スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

新 あの日あの時 10

新 あの日あの時 10     (2009.8.18付 聖教新聞)

池田先生と東京の北区

北の砦から勝利の烽火を!

王子に響いた婦人訓
 東京・北区の王子駅前に立つ「王子百貨店」のホールに、戸田城聖第2代会長の声が響きわたった。
 「本日、ここで『婦人訓』を発表したい!」
 1953年(昭和28年)5月17日。戸田会長から婦人部の新しい指針が発表されたのである。
 なぜ、この日、婦人訓が発表されたのか。
 婦人部が結成されたのは、51年(昭和26年)6月だが、いまだ本格的な指標が定まっていない。戸田会長には、それがずっと気がかりだった。
 ところが前日の5月16日、文京支部の会合に出席したときである。文京の井上シマ子が発表した「婦人の確信」に、大いに感ずるところがあった。
 師弟の道に生きる。戦うための実践の教学。怨嫉をしない。壮年部と団結する──婦人部に必要な指針が、すべて含まれていた。
 懐刀である池田大作支部長代理を文京に送り込んで、わずか1カ月あまり。
 さすが大作だ。もう婦人部を立ち上がらせたか!。
 即座に戸田会長は、井上の原稿に前文を書き加え、王子の地で発表したのである。
 「創価学会会長に就任以来、婦人の活動に期待するところ、重かつ大なり!」
 創価学会婦人部の本格的な前進は、北区から始まったのである。

江北から言論戦
 「王子なら、お願いしましょう!」
 戸田会長は、心から安心した口調で決断した。
 55年(昭和30年)、聖教新聞の印刷業者に、王子の紙を調達できる企業を選んだ。
 王子は、日本における洋紙発祥の地。新聞業界で「王子」といえば上質な紙の代名詞だった。
 戦前、戦後と出版業をいとなみ、用紙の手配に苦労してきた戸田会長である。これで一流の品質が確保できると安堵した。
 それから半世紀。聖教新聞は「王子の紙」に支えられてきた。
        ◇
 王子駅からバスに乗った青年部の池田室長が、江北橋を渡って、藤田建吉の家を訪れたのは、55年(昭和30年)である。
 足立区への初訪問だった。
 その4年後、藤田の会社は学会関連書籍を全国に発送する仕事を担った。
 ある秋口の午後、従業員井谷水彦《いたにみずひこ》が一服していると作業場に人の気配がした。
 「あっ、池田先生!」
 真剣な眼ざして語った。
 「発送の仕事は、広宣流布の血管の役目だよ」
 王子の紙」と「江北の血管」。
 北区と足立区は隣接する「兄弟区」。
 ともに広宣流布の言論戦の屋台骨となっだ。

赤羽台が結ぶ縁
 芸術部の山本リンダが、大きな目を一段と丸くした。
 「えっ、この部屋にトインビー博士が来たの!」
 2008年秋、赤羽台団地の20号棟3階の一室で、懇談会が開かれていた。
 約20年前から、この部屋に住む稲垣泰子。
 団地内の知人から聞いた話を披露した。
 ──トインビー博士は、赤絨毯を敷いた部屋に靴のまま上がってね。かがむように背中を丸めて、ふすまをくぐったのよ。部屋の外で報道陣が待っていたんですって。
 67年(昭和42年)11月。佐藤栄作首相と会見したトインビー博士は、同行者に、日本の庶民の暮らしぶりが見たいと打ち明けた。
 白羽の矢が立つたのが赤羽台団地である。
 北区は鉄道網が発達し、都営桐ケ丘団地や豊島5丁目団地などマンモス団地が広かっている。
 トインビーには、持論があった。
 「時代を動かすのは、新聞の見出しの好個の材料となる事柄よりも、水底のゆるやかな動きである」
 この年は、公明党の衆議院進出に日本中が驚いた年でもあった。
 帰国すると、池田会長の著作を丹念に調べた。
 「あなたの思想や著作に強い関心を持つようになりました」
 やがて一通のエアメールを送った。
 愛くるしいリンダ・スマイルが去った数週間後、学会副理事長の池田博正が同じ部屋を訪れた。
 「庶民のありのままの姿を見せた赤羽台が、父とトインビー博士の縁《えにし》を結んだんですね」

獅子は一人立つ
 北区は、池田名誉会長と縁が深い。
 67年(昭和42年)10月25日。西が丘の旧赤羽会館。勤行を終えた名誉会長が振り返った。
 「今日は座談会形式で話し合おう」。小さな座卓を囲むと、口々に生活の苦しさを訴えてくる。
 悩みがあるから不幸。環境が厳しいから敗北。そんな惰弱な心を、名誉会長は断ち切った。
 「私にだって、悩みは100も200もあるよ。だが煩悩即菩提だ。悩みがあること自体が幸せなんだ」
 目の前のソーダ水の泡を、じっと見つめる少女がいた。
 「飲むかい?」。コクリとうなずいた。後に喜多戸田区の婦人部長になる大梶陽子である。幼い脳裏に、たった一つだけ、名誉会長の言葉が焼きついている。
 「一人の人が大切だ!」
 羊千匹より獅子一匹の精神を打ち込んだ。
        ◇
 霜降橋から北区の滝野川方面に、一台の車が向かっていた。88年(昭和63年)11月15日の午後3時半である。
 車は本郷通りを進み、西ケ原の「旧古河《ふるかわ》庭園」へ。
 茶色の洋館が夕日に照り映えている。明治の元勲・陸奥宗光《むつむねみつ》の旧別邸には、バラが咲き薫っていた。
 香峯子夫人が嬉しそうに見わたす。
 「こんなに美しい庭園があるなんて素晴らしいですね」
 一目散に砂利を踏み散らして、名誉会長に駆け寄る壮年がいた。第3代会長辞任以
来、招待の手紙を書き続けてきた福田理一《りいち》だった。
 北区の日本一の庭を見てもらいたい。会長を辞任されようとも、私たちの師匠は池田先生!
 北区の皆の思いだった。
 その真心に、名誉会長夫妻は真心で応えた。
        ◇
 手紙の内容に、婦人部の中根えみ子は跳びあがった。
 「この資料は厳密な内容分析の上、詳細な目録カード作製の上、絶対基本文献として大切に永久保存いたします」
 一里塚交差点に近い「東京ゲーテ記念館」。ゲーテの世界的研究拠点である。
 2003年3月、名誉会長の連載「人間ゲーテを語る」が載ると、中根は真っ先に聖教新聞を届けた。
 ほどなく東京ゲーテ記念館から丁重な返事が送られてきた。一人の婦人の果敢な行動が実を結んだ。
 設立者の粉川忠《こなかわただし》は、世界中の新聞や本にゲーテの文字を見つけ、収集していた。なかでも池田名誉会長がゲーテを語り、書き綴ってきた事実に驚いた。日本きっての規模である。そもそも名誉会長の膨大な著作。世界との対話。まさにゲーテだ!
 「聖教新聞は日本一、ゲーテが載っている。その源は名誉会長の詩心です」

北区婦人部の日
 「太田道灌を知っているかい?」
 84年(昭和59年)8月18日。信濃町で北区の代表と懇談した折である。
 太田道灌。
 室町時代に江戸城を築いた名将だった。
 「彼が全関東の要衝としてクサビを打ち込んだのは、北区だった」
 東京の北の玄関口・赤羽駅。その南西の丘陵に、太田道灌が築城したという稲付城
の跡がある。
 太田のもとへ、太田とともに──。
 いったん急あらは四方八方から関東武士が集結し、敵との決戦に討って出た。
 「北区は、日本の急所だ。北の砦から、勝利の蜂火をあげるんだ」
 この日が「北区婦人部の日」の淵源となる。
 きょう、25周年を迎えた。

十条銀座から立て!
 十条銀座は「北区の台所」として知られている。
 名誉会長が十条銀座を訪れたのは、79年(昭和54年)7月12日だった。学会員が営む飲食店で、東京婦人部や北区の代表と懇談した。
 7月12日は、特別な日である。57年(昭和32年)のこの日、蔵前国技館で「東京大会」があった。
 池田室長の身柄は、あの「大阪事件」の不当逮捕により、大阪の拘置所内にあった。戸田会長の怒声がとどろく。
 大作を出せ! 直ちに出せ!
 録音係だった北区・豊島の末広良安《すえひろよしやす》。放送室で、スピー力ーを突き破ってくる叫びに全身が震えた。
 この日は、香峯子夫人の入信記念日でもある。
        ◇
 十条銀座の店には、電車が通るたびに、かすかな地響きが伝わってくる。
 名誉会長は婦人部にうながした。「さあ、東京の歌を歌おう」

♪おお東天に 祈りあり……

 山本伸一作詞の「ああ感激の同志あり」である。
 名誉会長も立ち上がった。拳を握り、唱和する。ひとり、また一人と口ずさみ始める。北区の橋元和子も必死に声をあわせた。

♪いざや戦士に 栄あれ
 汝の勝利は 確かなり

 東京よ、雄々しく立て!
 北区から、師弟一体の「東京の戦い」が始まった。
2009-08-20 : 新 あの日あの時 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。