破っていける。
 その暁鐘こそ、南無妙法蓮華経という音律なのです。
        ♫
ハンコック 池田先生が教えてくださった通り、私たちが勝利者となり、智慧を使い、自身の環境を成長の糧と転ずる方法を見つけ出すことによって、この「無明」という迷いを打ち破り、「元品の法性」を顕すことができます。
池田 そうです。御聖訓には、「一念無明の迷心は磨かざる鏡なり是を磨かば必ず法性真如の明鏡と成るべし、深く信心を発して日夜朝暮に又懈らず磨くべし」(御書384㌻)と説かれています。
 わが生命を明鏡の如くに磨き上げる──ここに、たゆみなき仏道修行の意義があります。
 ショーターさん、ハンコックさんが率先されている、自分と異なる他者との対話・交流も、自他共に生命の明鏡の輝きを増していく力ですね。
ショーター ありがとうございます。私は、公演旅行の中で出会った人々に、これまで自分が体験した偏見や、相手を受け入れない狭い心について語ってきました。
 ただし、そこでは、偏見、嫌悪、先入観といった言葉は使わずに、そうした問題の壁を破った物語を紹介します。そして、幸福を得た段階にまで話をもっていきます。
 この人間の差異を結び合うことについて語る上で、SGIの座談会での体験発表は、とても効果的であり、これほど誠実で心に触れる瞬間をもたらしてくれるものはありません。
池田 お2人は、地域でも自宅を座談会の会場に提供してくださっています。多忙な中、積極的に座談会に出席されていることもうかがっています。以前、関西の座談会に入っていただいた時も、皆、大喜びでした。
 学会の座談会は、法華経に説かれる「人華」のごとく「人間の花」「人間性の花」を咲き薫らせていく対話の園です。「人華」という美しい言葉は、南アフリカのマンデラ元大統領とお会いした折にも、話題になりました。
 私は、ハーバード大学での2度目の講演で、釈尊がどんな人たちとも自在の対話をなしえたのは“あらゆるドグマ(教条、独断)や偏見、執着から自由であったからである”と指摘しました。
 そして釈尊の言葉を通し、人の心に刺さっている“差異へのこだわり”という「一本の矢」こそ、克服されるべき悪であると強調しました。それは人間の外ではなく、内面にあります。
 人間の心にある「差別の意識」「差異へのこだわり」を克服してこそ、開かれた対話が可能になるからです。
        ♫
ハンコック 自分の文化と異なるものを受け入れられることは、実に重要だと思います。それは「包容」という智慧であり、開放性、他者への尊敬、自分の外にあるものへの尊敬の心から生じる智慧です。
ショーター マイルス・デイビスも、アート・ブレイキーも、偏屈で偏狭な音楽家ではなく、学者や、青年の素晴らしさから、進んで学ぼうとした点で、「開かれた心」の持ち主でした。2人とも、バンドメンバーとして、10代の若者たちを雇い、また、他文化の音楽や音楽家を取り入れ、用いていました。
 私も彼らと同じ思いです。
池田 誰もが同じ「人間」です。
 ヨーロッパ科学芸術アカデミーのウンガー会長も「人間が『生理学上、世界中のだれとでも、驚くほど同じである』」ことを強調されていました。
 そして、「この生理学上の同一性のうえに、文化や宗教の差異が構築されている。そうである以上、文化や宗教の違いを根本的対立だと解釈することは間違いではないでしょうか」と訴えておられました。まったく同感です。
 博士とは、宗教間や文明間の対話の重要性を大いに語り合いました。
 「異なるもの」「自分にないもの」を尊敬できる人、他者の個性を尊重できる人には、新しい発見がある。未来への展望が開けます。その人が、自分の個性を輝かせることができるのです。

人間は共に学び合って磨かれる
池田 アカデミー・フランセーズの会員であった美術史家ルネ・ユイグ氏との語らいのなかで、私たちが得た一つの結論があります。
 それは、さまざまな可能性をもった多くの人が、自らの才能を存分に発揮して、喜びや満足を味わっている社会こそが、豊かな創造を生み出すことができるということでありました。
 日蓮大聖人は、「鏡に向って礼拝を成す時浮べる影又我を礼拝するなり」(御書769㌻)と説かれています。
 開かれた心で打って出て、多彩な人々と生き生きと対話し交流する。他者の生命を尊敬し、共に学び合ってこそ、互いの個性がより光り輝いて、創造の花を咲かせていくことができるのではないでしょうか。
ショーター その通りだと思います。アート・ブレイキーも、「独創性は多様な相互作用から生まれる」と語っていました。
 彼は、湖を例に挙げて言いました。「水が流れ込む入り口と流れ出る出口のない湖の中に存在する生き物は、やがて汚染され、死んでしまう。しかし、ジャズには、この入り口と出口があって、前進し、多様化し続けている」と。
 アート・ブレイキーの音楽に接する時、聴衆は、そこに多様性から生まれる何かを聴くのです。
        ♫
ハンコック 私も、若い世代や異なったジャンルの演奏家と積極的に共演しています。ステージで実際に演奏している時、私は、すでに名人の域に達した演奏家と、成長過程にある演奏家とを区別しません。
 もちろん、私の役割として、演奏者の配置や、彼らの経験レベル、演奏家としての立場を認識することは必要です。舞台では、できる限り最高の音楽を作ることが最終目標だからです。
 その上で、一人の音楽家から奏でられる旋律は、すべてがかけがえのない宝となりうるのです。音楽家としての才能のレベルは、関係ありません。たとえば、粗い角を取り除いたり、型作りを手助けしたりしながら、宝石作りに手を差し伸べることはできるのです。それは、演奏中に、皆が相互に相手を引き上げようとすることです。
池田 大事なお話です。世代を超えて切磋琢磨しながら、互いの持てる力を引き出してこそ、偉大な躍進があります。
 大聖人の立正安国論には、「悦しきかな汝蘭室の友に交りて麻畝の性と成る」(同31㌻)という一節があります。蘭のように芳しい人格の友や、麻のように真っ直ぐな心の連帯と交われば、おのずと良き感化を受け、わが生命を律し、高めていくことができると示されています。
 特に青年にとっては、そうした良き集いを求めて、真剣勝負で自らを鍛えていくことが大切ですね。

ショーター氏
今この瞬間も自己の変革に挑戦
ハンコック氏
すべての音楽家は“育む感性”を

ショーター ええ。ジャズは大きな変化や改革を基調とする音楽です。そこでは、今この瞬間も、次の瞬間も自己を改革し、常に自己を浄化することが必要です。そこでの創造的表現が、内面の自分、つまり自分の本質、内面の法則からあまりにもかけ離れているなら、私たちは何も改革していないことになります。
 「こうすれば創造的なプロセスになる」という保証は、どこにもありません。聴衆の前で、真に独創的な演奏をするには、音楽自体が、その真価を発揮しなくてはならないのです。
        ♫
池田 ダイヤは、ダイヤでしか磨けません。
 あの大作曲家マーラーも、後輩を心から励ましました。「頭を高く上げて!」「仮にも本物であるなら、つねに学ぶ者でありつづけるのです」(須永恒雄訳『マーラー書簡集』法政大学出版局)と。その励ましを受けた後輩が、後に20世紀の大指揮者となったブルーノ・ワルターでした。
 若き世代を、惜しみなく激励し、伸ばしていくことも、自身を磨き上げた一流の人が成しうる聖業です。それは未来への使命であり、責任であるといってもよいでしょう。
ハンコック その通りです。成長過程にある相手の個性という果実を実らせ、成熟させるには、園芸家のように一つ一つの花や実を大事にする“育む感性”がなければなりません。それはすべての音楽家が持つべきものです。
池田 後輩を自分以上の人材へと育てたい──その思いは確かに、農作物をわが子のように懸命に育む方々の心に通じるものがありますね。
 南米アルゼンチンの芸術家で、ノーベル平和賞を受賞した人権の闘士であるアドルフォ・ペレス=エスキベル博士と、私は対談集を発刊しました。
 その中で、博士が、最高の品質のトウモロコシを作る農民のエピソードを紹介されました。なぜ、素晴らしい作物が作れるのか。それは、自らの農場でとれた良質の種を近隣の人々に分け与えているからだと。つまり、トウモロコシの花粉は風で運ばれるので、近隣の品質を高めれば、それだけ自分の畑の品質も高まるというのです。
 “私たちはお互いがそれぞれのために重要であり、共に助け合っていこう”と呼びかけるエピソードです。仏法の「自他不二」の精神とも一致します。
ショーター よく、わかります。
 今の私の挑戦課題は、聴衆自身が、演奏に連なり、その創造的な作業に参加できるよう、そう願って演奏することです。自分は、音楽家ではないし、演奏などできないと思い込んだり、また、人からそう言われてきた人々がいるかもしれません。私は、そうした人々に、私の音楽を聴いて、それまでできないと思っていたことが、自分にもできるのではないかという気持ちを抱かせるような音楽を目指しています。
 ある時、ドイツの医師の方から、一通の手紙を受け取りました。
 「マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、チャーリー・パーカー、ハービー・ハンコック、それに貴方が演奏した音楽を聴いたおかげで、私は、より良き医師、より良き夫、より良き市民、より良き父親になることができました」と。
 音楽の中に飛翔する生命の共鳴音を聞く時、子どもも、若者も、年配者も、みんな、あたかも自分たちが共に演奏しているかのように、振る舞うようになるのです。
池田 胸を打たれました。聴衆を思うショーターさんの一念が、深く強く波動を広げていることが、伝わってきます。人間の一念の力は、無窮です。
 55年前(1956年)、28歳の私は、関西の同志と共に、「1支部で1カ月に1万1千111世帯」という折伏を成し遂げ、「“まさか”が実現」といわれる歴史を残しました。その時の私の祈りも、大阪中の内外の人が一人でも多く、この新たな民衆勝利の歴史に参加するようにとの一点にありました。
 大目的に向かって皆で邁進していく中で、人は自分一人の才覚や技量を超えた、巨大な力を発揮できるものです。集団の中に個性が埋没するのではありません。自分を信じ、良き仲間を信じて全力を出し切る時、個性はさらにまぶしく輝き出すのです。
ハンコック 音楽においても、たとえその人の才能に限界があろうと、それにもかかわらず偉大なことをなす道は見出せると、私は信じます。
 たとえば、世界的に著名な歌手でも、最も心地よい声を持っているとはいえない人がいます(笑い)。
 しかし、彼らには、確かに、歌う力や、歌う際の誠実さ、それに伴う品性があります。たとえ、パズルのすべてのピースがそろっていないからといって、失望してはいけません。それがないから、音楽で素晴らしいことができないとは限らないのです。
池田 それは万般に通じますね。
 人を育てるには忍耐が必要です。それぞれ性格も違う。性格や性分はなかなか簡単に変わらない(笑い)。
 “三世変わらざるを性”という言葉もあります。
 たとえば川をとってみても、その川幅や場所は変わらないかもしれない。しかし、よどみ濁った流れを、迸る清流に変えることはできます。
 人も止まることなく人間革命し、生命を浄化していくならば、それぞれの個性や性格を活かして、自分らしく価値を創造し、社会へ貢献していけるのではないでしょうか。
ハンコック 私は今、どうしたら、ジャズが未来へ発展し続けられるか、ということに心を砕いています。
 世代やジャンルを超えて、積極的に他者と関わりながら、音楽をつくっていくことは、長年、ジャズ奏者として経験を積んできた者の責任だと思っています。
 そのためにも、できる限り多くのことを、若い人たちから学びたいのです。
        ♫
池田 尊いです。人の成長のため、幸福のためにとの心で行動する人は、自分が一番成長できるものです。
 仏法では、「人のために火をともせば・我がまへあき(明)らかなるがごとし」(御書1598㌻)と説かれます。
 なかんずく、青年の心に光を送っていくならば、未来を明るく照らしていくことができます。
 世界の情勢を見ても、政治や経済の次元だけでは、さまざまな利害の対立や軋轢は、どうしても避けられない。
 だからこそ、平和・文化・教育次元での青年の交流が、ますます大事になってきます。
 私も、お2人をはじめ、192カ国・地域の「桜梅桃李」の同志とともに、いやまして、世界市民の心の連帯を広げていきたいと思っております。
2011-01-28 : 音楽を語る :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索