新時代第34回本部幹部会㊤

新時代第34回本部幹部会/第34回SGI総会での名誉会長のスピーチ
              (2009.11.14 東京牧口記念会館)

逆境に学べ! より強くなれ
最後は我らが必ず勝利する


健康であれ 長寿であれ 幸福であれ
創価の同志を諸天が喝采
恩師が夢見た世界広布の旅路を共に


 一、まず音楽隊の演奏に感謝したい。
 とても上手だった。
 皆さんは、時間をやりくりして、練習してこられた。私は、よく知っている。
 何と尊い努力か。本当に見事だった(大拍手)。
 〈スピーチの前に、会場で音楽隊の創価グロリア吹奏楽団が学会歌「人間革命の歌」「広布に走れ」を力強く演奏した〉
 音楽や歌のあるところは発展する。
 それが歴史の一つの鉄則である。
 学会は、その通りに進んでいる。
 音楽隊、ありがとう!(大拍手)

冥益が根本
 一、伝統光る創立記念の「本部幹部会」、おめでとう、ありがとう!(大拍手)
 そして歴史に輝く「SGI(創価学会インタナショナル)総会」、本当におめでとう、ありがとう、ご苦労さま!(大拍手)
 60カ国・地域の偉大な広宣流布の指導者の方々、ようこそお越しくださった!
 皆様は、遠く海外から仏法を求めて、ここに来られた。
 その功徳は大きいことを確信していただきたい。
 仏法の功徳は、「末法」においては「冥益」が中心である。
 今は、はっきり見えなくても、後になって出る。しかも、思いもよらないほどの大きな福徳に包まれる。
 それが仏法の法則である。
 一、創立の父・牧口常三郎先生は、すでに当時、宣言されていた。
 「大聖人の仏法は全世界に流布されるものである」と。
 そして恩師・戸田城聖先生も叫ばれた。
 「仏法の生命尊厳の法理と慈悲の精神こそ、人類を救済しゆく大哲学である。この創価の思想を全世界に弘めよ!」と。
 戸田先生は、何度も何度も、「真の生命尊厳の思想は、この仏法しかない。これを世界に弘めることは、何よりも偉大である」と述べておられた。
 その遺訓の通りに、私たちは、世界192力国・地域に妙法を弘めた。ありがとう!
 仏法史上、かつてない偉業である。
 すべては、皆さん方が弘めたのである。
 皆さん方の同志が弘めたのである。
 誰よりも、御本仏が、諸天善神が、十方の諸仏が、妙法を持《たも》ち弘める皆さん方に大喝采を贈っている。万雷の拍手を贈っている。これを忘れてはいけない。
 御書に、「日蓮が讃嘆申し上げることは、ものの数ではありません。“諸仏がおほめである”と法華経に説かれているのだから、まことに頼もしいことである」(御書1112㌻、通解)等と仰せの通りである。
 日蓮大聖人が御遺命され、恩師が夢見た世界広宣流布は、私たちが厳然と成し遂げたのである(大拍手)。
 どうか、いつまでも、いつまでも、生命力をたくましく、元気で、勝利、勝利の人生を送っていってください。
 人生に負け戦は必要ない。勝ちましょう!
 〈「ハイ!」と元気よく返事が〉
 お帰りになったら、
各国の大切な同志に、くれぐれもよろしくお伝えください。

無事安穏を祈り合え! 
 一、また、全同志の皆さん方の「健康」と「長寿」と「幸福」を、私も妻も毎日、真剣に祈っている。
 特に「100年に一度」といわれる、この不景気に、絶対に負けることなく勝利することを、強く祈っている。頑張ってください!
 全世界の一人一人の学会員が、無事安穏で、絶対の幸福に包まれて、大勝利の発展をしていくことを、皆で互いに祈り合っていきたいと思うが、どうだろうか。〈「ハイ!」と賛同の返事が〉
 ともあれ、絶対に敗北者を出してはならない。臆病や恩知らずになって、退転していくような人間だけは出してはいけない。
 途中で、どんなことがあっても、最後は必ず勝てるのが、変毒為薬の“妙法蓮華”なのである。
 今は、どんなに苦しくとも、どんな病気でも、どんなにいじめられていても、最後は必ず勝てる。絶対に勝利者になる。
 これが仏法だ。これが信心だ。
 反対に、いじめた人間、悪鬼、魔民は、最後は全部、滅びる。
 これが、“仏法は勝負”の現証である。
 ゆえに頑張るのだ。素晴らしい人生を生きよう!

信心から離れてはならない
 一、若い皆さんは、どんなに今、お父さん、お母さんが大変でも、またどんなに今、家が貧しくても、「いつかは私が頑張って、うんと稼いであげるから」と明るく励ましていくのだ。
 また、独り暮らしの方や、結婚していない方もいるだろうが、所詮、人生は一人から出発して、一人で終わるのである。
 ゆえに何も心配することはない。信心を根本に、自分らしく進んでいけばいいのだ。
 その人を諸天善神が守りに護る。安心して信心していってもらいたい。
 ともあれ、濁世ゆえに、互いに声を掛け合い、励まし合い、支え合っていくことだ。何度も言うけれども、絶対に敗北者になってはならない。信心から離れてはならない。
 みじめである。あわれである。まったく御書の通りである。
 半世紀にわたり、広布の指揮を執ってきて、すべてを見てきた私の確信である。
 変毒為薬の妙法を信じながら、全員が「信心の勝利者」になっていただきたい!(大拍手)

最前線の友を大切に
現場の声を聴け すばやい対応を


壮年部に捧げるガンジーの言葉
男らしさとは戦うことだ
倒れても再び立ち上がり
戦いを開始するのだ!


女子部国際部からの報告
 一、第一線で真剣に戦う人を大切にすることだ。そうした方々の中にこそ真実があり、正義がある。
 それをまっすぐに、正しく見て、その声を真摯に聴き、すばやく対応していくのが、仏法の指導者の役目である。
 牧口先生は、“上が偉いのではない。下が偉くなっていくために、上がいるんだ”と教えられたが、本当にその通りである。
 先日、女子部の国際部の方から報告があった。
 一人の女子部の友からの報告にも、偉大な指導が含まれている場合がある。役職とか肩書だけで見ていたら、大事なことを見逃してしまうものだ。
 この女子部の国際部の方の報告によると、「わが地域でも壮年部が奮闘しています。ぜひ、先生から、この箴言をお伝えください」とのことであった。
 それは、インドの非暴力の大英雄マハトマ・ガンジーの言葉であった。
 「男らしさとは、戦うことにある。戦いが、我らを作り上げてくれる。だから、恐れずに戦い続けるのだ。くじけるな。たとえ死力を尽くして戦った結果、倒れることがあっても、少しも落胆するな。再び立ち上がり、戦いを開始するのだ」
 私は、この言葉を探してくれた女子部の友の真心に感動した。また本当によく勉強しておられると感嘆した。
 また、ガンジーの言葉にこうある。
 「私たちは皆、恐れなき心、誠実さ、不屈の精神、正義感、正直さ、確固たる目的観という徳を高めて、国のために尽くすことができる。これこそ、真の宗教のあり方である」
 まさに“良き市民”として、社会のため、国土のために貢献する、わがSGIにこそ、真実の宗教の姿があるのだ。
 さらにガンジーの言葉である。
 「逆境から学ぶべき教訓をつかむのだ。そうすれば、逆境は無意味にはならない。
 私たちは、この試練を経て、より豊かな社会的価値と、より強い正義感を持つ民衆として立ち上がることができるのだ」
 何の苦難もなく、ただ笑って、楽しんでばかり。そこから得られるものなど、大したものはない。逆境こそが人間を偉大にするのだ。
 我ら壮年部も、あらゆる試練をバネとして、今再び、立ち上がろうではないか!(大拍手)
 一、いよいよ創立80周年の開幕である。おめでとう! ありがとう!(大拍手)
 今、これほど世界的に発展を続けている宗教団体は、学会以外にない。本当にすごい学会となった。
 仏法では“八とは開く義”と説いている。
 私たちは、ここで、明年の創立80周年へ、次の3点を決意し合いたい。
 第1に、「境涯を開く」ことである。
 リーダーが大きく境涯を開けば、それだけ多くの友を幸福にできる。人材も育つ。組織も発展する。
 その原動力は何か。それは、師弟不二の祈りである。
 第2に、「友情を開く」ことである。
 友情の拡大が、広宣流布である。何でも語り合える友人、心から信頼できる友人を増やしていくことだ。
 私は人間外交で、無理解の人や偏見の人をも味方に変えて、広布を進めてきた。「声仏事を為す」(御書708㌻)である。確信の声で仏縁を広げていくことだ。
 そして第3に、「勝利を開く」ことである。
 仏法は勝負──すべてに勝つための仏法である。
 信心は勇猛精進だ。勇気に燃えて前進するのだ。
 創立80周年を、晴れ晴れと大勝利で飾ろう! 断じて広布と人生の永遠の栄光を勝ち開こう!(大拍手)

最前線の友を大切に
現場の声を聴け すばやい対応を


「一人が10人を」
 一、先日、アメリカのオハイオ州・デイトン市に新たな会館が誕生した。本当におめでとう!(大拍手)
 〈デイトン市から、SGI会長夫妻に「名誉市民」の称号が贈られた〉
 デイトン市といえば、飛行機を発明した、あの「ライト兄弟」の故郷である。
 〈ライト兄弟は1903年12月17曰、人類で初めて動力(エンジン)付き飛行機による有人飛行に成功した〉
 ライト兄弟の兄ウィルバーの言葉を紹介したい。
 「一人の人間が、直接できることには限りがある。しかし、一人が10人を奮い立たせ、共に行動してくれるようになれば、それは、すでに偉大なことを成し遂げたことになる」
 「一人が10人の友を!」──私たちは、これを合言葉にして、楽しく対話を広げてまいりたい。
 学会は、これまでも一人一人と友情を結び、信頼を広げてきた。だからこそ、世界的になったのである(大拍手)。

『負けじ魂』で栄冠をつかめ
 一、日本、そして世界の芸術部の皆さん、いつもいつも、本当にありがとう!(大拍手)
 ドイツの大詩人ハイネは謳った。
  「剣はひかる 凛々しくも! 旗はひらめく 清しくも」(井上正蔵訳『歌の本〈下〉』岩波文庫)
 芸術部の皆様方こそ、「勇気の剣」を掲げた文化の英雄である。
 そして、芸術部の皆様方こそ、「勝利の旗」を掲げた希望の旗手である。
 「芸術部」と聞くと、多くの同志は安心する。喜ぶ。「ああ、顔を見たいな」となる(笑い)。
 芸術部の皆様は、それぞれの特性を生かして、先頭に立って戦ってくださっている。
 仕事においては、華々しく活躍する時もあれば、そうでない時もあるかもしれない。
 しかし、皆さんは何があろうと、どこまでも信心根本に歩んでいただきたい。地道な学会活動に挑戦していただきたい。そして、わが「芸の道」を進んでほしい。
 皆で芸術部の栄光を祈り、応援していきたいと思うが、どうだろうか(大拍手)。
 一、今、スポーツ部の活躍が目覚ましい(大拍手)。
 きょうも、代表が勇んで参加してくれている。ありがとう!(大拍手)
 スポーツ部のメンバーの中には、悔しいケガや病気を信心根本に乗り越えて、猛練習の末に栄冠を勝ち取った人もいる。
 私は、不屈の「負けじ魂」で進む友の活躍を心から讃えたい。皆さんにお会いできて、本当にうれしい。
 どうか、体を大切にして、ますます頑張っていただきたい。
 フランスの思想家モンテーニュは綴った。
 「武勇とは腕や すねの強さではなくて、魂の強さだ」(関根秀雄訳『新選モンテーニュ随想録』白水社)
 スポーツ部は、色心不二の妙法を持っている。魂の究極の強さで、断固と勝ちまくれ! 負けても次に勝て! 皆で祈り、応援しています!(大拍手)

下から支えるリーダーたれ
 一、先日、アメリカの友から報告が寄せられた。
 それは、私と対談を行ったアメリカ実践哲学協会のマリノフ会長が、次のように語っておられたというものであった。
 「リーダーには、二つのタイプがあります。一つは、ピラミッドの頂点に立つ存在です。
 そしてもう一つは、逆の形をしたピラミッドの底辺に立ち、民衆を下から支える存在です。支配するのではなく、奉仕しながら、人々の精神を高めていくのです」
 〈マリノフ会長は、こうも述べている。
 「池田SGI会長は、すべての人々を高めようと、下から支えておられます。創価学会の発展と繁栄の秘けつは、この一点にあると、私は見ております」〉
 世界の知性の目は鋭い。
 学会のリーダーは、どこまでも広布の同志を支え、同志に尽くしていく存在である。リーダーが一人一人を本当に大切にすれば、世界広布の前進は、もっ
と勢いを増していくことができる。
 皆様は、どうか、この一点を深く心に刻んでいただきたい。

御聖訓「わが弟子よ このたび仏法を試みよ」
学会創立80周年は、皆が大功徳を開く時
“初心に立ちかえって思う存分、戦ってみよ”


誠実に、真剣に
 一、日蓮大聖人は、「撰時抄」で弟子一同に対して仰せである。
 「法華経の通り身命も惜しまず修行し、このたび仏法を試みなさい」(御書291㌻、通解)
 大聖人の門下には、長年にわたって信心してきた人も多くいた。しかし打ち続く大難の中で、疑いを起こして退転する弟子も出た。
 仏法の真髄は、あまりに深い。妙法の功力は、あまりに大きい。
 ゆえに、わが門下よ、断じて退いてはならない。妙法流布に生き抜くならば、必ず最高の幸福境涯を築くことができる──。
 御書には、御本仏の大確信が脈打っている。
 リーダーは惰性を排し、どこまでも誠実に、真剣に、広布のため、同志のために行動し抜くことだ。
 増上慢になり、油断し、横着になれば、自分が損をする。大福運を逃《のが》してしまう。特に、役職が上になり、自分が偉くなったように錯覚し、会員を下に見て、威張るようなことがあれば大変だ。
 これまでも、そうやって堕落し、ついには退転していった人間がいたのは、皆様がご存じの通りだ。
 今こそ、全リーダーが初心に立ちかえって、命を惜しまず、労苦をいとわず、思う存分、戦うことだ。
 題目を唱え抜いて、悔いなく戦いきることだ。
 必ず、永遠の成仏という大果報を勝ち取っていくことができる。
 創立80周年は、皆が大功徳を開く時なのである(大拍手)。

戸田先生
婦人部、女子部は帰宅時間の厳守を
絶対無事故で賢者の前進


「用心を厳しく」
一、大聖人は、弟子の四条金吾に対して、その安全と無事故を祈られ、繰り返し、注意しておられた。
 「以前より百千万億倍、用心していかれなさい」(同1169㌻、通解)
 「夜は用心を厳しくして」(同1164㌻、通解)
 「帰る時には、いっそう心に深く用心しなさい」(同1176㌻、通解)
 戸田先生も、婦人部、女子部に何度も言われた。
 「帰宅する時開が絶対に遅くなってはいけない」
 「暗い道を一人で歩いてはいけない」
 婦人部・女子部は会合などで、夜の帰宅が遅くなることはあってはならない。このことは、何度でも申し上げておきたい。
 全員が、絶対に事故を起こさず、健康と幸福の「賢者」の前進をお願いしたい。よろしく頼みます!〈会場から「ハイ!」と返事〉
 また男性のリーダーは、女性のために、こまやかな配慮と注意をお願いしたい。

全て意味がある

 一、大聖人は、大病と闘う南条時光に対して述べておられる。
 「(あなたは)上下万人から諫められたり、脅されたりしながらも、ついに信仰を捨てる心がなく、もはや成仏しそうになったので、天魔・外道が病気にさせて脅そうとしているのであろう。命にはかぎりがあるものだから、少しも驚いてはならない」(同1587㌻、通解)
 病気には深い意味がある。信心を試されているのである。ゆえに、諸天善神が護らないわけがない。
 勇気ある信心を奮い起こして、断固として祈り抜き、病魔に打ち勝つことだ。何かあっても、大聖人は厳然と見守ってくださっている。
 そのことを深く確信していただきたい(大拍手)。
2009-11-23 : スピーチ・メッセージ等 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索