スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

随筆 人間世紀の光 No.200/201

随筆 人間世紀の光 No.200/201 (2009.8.22/23付 聖教新聞)

広宣流布の言論戦㊤㊦

断固勝て 人間革命 光あり
声は勢い! 正義の魂の師子吼を


 師弟して
  この大道を
      勇敢に!

 来る日も来る朝も、無冠の友の皆様の足音から、我らの勝利の行進は始まる。
 先日の早朝、静岡の地震の折にも、真っ先に地域の方々の安否を確認しつつ、聖教新聞を配達してくださる仏使の英姿があった。
 来る8月24日は、「聖教新聞 創刊原点の日」でもある。
 昭和25年のこの日、戸田城聖先生と私は、迫り来る烈風のなかで、広布の機関紙の発刊を構想した。師弟の夢が結実したのは翌年の4月20日。聖教新聞の創刊号には「聖火 鶴見に炎上」の見出しが躍った。これもまた、神奈川の友との誇り高き共戦の歴史だ。
 わずか2ページであった。しかし、この生まれたばかりの創刊号を、わが尊き同志たちは、喜び勇んで配達してくださったのだ。
 足立支部・王子地区で戦う北区在住の広布の母も、その一人であった。恩師が綴られた『人間革命』が載る聖教新聞を、ご夫妻で懸命に配達されたのである。
 そして、豊島橋・江北橋を往来しながら、支部長宅のある荒川対岸の足立区の同志と一致団結して、正義の言論戦に打って出た。
 思えば、私か蒲田支部で月201世帯の弘教を達成し、大きく壁を破った「二月闘争」に奔走した時、負けじと奮闘して続いてくれたのは、足立支部であった。
 聖教とともに歩み続ける共戦の足跡は、神奈川、千葉、埼玉にも、また群馬にも着実に広がった。母たちの勇気は、やがて山梨にも、茨城、栃木にも波動していったのである。
 聖教が、皆の正義の声であった。皆の希望と勝利の旗印であった。
 御金言に仰せである。
 「此の妙法蓮華経を信仰し奉る一行《いちぎょう》に功徳として来らざる事なく善根として動かざる事なし」(御書500㌻)
 我らの信心の一つの行、一つの実践にも、功徳・善根と現れぬものはない。
 広宣流布の拡大のために歩んだ一歩一歩が、すべて大福運となって、汝自身の生命に積まれていくのだ。
 ともあれ、人間の真価は、行動によって決まる。
 チェコの作家チャペックは、鋭く提唱していた。
 「もし人物によって決定しようとするのだったら、単に言葉によってではなく、誰が何をしたかによってもその人物を考えてもらいたい」と。
 これが賢者の眼である。
        ◇
 断固 勝て
   人間革命
      光あり

 この「随筆 人間世紀の光」も、2004年の新春のスタート以来、今回で連載200回となった。
 小説『新・人間革命』の方も、長野で執筆を開始してより、去る8月6日で16周年を迎えた。
 その前の『人間革命』を、沖縄の地で書き起こしてから数えると、45年になろうとしている。二作を合わせれば、新聞連載は通算5730回を超えた。
 わが同志の皆様、読者の皆様の熱きご支援のおかげと、感謝に堪えない。
 一切の中傷を払いのけ、わが師・戸田城聖先生の真実を、そして師弟の大道を、未来永遠に輝き残すために、筆を執ってきた。
 新聞の連載は、過酷だ。ひとたび始まれば、多忙だろうが、体調が悪かろうが、締め切りは容赦ない。
 かつて原稿を書く手に力が入らず、ペンを握ることさえ辛い時もあった。
 火の国・大九州を訪れた折には、地方指導の寸暇に、口述の原稿をテープに収めて、東京へ送ったことも、となっては懐かしい。
 さらに、第1次の訪中(昭和49年)から帰国した直後のことであった。二十日近く日本を留守にしていたため、全国の同志を励ませればと、連載再開に踏み切った。3代の師弟の天地・北海道を舞台に、小樽問答の「発端」を綴った第9巻の第1章である。
 だが、想像以上に疲労は深く、やむなく、数回分は口述となってしまった。
 担当者に渡す原稿の欄外に、「少々身体が疲れているので女房に口述筆記をしてもらいました」と書いた。
 一日の行事や執務が終わって、夜半に帰宅してからの執筆となることも少なくない。その人知れぬ戦いを、陰の陰で支え抜いてくれた妻であった。
 文豪の吉川英治氏の信念は、「大衆即大知識」であった。ゆえに、その大衆に語りかける執筆は、「厳粛にならざるを得ない」「自分の身を削らずにいられない」と言われたのである。
 万般において、この民衆への畏敬を失えば、かりに人気を得たとしても、本質は大衆利用だ。それは、民衆蔑視の慢心にすぎない。やがて、賢明な民衆に見抜かれ、厳しい審判を下されることは、歴史の必然だ。
 吉川氏の心情は、私にも痛いほど、よくわかる。
 民衆を思い、同志を思い、大切な学会を思えば、どうして、全精魂を注がずにいられようか!
        ◇
 はつらつと
  今日も旭日《あさひ》を
     浴びながら
  偉大な人生
     偉大な歴史を

 大天文学者のガリレオが初めて望遠鏡で天体観測を行って、今年で400年になる。
 先月には、奄美大島等で皆既日食が、また日本列島の各地で部分日食が観測された。
 3年後の5月には、「金環日食」が、やはり列島の各地で見られるようだ。
 東京、横浜、名古屋、大阪、神戸なども、日食帯のなかに入っているという。
 ともあれ、天空にはロマンがあり、未来がある。
 昼も夜も決して沈むことのない不動の「北極星」は、北に輝く勝利の星だ。
 その常勝の光が、私には、東京、堺、神戸等の天地に煌めき続ける「北区」の同志と重なって見える。
 さらに、赫々と昇りゆく「旭日」を見れば、横浜や大阪の「旭区」の友らの勢いに心を躍らせ、北海道の「旭川市」、千葉の「旭市」、愛知の「尾張旭市」をはじめ、“旭”や“朝日”を冠した全国の街々を思う。
 御聖訓には、「ひとたび妙法蓮華経と唱えれば、太陽や月や星々の仏性も、一切衆生の心の中の仏性も、呼びあらわしていくことができる。その功徳は無量無辺である」(趣意、御書557㌻)と説かれる。
 妙法を唱え、行じゆく我らの境涯が、どれほど壮大であるか。この大確信で、勇敢に立ち上がるのだ。
 人生は、萎縮したら負けである。妙法を朗々と唱え抜きながら、大宇宙をも友にしゆく心で、明るく味方を広げていくことだ。
        ◇
 ところで、ガリレオが最も熱心に望遠鏡を向けたのが「木星」であった。
 木星は巨大である。地球に比べて318倍もの質量があり、地球の外側の軌道を悠然と回転している。
 ある研究によると、地球に生命が誕生し、存続・成長していくために、この木星が重要な役割を果たしているという。
 すなわち宇宙空間には、彗星や小惑星が無数にある。だが、木星のように大きな重力をもった惑星が控えて、それを引き寄せてくれている。そのおかげで、地球にぶつからない。
 つまり、木星は「地球の大きな保護者」であり、生命が安心して成長していく地球の環境を護ってくれているというのである。
 譬喩的にいえば、誰が見ていようがいまいが、自己の責務を担って、頑張る。労苦を厭わず、皆の安心の屋根となって戦う存在だ。その生き方は、戸田先生の不二の弟子の決心である。
 そしてまた、偉大な木星の如く、創価の幸福城たる地区を厳然と護り、広布の最前線のブロックを護り抜いてくださる英雄こそ、わが盟友たる壮年部なのだ。
 アメリカの哲人エマソンは「男らしさとは、自分のなしうることに全力を傾けることである」と言った。
 ここぞという正念場で。持てる力を振り絞って勇戦してこそ、真の男だ。
 来る8月24日は、我ら「壮年部の日」である。暑いなか、各地で奮闘する太陽会、ヤング壮年部をはじめ壮年の皆様方に、「体を大切に!」「皆を護る太陽の如く!」と申し上げたい。
        ◇
 今の関西の地でも東京でも、中部、中国、九州でも、常勝不敗の歴史を残した剣豪が、宮本武蔵だ。
 その勝負哲学の重要な鍵は「声」の力であった。
 「声は勢いである」──ゆえに戦いに臨んでは、できるだけ力強く、大きな声を出した方が勝つ。これが、武威の確信であった。
 仏法では、声が「仏の仕事」を為す。勇気ある声が仏の勝利の力なのだ。

 いついつも
  修羅の如きの
    この世にて
  正義の魂
   師子と吼えゆけ

 チャペックの言葉は『カレル・チャペックの警告』田才益夫訳(青土社)。吉川英治は『吉川英治対話集』吉川文子編(講談社)。木星の話はアクセル著『地球外生命体』加藤洋子訳(原書房)。エマソンは『エマソン選集3』小泉一郎訳(日本教文社)。宮本武蔵は『五輪書』佐藤正英校注・訳(筑摩書房)=現代語訳。

広宣流布の言論戦

人間の 命ありて 常勝三世に
後継の青年よ! 勇戦の誉れの歴史を


 嵐をも
  突風までも
   猛烈な
  君の雄叫び
    轟き 勝たなむ

 広宣流布の未来を託す、わが後継の青年たちが、決然と勇戦に立ち上がった。その若き正義の声が、新時代の号砲の如く、力強く私の命に迫ってくる。
 私は嬉しい。試練に胸を張り、大金星を輝かせゆく青年が躍り出ている。創価の前途は無限に明るい。
 アメリカの鉄鋼王カーネギーが掲げた箴言がある。「議論できないものは愚者である。議論しない人は偏屈者である。議論を戦わす勇気のないものは奴隷だ」
 相手が誰であれ、闊達に勇敢に、わが信念を語り切る。これが青年の特権だ。
        ◇
 天晴れて
  若き英雄
   君たちよ
  広宣流布への
    決戦 勝ちとれ

 今、20代のヤングたちも、はち切れんばかりの勢いで、同世代の友に勇気の対話を繰り広げている。
 さらに30代のリーダーが、鮮烈な大情熱の声を放つ姿も、頼もしい限りだ。
 「三十にして立つ」──『論語』の人間学である。
 思えば、初代会長・牧口先生が、若き独創の思想を天下に問うべく、あの名著『人生地理学』を発刊された時、32歳であった。
 第2代会長・戸田先生が、牧口先生を支え抜き、師と共に創価教育学会を創立されたのも、30歳の年である。
 第3代の私が、恩師の遺命を受け継いで、世界広宣流布への指揮を執り始めたのも、32歳であった。
 30代の生命には、満々たる闘魂がある。力がある。雄々しき開拓がある。
 30代にして「立正安国論」を師子吼された蓮祖の大境涯を拝し、仏の力を出して、青年部よ、乱世に正義の言論戦を展開せよ! 自分の新しき歴史を作れ! 永遠に勝ち誇りゆく第一歩を、今、痛快に踏み出すのだ!
        ◇
 「真実はどんなに強くいってもいいすぎることはない」
 これは、英国の社会思想家ラスキンの信条である。
 その通りだ。真実は、声を大にして叫ばなければ、悪意の扇動や意図的な喧伝に掻き消されてしまう。
 だから黙ってはならぬ。
 末法は「闘諍堅固」である。嫉妬の讒言など、言論の暴力が渦巻く時代だ。ゆえに日蓮大聖人は、デマや虚言を打ち返せ、打ち破れと厳しく教えられた。
 それどころか、邪論や暴論が騒ぎ立てられる時こそ、「破邪顕正」の原理で、かえって正義と真実を宣揚するチャンスなのだ。
 大聖人は、陰謀に陥れられた四条金吾に言われた。
 「必ず大なる・さはぎが大なる幸《さいわい》となるなり」(御書1164㌻)
 そして愛弟子のため、陳状まで御執筆くださった。
 「(大聖人が代筆された)この陳状を一人一人が見るならば、謀略を企てた悪人らの恥がはっきりと表れるであろう」(通解、同㌻)と記されている。
 弟子を護り、勝たさんとする、師匠の師子吼ほど、ありがたいものはない。
 ともあれ、「法華折伏・破権門理」の大精神に立って、明確に正義を宣揚し、邪悪を白日の下に晒す──この透徹した言論こそ、聖教新聞の使命である。
 あの傑作『神曲』では、師ウェルギリウスがダンテに、こう呼びかけている。
 「さあ、気を強く、大胆に」
 戸田先生も遺言の如く、
 「人生は強気でいけ!」と教えてくださった。
 弱気になり、受け身になれば、もはや敗北だ。
 強気でいけば、必ず勝利を切り開くことができる。
 創価の師弟は、徹底して強気で戦い進むのだ。
        ◇
 断固して
  攻めゆけ 勝ちゆけ
   堂々と
  勝ちたる姿を
    諸天は待つらむ

 広宣流布は、「声」の戦いだ。精神の剣の戦いだ。
 本気で戦う決心さえあれば、たった一人でも、叫べる。いつでも、どこでも、どこからでも、勝利の戦端を開くことができる。
 私は、若き日より、常にそうしてきた。
 「今こそ!」というその時に、師子王の心で叫ぶ。
 これが恩師・戸田先生の弟子の覚悟である。
 会長辞任から一年余が過きた昭和55年夏、私はペンで戦いを起こした。
 一番大切な同志を励ますのだ! 最前線の友の心に、エールを届けるのだ!
 そのため第1に小説『人間革命』の連載を再開する。
 第2に、新連載「忘れ得ぬ同志」を立ち上げる。
 私は神奈川で、この決断を下した。神奈川は、大聖人が「立正安国」へ大言論戦を開始された「正義」の天地であるからだ。
 7月末、連載が始まった「忘れ得ぬ同志」では、広布の大功労者を讃えつつ、正義の友よ、二陣三陣と続きゆけ! と願った。
 草創の本郷支部の初代支部長・笹木さん、九州男子部の先駆者・川内さん、関西では、兵庫広布の名将・浦島さん、大阪支部の第2代支部長の大井さん……。あの地、この地の懐かしき宝友は尽きることがない。
 皆、偉大な庶民の英雄、人間の大英雄である。
 名前を挙げる方を代表として、不屈の学会精神を燃やしてくださった全同志を顕彰しゆく祈りを込めて、私は書き続けた。

勇んで決戦場へ!
 この年(昭和55年)の8月10日付からは、『人間革命』第11巻の「転機」の章の連載を開始した。歴史に輝く「山口開拓闘争」が舞台であった。
 その後、『人間革命』の連載は、第2次宗門事件の渦中、1991年(平成3年)の8月には、中之島の公会堂で行われた、あの「大阪大会」のドラマを綴る段を迎えた。
 大会には、「負けたらあかん!」と拳を振り上げ、全関西の勇者が集った。
 一旦緩急あれば、関西中から、勇んで広布の決戦場に馳せ参ずる──これが、関西魂だ。久遠の同志だ。
 私は、この大阪大会での、恩師・戸田先生の烈々たる大宣言を記した。
 「まず何があっても微動だにしない大確信、大境涯に立つことが根本です。
 そして、そのうえで破折すべきことは徹底して破折していくんです。黙っていれば、世間はそれが真実だと思い込んでしまう。
 『いかなる事ありとも・すこしもたゆ(弛)む事なかれ、いよいよ・はりあげてせむべし』(御書1090㌻)というのが、折伏の精神です」
 正義の言論による破折精神、攻撃精神が、広宣流布の勝利の決定力である。
        ◇
 今夏も全国で、尊き多宝会、宝寿会、錦宝会の方々が、仏の如く拡大の対話を進めてくださっている。
 あのゲーテも、最晩年に至るまで、若々しい声で語り、皆の心を掴んだ。その声の若さに驚嘆した音楽家は、こう書いたという。
 「ゲーテがその気になりさえすれば、この声は『一万の戦士の上に響き渡る!』こともできるだろう」
 いわんや、題目を唱え、広宣流布のため真剣に語る創価の友の声は、大宇宙に、そして三世永遠に福徳を広げゆく大音声なのだ。
        ◇
 かつて、一世を風靡した話術家の徳川夢声氏は、わが聖教の愛読者であった。
 毎日、多数の新聞に目を通すなか、聖教が「一つの強烈な主張」に貫かれていることに刮目されていた。戸田先生とも対談された。
 ある時、この徳川氏が、講演を頼まれて、杉並の公会堂へ行った。
 控室に入ると、いつもと雰囲気が違う。会場をのぞくと、元気な女性が熱烈な演説を行っている。客席の聴衆も熱心そのものだ。
 創価学会の支部の大会であった。講演の日にちを間違えられたようだ。偶然、創価の女性の声の響きを耳にした徳川氏は、大変に感嘆された。それは、いかなる苦難もものともせぬ、学会の底力を確かに感じ取られたゆえであった。
 婦人部、女子部の声こそ、希望勝利の鐘である。
        ◇
 1992年(平成4年)の8月30日。私は、北海道で『人間革命』第12巻(最終巻)の、戸田先生の霊山への旅立ちを綴った「寂光」の章を書き上げた。
 そして恩師の故郷・厚田の戸田墓園へ報告に向かった。師弟の儀式である。
 戸田先生の声が蘇った。
 「広宣流布のいかなる闘争も、一人一人の学会員の宿命転換と人間革命の戦いである。大事なことは、全同志が、それぞれの持っている力を出し切って、悔いなく戦い抜くことだ」
 わが友が、「私はやり切った。悔いがない」と清々しく、汝自身の万歳を叫んでいければ、勝利なのだ。
 これが、「人間革命」という生命の讃歌である。
 この壮大なる創価の民衆叙事詩を、世界が見つめている。人類が讃えている。
 今日も、勇気に燃えて、自他共の幸福へ、社会の繁栄へ、師弟一体で広宣流布の言論戦に邁進するのだ。

 人間の
   革命ありて
    常勝 三世に

 カーネギーは『鉄鋼王カーネギー自伝』坂西志保訳(角川書店)。ラスキンは『世界教育学選集46 芸術教育論』内藤史朗訳(明治図書出版)。ダンテは『神曲I』寿岳文章訳(集英社)。ゲーテの声の話は「ゲーテとベートーヴェン」(『ロマン・ロラン全集23』所収)片岡美智訳(みすず書房)
2009-08-23 : 随筆 人間世紀の光 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。