スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

忘れ得ぬあの瞬間 第14回

忘れ得ぬあの瞬間
名誉会長と共に80周年へ
    (2010.4.13付 聖教新聞)

第14回 初の学生部総会

一日も悔いを残すな

 「私は、学生部の皆さんにお会いすると、希望がわいてくる。皆さんを信頼し、尊敬しています」
 快活な32歳の新会長。
 世田谷区民会館に詰めかけた若き学徒の顔が、ぱっと明るくなった。
 1960年(昭和35年)6月26日に行われた第3回学生部総会。
 池田名誉会長が第3代会長に就任してから初の総会である。
 開会前、「形式は抜きにしよう。学生諸君とは、あくまで実質的に話し合おう」と、自ら胸章をはずして臨んだ名誉会長。
 「私の青春時代は、貧しく、そのうえ病弱で、いつ死ぬかわからぬ体であり、十分に勉強することもできませんでした……」
 率直な言葉が、友の心にストレートに響く。
 「しかし」──名誉会長の声に力がこもった。
 「恩師・戸田城聖先生と巡りあい、訓練を受け、信心を全うし抜いてきたために、今は、『私は日本一の幸福者である』と確信をもっています!」
 嵐のような拍手がわき起こる。
        ◇
 名誉会長は、学生部結成の時から、恩師のもと、あらゆる手を尽くして、俊英たちを育てた。激励し、激励し、激励し抜いた。
 若き心に「大目的の柱」を打ち立てたい。どんな学生が信心しているのか、どんなことで悩んでいるのか、逐一、教えるようにと学生部の幹部に求めた。
 彼らは毎日、10人、20人と学生部員に会っては、名誉会長に伝えた。
 お腹をすかしている学生はいないか。心を砕く名誉会長。学業で挫折しそうな友がいれば、「皆で応援を」とアドバイス。
 「あの学生は、今どうしているか」と心配することも、たびたびだった。皆、宝の人材として、名誉会長は克明に覚えていた。
 個人指導に徹し、御書を通して励ました。一人また一人と感激して立ち上がり、英知光る「戦う学生部」の伝統がつくられた。
        ◇
 1960年、日米安全保障条約の改定への反対運動が大規模に広がった。
 4月、東京大学に入学した学生部員。一向に授業は始まらない。正門にもバリケードなどが築かれた。
 高まる反対運動の波。連日の街頭デモ。国会デモ。
 しかし6月23日、新安保条約が発効。その3日後が学生部総会であった。
 権力への、やり場のない怒り。矛盾をはらむ社会を変革する道は、どこにあるのか。煩悶する中、学生部総会に参加した──.
 歴史を顧みれば、学生部の誕生は、権力悪との対決の真っただ中であった。
 真実の平和と民主主義を勝ち取る闘争。それが学生部の使命なのである。
        ◇
 全国各地から総会に集った学生部員たち。名誉会長の叫びは、気迫に満ち、若き魂を揺さぶる。
 ──偉大なる宗教には、燃え上がる信仰が必要である。情熱あふれる信仰で、一切の文化建設に、自分自身の生活の勝利に、全力をあげていきたい。それが、正しい人生観であると、私は信ずるものです。
 人の何倍も勉強し、人の何倍も信行学を実践した人が、大勢の人を指導していける。今は、その実践期です。一日も悔いのないよう、信心を根本として進んでください。
 そして、皆さん自身が幸福になるとともに、人々を幸福にしていく社会のリーダーになっていただきたいのです──
 目を輝かせる参加者。
 そうだ、人間が変わらなければ、何も変わらない。民衆の力を、もっと強めよう。そのために学会の庭で思う存分、戦おう!
 名誉会長が会場を出る。一歩一歩、階段をおりる。待ちかまえる学徒の列。
 ありがとう──声をかけながら、名誉会長は、一人一人に慈眼を注ぐ。
 創価の英才が日本中、世界中で、民衆のために活躍する姿を胸に描きながら。
2010-04-15 : 忘れ得ぬあの瞬間 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。