栄光の日々 2 愛知

栄光の日々 名誉会長と我らの人生 2
               (2010.1.22付 聖教新聞)
「この道」は勝利の道 愛知

「一番偉いのは お母さん!」

 「今日も元気で」の弾むような歌声が今、日本のあの町この街に響いている。
 年頭を飾る婦人部の集いが、地域での開催となって35年。愛知の誇りは、この総会に、全国で初めて、“池田先生をお迎えした”ことである。
        ◇
 「よし、南区に行こう!」──それは、関西から名古屋文化会館に着いたばかりの午後だった。
 「遠くてもいいんだ。南区に行くよ!」
 この日、昭和51年(1976年)1月16日には、名古屋の300会場で婦人部総会が開かれる。幾つかの候補から名誉会長が選んだのは、最も遠い名古屋南会館(現・名古屋南平和会館)。車で50分ほどかかる。
 そこにも、理不尽な圧迫に耐え、歯を食いしばってきた健気な同志がいた。昭和45年前後に吹き荒れた“言論問題”以来、激戦また激戦を越えてきた友を、何としても励ましたかった。
 車で着いた名誉会長は、会館へ急ぐ婦人たちを見つけて、手招きした。
 その一人、尾関節子さんは、夫婦で営む町工場から、夕食の暇もなく駆け付けていた。
 「婦人部の方ですね。ご苦労さまです」
 駆け寄った尾関さんの手を、名誉会長の手が包む。温かく、柔らかかった。
 細尾ミツエさんは、近隣の同志を誘っていて、来るのが遅れてしまった。背中に乳飲み子。おなかにも、もう一人の子がいる。
 にっこりと、赤ちゃんの頭を撫でた名誉会長。
 「みんなで写真を撮ろう」
 そして、同行の幹部には、こう諭すのだった。
 「こういう人たちを、大事にしなければいけないよ」
 総会で、名誉会長は、財界人から、こんな質問をされたと、紹介してくれた。
 「世界で一番偉いのは誰ですか」
 財界人は、釈尊などの名を挙げると思ったらしい。
 「私は答えました。『一番尊くて偉いのは、一般市民のお母さんです!』と。
 お母さんこそ、雨の日も風の日も、太陽のように変わることなく、わが友とわが家族を、慈愛を込めて守ってくれています!」
 感激、感涙、そして感謝──「皆さんの喜びは、例えようもないほどでした」と、ある友は振り返る。
        ◇
 頑張った人、苦しんできた人は、励まさずにはおかない。一方、創価の城を継ぐ青年には、厳父の如く。
 これが名誉会長の指導哲学である。昭和48年(1973年)1月の愛知訪問もそうだった。
 13日、豊田市体育館。県内から集った5000人との記念撮影が行われた。
 撮影台の前段には、藤岡村と小原村(ともに現・豊田市)の友らが配された。前年の集中豪雨で、大きな被害にあった地域である。
 「いつも朗らかに、勇気に満ちた信仰を続けてください!」「大聖人の仏法を持つ人は必ず変毒為薬できるのです!」
 一方、若い青年には「烈風を受けながら、信念を貫き、もがき苦しみ、かじりついて成長した人が本物です」と鋭い声だった。
 翌14日、名古屋文化会館での、「中部未来会」2期生を中心とした懇談会。
 居合わせた二人の年配の婦人を労いつつ、未来部の友には「烏合の衆では仕方ない。一匹の獅子をつくらなくてはいけない」と、大人の信仰者として接した。
 愛知の友が“われらの先生”と歩んだ道──。
 「この道」は正義の道。
 「この道」は絶対勝利の道!
 90回を超える激励行が点した覚悟と確信は、いや増して友の命に燃え続ける。
2010-02-02 : 栄光の日々 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索