スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

栄光の日々 6 太陽の王国 宮崎

栄光の日々 名誉会長と我らの人生 6
                (2010.2.19付 聖教新聞)
春光る太陽の王国 宮崎

励まそう! 一人でも多く

 宮崎研修道場に着いた池田名誉会長が、そのまま庭の方へ歩き始めた。
 平成11年(1999年)2月26日午後。沖縄から空路、宮崎に飛び、車で20分ほど走った、その足である。
 庭では、「守る会」をはじめ3人の友が、手を真っ黒にしながら、懸命に作業している真っ最中だった。
 「何をしているの?」
 3人に声がかかった。
 「あっ!」。振り向くと目の前に名誉会長がいた。
 「守る会の方だね」
 「ありがとう。寒い中、誰も気づかないところで、必死に道場を守ってくださっいる。私は絶対に陰の人をれないよ」
 名誉会長は手袋をはずし手を差し出した。
 慌ててズボンで手をこすった守る会の友。握った手の温もりに、涙がこみ上げてきた。昭和62年(87年)の開所以来、道場を守り育ててきた苦労が、いっぺんに報われた気がした。
 名誉会長は幹部の方を向くと、諭すように言った。
 「私は会長になって以来、いや、なる前から、学会を支え、守ってくださる方を一番大事にしてきた。この魂がある限り、創価学会は永遠に発展していく」
 友は、心からうなずいた。
 東京から来て、大物ぶり、威張りちらす人間には、何度も悔しい思いをさせられてきた。その中で、総務の時代から、名誉会長は違っていた。
 昭和33年(58年)8月の初訪問以来、宮崎への激励行は10度。
 初代支部長の甲斐速水さん一家をはじめ、共戦の友への激励。青島や関之尾滝《せきのおのたき》での語らい。3400人の記念撮影会。1日5回、1万人との自由勤行会──。
 友がいつも見たものは、「一人を」、そして「一人でも多く」励まそうとする師の執念であった。
 「日向《ひゅうが》」──“日の出に向かう”宮崎の豊かな国土を讃え、「“太陽”といえば、宮崎を思い出す」「宮崎の若き開拓者の諸君よ、太陽に向かって、決然と立ち上がれ!」と、いつも希望を贈ってくれた。
        ◇
 「まこちうれしい(本当にうれしい)!」
 名誉会長が都城地域の同志に、方言で呼びかけた。
 平成3年(91年)2月の9度目の訪問。12日、都城文化会館での都城圏・小林圏記念勤行会である。
 会場に入るや、一人の年配の婦人に声をかけた。
 早田《はやた》フクマツさん。小柄な体で、ピアノの陰に隠れるように座っている。
 参加者には、名誉会長が早田さんを探し出したように思えた。
 “先生、よくぞ……”
 早田さんを知る人は皆、心で泣いた。
 リーダーとして信頼厚かった愛娘を、前年に病で亡くされていた。悲しみを飲み込んで、こつこつと、真面目に広布に尽くしてきた功労者の一人だった。
 名誉会長は、早田さんを最前列に招いた。
 「本当にいい顔をしている」「貴婦人のようだね」
 当時、都城圏婦人部長の加賀幸子さん(現・宮崎戸田県総合婦人部長)は、2月になると胸が熱くなる。
 「“かき分けてでも励ましたい”という先生の心に、あの時、触れたのです」
        ◇
 青き太平洋。吹き抜ける春一番の風。同志が一茎一茎、持ち寄った菜の花が、揺れて輝いていた。
 平成3年2月10日朝。研修道場(当時=聖教新聞宮崎研修センター)の庭を歩きつつ、名誉会長が残した言葉は、永遠の勇気の源泉として、こだまし続ける。
 「宮崎は『前進』。これからも前進! 『前進』と『大勝』でいこう!」
2010-02-24 : 栄光の日々 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。