FC2ブログ

随筆 人間世紀の光 No.193/4

随筆 人間世紀の光 No.193/4  (2009.7.8/9付 聖教新聞)

「青年創価学会」の息吹㊤㊦

若き君よ! 広布の決戦場で断固勝て

新しき夜明けだ!

 新しき
  広布の風を
    起こしゆく
  馬上 豊かに
   君たち《英雄》 走らむ

 新たな夜明けは、青年の台頭が告げる。
 青年が立てば、時代は変わる。青年が進めば、悪は逃げ去る。青年が勝てば、母たちは幸福に輝くのだ。
 革命の闘魂の男子部も!
 華陽の生命の女子部も!
 先駆の英知の学生部も!
 若き弟子たちの溌刺たる前進は、頼もしい限りだ。
 これほど深き哲学を持って、気高く社会貢献に汗を流しゆく若人の大陣列が、一体いずこにあろうか!
 「革命または改良といふ事は必ず新たに世の中に出て来た青年の仕事」
 これは、人材の要衝たる東京・目黒の天地に足跡を刻んだ、歌人・正岡子規の言葉だ。
        ◇
 負けるなと
   次代の君の
     晴れ舞台

 私が固い友情を結んだローマクラブの創立者ペッチェイ博士は、地球環境の保護のために、いち早く警鐘を鳴らした賢人である。
 私たちの「人間革命」の思想に、最大の賛同を寄せてくださっていた。
 博士は強く叫ばれた。
 今、人類が直面している「重大な過渡期」を乗り切るためには、「若い世代の想像力と行動組織にもっと活動の場を与えること以外にない」と言われたのだ。
 わが学会も、幾多の険難の山また山を乗り越えてきた。なかでも「重大な過渡期」の一つは、第2代会長・戸田先生亡き後の2年間であったといってよい。
 ここぞとばかり、世間の非難・中傷は襲いかかってきた。しかし、その暗い逆風下でも、学会は断固として大発展を続けた。
 それは、見えない水面下で、恩師が残した若き分身の弟子が全学会のスクリューとなって、死に物狂いで戦っていたからだ。
 学会には、青年がいる! 広宣流布の全責任を担い立つ後継の青年がいる──親愛なる同志は知っていた。いな信じていた。
 そして、「若き世代」の鮮やかな登場を、祈り待っていてくださったのだ。

 君来たり
   創価の人材
       光あり

 それは、ちょうど50年前(昭和34年)の6月30日のことである。学生部の結成より2周年の記念日でもあった。
 前年の同じ6月30日に、ただ一人の「総務」に就いていた私は、この日、学会の「理事」に就任したのである。そして、11人に拡充された理事室を代表して、総務が組織部門と事務部門のすべてを統括・推進することが決まった。
 つまり、一段と責任を明確に“執行部”の要として、全学会の指揮を執ることになったのである。
 それは、戸田先生が第2代会長に就任された時に匹敵する大機構改革だった。
 この時、「聖教新聞」「大白蓮華」をはじめ、出版、企画、経理など多くの部門の責任者にも、青年部出身者が抜擢された。
 支部・地区でも、恩師の薫陶を受けた若武者たちの登用が進んでいった。
 「次の時代は青年に!」
 この恩師の念願が、一段と明確な形となり、清新な「青年創価学会」が颯爽と姿を現し始めたのである。
 学生部結成の記念日は、1周年も、2周年も、私の新たな出発となり、重々の縁を感じてならない。
 あの思い出深き荒川文化会館で、学生部歌「広布に走れ」を発表して、大合唱したのも、昭和53年の6月30日のことであった。地元・荒川の友の誇り高き顔《かんばせ》が、私の心に光って離れない。
 ──なお、師弟の言論誌「大白蓮華」は、この7月で創刊60周年の佳節を刻んだ。世界の識者も注目し、賞讃する論陣が嬉しい。
        ◇
 大東京
  君よ 走れや
   指揮とれや
  ああ百万の
   歓喜のうねりを

 戸田先生の心を心とし、一切の勝利の力用を青年が双肩に担い立って、怒濤の大前進が開始されたのだ。
 この昭和34年6月の大機構改革と同時に、組織の一番の柱である支部の充実・発展が図られ、新たに16支部が誕生した。
 “庶民の英雄”と輝く荒川支部や、“信心一筋”の魂を継ぐ世田谷支部、そして“豊島の勝利城”池袋支部が発足したのも、この時である。
 また、板橋、江東、葛飾、大田、渋谷、そして横浜、京浜、杉戸、船橋、さらに関西の京洛、平安、東北の宮城、北上の各支部も生まれた。本年で記念すべき結成50周年である。
 若々しい息吹はすべてを新鮮にする。新勢力の勃興に、蒲田、足立、中野、小岩、向島、杉並、文京等の伝統の支部も、大宮等の中堅の支部も、奮い立って、心新たに船出した。
 特に新設支部のうち12支部は首都圏であった。さらに北多摩や町田など、現在の第2総東京の新天地も輝きを放ち始めていた。
        ◇
新時代へ3つの大波を
 師弟不二たれ!
 異体同心たれ!
 絶対勝利たれ!


 50年前は、広宣流布の会館も少なかった。師弟の縁も深き豊島公会堂をはじめ、各地の体育館等を借りて活発に大会が行われた。
 青年部の役員が真剣に絶対無事故の運営に臨んだ。創価班、牙城会、そして、7・8“グループの日”を迎えた白蓮グループ等の尊き友が受け継いでくれている「学会厳護」「会員厳護」の心である。
 全軍の牽引とともに、私はさらなる高みを見つめ、次の勝利への基盤を、深く強く打ち込んでいった。
 「300万世帯の成就」「世界広宣流布」という恩師に捧げた誓願が、瞬時も胸を離れなかったからだ。
 理事に就任直後の7月、私は全同志に叫んだ。
 「戸田先生の時代に還れ」──これが、新時代の旭日を昇らせゆくための、私の結論であった。先生の魂を凝結させ、私は特に3点にわたって、新たな波動を起こしていったのである。
 師弟不二たれ!
 異体同心たれ!
 絶対勝利たれ!──と。
        ◇
 師弟不二
  広宣流布の
   誉れの同志

 第一の波動──それは、「師弟不二」である。
 「よき弟子をもつときんば師弟・仏果にいたり」(御書900㌻)
 仏法の極意である師弟の哲理を貫き通せば、学会は永遠に勝ち栄えていける。
 「いよいよ強盛な信心をせよ!」──レコードから流れる戸田先生の師子吼を、理事室の皆と幾度も聞いた。聞くたびに満々たる勇気が湧いた。
 「確信のあるところには、おのずから情熱が湧く」
 先生の残してくださったご指導の通りだ。
 師の開拓精神!
 師の建設精神!
 師の破折精神!
 恩師の思考は、常に新しく未来へと向かっていた。
 私は、いかなる会合でも恩師の教えを叫び続けた。
 私の身体の、どこを切っても、戸田先生の広布一徹の熱さ血潮が流れている。先生が「戸田の命より大事」と言われた学会の組織の隅々に、恩師の血流を通わせるのだと必死だった。
 残念ながら、峻厳な師の心を忘れ、慢心になり、向上心を失って、惰眠を貪る幹部もいた。
 その姿は、大聖入御在世に、「日蓮御房は師匠にておはせども余にこは(剛)し我等は やは(柔)らかに法華経を弘むべし」(同962㌻)と退転した、増上慢の弟子の如くであった。
 私は、誠烈なる青年群を中心に、学会のど真ん中に、目の覚めるような師弟の魂を据えていったのだ。
        ◇
 第二の波動。それは、「異体同心」の団結である。
 御金言には仰せである。
 「総じて日蓮が弟子檀那等・自他彼此の心なく水魚の思を成して異体同心にして南無妙法蓮華経と唱え奉る処を生死一大事の血脈とは云うなり」
 「若し然らば 広宣流布の大願も叶うべき者か」(同1337㌻)
 この大聖人に直結して、広宣流布へ邁進しゆく同志の結合は、わが学会の他には、どこにもない。あの友の勝利も、この地の栄光も、「自他彼此の心なく」祈りゆく、異体同心の極致の団結が、我らにはある。
 ゆえに「生死一大事の血脈」が脈々と流れ通うのだ。
 その要諦は、御書根本の教学であり信心である。
 私は、昭和34年後半だけでも、福岡、岡山、大阪、静岡、名古屋、岐阜、尼崎、横浜などを駆けめぐり、御書講義を行った。
 青年部には「心の財第一なり」(同1173㌻)の御精神を訴えた。
 毀誉褒貶に流され、名聞名利に狂い、信念を捨て、同志を裏切る浅ましい邪道だけは歩んではならない。どんなに自身を正当化しようとも、「万歳悔ゆる」人生となってしまうからだ。
 私は、一生涯、健気な庶民と苦楽を共にし、「心の財」の和合を護り抜くことを、若き友と固く約していったのである。

 正岡子規の言葉は『病牀六尺』(岩波書店)。ペッチェイは『未来のための100ページ』大来佐武郎監訳・読売新聞外報部訳(読売新聞社)。

「青年創価学会」の息吹

勝ちまくれ! 若き生命を燃やせ
「大いなる祈りと行動」から「大いなる力」が!

 久遠より
  同志か家族か
   離れざる
  三世の仲間の
     正義の力よ

 「異体同心」の中心軸は、信心である。妙法の信仰の絆で結ばれた同志であり、師弟なのである。
 「十界の依正 即ち妙法蓮華の当体なり」(御書510㌻)
 これは、私が折々に婦人部・女子部の友と拝した、「当体義抄」の一節だ。
 日夜、現実の生活の労苦と格闘しながら、人びとのために尽くし続ける、最も尊貴な女性たちである。
 幸福は、どこか遠くにあるのではない。
 創価の女性の心それ自体が「幸福の蓮華」であり、
 「仏の生命の当体」であるとの大確信で、最高に仲良く朗らかな前進を、と祈りながら講義した。
 さらに、四条金吾夫妻を励まされた「王舎城事」も、幾度となく皆で拝した御文である。
 「御いのりの叶い候はざらんは弓のつよ(強)くしてつる(絃)よはく・太刀つるぎ(剣)にて・つかう人の臆病なるやうにて候べし」(同1138㌻)
 創価のスクラムは、最強に勇気ある団結だ。
 “鐘をそっと打てば小さい反響しかない。大きく打てば大きく反響する!”
 ──講義する私の胸には、常に戸田先生の声が響き渡っていた。
 ともあれ、「祈りとして叶わざるなし」の妙法である。全身全霊で祈りをぶつけていけばよい。なかんずく広宣流布のため、異体同心で祈り抜き、祈り切る。
 その時、十方にあまねく諸天が動き、護る。豁然として活路が開かれる。叶わぬ祈りは絶対にないのだ。
 「日蓮が一類は異体同心なれば人人すくなく候へども大事を成じて・一定《いちじょう》 法華経ひろまりなんと覚へ候、悪は多けれども一善にかつ事なし」(同1463㌻)
 これが、創価の師弟が一体となって証明してきた仏法の功力である。
        ◇
 頑強な
  巌も砕かむ
   妙法の
  力用 出《いだ》せや
     我らは仏と

 そして「師弟不二」「異体同心」に続く、第三の波動。それは、「絶対勝利」への率先の行動である。
 全リーダーが最前線に勇み出て、自ら広布の勝ち戦を切り開くことである。
 広宣流布とは肉弾戦だ。
 今も記憶に残る集いがある。その日は、理事就任から1カ月余の、昭和34年の夏8月6日であった。広島の「原爆の日」である。
 私は平和への祈りも深く、この日は、“栄光の人材城”中野支部の組座談会に出席した。
 会場には、50人ほどの方々が来られただろうか。皆、真剣であった。
 夜遅い仕事と学会活動の両立に悩む方がいた。
 私は、自分自身の苦闘の体験を通して語った。
 「真剣に祈ることです。必ず自由に学会闘争が出来るようになります! 行きたいところに、行けるようになります!」
 そして、ユーモアを交えて付け加えた。
 「あまり、ほうぼうに行きすぎて、私は牢獄にまで行っちゃったよ」
 どっと爆笑が弾けた。
 この2年前の7月、私は、あの「大阪事件」で、無実の罪を着せられ、勾留されたのである。裁判闘争も続いていた。御聖訓通りの三類の強敵との戦いであった。
 だからこそ、社会の荒波に翻弄され、萎縮してしまいかねない友の心を励まし、強く大きく広げたかった。
 皆、私と一緒に戦う同志だ。権力の魔性の迫害さえも朗らかに笑い飛ばしながら、私は、一人ひとりと民衆勝利のうねりを起こしていったのである。
 新来の友がおられた。終わりだけに声をかけると、即座に入会を決意され、大拍手が高鳴った。
 実はこの集いは、「中野支部・墨田地区」の座談会であった。
 いわゆる“タテ線”の時代である。会場は、この墨田地区の地区部長・地区担当員のご夫妻が住む江東区の地にあった。仲の良い、下町の人情あふれる、忘れ得ぬ同志たちだ。
        ◇
 人生は
  いかなる生きがい
   持ちゆくか
  創価の宝を
   持つ人 勝ちたり

 何よりも嬉しいことは、共に広宣流布の幾多の激戦を勝ち越えてきた同志が、今も燃え上がる学会精神で、生き生きと戦ってくださっていることだ。
 何歳になろうとも、いかなる立場になろうとも、創価の勝利のため、力の限り、声の限り、語り抜いてみせる、と。あまりにも気高き仏の振る舞いだ。
 私には日本中、世界中に、真の同志がいる。不二の弟子がいる。ゆえに、私は無上の幸福者である。
 どんなに離れていようとも、心は一体だ。その友に届けと、私と妻はひたぶるに題目を送り続けている。
      ◇
 勝ちまくれ
  若き生命の
   血潮 沸く
  正義の君の
    宝刀 振り上げ

 “民衆の王者”足立区ゆかりの大文豪・森鷗外は、若き日、医学界の変革者として試練に晒されながら、決然と叫んだ。
 「吾《わが》志は奪ふべからず」
 信念の道を突き進む青年ほど、強いものはない。
 私が対談したフランスの行動する知性アンドレ・マルロー氏が書き留めた、青年革命家の言葉がある。
 「若さは人生の春であり、新芽の押し上げる力、発芽であり、開花である。年をとっても保持しなければならないのは、この活動力である」
 「幸福勝利」「健康勝利」の妙法を朗々と唱え、はち切れんばかりの若々しい生命力で、奔流の如く進みゆく人は、皆、青年だ。
 価値創造こそ青年の特権なり! ゆえに「創価」とは、青年の異名なのだ!
 若き英雄・ヤング男子部よ走れ!
 広布の華・池田華陽会よ輝け!
 文化の香り高き世田谷区を拠点とした徳冨蘆花は、少壮の時代に書き綴った。
 「困難に打ち勝って道を開いて行くのは、つらくも楽しみなものです」
        ◇
 幾星霜を経ても、7月が巡り来るたびに、私の青年の魂は燃え上がる。
 7月3日は、日本の敗戦の直前、恩師が出獄した日であり、その12年後に私が入獄した日である。
 また7月6日は、初代・2代の会長が逮捕された日である。
 その同じ7月に、恩師の慈愛に包まれ、わが男女青年部は結成されたのだ。
 青年が躍動する学会!
 青年が成長する学会!
 青年が団結する学会!
 そして、青年の偉大な力で、断固勝つ学会なのだ!
 結びに、『若き日の日記』の一節を直系の諸君に贈りたい。「青年創価学会」の建設に突進するなかでの誓いである。
 「口を真一文字にして進め。恐るるな。おじけるな。そして己が信念と正義のため、突き進みゆけ。
 青年らしく。学会の先駆者の如く。まさに、東洋の王子らしく。革命児らしく。かつは先生の第一の弟子らしく──」
 「今、青年指導者たちが、勇敢に、突破口を開くか否かの、大事の秋《とき》となる」

 断固して
  共に この世を
   師と弟子で
  広布と創価に
     戦う嬉しさ

 森鷗外の言葉は『鷗外全集29』所収「敢て天下の醫士に告く」(岩波書店)。マルローが記した言葉は柏倉康夫著『若き日のアンドレ・マルロー』(行路社)から。徳冨蘆花は『小説 思出の記』(岩波書店)。
2009-07-08 : 随筆 人間世紀の光 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

fmiokun

Author:fmiokun
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索