御書と師弟 普賢の英知

池田名誉会長講義 御書と師弟 
              (2009.8.30付 聖教新聞)

第25回 普賢の英知

新世代の智慧で勝て!
君よ仏法勝負の勇舞を
尊き創価の父母に最敬礼


御聖訓
 「此の経の広宣流布することは
 普賢菩薩の守護なるべきなり」
              (御義口伝、御書780㌻)

 「一日の命は三千界の財にもすぎて候なり」(御書986㌻)
 大宇宙の全財宝よりも尊い、この一日の命を、広宣流布のために捧げて戦い切る。これほど崇高な生命の道はない。その功徳は、無量にして永遠です。
 仏にも等しい、全国の同志の皆様方の尊き奮闘に、私は妻と共に最敬礼して、強く深く題目を送っております。
 絶対に幸福になる仏法です。全同志が一人ももれなく、健康で無事故で、堂々たる人生の大勝利者になっていただきたい。これが、私と妻の祈りです。
 男子青年部の勇敢なる拡大も、頼もしい限りだ。
 女子青年部の朗らかな前進も、本当に美事です。
 広布の実戦の中で、英知と信念の人材が澎湃と伸びている。

8・31「学生部の日」
 あす31日は「学生部の日」です。さらに9月9日は「女子学生部の日」です。
 昭和37年(1962年)の8月31日、私は学生部の代表に「御義口伝」の講義を開始しました。
 万人の幸福と、平和の大建設のための生命の極理を、若き門下が心肝に染めてもらいたい。その願いを込めて、毎月1回、約5年間、私は全魂の講義を続けました。その間、関西では「百六箇抄」、中部では「諸法実相抄」の講義も行いました。
 今回は、この「御義口伝」の御金言を拝したい。
 「此の法華経を閻浮提に行ずることは普賢菩薩の威神《いじん》の力に依るなり、此の経の広宣流布することは普賢菩薩の守護なるべきなり」(御書780㌻)
 甚深なる御聖訓です。妙法を閻浮提(全世界)に行じゆくことは、普賢菩薩の守護によって成し遂げられるのだ、との御予言であります。
 法華経28品の最終章(普賢品)には、この普賢菩薩が妙なる音楽を奏でて、大衆と共に明るく賑やかに登場します。
 「普賢」つまり「普く賢い」という名前の如く、宇宙をも包みゆく智慧をもって、一閻浮提への妙法流布を助ける。そして民衆を幸福にしゆく知性の指導者が、この普賢菩薩なのです。
 わが学生部には、この「普賢の英知」の力で、広宣流布の和合を厳護し、民衆勝利の時代を開きゆく重大な使命がある。
 学生部の結成に際して、師であられる戸田城聖先生が、「嬉しいね。私がどうしても創りたかった組織だよ」と喜ばれていたお姿が、私の命から離れません。恩師の心を心として、私は、学生部よ、青年部よ、創価の普賢菩薩たれ! と祈り、念じ、薫陶してきました。
 ここで、普賢菩薩の特質を3点にわたって述べておきたい。
 第1に、普賢とは、行動する「誓願の知性」である。
 普賢菩薩自ら、「普賢の威神の力」をもって、滅後に法華経を受持した者を徹して守り抜くことを誓っています。
 すなわち、いかなる魔性も打ち破って、法華経の行者を厳然と守護すること、そして一閻浮提の広宣流布を絶対に断絶させないことを、師に約束します。
 どんなに優秀であっても、自分の名聞名利だけを追い求める人生では浅ましい。まして恩を踏みにじるようでは「才能ある畜生」と成り下がってしまう。
 学とは、人格の勝利であり、人々を幸福にするためにある。
 師匠を持ち、哲学を持ち、学び鍛え、人々のため、社会のために行動し抜いていく。何と意義ある創価の青春でしょうか。
 第2に、普賢とは、勇敢なる「正義の知性」である。
 師・釈尊は、法華経を持つ者を誹謗する罪報を鋭く挙げられた。仏子を悩ませる悪と戦い、不退転の決意で前進する正義の陣列に連なれ! という教えです。まさに創価学会です。
 正義の和合を断じて護り抜く──その絶対の責任感と勇猛なる力を具えた生命が、普賢なのです。
 第3に、普賢とは、誠実なる「人間尊敬の知性」である。
 「当起遠迎《とうきおんごう》、当如敬仏《とうにょきょうぶつ》」(当に起って遠く迎うべきこと、当に仏を敬うが如くすべし)
 この奥義を、師・釈尊から譲り託されたのが普賢菩薩です。日蓮大聖人は、この八文字を「最上第一の相伝」と意義づけられました。広布のために戦う人を仏の如く尊敬し、大切にし、尽くし抜くことです。
 自らの才覚や地位に傲り高ぶって、庶民を見下す増上慢とは対極にある生き方です。

真の「知性」とは
 真の「知性」とは、単なる知識ではない。「誓願の行動」「正義の連帯」「誠実の振る舞い」──こうした「普賢の生命」を脈動させた、人間としての総合力なのであります。
 わが学生部も、わが青年部も、断じて、普遍の知性光るリーダーに育っていただきたい。
 それは、学歴などにとらわれない真正の実力であります。
 私は19歳で恩師と出会い、20代を恩師に仕え抜いた。私の98㌫は恩師から教わったものです。20代に受けた訓練が今の私を形作っています。
 戸田先生は私に個人教授をしてくださり、法律や経済・歴史・哲学・科学・天文学など万般の学問を授けてくださった。
 「一切の法は皆是れ仏法なり」(御書564㌻)です。
 仏法は、あらゆる学識や技術を人間の幸福のために活かし、大いなる価値を創造しゆく究極の智慧であります。だからこそ、学んだ分だけ、努力した分だけ、活用していける。
 この「戸田大学」の講義は、火花の散るような魂の触発の連続であった。25歳の時、私は日記に綴っています。
 「毎朝、冴えた頭で聴講できる自己を築かねばならぬ。負けじ魂。根性。意地」「十年後を、勝負と決めて、戦おう。十年後をみよと、勉強し、頑張ることだ」と。
 先生は常々、言われていた。
 「大作、勉強、勉強だよ。それは、仏法のことだけではない。社会全般のことはもちろん、全世界の運命のなかに自分というものを置いて、一切の発想をしていくことだよ」

民衆大学の誉れを
 私が世界の大学・学術機関から拝受した250を超す名誉学術称号も、「戸田大学」の卒業生としての報恩の栄誉です。
 それ自体、法華経に則った平和・文化・教育の運動への共鳴であり、普賢菩薩の守護の証左であると確信しております。
 青春の力は無限です。10代、20代、30代の青年が本気で立ち上がれば、時代は変わる。
 これが、古今東西の歴史の大鉄則だ。
 広宣流布は、永遠に智慧の戦です。使命の青春を生きゆく諸君は、労多きことを誉れとし、広布と社会の指導者としての真価を、深く強固に磨き上げてほしいのです。
 それが、苦労に苦労を重ねて戦い続けてくれている、皆さん方の偉大な父母の願いである。
 私は、昭和43年(1968年)の9月8日、第11回学生部総会で「日中国交正常化提言」を行った際にも、この「御義口伝」の一節を拝して俊英たちへの期待を語りました。
 今、真摯に生命尊厳の大仏法を学び、同志と共に実践する青年こそ、創価の民衆大学の誉れの学徒であると自負していただきたい。後継の君たちこそ、21世紀の普賢菩薩です。普賢菩薩の「威神の力」とは、「信心の力」にほかなりません。
 戸田先生は「最も偉大な人とは、結論するに、青年時代の信念と情熱を、生涯、失わない人だ」と明言されました。
 それぞれの分野で培った経験や見識も、妙法を根本にすることで生きてくる。そのすべてが、普賢菩薩の智慧の輝きを放ってくるのです。
 法華経の壮大な絵巻の最後に登場するのが、我らの普賢菩薩です。御書には、普賢菩薩が遅れてきたことを恐縮しながら、その分、張り切って、真剣に広宣流布に戦う様子が、ほほ笑ましく記されております。
 最後に勇んで躍り出る若き人材群が、広宣流布の勝利の決定打を放つのです。
 普賢品の正式な題名は「普賢菩薩勧発品第28」。「勧発」とは「勧め発《おこ》させる」。つまり「励まし」という意義に通じます。大事なのは「励まし」です。
 疲れた先輩方を労《ねぎら》い、皆を勇気づけ、勝利へ勝利へ前進する。普賢菩薩とは、溌剌たる「励ましの知性」なのです。
 男女学生部、ヤング男子部、池田華陽会の健闘にも一致する力用です。
 宇宙には、刻々と新しい星が誕生している。世界的天文学者のモウラン博士は言われた。
 「自分の一番輝く時を待って、その出番の時にしっかりと輝く。そして、後輩たちが来たら、しっかりと輝かせていく。これが宇宙の方程式です」
 さあ、仏法勝負を決しゆく、不思議なる使命を帯びた若き「普賢の金星」たちよ!
 勇気と英知の生命を輝かせ、創価の永遠なる常勝の軌道を、賢く朗らかに勝ち進もう!
2009-08-30 : 御書と師弟 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索