スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

魂の人間讃歌  ジャズと人生と仏法を語る

魂の人間讃歌  ジャズと人生と仏法を語る
No.1 文化は民衆の声      (2010.8.4付 聖教新聞)

鼎《てい》談者
創価学会インタナショナル 池田大作会長
ジャズサックス奏者 ウェイン・ショーター氏
ジャズピアニスト ハービー・ハンコック氏


ハービー・ハンコック氏
世界的ジャズピアニスト。作曲家。1940年生まれ。7歳からピアノを始め、11歳の時、シカゴ交響楽団と共演。 62年、「テイキン・オフ」でソロビュー。その中の1曲「ウォーターメロン・マン」が大ヒット。 63年から68年までマイルス・デイビスのバンドに参加。73年「ヘッド・ハンターズ」を結成。ジャズ・ファンクとダンス・ミュージックを融合させ、ジャズの新たな地平を切り開く。グラミー賞の受賞は12回。 2008年には、ジャズで43年ぶりとなる「最優秀アルバム賞」に輝く。 02年、03年の「東京JAZZ」では音楽監督を務めた。 1972年入会。SGI芸術部長。支部長。


ウェイン・ショーター氏

ジャズ史に輝くサックス奏者。作曲家。 1933年生まれ。高校時代にクラリネット、そしてサックスを始める。アート・ブレイキーのバンドに在籍。 59年へ「イントロデューシング・ウェイン・ショーター」でソロデビュー。64年、マイルス・デイビスのバンドに参加。中心的なメンバーとしてマイルスの黄金時代を支えた。 69年、マイルスのバンドでの「ビッヂェズ・ブリュー」、ソロでの「スーパー・ノヴァ」で卓越した音楽性を示す。 70年、「ウェザー・リポート」を結成し、フュージョン界をリードした。グラミー賞の受賞は9回。 73年入会。 SGI芸術部長。副支部長。


芸術は価値を創造する戦い

池田SGI会長 対話は、心と心が奏でる音楽です。世界最高峰の音楽家であるハービー・ハンコックさん、ウェイン・ショーターさんとの対話の「共演」を、私は心から楽しみにしておりました。
 お2人は芸術界の至宝です。音楽界の世界的な最高栄誉であるグラミー賞も、繰り返し受賞されています。
 また、世界を舞台にした音楽活動とともに、平和のために尽力し続けておられます。2人の信念の行動は、アメリカのみならず、世界192カ国・地域のSGIメンバーの誇りです。
ハービー・ハンコック ありがとうございます! この鼎談に参加できて、私は本当に幸せです。
 ショーターさんと私が、全身全霊をかけ、世界で創造してきた音楽、そして実践してきた仏法についての対話の機会をいただけたことは、私たち二人にとって大変光栄で、格別に意義深いことです。
ウェイン・ショーター 私は今、池田先生が新たな対話を世界へ開こうとされていることを感じます。このような形で新時代の鼎談を進めてくださる勇気は、多くの人々の目を覚ますでしょう。
        ♫
池田 ジャズはアメリカで生まれ、アメリカが誇る音楽文化です。現在、対話を重ねているデューイ協会のガリソン前会長が、アメリカの最も大切な精神の宝を、四つ挙げておられた。デューイの教育哲学、エマソンのアメリカ・ルネサンスの文学、キングの人権闘争、そして市民の大地から生まれたジャズ音楽です。
 このうちデューイ、エマソン、キングについては、すでに第一人者の方々と語り合つてきました。いよいよジャズです。この鼎談を、私はアメリカの皆さんとの50年来の交流の一つの集大成とも感じています。
 いまや、世界中で妙法の芸術家が活躍する時代になりました。SGIの芸術部長である2人との対話から、仏法を根底とする大文化運動の明るい未来を展望していきたい。
 また、広宣流布の最重要の拠点である「地区」「支部」を舞台に、地道に誠実に活動を続けてこられた2人との語らいは、多くの最前線の同志に大いなる励ましを贈るに違いありません。
 まず、「ジャズ」にあまり馴染みのない日本の読者もいるでしょうから、今回はジャズ誕生の歴史などにも触れていただきたい。私も若々しい青春の生命で、大いにジャズを学びたい。お2人から「特別講義」を受ける思いで臨みたいと思います。
        ♫
対話こそ心と心が奏でる音楽

SGI会長 人生は試練の挑戦に即興の応戦
ハンコック氏 文化の力は苦悩を希望に変える
ショーター氏 ジャズは人間と人間の真の触発


ハンコック 私たちこそ、先生から「特別講義」を受けさせていただく立場です。私たちは、これまで何度も池田先生にお会いすることができ、スピーチを伺う機会にも恵まれてきました。そこで、いつも痛感するのは、先生の当意即妙の「対話」は、なんとジャズの精神と合致しているのだろうということです。
ショーター 私は15歳の時、ジャズの即興演奏をラジオで初めて聴きました。ジャズマンたちは、リスク(危険)を覚悟で一瞬一瞬、その場で対応しながら、同時に完璧さを目指しているように感じられました。
 私も、初期のころ、同じように演奏しようと努力しましたが、いわゆる「ビバップ」や「モダン・ジャズ」と呼ばれるジャズの革新者たちがするような方法で「即興演奏」の準備をすることは、所詮、無理であることが分かりました。準備することそれ自体が、隠れた動機や巧みな操作から解き放たれた創造的表現に忠実であろうとする音楽家にとっては、本質的に、相いれないものであることに気づいたのです。
池田 重みのある言葉です。即興──すなわち一瞬の出あいから自在に価値を創造していく力は、真剣勝負の一念から生まれます。仏法では「命已に一念にすぎざれば仏は一念随喜の功徳と説き給へり」(御書466㌻)と説かれます。
 今この時を逃さず、歓喜あふれる智慧と力を発揮するのです。
 とともに、冴えわたる即興の力を鍛えるためには、人知れぬ基本の研鑚を重ねなければならない。私も対話の際は、相手のことをよく勉強して臨みます。それが礼儀であり、誠意と思うからです。
 そのうえで、「臨機応変」です。対話も演奏も、いざ始まったら、瞬間瞬間が勝負です。自在の「随縁真如の智」を働かせて、最大の価値を創造していく。ここに即興の妙があります。
 さらにまた、何より大切なのは、一国の大統領であっても、庶民であっても、いかなる国の人であっても、「同じ人間同士、分かり合えないはずはない」という信頼、共感です。その心で、平和と友好の橋を架けるために、私は「人間」に会いに行きました。「人間」と語り合いました。
 1974年、初めての中国訪問の折、可愛らしい1人の少女が私に尋ねました。「おじさんは、何をしに中国に来たのですか?」。私は答えました。「あなたに会いに来たのです」と。
ハンコック 池田先生の入魂の「対話」と、ジャズの演奏は相通ずるところがあるのです。
 ジャズは「対話」を基本にすえた音楽です。われわれが大切にするのは、まさにこの点です。ジャズは、きわめて“精神的な音楽”なのです。
 演奏中に即興で生まれる「対話」は、場当たり的でも、軽薄でもありません。ジャズは、陽気な側面がありながら、真剣さのある音楽です。生きる歓びを讃える、まっすぐな表現法なのです。人間の感情の奥底からの叫び──それがジャズです。
ショーター 1961年ごろのことですが、私が出演していたニューヨークの劇場で出会った、1人の老人の言葉が印象に残っています。「わしゃあ、イギリスの女王陛下の前でダンスを踊ったこともある。だが今じゃあ、おまえら若い衆が演奏する、あの音楽(ジャズ)に聴き入っとるよ。わしにゃあよく分からんが、聴いていて気持ちがいいのは確かじゃな」というものでした。
 「聴いていて気持ちがいい」──これはジャズの本質を突く言葉です。
 ジャズの本質は、楽器との「対話」にあります。そして、楽器抜きの「対話」もあります。欺瞞、見せかけ、ごまかし、下心など、すべて剥ぎ取って、自己を全面的にさらけ出し、心と心、本質と本質でぶつかり合う──それがジャズなのです。
ハンコック ジャズはアフリカから奴隷として連れてこられた人々に起源をもち、ブルースや黒人霊歌、ゴスペルなどを基盤にして発達してきた音楽です。アフリカの文化的な遺産も色濃く感じられますが、ジャズは特定の民族文化や民族精神をはるかに超越した、新しい表現法に立つ音楽です。
 その証拠に、ジャズファンは世界中にいます。アフリカやアメリカから、はるかに離れた日本にも、熱烈なジャズファンが大勢おられます。ジャズは、アフリカ系アメリカ人から、世界の人々への贈り物なのです。抑圧の苦悩の中から生まれましたが、今では、苦悩を表現することに限定されず、むしろ、それをはるかに超越した音楽として、広まっています。
 そして、ジャズのもう一つの特徴は、開放性です。他の文化の影響を熱心に取り入れ、逆に他の文化に強い影響を与えています。これらの特徴は、人間精神の核心をなすものです。
        ♫
池田 そこに私は、ジャズ、そして音楽文化がもつ「大いなる力」を感ぜずにいられません。何がそうさせるのか、その魅力や力の「源」はどこにあるのか。
 ジャズ文化を真摯に探究しゆく時、人間が誰でも自分自身の胸中に脈打つ、偉大な魂の発現に気づくのではないでしょうか。仏法は、その奥にある最極の尊厳なる生命を覚知したのです。
ショーター 私は仏法の実践を通し、誰人にも文化的な力、芸術的資質があることを実感してきました。その資質に皆が目覚めるよう、私たちは人々の生命をさらに覚醒させる必要があるのです。ところで池田先生は、どのようにジャズを知られたのでしょうか。
池田 私とジャズの出あいは、戦後まもない青春時代にさかのぼります。日本では戦争中、ジャズは敵性音楽ということで、演奏することも、聴くことも禁じられていたのです。
 しかし、日本の敗戦から1カ月後の9月(1945年=昭和20年)には、早くもラジオで日本人の奏者らによるジャズ演奏が放送されました。17歳の私は鮮烈な印象を受けました。
 ジャズの音色は、戦難の時代を生き抜いた私たち日本人にとって、自由な新しい時代の到来を告げる音でした。ちょうど、人々が力強く復興に立ち上がっていった時期であり、ジャズの演奏に大いに勇気づけられました。
 この同じころ、アメリカ主導による改革の流れの中で、日本でも事実の上で「信教の自由」が保障されていきました。戦時中、軍部政府から弾圧された創価学会も、思う存分、活動ができるようになったのです。恩師・戸田先生はその深い意義とアメリカの恩義をかみしめられていました。
 ともあれ、「文化の力」に勝るものはありません。文化が人間を、真に人間らしくする。文化は社会を照らし、明るく変えていく光です。私たちが一貫して「文化の力」に目を向けてきた理由もここにあります。
ハンコック 池田先生のお話を聞いて、文化は、ある意味で「民衆の声」ではないか、と思いました。
 文化とは、民衆一人一人の声であり、民衆の声の集積された表現ではないでしょうか。その声は、ある場合には最悪の状況に対して民衆が上げる抵抗の声であり、ある場合は、より良い明るい未来を求める民衆の、希望の表現といえるでしょう。
 ジャズとは、まさに「自由」を謳う音楽です。ジャズの自由奔放さは、どんな抑圧的な政権でも、押さえ込むことはできません。
ショーター ジャズは、独断的な教義や規定、命令といった表面上の制約を突き破ることのできる、即興の対話を生み出す創造的な過程なのです。
        ♫
池田 それは、人間の心の本源的な自由と通じています。
 ユネスコが世界の人権の名言を集大成した『語録 人間の権利』に、日蓮大聖人の撰時抄の一節が収録されています。「王地に生れたれば身をば随えられたてまつるやうなりとも心をば随えられたてまつるべからず」(御書287㌻)と。
 仏法では、何ものにも縛られない、何ものをも恐れない究極の生命の自由を明かしているのです。
 民衆一人一人が魂の自由を勝ち開いてきた創価学会の歴史でも、多くの歌が生まれてきました。
 戸田先生も、よく言われました。
 「民族の興隆には、歌が起こるのだ。どんどん新しい勢いのある歌が出るのは、学会の発展の姿だ」と。
 学会歌は、勇気と希望を奮い起こします。どんなつらいことがあっても胸を張り、学会歌を歌って、母たちも、青年たちも、再び困難に挑戦していきました。学会歌が生きる喜びの源になって、創価の友は大前進してきたのです。
ショーター 私は、共に戦うに値する民衆の願望を代弁する音楽を奏でたいと思っています。それは、音楽的に表現された「決してあきらめない」精神であり、また名声や成功に目がくらむ心の迷いに挑戦する新たな音楽です。それらは、一瞬の満足を売り物とするような今日の音楽界では、なかなか出あえないものです。
ハンコック そうです。重要なのは「何のため」です。私たちの真の目的は、自分が新たに発見したことを、そのまま聴衆と分かち合うことです。自分が感じるまま、聴衆に披露する勇気をもつことです。
        ♫
池田 正しい芸術の真髄です。仏法では「喜とは自他共に喜ぶ事なり」「自他共に智慧と慈悲と有るを喜とは云うなり」(同761㌻)と説かれます。真の喜びは分かち合うものです。分かち合えば、ますます増えるものなのです。
 芸術の世界も本来、触れた人が身構えるものではないでしょう。皆が「ほっ」とでき、喜びきえることが大事ではないでしょうか。お2人の気取らない「ありのままの情熱」が、聴衆の胸に響き、心を打つのでしょう。
ハンコック ジャズのルーツ(起源)はアフリカ系アメリカ人の経験にありますが、私の実感から言えば、その淵源は、さらに人間の心に、もともと具わる偉大な特質にあると思います。それは、最悪の環境もありのままに捉え、そこから大きな価値を生み出す能力です。これは仏法でいう「変毒為薬」に通じると思います。
 ジャズの心を私流に言えば、「仇討ち」です! もちろん世に言う「仇討ち」ではありません(笑い)。人間の生命に巣くう「魔性」に対する「仇討ち」です。「攻撃」です。ジャズが表現を求めるものは、この「攻撃精神」なのだと思います。
 巡りあった仏法の正しい実践を通して、私は初めて、ジャズの最大の特質がはっきりと感じられたのです。
池田 魂を揺さぶられる言葉です。ジャズは、不屈の生き方そのものですね。
 学会も草創期、「貧乏人と病人の集まり」と揶揄されました。その中で、生命尊厳の仏法哲理を掲げ、「この世から悲惨の二字をなくしたい」と、苦悩に喘ぐ民衆を一人一人、抱合かかえるように励まし、戦ったのが戸田先生でした。
 私も不二の弟子として立ち上がり、尊き庶民と共に、今日の学会を築き上げてきたのです。この草創の心を、青年には厳然と伝えていきたい。
 ともあれ仏法は「煩悩即菩提」「生死即涅槃」です。悩みや苦しみがあるからこそ、成長できる。偉大な境涯を開ける。「苦楽ともに思い合せて」題目を唱え、「歓喜の中の大歓喜」の人生を歩んでいけるのです。
 ジャズも、苦悩の大地から生まれ、鍛え上げられた音楽だからこそ、生命を鼓舞する強さをもっているのではないでしょうか。これこそ文化の究極の力です。
        ♫
ショーター 文化の創造には、責任が伴います。今の社会では、文化の向上は、人間のさまざまな努力のうちで、優先順位が最も低い位置に置かれています。残念なことです。
 しかし、私は、文化の向上のために、ジャズは何かできるか、何をすべきかを追求していきたいと思います。
ハンコック ジャズは今なお、改良と向上を続けています。興味深いのは、よい時代にも、不幸な時代にも、ジャズが常に生き延びてきたという事実です。私は個人的には、ジャズは永遠の生命をもつ音楽だと信じています。
ショーター ジャズの演奏は、私たちに深い人間性と、何が起こるか分からないという挑戦の機会を与えてくれます。そして、どんなことが起こるか分からないということが、即興的な演奏と関係してくるのです。これは、実に恐ろしいことです。尻込みすれば、恐れは怪物のようにいっそう大きくなります。ステージの上では、それまでレッスンしてきたことなど、どこかへ忘れてしまい、自分自身が傷つきやすい、弱い存在に感じられるものです。
 でも私たちは、それに打ち勝つ自分自身の戦いの瞬間、勝利の瞬間を、聴衆に見てもらいたいのです。その時、私は、無常の生命を超越した何ものかに到達したかのように感じます。人生において、悲劇は、いつまでも続くものではなく、わが使命は永遠なのですから──。
 ジャズの演奏は私たちに、どんな不測の事態が起きようとも、困難に挑戦し、勝利する勇気を与えます。
池田 素晴らしい。感動しました。人生も文化も戦いです。限りなく向上し、価値を創造するための戦いです。戦いは、勇気がなければ勝てない。お二人は勇敢に、幾多の試練を勝ち越えてこられました。ジャズという文化の武器で、「人間」そして「生命」の力の偉大さを証明してこられた。
 いま、時代は混迷を深めている。不測の試練の連続といっていいでしょう。時々刻々と待ったなしで、まさに「即興演奏」で応えなければならない。
 だからこそ私は、「芸術の王者」「人生の王者」の2人に続いて、勇気と正義を貫く勝利の価値創造の道を、青年に歩み抜いてもらいたいのです。
 ショーターさんは、この8月25日で77歳になられましたね。おめでとうございます!
 ハンコックさんは70歳。記念のコンサートを9月1日に開かれました。日本では「喜寿」「古希」といって、いずれもおめでたい年齢です。お2人のますます若々しいご活躍を念願します!
ショーター サンキュー・ソー・マッチ、センセイ!
ハンコック 私たちは壮年部の一員として、先生のご指導通り、“今の年齢マイナス30歳”の気概で戦います
2010-09-05 : 音楽を語る :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。