FC2ブログ

随筆 我らの勝利の大道 No.3

随筆 我らの勝利の大道 No.3 (2010.1.21付 聖教新聞)

創価文化の輝き

希望の大音声を響かせ 朗らかに!
音楽隊・鼓笛隊 正義と平和の旗手に感謝


 絶え間なく
  戦い生き抜く
   我らには
  三世にわたりて
    名曲 響かむ

 創立80周年の新春を飾る本部幹部会も、わが創価の楽雄・音楽隊の名演奏で開幕した。創価ルネサンスバンガードのファンファーレも、創価グロリア吹奏楽団も素晴らしかった。
 そして、白ゆり合唱団の「今日も元気で」も、富士中学生合唱団の「母」の歌声も、誠に美事であった。
 御書には「音の哀楽を以て国の盛衰を知る」(御書88㌻)と引かれている。希望の音楽には未来を開く活力がある。
 勝ち栄えゆく創価の世界には、常に明るく力強い音声《おんじょう》が轟いているのだ。
 何よりも、我らは「妙法」という大宇宙を動かす根源のリズムに則り、無限の希望の音律を響かせながら、朗らかに前進できる。この幸福勝利の道に、絶対に間違いはない。
 大文豪ゲーテは、ある年の新年に詠じた。
 「われらふたたび集い 晴れやかなる歌によりて 胸も強まる心地す」と。
 よき友と心をはずませ、よき文化を共に織りなしゆく人生の春夏秋冬は、なんと楽しく清々《すがすが》しいことか。
 本部幹部会には、芸術部の代表の同志も、嬉々として出席してくれた。
 新しい1年、広宣流布という最極《さいごく》の平和と文化の舞を、弾けるような生命力で繰り広げていきたい。

竪琴は剣より強し
 八王子の東京富士美術館での「華麗なるオーストリア大宮殿展」も、20万人を超える方が鑑賞された。
 「竪琴は剣よりも強し」とは、ヨーロッパ文化の繁栄を担ったハプスブルク家の家訓の一つという。その荘厳な「文化力」に光を当てた展示会である。
 絵画や彫刻とともに、家具や衣装、食器など、王室の日常を彩った「生活に輝く美」に、多くの感嘆の声が寄せられている。
 今月の26日からは、岡山県立美術館で盛大に開催される。関係者の方々のご尽力に感謝したい。
 私の胸には、懐かしき思い出が去来する。
 それは、半世紀以上前、恩師・戸田先生が、わざわざ機会を作り、青年たちに本格的なテーブル・マナーを学ばせてくださったことである。
 先生は、ナイフやフォークの使い方も分からない青年たちを微笑み見つめられつつ、丁寧に礼儀作法を教えられていた。
 また、先生は、婦人部の代表50人と共に、東京・上野で開かれていた「フランス美術展」に足を運ばれたこともある。
 そうした経験を踏ませながら、「美」の価値創造は私たちの日常のなかにあることを示してくださった。
 当時は、ウィーンの王宮やパリの美術館などに、とても行ける時代ではない。敗戦後の困窮のなか、無我夢中で人間革命の前進を続ける私たちであった。
 しかし偉大な師と共に歩む人生には、どんな王国の貴族よりも誇り高く、幸福の心の宮殿が輝いていた。
        ◇
 創価城
  花あり 華あり
   勝利あり

 「文学にしろ、音楽にしろ、一流のものに触れよ」
 これが、将来を見据えた戸田先生の指導であった。
 先師・牧口先生も、幸福に直結する「美」の価値を貴《たっと》び、野蛮がはびこる戦時下にも、「文化」を徹して大事にしていかれた。
 世の中に、いかに憎悪や嫉妬や堕落や裏切り等々、「醜悪」なるものが溢れていようが、創価の勇者は、昂然と胸を張って、世界を美しくしていくのだ。
 そのために、友情を広げよう! 誠実を尽くそう! 正義を貫こう! 汝自身の生命の宝を最高に光り輝かせて、生き抜くのだ! その人生に勝る美はない。
 文化は、豊饒なる人間性の大地の開拓であり、智慧の開花である。
 1961年(昭和36年)の10月、私はヨーロッパを初訪問した。各国の主要都市を回り、点在する同志を全力で励ます間に、パリのルーブル美術館、ロンドンの大英博物館、ローマの遺跡やバチカン宮殿、さらにオーストリアのウィーンにも足跡《そくせき》を刻んだ。
 行く先々で文化の宝を目に焼き付けながら、私は美術館の設立構想を、同行の友に語ったのである。
 ――新たな人間主義の芸術の創造のためにも、世界の民衆を結ぶ文化交流のためにも、美術館を創りたい。いつか全同志が誇れるような、世界中の美の宝を展示していこう――と。
 それから半世紀近くを経て、今日《こんにち》、私が創立した東京富士美術館には、世界中から名宝が結集する。
 “人類の宝が集まる美術館”“世界が出会う美術館”“無限のエネルギーを秘めた、若い力の漲る美術館”等々、識者からも、高い賞讃が寄せられている。
        ◇
 民主音楽協会(民音)も1963年(昭和38年)の創立以来、100カ国・地域を超える国々と交流を重ね、音楽の力で世界の民衆を結んできた。
 海外からの招聘公演は、大都市圏だけでなく、全国の地方都市を巡回する。
 最高の音楽と舞台芸術を、より多くの方に楽しんでいただきたい。これが、民音の原点であるからだ。
 民音推進委員の方々をはじめ、皆様の尊き真心が結晶した文化運動である。
 昨年、新中国の建国60周年を記念して来日された、中国国家京劇院の新作「水滸伝」の公演も大成功であった。周恩来総理が大切に育んでこられた芸術の至宝である。
 団長の王秀雲《おうしゅううん》先生は、私と妻の大切な友人である。穎超先生(周総理夫人)との会見の際も、名通訳を務めてくださった。
 今も、時を超えて、周総理ご夫妻のお心を受け継ぎ、両国の民衆を結ぶ文化交流を、私たちは積み重ねている。
 芸術は、理解と尊重の精神を育む。地道に耕された信頼と友誼の大地にこそ、いかなる嵐にも揺るがぬ平和の大樹が林立するのだ。
        ◇
 妙法の
  光かがやく
   音楽隊
  凛々しき君等の
   功徳は いかにと

 英国の青年詩人キーツははつらつと歌った。
 「闊《ひろ》き河越え 巨《おお》き山越え 吾らは進む」「歌いつ舞いつ……」
 昨年の10月、創価グロリア吹奏楽団と関西吹奏楽団が、全国大会でそろって「金賞」を勝ちとり、共に日本一の栄冠に輝いた。
 それは「信心即勝利」「鍛錬即成長」、そして「労苦即栄光」の青春の勝鬨であったといってよい。
 “病床の父に勝利を届けたい”と、多忙な仕事をやり切りながら、人一倍練習に、学会活動に、懸命に励んだ友がいる。
 「金賞」の朗報を笑顔で聞かれた父上は数日後、美しき成仏の相で霊山に旅立たれた。私も妻と追善の題目を送らせていただいた。
 正義の魂を呼び覚まさずにはおかぬ迫力の音律! 悩める友の背中を力強く押す勇気のメロディー!
 それは、「戦う生命」こそが奏でることのできる、大宇宙のリズムなのだ。
 しなの合唱団も、関西男声合唱団も、全国大会で大活躍している。創価ルネサンスバンガードも、堂々の日本一を幾度となく勝ち飾ってきた。
 みな我らの誉れである。
 御聖訓には「かく(隠)れての信あれば・あらは(顕)れての徳あるなり」(御書1527㌻)と仰せである。
 誰も知らぬ、喝采のない舞台で、どれほど祈りを込め、どれほど苦労を惜しまず、どれほど努力の限りを尽くしてくれているか。
 戸田先生と私の「手作り」の音楽隊は、常に真剣勝負だ。一心不乱である。
 だからこそ、その渾身の演奏は万人の胸を打つ。諸天も揺り動かし、勝利へ勝利へ、仏の陣列の威光勢力を、いやましていくのだ。
        ◇
 あな嬉し
  平和の天使の
   前進に
  広布の道は
    幸が爛漫

 平和の天使・鼓笛隊も、晴れやかに新出発した。
 法華経の妙音菩薩品には高らかに謳われている。
 「(妙音菩薩が)経《ふ》る所の諸国は、六種に震動して、皆悉《み》な七宝の蓮華を雨《ふ》らし、百千の天楽は、鼓せざるに自《おのずか》ら鳴る」(創価学会版法華経610㌻)
 全国、全世界で、まさに「天楽」を奏で、希望と勇気の行進を続ける愛娘たちの勝利と幸福を、私と妻は常に見守り、祈っている。
 いつもいつも、各地でのパレードや演奏会、本当に、本当にありがとう!
 鼓笛隊の平和のスクラムは、今や世界の約30に及ぶ国や地域に広がる。
 あの地この地で、乙女たちは、若き良き世界市民と光りながら、創価の妙音を奏でている。
 「力強い演技で人びとを勇気づける姿は、平和の天使そのものです」と、敬愛する南米ボリビアの女性リーダーも最大の讃辞を送ってくださった。
 広宣流布という、世界で一番、崇高な目的をもつ鼓笛隊である。その使命と目的を自覚した時、思ってもみなかった力が生まれる。
 世界的なバイオリン奏者であるメニューイン氏は、「偉大な曲は、“それぞれの偉大さ”を備えています」と語っておられた。
 味わい深い言葉である。
 「桜梅桃李の己己の当体を改めずして」(御書784㌻)と、御金言には仰せである。
 それぞれが尊貴な使命をもつ。鼓笛隊で自身を鍛えた友は強い。一人ひとりが自分らしく胸を張って、社会と広布の最前線で、聡明に希望と幸福の名曲を奏でていくのだ。
 ハリウッド女優として活躍するアメリカのショー女子部長も、ブラジルを代表する企業で信頼を勝ち得てきたナカヤマ女子部長も、誉れの鼓笛隊の出身だ。
 本年、世界各国で、創立80周年を祝賀する文化祭や友好祭も行われる予定と伺っている。

生命歓喜の勝鬨で人生を飾れ!
「美」の価値の光を広げる大民衆運動


充実と向上の劇を!
 一日一日、自分自身を励まし、そして友と励まし合いながら、青春の晴れ舞台でも、広布の大舞台でも、伸びやかに充実と向上の劇を乱舞していただきたい。
 「芸術はわれわれに立ちどまってはならないと命じているのだ」とは、ベートーベンの至言である。
        ◇
 わが生命を、一生懸命に咲かせ切って生きる。それ自体が芸術の傑作となる。
 岡山県出身の詩人・薄田《すすきだ》泣菫《きゅうきん》は、生命の「力」と「美しさ」と「輝き」を讃えてやまなかった。
 この泣菫が、ひときわ好んだものがある。それは、雑草だ。そこには「踏まれても、引きちぎられても、伸びずにはおかない」という生命の真髄の力が現れているからである。
 泣菫は見つめていた。
 ──あらゆる草木が枯れはてる冬に凛と咲く花がある。水仙の花である。水仙は、ぼろぼろに荒れた土のなかから咲き出で、その金と銀の香りで、自らを育んだ土を浄めている、と。
 厳寒の冬のような逆境にあっても絶対に負けない。朗らかに逞しく、家族のため、友のため、地域のため、社会のため、祈り、活動を続けているのが、わが創価の女性たちである。
 あの阪神・淡路大震災の惨禍から15年。健気に前進されゆく兵庫、大阪をはじめ、今、全国各地で、婦人部大会が花盛りだ。それは、「冬は必ず春となる」(御書1253㌻)との御金言を主題とする、希望の劇場であるといってもよい。一人ひとりが常楽我浄のドラマの主役である。特に、中心となるグループ長、副グループ長の皆様のご健闘を労《ねぎら》い、讃えたい。

 幸福の
  交響楽を
   ともどもに
  弾かなん 歌わむ
     錦州城にて

 ある日ある時、愛する関西の友に贈った歌である。
        ◇
 1935年6月、ナチスによる文学者や文化人への弾圧が吹き荒れるなか、パリで行われた国際作家大会で、一人のデンマークの作家が烈々と叫んだ。
 「文化とは責任のことだ。最高の文化は未来にたいする責任である」
 多くの文学者が粛清され、膨大な量の詩や作品が焚《た》かれた。
 それでも亡命や投獄の烈風に怯まず、未来への「責任」を担い立ち、死をも覚悟して正義を貫き通した勇者がいたのだ。
 「責任」即「勇気」だ。ここに、蛮性と戦い、文化を永続させゆく力がある。

 この道を
  歓喜のスクラム
     友どちと
  進む嬉しさ
    文化の世界と

 文化は、一部の特権階級のためのものではない。全人類に共通の宝である。
 フランスの美術史家ルネ・ユイグ氏も、ナチスの侵略の渦中、一人、危険を顧みず、ルーブルの所蔵品を護り抜いたエスプリ(精神)の闘士である。
 1989年の6月、このユイグ氏ゆかりのフランス学士院から招聘をいただき、「東西における芸術と精神性」と題し講演を行ったことも懐かしい。
 その際、私は「大悪大善御書」の一節を拝した。
 「迦葉尊者にあらずとも・まい(舞)をも・まいぬべし、舎利弗にあらねども・立ってをど(踊)りぬべし、上行菩薩の大地よりいで給いしには・をど(踊)りてこそい(出)で給いしか」 (同1300㌻)
 宇宙の本源の法則に則って、芸術の「結合の力」を発揮しゆく創造的生命は、「歓喜の中の大歓喜」に躍動していくことを申し上げたのである。
 しばし鳴りやまぬ賛同の大拍手をいただいた。
 ともあれ、広宣流布は、万年の彼方まで人類の未来に「責任」を果たしゆく聖業である。
 わが友よ、この尊極の使命の舞に、喜び勇んで打って出ようではないか!
        ◇
 堂々と
  文化と平和の
   道 開く
  ああ勇敢な
    創価の君らよ

 皆の生命が勝利に輝く、文化と平和の世紀を、いかにして築くのか。そこに、「創価ルネサンス」の一次元の眼目もある。
 私が対話を重ねた7000人に及ぶ識者・指導者のなかには、多くの文化の闘士、芸術の王者、言論の獅子がおられた。
 その精神の戦人《いくさびと》たちは、自ら生命を注いだ芸術を誰に捧げてきたのか。
 語り合った私の実感は、それは「民衆のために」という一点である。
 民衆を強く! もっと強く! そう願い祈る心に溢れていた。
 平和を願う人は、誰よりも文化を愛する人だ。
 人間を共感と感動で結ぶ文化の擁護と復興こそが、平和への大道なのである。
 苦悩を勝ち越えたベートーベンも、わが音楽は民衆のためにあると信じていた。彼は自らに語った。
 「お前は、お前自身のための人間であってはならない。ただ、他の人のための人間なのだ」
 そのベートーベンの“歓喜の歌”を、わが同志が歌ったことに、「外道礼賛」と愚劣に悪口してきたのが邪宗門である。
 庶民の尊き真心を裏切った、恩知らずの文化破壊の輩の哀れな末路は、ご存じの通りだ。
        ◇
 日本画壇の巨匠・平山郁夫画伯と、海を見つめる神奈川文化会館で語り合って30年となる。
 私の著作の装画や挿絵などでも、大変にお世話になった。昨年、訃報に接して、忘れ得ぬ出会いが蘇ってきてならなかった。謹んで哀悼の意を捧げたい。
 「仏教伝来」が代表作の一つである平山画伯は、命を賭して、仏教を西から東へと伝えた先達への思いを通し、ご自身の画家としての真情を述懐された。
 「命がけで求めないと先人の苦闘の本当の心境が分からない」 「一切の根源にあるものをつかみたい」
 仏法の「不惜身命」にも通ずる気迫であられた。
 求道心みなぎる芸術、そして戦いの心が脈打つ文化こそが、何ものにも朽ちない不滅の輝きを放つのだ。
 芸術部、学術部、ドクター部、文芸部をはじめ、「創価文化」を担い立つ栄光の旗手たちよ!
 君たちのたゆまぬ挑戦の勇姿が、私たちの何よりの誉れである。
 そしてまた、広宣流布という文化興隆の歴史を開いてこられた父母の誇らしげな顔は、どんな芸術家のそれにも増して美しい。
 ゲーテは詠んだ。
 「われらの上には
  真の友情が輝く。
  ごらん、
   新たなる年がきて
  われらもまた
  新しくなっている」
 さあ、妙法の芸術家よ、大文化の英雄たちよ!
 色褪せることなき、人生の大勝利の絵巻を!
 民衆の栄光の讃歌を全世界の友と歌い上げるのだ!
 そしてまた、使命も深き「創価」の宝冠を戴く偉大な同志たちよ! 生命歓喜の勝鬨で、至高の芸術と輝く人生を飾れ!
 おお! いかなる苦難にも負けず、生き生きと戦い勝ちゆく生命は美しい!

 人生も
  また青春も
   悔いはなき
  魂《こころ》の舞の
    君の勝利を


 ゲーテの言葉は最初が『ゲーテ全集1』「新年に」片山敏彦訳(改造社)=現代表記に改めた。二番目は「新年に」の別訳で、『ゲーテ全集1』松本道介訳(潮出版社)。キーツは『対訳キーツ詩集』宮崎雄行訳(岩波書店)。薄田泣菫は『泣菫随筆』谷沢永一・山野博史編(冨山房)。ベートーベンは『ベートーヴェンの言葉』津守健二訳(朝日新聞社)。デンマークの作家の言葉は『文化の擁護 1935年パリ国際作家大会』相磯佳正他編訳(法政大学出版局)。
2010-01-24 : 随筆 我らの勝利の大道 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索