随筆 人間世紀の光 No.208/9

随筆 人間世紀の光 No.208/9(2009.10.23/24付 聖教新聞)

創価一貫教育の大城㊤㊦

勇気で開け! 君に勝利の使命あり
「何のため」忘れず 挑戦と向上の青春を


 陸続と
  また陸続と
   後継の
  世界に広がる
    栄光 君らよ

 南米ボリビアを代表する師範学校のペレイラ学長は語ってくださった。
 「子どもの幸福を第一に考える牧口常三郎初代会長の教育思想こそ、教育のあるべき姿です。現代の教育者は、創価教育学から学ばなければなりません!」
 明年は、わが創価学会の創立80周年。すなわち、その淵源である『創価教育学体系』の発刊から80周年となる。これまで『創価教育学体系』は英語、スペイン語、イタリア語、ヒンディー語など14言語に翻訳され、各国で大きな反響を呼んできた。
 「人間を根本とする創価教育学は、21世紀の人類に最適の教育学理論である」とは、台湾・中国文化大学の劉焜輝《りゅうこんき》教授の、深い大きな賛同の声である。
 「教育の世紀」の希望を担い立って、海外には、アメリカ創価大学(SUA)が建った。香港、シンガポール、マレーシア、ブラジル、韓国に、夢を育む幼児・児童教育のネットワークも完成した。創価教育を実践する学舎《まなびや》は、今や日本だけでなく地球規模の広がりをもっている。
        ◇
 教育は
  人間世紀の
     根本か
  創価教育
    恩師も賞讃

 「教育こそは、新しい世界を開く鍵である」と、イギリスの大哲学者ラッセルは洞察した。
 自分自身の可能性を開くのも、未来という大海原を開くのも、未知の世界に挑む力を開くのも、みな教育である。
 妙法の「妙」には「開《かい》」──開くという意義がある(御書943㌻)。教育の真髄も、この「開く」力にあるといえまいか。
 御聖訓には、「鳥の卵は初めは水のようなものにすぎないが、その中から誰が手を加えなくても、やがて、くちばしや目が出来上がってきて、ついには大空を飛ぶ鳥となる」(通解、同1443㌻)と仰せである。
 一人ひとりの生命には、自分にしか発揮できない、大いなる才能や個性が厳然と具わっているのである。
 その自らの可能性を最大に引き出し、社会のため、人類のために、尽くしゆく生き方を教えたのが仏法である。仏法そのものが、最高の教育法なのだ。

108人の大樹の誓い
 牧口先生は、「“青は藍より出でて藍より青し”。これが創価教育の特色なんだ」とも力説された。
 この21日、修学旅行で東京を訪れていた、わが関西創価小学校の6年生(27期生)108人から、元気いっぱいの便りが届けられた。
 皆が暗唱するほど胸に刻んだ、尊い宣言文「大樹の誓い」や決意文集、また自分たちが育てた藍で染めた「扇」を、私と妻は微笑みながら嬉しく拝見した。
 この大樹に伸びゆく子どもたちを育まれた、ご父母の皆様、教職員の方々に深く感謝申し上げたい。
 どうか、「努力の人」に! 「希望の人」に! そして「正義の人」に!
 そこに、「出藍の誉れ」の勝利の人生が必ず開かれるのである。
 ともあれ、創価教育は、仏法の人間主義の思想を根底にして、弟子が師匠を、子が親を、学生が教師を、後輩が先輩を超えて、人類の未来に貢献する人材を次々と育み、送り出していくのだ。
 この創価教育の特質を、ここでは、三つの「育成」──「可能性の育成」「心の育成」「世界市民の育成」という次元から考えてみたい。
        ◇
 生き生きと
  価値ある人生
    勝ち取らむ
  英知の博士の
      輝く瞳よ

 第1には、一人ひとりの「可能性」を大きく開き、子どもたちが自ら幸福をつかんでいくことである。
 自らの可能性を開くことは、自分だけではない、自他共の幸福と勝利を開いていく土台となるものだ。
 なぜなら、自己の生命の可能性を信じられなければ、本当に他人を思いやる心は持てない。
 「どうせ自分は駄目だ」と思っていて、どうして他者を励ませるだろうか。
 生命の持つ可能性を開いて、自分に勝っていくことが、「皆が勝利する世界」を築く出発点になるのだ。
        ◇
 偉大なる行動は、偉大なる「誓願」から始まる。
 日蓮大聖人は12歳で修学の道に入り、「日本第一の智者となし給へ」(同888㌻)と誓いを立てられた。そして、その誓願通りに、民衆と社会を救う智者となり、一切衆生の苦悩を救済しゆく大法を究められた。これが日蓮仏法の起点である。
 人間教育の次元においても、誓願に限界はない。誓願そのものが「無限の可能性の卵」といってもよい。
 だからこそ、私は、一人ひとりの持つ「可能性の育成」のため、若き友に「何らかの分野で一番を目指そう」「十年一剣を磨け」と呼びかけてきた。
 大きな目標を立て、それぞれの道で最高峰を目指して努力を重ねていく。
 その労苦のなかでこそ、自らの秘められた可能性が解き放たれていくからだ。
 それは、他人と比較してどうかではない。昨日より今日、今日より明日へと、向上していくことである。
 学園生、創大生たちは、私の思いを受けて、日々、自分自身に挑戦しながら、美事なる日本一の伝統を築き上げてくれた。
 東京校の創価雄弁会は、全国ディベート甲子園で、中高で合わせて十度の日本一になった。「国際化学オリンピック」「国際哲学オリンピアード」などでも、東西両校の高校生が日本代表として大活躍している。
 本年は、関西校の高校箏曲部が文化庁長官賞を受賞し、高校ダンス部は、3度目となる日本一の栄冠を手にした。
 創価大学では、今年、経済学理論同好会が、経済学検定試験の第11回「大学対抗戦」で堂々の4連覇を達成した。柔道部も、パイオニア吹奏楽団も、そして落語研究会等もこれまで、日本一に輝いている。
 明年、開学25周年を迎える創価女子短期大学も、資格試験に強いという伝統を築き上げてくれた。英語能力試験、秘書技能やビジネス文書技能の検定でも最優秀の成績を収めている。先日も、学生エッセイコンテストで「日本一」の嬉しい報告を届けてくれた。
        ◇
 何のため
  忘れず
   君よ 学びゆけ
  偉大な人生
    輝くばかりに

 第2の「心の育成」を願って、私は知性を磨く意義、つまり「何のため」に学ぶかという一点を強調してきた。
 創価大学の開学に際して私が贈った一対のブロンズ像の台座には、こう刻んである。
 「英知を磨くは何のため
 君よ それを忘るるな」
 「労苦と使命の中にのみ
 人生の価値《たから》は生まれる」
 フランスの高名な彫刻家アレクサンドル・ファルギエールの力作の像は、向かって左側が若き希望の印刷工であり、右側が熟練の信念の鍛冶工である。
 苦闘のなかで使命を開く学徒の英姿とも、創価教育を支え護り、期待してくださる方々の象徴とも思い、私は像を仰ぎ見てきた。
 陰で苦労している人の思いを知らなければ、世界の民衆のために尽くしていくことはできない。
 「大学は大学に行けなかった人のためにある」と、私が訴えてきたのも、そのためである。

世界まで 我らの舞台は無限なり
民衆に尽くし 平和に尽くすリーダーが雄飛


 教育の世界は、何にもまして「励ましの心」の世界である。また、そうでなければならない。
 現在、私が対談を進めている中国教育学会会長の顧明遠《こめいえん》先生も、「愛がなければ教育はない」との信念を語ってくださった。「心を育む」ためには、まず、こちらが真心を注いでいくことだ。
 ──ある年の創価学園の卒業式のこと。
 この晴れの日に、どこか寂しそうな顔があった。実は、大学への進学が決まらず、浪人することになったメンバーだった。
 終了後、皆を呼んで、「負けるな!」と固い握手を交わした。力強く握り返してきた手の感触を、私は忘れない。
 また、ある時には、「この1年は、必ず5年にも10年にも匹敵するものになるよ!」と、真剣に励ました。
 長い人生である。勝つこともあれば、負けることもある。将来、勝ち続けていくために、今の悔しい試練もある。これから勝てばよいのだ。
 私は、一人ひとりにサーチライトを当てるように、東京でも関西でも、励ましのエールを送り続けた。
 奮起を誓い、難関大学に合格し、凱旋の報告をしてくれた友もいた。後年、向学の炎を燃やして博士号を取得したメンバーもいる。
 高校に入学して間もなく、お父さんを亡くした学園生かいた。

 美しき
  心と心の
   父子の詩《うた》
  三世に薫らむ
    諸天の守りは

 私は一首を贈り、彼と妹を激励した。今、その彼は、ドイツ国立重イオン研究所で原子核研究の国際プロジェクトをリードし、マインツ大学の教授にも就任している。
 苦労を厭わず、立派な仕事を果たし、創立者に応えたい、お母さんに喜んでもらおうという心が嬉しい。
 今、私が対話を重ねる、アメリカのエマソン協会のサーラ・ワイダー前会長は、創価教育の特徴として「学生たちが常に激励を受けている。それは学生を力づける激励であり、さらなる努力を促す激励である」「そして創価の教育には、感謝の心がある。それは共に学ぶことへの感謝でもある」と論じてくださった。
 感謝といえば、学園や創大を志願してくれた若き友、また受験を勧め、励ましてくれた方々のことが、私と妻の心から離れることはない。
 “皆、学園生、創大生”との思いで、大成長を願い、ご一家の繁栄勝利を祈り続けてきた。これが、私ども夫婦の偽らざる心である。
        ◇
 世界まで
  我らの舞台は
   無限なり
  希望に生きぬけ
    われに勝ちゆけ

 第3の育成は、「世界市民の育成」である。
 それは、いかなる国の人びととも、慢心にも卑屈にもならず、一個の「人間」として、堂々と誠実に交流できる「実力」と人類に貢献しゆく「開かれた心」を持つことだ。
 そのためには、「世界を知る」ことが欠かせない。知らないことが、偏見や先入観を生む。学ぶ勇気が、自分の心を世界に向かって開くことになる。語学力も大切だ。
 ともかく、日本の小さな物差しではなく、地球規模のスケールで考え、手を打っていけるリーダーが躍り出なければならない。
 私が「君たちの舞台は世界だ」と語り、学園生や創大生に、世界の指導者や一流の文化人や芸術と触れ合う機会を数多く作ってきたのも、そのためである。
 現在、ロシア語同時通訳の第一人者として活躍する関西校・創大出身のメンバーは、私が学園のお茶会の席で、「日本は、まだロシア語の通訳が少ない」と語ったことが、通訳を目指すきっかけとなったという。
 そして昭和56年(1981年)5月、私の3度目のソ連(当時)訪問の折には、彼女は学生の代表として共に訪ソし、大いに啓発を受けたようである。
 モスクワ大学への留学が決まった時、私は門出を祝して声をかけた。
 「皆に好かれるようになるんだよ。皆から慕われるようになりなさい」
 その通りに、よき先輩後輩と励まし合いながら、自らが関わった日露双方の方々に親しまれ、慕われながら、平和友好の道を毅然と歩み続けてくれている。
 先月、私は、創価一貫教育の創立者として、韓国の名門・弘益《ホンイク》大学から、栄えある名誉文学博士号を拝受した。あまりにも深きご厚情に、感謝は尽きない。
 この弘益大学とは、既に20年来の交流がある。
 その発端について、大教育者であられる李勉榮《イミョンヨン》理事長が語ってくださった。
 以前、韓国を訪れた数人の創大生が、同大学を訪問した。突然の来訪にもかかわらず、懇談の機会をもってくださったのが、李理事長(当時、総長)であった。創大生は帰国後も丁重な礼状などを送り、友好を深めていったというのである。
 この交流を通して、理事長は「創価大学生の誠実で真面目な態度に感心しました」と大変に喜ばれ、信頼してくださったのである。
 今、先輩たちが築いた伝統を継承し、学園生、創大生たちは、私と同じ思いで、はつらつと人間外交を進めてくれている。頼もしい限りである。
 先日、女子留学生日本語弁論大会(東京西大会)で、韓国出身の創大生が“友情の波を世界に!”と堂々と語り、優勝した。わが留学生の成長と活躍も本当に嬉しい。
        ◇
 偉大なる
  文武の伝統
    受け継ぎし
  創価の王子は
     何と頼もし

 それは、昭和56年の秋11月1日のことである。
 学会本部に掛かってきた一本の電話の声は、喜びに弾んでいた。サッカーの試合を終えたばかりの創価高校の学園生が、会場近くの公衆電話から掛けてきたのであった。
 「東京大会の準決勝に勝ちました。決勝戦はテレビで放映されます!」
 私は、直ちに、この“第一報”を入れてくれた友への伝言を、校長に託した。
 「やったな! 本当におめでとう」
 チームは決勝に勝ち、年明けの全国高校サッカー選手権大会に、学園として初出場。正月2日の初戦にも、美事、勝利を飾ったのである。
 日本中の創価の友が、喜びと誇りに沸き上がった。当時の選手たちも、応援してくれた仲間も、皆、立派なリーダーと育っている。
 たった一通の手紙、報告、一本の電話であっても、学園生、創大生の勝利の報告は、何ものにも勝る喜びである。
        ◇
 インドネシアが誇る不屈の大文豪プラムディヤ先生は、私が対談するワヒド元大統領の親友であられた。その代表作の中で、インドネシア大学の前身に学んだ信念の医学者が、若き学生たちに、民衆のための行動を訴える名場面がある。
 「なにが人間をして崇高たらしめるかといえば、それは一にも二にも良い教育である。良い教育こそが崇高で良い行ないの基礎になる」
 「ひとびとの魂を治癒し、その未来をどう切り拓いていくか、それもまたわれわれの任務でなければならない。教育を受けた諸君がその任務を担わなくていったい誰が担うのか」
 事実、この学府から、近代インドネシアの夜明けを開く勇者たちが澎湃と躍り出たのである。
 この烈々たる勇気と大情熱は、先日、創価大学にお迎えした、インドネシア大学のグミラル学長はじめ、諸先生方に脈打っていることを、私は感銘深く感じ取った。
 「明るい未来を迎えるために闇を突き破るのは、教育を受けた者ひとりひとりの責務である」
 このプラムディヤ先生の信念は、私たち創価教育の決意でもある。

 学びゆけ
  また学びゆけ
   指導者に
  なりゆく君の
    前途のためにと
        ◇
 わが創価の教育機関は、今、次なる峰へ、大きく前進を始めた。
 創価学園では、2011年3月に向け、総合教育棟が建設中である。アメリカ創価大学の講堂と新・教室棟の建設も順調に進み、明年秋の完成へ、建設の槌音を響かせている。さらに、創大の新総合教育棟は、2013年の完成を目指している。
 モスクワ大学のサドーブニチィ総長は、深い信頼を語ってくださった。
 「創価大学をはじめ、創価一貫教育そのものが、人びとに尽くす人材を育んでおられます」
 さらにまた、アメリカ実践哲学協会のマリノフ会長も、「創価一貫教育は、人類にとって最高の啓発を与える崇高な理念の上に構築されています」と讃えておられる。
 創価教育80周年を前に、創価大学、創価学園、アメリカ創価大学など、わが一貫教育の卒業生は世界で約8万人を数える。「八」の文字の如く、未来は洋々と末広がりだ。
 まさに、鳳雛から鳳に成長した創価同窓の弟子たちが、その使命光る翼を世界に開いて、地球を舞台に雄飛する時代が始まったのだ!
 民衆の幸福と勝利の世紀を開くために!
 世界の平和の大道を限りなく開くために!

 いざや征け
  創価の同窓
   悠然と
  白馬にまたがり
    勝利を目指して

 ラッセルの言葉は『教育論』安藤貞雄訳(岩波書店)。プラムディヤの言葉は『プラムディヤ選集6 足跡』押川典昭訳(めこん)、3番目のみ『プラムディヤ選集7 ガラスの家』押川訳(めこん)。
2009-10-24 : 随筆 人間世紀の光 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索