新時代第44回本部幹部会

新時代第44回本部幹部会/第7回青年部幹部会/SGI総会への名誉会長のメッセージ              (2010.11.3 創価大学記念講堂)

創価学会創立80周年を慶祝する青年文化総会、第7回全国青年部幹部会、新時代第44回本部幹部会、SGI(創価学会インタナショナル)総会が3日午後、東京・八王子市の創大記念講堂で晴れやかに開催された。これには、原田会長、正木理事長、杉本婦人部長、大場SGI理事長、浅野同女性部長が、全国の男女青年部・未来部の代表、65カ国・地域250人のSGIの友らと出席。池田SGI会長が祝福の和歌を詠み贈った。

一人の幸福のために祈り動く
それが創価! そこに師弟の魂


 天の曲、天の舞、天の歌声が轟きわたる青年文化総会、誠におめでとう!
 世界一の音楽隊、鼓笛隊、合唱団、本当にありがとう!
 見事でした。満点です。創価学会80年の栄光の凱歌を、最高に晴れ晴れと飾ることができました。大舞台を陰で誇り高く支えてくれている、すべての役員の皆さんにも、心から感謝します。本当に、ご苦労さま!
 きょうは世界65力国・地域からも、偉大なリーダーが勢揃いしてくださった。この仲良く麗しきスクラムにこそ、人類が夢に見た平和の未来図があります。
 日蓮大聖人は、若き南条時光に「願くは我が弟子等・大願ををこせ」(御書1561㌻)と仰せになられました。
 戦後、19歳で入信した私が、命に刻んだ御聖訓です。
 当時、無数の青年の尊き命を奪った戦争の傷跡は、あまりにも深かった。わが家も空襲で破壊され、私自身も肺病で苦しみました。しかし偉大な戸田先生の弟子として、私は広宣流布の大願に立ち上がった。
 ありとあらゆる難を受けながら、妙法を持った一人の青年がどれだけ強くなれるか、どれだけ民衆の幸福に尽くし、世界の平和のために仕事ができるか、悔いなき歴史を残してきました。
 何ものにも負けない、この「人間革命」の勇気の力を、私は後継の青年に譲り託します。
 君たちは勝つために生まれてきた。
 皆を幸福にするために生まれてきた。
 一人ももれなく、妙法とともに、学会とともに、明るく充実した青春を生き抜き、人生と社会の堂々たる大勝利者となっていただきたい。
 大聖人の立宗宣言より80年後、不二の弟子・日興上人は師子吼されました。 「未だ広宣流布せざる間は身命を捨て随力弘通を致す可き事」(同1618㌻)
 人類は、妙法を渇仰しています。
 創立100周年へ、いよいよ「今から」、いよいよ「これから」です。
 我ら創価の師弟は、無限の信力・行力を奮い起こし、無量の仏力・法力を湧き出しながら、新たな広宣流布の躍進を開始しよう!
 創立の父・牧口先生の励ましを、わが友に贈ります。
 「年齢はどうあれ、一日一日、進歩する人が、青年である」
 「地上を踏み占めて、一歩一歩進め」と。
 全学会員の健康と、常楽我浄の人生を祈ります。
 「青年部、万歳! 全世界の同志、万歳! 創価学会、万歳!」と叫びつつ──。

和歌

 断固して
  今世の栄光
   師弟舞
  君よ 忘るな
   勝利の旗 振れ
2010-11-04 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索