FC2ブログ

中国・広西芸術学院「終身名誉教授」称号授与式

中国・広西芸術学院「終身名誉教授」称号授与式                  (2010.4.15)

 中国・広西チワン族自治区南寧市の「広西芸術学院」から、池田名誉会長に「終身名誉教授」称号が授与された。名誉会長の文化・教育交流への尽力を讃えるもの。授与式は15日、同学院で行われた「自然との対話──池田大作写真展」の開幕式典の席上、挙行され、黄格勝学長から代理である香港SGI(創価学会インタナショナル)の李剛寿名誉理事長に証書が託された。また、池田名誉会長の真心の漢詩が黄学長に贈られた。

黄学長の授与の辞

池田先生は
世界に学術機関を設立 知行合一の理念を実践


 「自然との対話──池田大作写真展」の開幕式にご出席いただいた各界の皆様に、心からの歓迎と感謝の意を表します。
 池田先生は、創価学会名誉会長、SGI会長であり、作家、詩人、教育者として、平和・環境・教育などの問題に対して様々な提言をしておられます。
 また、多くの大学で講演され、数多《あまた》の国家指導者、文化人、学者などと対談。創価幼稚園、創価学園、創価大学などの教育機関、戸田記念国際平和研究所、東洋哲学研究所、アメリカの池田国際対話センターなどの学術・平和機関、東京富士美術館、民主音楽協会などの文化機関を設立されました。
 さらに、池田先生は、『人間革命』、『21世紀への対話』(トインビー対談)、『20世紀の精神の教訓』(ゴルバチョフ対談)、『旭日の世紀を求めて』(金庸対談)など多数の著書を発刊。そのうち、多くの著作が英語、中国語など各言語に翻訳され、出版されています。
 1983年には「国連平和賞」を受賞。北京大学など世界の著名な大学の名誉教授、名誉博士に就任しておられます。
 池田先生は、教育者として先進的で深遠な教育思想をお持ちです。また、“教育の目的は、「人類はどのような存在であるか」という問題を教えることにある”との考え方を提起し、人間主義、知行合一などの崇高なる教育理念を、自ら創立された教育機関において、実践してこられました。
 池田先生は、芸術家としても、写真芸術に対して深い造詣をお持ちです。
 この度の写真展を通し、私たちは池田先生が自然に対して注がれている愛情の大きさと、優れた撮影技術に深い感銘を受けました。この写真展によって、広西芸術学院と、日本の教育界・文化界との交流を、さらに一歩深め、本学のレベルを高めてくださいました。
 そうしたご貢献に鑑み、本学は池田先生に、「終身名誉教授」の称号を授与することを決定いたしました。
 私たちは、池田先生に広西芸術学院の発展に大きな関心を寄せていただくことを念願いたします。また、人間教育の精神や理念などについてご指導こ鞭撻を賜りたく存じます。本学8000人の学生、教職員の池田先生に対する真心を、ぜひお伝えください。
 結びに、池田先生のご健康、事業の益々の発展をお祈り申し上げます。本日は、大変にありがとうございました(大拍手)。

池田名誉会長の謝辞(代読)

教育は生命開拓の芸術
人材育成の滔々たる大河を!


創立者徐悲鴻先生
君よ一生をかけて後世に高尚で有益なものを残せ


師弟の精神みなぎる広西芸術学院


 一、最初に、広西地域をはじめ、このたびの干ばつの大規模な被害に、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い回復、そして豊作を、私も真剣にお祈り申し上げております。
 本日は、私のつたない写真の展示会を、かくも盛大に開幕していただき、感謝に堪えません。
 ご多忙のところ、多くの来賓の先生方がご出席くださり、厚く御礼を申し上げます。
 もとより専門家でもない私の作品に、このように光を当てていただき、汗顔の至りでございます。
 ただ私の胸には、貴・広西芸術学院の創立者の一人であられた。現代中国絵画の大家・徐悲鴻《じょひこう》先生の叫びが強く刻まれております。
 それは──
 「世界の各民族が、お互いに尊重し、友好をはかろうとする感情は、まず文化交流から始まらなくてはならない」(寥静文著、伊藤遊香里・上田としみ・高階惇子訳『天翔る奔馬──画家・徐悲鴻の生涯──』武蔵野書房)との達見であります。
 とりわけ、歴史を誇る「文化の都」南寧市は、チワン族を中心に40近い民族が居住する「共生の都」であられます。
 「半城緑樹《はんじょうりょくじゅ》」との言葉が示す通り、市全体の半分近くを緑が覆うほどの美しい「緑城《りょくじょう》」とも讃えられています。
 民族と民族、人間と自然の調和社会のモデルと輝く南寧の天地で、写真という広く聞かれた民衆芸術を通して、貴国の多くの方々と心の交流を結ばせていただくことができました。これはどの喜びはございません。
 誠に誠に、ありがとうございました(大拍手)。
 この開幕式に際して、光栄にも、偉大な文化の大城であられる貴・広西芸術学院より、最高に意義深き終身名誉教授の称号を賜りました。
 心より深く深く御礼を申し上げます。
 一、今、私の心には30年前の春4月、憧れの広西の山河を訪問させていただいた思い出が、名画のように鮮明に蘇ってまいります。
 霧雨に煙る青山緑水の桂林に、ご案内いただきました。それは、まさに「桂林の山水は天下に甲たり」と謳われる絶景の絵巻でありました。
 とともに、智慧高く心清らかな広西の方々との幾多の語らいも、忘れ得ぬ歴史であります。
 著名な書画家・篆刻家で、貴学院の教授を務めておられた李駱公《りらくこう》先生とお会いしたのも、この時であります。貴国の豊饒なる芸術の創造と教育の息吹を、私は深く感じ取りました。
 聡明な二人の薬売りの少女ともお会いしました。
 私がユーモアを込め「すみませんが、頭の良くなる薬はありませんか」と尋ねると、笑顔でこう答えてくれました。「あ、それでしたら、たった今、売り切れたところです」。その洗練された機知に皆が感嘆し、明るい笑いが広がったのであります。
 この30年、広西の素晴らしき方々の人生行路に幸多かれと、私は妻と祈り続けてまいりました。

民衆に奉仕を
 一、貴学院のそびえ立つ南寧市は、私と妻が8度の出会いを重ねさせていただいた人民の母・穎超先生の故郷でもあります。
 先生は、ふるさと広西を「英雄輩出の地」と誇りとされ、郷土の人々を「革命精神に富んだ人民」と敬愛されておりました。
 まさに先生ご自身が、この広西の革命精神の体現者であられたといってよいでありましょう。
 先生は、私ども夫婦に慈母の如く語ってくださいました。
 「若き日、恩来同志と二人で約束したことがあります。それは、人民のために奉仕するということです。死んでもこのことは同じです」と。
 先生は、かつて、教壇にも立たれておりました。
 「教育は人づくりの仕事です。このことは片時も忘れたことはありません。もし再び職業を選択するように言われたら、私は何の躊躇もなく教師を選びます」(西園寺一晃著『穎超 妻として同志として』潮出版社)とも述懐なされております。
 この穎超先生、そして周恩来総理を偲んで、創価大学に植樹した「周桜」「周夫婦桜」は、この春も爛漫と咲き薫り、貴国と日本の万代の友好の心を、若き世代に伝えております(大拍手)。

勇んで輪の中へ
 一、ともあれ、広西の天と地と人に脈打つ「革命の魂」「創造の活力」「教育の大情熱」を烈々と継承されゆく誉れの大城こそ、貴学院であられます。
 源遠流長の創立の原点が光る貴学院は、「伝統によって立ち、現在に立ち向かい、吸収しながら蓄え、事実を求め創造する」との建学の理念を掲げて、人材育成の滔々たる大河の流れを創出してこられました。
 抜きん出た英邁なるリーダーシップで貴学院を率いておられる黄格勝《こうかくしょう》学長は、「国画大師」として世界に名声轟く漓江《りこう》画派の第一人者であられます。
 学長の傑作が貴国の宇宙船「神舟6号」とともに大宇宙へと旅立ったことは、なんとロマンあふれる慶事でありましょうか。
 黄学長は、世界的な大芸術家であられるとともに、全国政協の常務委員など国家の要職にも就かれ、激務の極みにあられます。
 その黄学長が、勇んで学生の輪の中に飛び込んでおられる姿に、私は心からの感銘を禁じ得ません。
 学生たちと、ある時は食事を共にし、ある時は一緒に旅をして絵を描き、そして、ある時は共々に展覧会を開かれる。一人一人をわが子の如く慈しまれながら、才能と人間性を薫陶されているのであります。
 日本の軍国主義と戦い獄死した私たち創価教育の創始者・牧口常三郎先生も宣言しておりました。
 教育は「生命といふ無上宝珠を対象とする」ゆえに、「最優最良の人材にあらざれば成功することの出来ぬ人生最高至難の技術であり芸術である」というのであります。〈『牧口常三郎全集6』第三文明社〉
 その模範を、私は黄学長の振る舞いに、仰ぎ見る思いがするのであります(大拍手)。

心こそ大切
 一、黄学長はご自身の美の探究と創造の壮絶な戦いを、後継の青年に示しながら語られました。
 「私の勉強は『努力』というより『命懸け』でした。『厳格』というより『残酷』なほどまでに、自らに要求を課しました」と。誠に胸に熱く迫ってくる獅子吼であります。
 貴学院が国家の「芸術修士号育成組織」や「中国山水画教学団体」に選ばれるなど、大発展を遂げられていることも、よく存じ上げております。
 「心は工なる画師の如し」──6世紀、貴国の大哲人・天台智は、この経文を引きながら、「心」が一切を創り、一切を決める力であると、明確に論じられました。
 芸術においても、人生においても、「心こそ大切なれ」であります。その「心」を、いかに強く、いかに賢く、いかに正しく、いかに深く磨き上げ、鍛え抜いていくか。
 ここに、重大な人間教育の要諦があるといっても決して過言ではないでありましょう。
 この点、黄学長が学生たちに「報恩感謝の心を何よりも大切にしてほしい」と強調されていることに、私は感動を込めて賛同する一人であります。
 学長は、自ら院生時代の師匠に対して、最大の感謝を示されております。
 国家教育名教師に選ばれたことも、師の教育姿勢を受け繕いだからであると、その栄光を捧げておられるのであります。
 師弟に生き抜く人生ほど、尊いものはありません。師弟の心に徹してこそ、人間はあらゆる可能性を開花させることができるのであります。
 気高き師弟の精神が漲る貴学院から、新しき文化創造の大芸術家が、さらに澎湃と薫陶されゆくことを、私は深く強く確信してやみません。
 一、貴学院の創立者の徐悲鴻先生は、言われました。
 「人は皆その一生をかけて、後世に高尚で有益なものを残さなければならない」(前掲『天翔る奔馬──画家・徐悲鴻の生涯──』)
 本日より、私も、貴学院の名誉ある一員とさせていただき、先生方と手を携え、若き青年とスクラムを組みながら、壮麗な「平和」と「文化」と「教育」の交流の心の絵巻を綴り残しゆくことを、固くお誓い申し上げ、私の謝辞とさせていただきます。
 愛する広西の鵬程万里《ほうていばんり》のご繁栄、そして、わが魂の母校と仰ぐ貴学院の旭日昇天のご発展を、心よりお祈り申し上げます。
 謝謝!(中国語で「ありがとうございました!」)(大拍手)

名誉会長 漢詩を贈る

廣西山水勝天工
漓江畫派勢如虹
對話自然愛藝術
甘當教師與君同

〈大意〉

広西の山水は天の工にも勝るほど秀麗だ。
黄学長が創始された漓江画派は、
虹の如き勢いで大発展を遂げられた。
自然と対話し、芸術を愛する。
そして何よりも教育者として
青年を未来の人材へ育てていきたい。
尊敬する黄学長と私は
この真情を分かち合っている。
2010-04-20 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索