随筆 人間世紀の光 No.195

随筆 人間世紀の光 No.195  (2009.7.29付 聖教新聞)

「正義」の旗高く

大勇の一騎は万騎に通ずる
君たちよ 師弟完勝の金波銀波を!


いざ出航! 人生は攻撃精神で勝つ
神奈川の港から 創価の大船は堂々と


 この人生
  共に生き抜け
    勝ち抜けや
  正義の道を
   勇気で悔いなく

 躍動の夏、鍛えの夏だ。未来部の友もはつらつと学び、成長してくれている。伸びゆく鳳雛の歌声を聞けは、無限の希望が広がる。
 弾むリズムの少年部歌は「ビー・ブレイヴ」(勇気を出して!)と歌い上げる。
 「ビー・ブレイヴ」とは、あの喜劇王チャップリンも大切にした言葉だ。
 「ビー・ブレイヴ! フェイス・ライフ!」
 勇気を出して、人生に立ち向かえ──名画「街の灯」の一場面だ。
 臆病は、戦う前から侘びしく敗北である。勇気ある行動は、朗らかな勝利の劇だ。
 日蓮大聖人は熱原の法難の渦中、鎌倉の四条金吾はじめ門下一同に言われた。
 「各各師子王の心を取り出して・いかに人をどすともをづる事なかれ、師子王は百獣にをぢず・師子の子・又かくのごとし」(御書1190㌻)
 我らは、いかなる広宣流布の激戦にも「師子王の心」で勇敢に立ち向かう。
 合言葉は「勇気の大前進」「正義の大攻勢」である。
 法のため、人びとのため、社会のため、そして未来のために、何ものも恐れず、我らは戦い進む!
 「かしこへ・おしかけ・ここへ・おしよせ」(同502㌻)との如説修行の御金言のままに!
 この人知れぬ労苦の歩みこそが、黄金の栄光と福運の足跡《あしあと》となる。その道には、未来の逸材たちが力をつけて続いてくれるのだ。
 ともあれ、炎暑の夏である。皆、お体を大切に!
 特に、今回の中国地方と九州北部の豪雨の被害に、改めて心からお見舞いを申し上げます。被災地の皆様方のご健康と復興を、深くお祈りしております。
        ◇
 日本一
   いな 世界一の
    神奈川は
  創価の模範か
    広布の模範か

 港は、一切の起点だ。
 神奈川は、常に創価の勝利へ出発しゆく港である。
 わが神奈川から、連続勝利の波動を!
 わが横浜から、師弟完勝の金波銀波を!
 この祈りを込めて、私が新しい神奈川文化会館を初訪問したのは、昭和54年の4月のことである。
 あの嵐の渦中、世界へ開かれた横浜の天地に、新会館が誕生したことは、不思議の中の不思議であった。
 邪宗門と反逆の輩の陰謀が荒れ狂う中で、広宣流布の前進を指揮できるよう、日蓮大聖人から賜った法城と拝されてならなかった。
 この神奈川で、誉れ高き栄光の「七つの鐘」を打ち鳴らせ! そして、いよいよ、世界広宣流布の出航の銅鑼を乱打するのだ! と。
 この正義の反撃の本陣を目指して、神奈川はもとより全国から、多くの同志が澎湃と駆けつけてくれた。
        ◇
 白糸の
  誓い忘るな
    祈るらむ
  君らは わが弟子
   いざや立ち征け

 昭和54年の夏8月18日には、わが「白糸会」の青年たちが、熱き誓願に燃えて集い来てくれた。
 白糸の滝が流れる静岡・富士宮で結んだ師弟の絆を胸に、結成11周年の総会を開いた会場が、神奈川文化会館だったのである。
 十年一剣を磨き、「いざ鎌倉」と馳せ参じてくれた弟子たちの心意気が、私は何よりも嬉しかった。
 「本当の広宣流布の攻防戦が姶まったんだ。これから面白くなるぞ!」
 白糸の盟友たちは、再び、滝の如く激しく、王者の大行進を! と約し合った。
 じつは、「白糸の滝」は、全国各地に存在する。
 私が「滝」の詩を寄せた青森・十和田市の奥入瀬渓流にも、白糸の滝がある。
 山形・戸沢村の白糸の滝は、日本の滝百選の一つだ。
 福島・猪苗代町、群馬・長野原町、山梨の韮崎市、小菅村、長野・軽井沢町、岐阜・下呂市、島根・隠岐の島町、広島の呉市、廿日市《はつかいち》市、山口・美祢市、福岡の前原市、飯塚市等にも、白糸の滝がある。
 そして、わが横浜の旭区にも、凛とした白糸の滝があると伺った。
 清冽な滝水がやがて注ぎゆく帷子川《かたびらがわ》は、旭区と共に勝利の前進を続ける保土ケ谷区に流れ通い、横浜港へと注ぎゆくのだ。

男は「滝」の如く!
 「滝」は壮年部の象徴だ。今、全国で、滝の如く、朗らかに堂々と、わが壮年部が立ち上がってくれている。
 景気は、依然として深刻だ。先行きの見えない混迷が続いている。その中で。壮年部の戦友は、歯を食いしばって奮闘する日々だ。
 本気の男の姿は、「一騎当千」である。旭区には、その名も「万騎《まき》が原」と呼ばれる古戦場がある。旭・保土ケ谷、そして神奈川の壮年部は、まさに一騎が「万騎」に匹敵する力を発揮せんと意気軒昂だ。
        ◇
 大いなる
   使命と決意の
    神奈川の
  多宝の城を
    築かむ 地湧と

 先日の本部幹部会で、ブラジルの「人道の英雄」ホンドン元帥を紹介した。
 この元帥は、民衆の幸福と繁栄を願って、アマゾンの奥地まで歩きに歩いた。
 その距離は4万キロ。地球の赤道一周に当たる道のりを歩き通して、人びとと対話し、尽くしていった。
 人生は歩いた人が勝つ。喋った人が勝ちである。
 ホンドン元帥は、師匠を胸に、90歳代に入っても、心軽やかに行動を続けた。そして人生の最後の最後に「共和国、万歳! 共和国、万歳!」と叫び切って亡くなったのである。
 大神奈川にも、そうした功労者が無数におられる。その多宝の方々は、私と妻の胸奥に深く刻まれて離れない。いつもいつも題目を送り、後継のご家族のご多幸を祈り続けている。
        ◇
 恐れなき
   仏の大軍
     賑やかに
  神奈川天地で
    舞いに舞いゆけ

 大聖人の御在世から、神奈川は立正安国の主戦場であった。だからこそ、三障四魔も紛然と競い起こる。正法正義なるゆえに、魔軍との乱戦は当然のことだ。「悪口罵詈」も「猶多怨嫉」の難も、最大の名誉である。
 そのすべてをはね返し、祈り勝ち、攻め勝ち、競り勝ってきた。これが、あの四条金吾、日妙聖人など、鎌倉の門下が留め、今日の神奈川創価学会に脈打つ誇りである。誉れである。
 大聖人が金吾に示された天台大師の御文がある。
 「信力の故に受け念力の故に持つ」(同1136㌻)
 すなわち、正しき信仰を受持することこそ、人間として究極の「信念」であると言われるのだ。
 この最極の信念の対極にあるのが、「へつらい」であり「臆病」である。
 ゆえに、大聖人は金吾に対し、繰り返し戒められた。
 それは「すこしも・へつら(諂)はず振舞仰せあるべし」(同1164㌻)との御金言である。
 師匠の教えの通り、正義の信念を貫き、行動する。人間として、これほど崇高な道は絶対にない。したがって、いかなる局面にあろうとも、臆したり、怯んだりしてはならない。
 当然、礼儀や常識を弁えることは大前提である。その上で、誰人であれ、へつらうことなく、仏法者として、広宣流布の大闘士として、信念を勇敢に語り切っていけば、よいのだ。それが、最も人の心を打つ。
 仮に、その時は反発されたとしても、相手の心の奥深くに仏縁が結ばれて、必ず花開く時が来るのだ。

魂の揮毫から30年
 共戦の
   正義の旗もつ
    君なれば
  諸天も諸仏も
      勇み護らむ

 昭和54年、私は神奈川文化会館で認めた。
 5月3日には「共戦」。
 5月5日には「正義」。
 私は若き日より、恩師が「旗持つ若人 何処にか」と歌われたお心に深く呼応して、決然と一人立った。
 御書に仰せの通り、大難は、師弟の「共戦」と「正義」の証だ。
 正義は、座して宣揚できるものではない。
 「正」という字義には、「攻めて正す」とある。「正義」とは、義を正す能動の戦いなのだ。
 人生は攻撃精神で勝つ!
 広宣流布は正義を語り抜く攻めの対話で勝つ!
 強気の攻めの戦いこそ、勝利の絶対的要因だ。
 これこそ、わが師・戸田先生が教えてくださった必勝の極意である。
 あの日あの時、私はただ一人、反転攻勢への決意を燃え上がらせて、待った。
 共に「正義」の旗を掲げ、創価の大光を社会に放ちゆく愛弟子を!
 共に「師弟」の誓いを貫き、仏法勝負の勝鬨を轟かせゆく真の同志を!
 神奈川には、その愛弟子がいた。真の同志がいた。
 私が会長を辞任した後、内外の方々から数え切れぬお手紙を頂戴した。永遠の宝として、大切に保管させていただいている。
 神奈川の母から頂戴した、憤激と悔し涙で綴られた手紙も、その一通である。
 真心の便りに、私と妻は即座に返事をお送りした。
 ──何卒、強盛な信心で受け止めてください。そして、さらなる信心の炎を燃やして、日本第一のご一家を築き上げてください、と。
 ご一家は、その通りに。学会と共に生き抜いた人生がいかに勝ち栄えていくかという実証を、晴れ晴れと示されている。
 「生涯にわたり われ広布を 不動の心にて 決意あり
 真実の同志あるを 信じつつ」と、私は「共戦」の書の脇書に刻んだ。
 その一念に、厳として応えてくれたのは、宿縁深き神奈川の弟子である。
 当時、未来部や青年部たった友も、創価のメロスの如く約束を貫き、今、広宣の最前線で指揮を執ってくれているではないか!
 まさしく、「共戦」と「正義」に貫かれた三十星霜であった。
 そして今、神奈川の天地に「勝利」の大旗が掲げられようとしている。
 私の本門の人生は、神奈川家族と苦楽を共に勝ち抜いていく命運にあるのだ。
        ◇
 神奈川の
  正義の船出の
     凱歌かな

 神奈川文化会館の前に広がる山下公園には、貨客船・氷川丸が係留されている。この氷川丸は、昭和5年、横浜の生まれである。
 太平洋を約250回横断し、横浜─北米航路で約2万5千人を運んだ。チャップリンも、氷川丸をこよなく愛した一人である。
 ナチスの迫害を逃れて日本に入国し、氷川丸で海を渡ったユダヤ人もいた。岐阜出身の外交官、杉原千畝氏が発給した“命のビザ”に救われた人びとである。
 氷川丸は歴戦の風格を湛え、明年、学会と共に80歳を迎えようとしている。
 御聖訓には、「生死の大海を渡らんことは妙法蓮華経の船にあらずんば・かなふべからず」(御書1448㌻)と仰せである。
 創価の大船は大難の嵐の海を越えて、民衆の勝利の岸辺へ向かっていくのだ。
 大シケの海を航海する時、次々と牙をむいて襲いかかってくる荒波を乗り越えゆく秘訣は一体、何か。
 わが誉れの波濤会の友が毅然と語ってくれた。
 それは「逃げないこと」である。
 荒波には、船首で波を受けるように立ち向かう。避けようとして、横波を受けてしまうと、かえって危険だというのである。
 人生の闘争もまた、同じであるに違いない。
        ◇
 燦々と
  旭日昇る
    姿こそ
  仏の軍勢
   我らのことかな

 横浜は今、開港150周年の賑わいで、街も人も、活気にあふれている。
 その原点を築いた先駆の人びとは、誰であったか。
 それは、東海道の名高い宿場・保土ケ谷宿から進出してきた「保土ケ谷商人」たちであった。
 隣宿の神奈川商人とともに、保土ケ谷商人たちは、横浜発展のために大きな役割を果たした。
 150年前、村から町となった横浜で、行政組織の責任者(横浜町総年寄)の一人にも、人びとから慕われる保土ケ谷宿の名主が任命されている。
 保土ケ谷には、未踏の地を切り開く、先駆の責任と使命が脈打っているのだ。
 思えば、あの明治維新の先覚の師・吉田松陰が海外雄飛の志を秘めて、保土ケ谷に宿泊したのは、数え年・25歳の時である。
 「苦しいこと、困難なことがあるほど大きな仕事をなしとげるには好都合だと思われます」とは、若き松陰の気概であった。
 それは、全国に先駆けてヤング男子部を誕生させた、頼もしき神奈川青年部の不屈の闘魂にも通ずる。
        ◇
 100年前、明治の文豪・森鷗外が、開港50周年の佳節に寄せて作詞した「横浜市歌」も有名である。
 「されば港の数多かれど この横浜にまさるあらめや」
 「果なく栄えて行くらんみ代を 飾る宝も入りくる港」
 横浜は、今なお、世界の憧れの宝の港だ。

 皆さまが
  ありて広布の
    大道は
  いやまし輝き
    世界に光りぬ

 5月3日には、毎年恒例の大パレードが催される。これには、わが愛する鼓笛隊も出場してきた。
 今年も、世界へ広がる横浜の大空に、平和と希望のシンフォニーを鳴り響かせてくれた。神奈川文化会館の前でも、颯爽と演奏行進を繰り広げてくれたのだ。
 厳しい練習をやり抜いた鼓笛の乙女のモットーは「今 師とともに 正義の心で! 創価の師弟の勝利のパレード‼」であった。私と妻は、明るく健気な天使の心を、合掌しつつ胸に刻んだ。
 華陽の乙女たちの一途な「正義の心」こそ、師弟勝利の華であり、陽光である。
        ◇
 「軍《いくさ》には大将軍を魂とす大将軍をく(臆)しぬれば歩兵《つわもの》臆病なり」(同1219㌻)
 この将軍学の真髄は、武士への御文ではない。一番大変な時に、一番強盛な信心で戦い切った鎌倉の母に贈られた御聖訓である。
 まさに神奈川の一門こそ、尊き母たちを中心として、広宣流布の勝ち戦を決定づける仏の全軍の魂なのだ。その象徴の御金言と、私は拝してきた。
 「此の経を持つ女人は一切の女人に・すぎたるのみならず一切の男子に・こえたり」(同1134㌻)
 これまた、神奈川の女性門下への仰せである。
 私が対談を進めているアメリカを代表する女性詩人ワイダー博士も、神奈川の母たちとの語らいを宝の思い出とされている。
 博士は確信されていた。
 「幸福は積極的な戦いから生まれるものである。その戦いがあるからこそ、人間としてこの世で責任を果たすことができるのだ」と。
 この幸福スクラムの先頭を走るのが、神奈川の婦人部そして女子部である。
        ◇
 6年前(2003年)の11月18日、73周年の創立記念日を、私は秋晴れの神奈川文化会館で迎えた。ここには、大首都圏の代表も集ってこられた。
 静岡は、大聖人の御在世から神奈川と一体である。干葉は、大聖人が御聖誕された広宣の旭日の天地だ。山梨は、大聖人が令法久住の後継を薫陶された人材の山河である。
 奇しくも、静岡、千葉、山梨、そして神奈川という、蓮祖に有縁の各県が今、絶妙の呼吸で前進している。
 大聖人は「悪は多けれども一善にかつ事なし」(同1463㌻)と御断言である。私たちは断固として誓い合った。
 「勇気」で勝つのだ!
 「忍耐」で勝つのだ!
 「智慧」で勝つのだ!
 そして「信心の団結」で勝つのだ!
 いよいよ、創立80周年の開幕だ。神奈川の青き海原を、正義の勝利の燦たる太陽が光り照らすその時を、私は待つ。世界の同志が、祈り待っている。

 神奈川の
   偉大な同志を
  大聖人
   見つめ讃えむ
    福勝《ふくしょう》たしかと


 氷川丸の話は郵船OB氷川丸研究会編『氷川丸とその時代』(海文堂出版)、バルハフティク著『日本に来たユダヤ難民』滝川義人訳(原書房)などを参照。吉田松陰の言葉は川口雅昭著『吉田松陰名語録』(致知出版社)。「横浜市歌」の歌詞は横浜市のホームページによった。
2009-08-01 : 随筆 人間世紀の光 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索